金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
能楽堂にて観能
2019年12月10日

能楽堂の定例会に着付けの先生の鶴ママとでかけました。
「芭蕉」のシテは金澤syugenのオリジナル和婚で
お世話になっている佐野玄宜師のお父様の
佐野由於師でいらっしゃいます。

 

観賞後「(シテの)衣装の白掛下の
襟は露芝柄だったね。意味があるのかな」
舞台でその襟の紋様の美しさが際立ってました。
「芭蕉だからあの色(抹茶色)のお衣装なんだよね、きっと」
「後半の衣装、新しそうじゃなかった?」
などなど衣装話題でもりあがりました。

 

佐野先生にうかがいましたところ丁寧に説明してくださいました。

下に着付けに着ていたものは銀糸で露芝の柄になってました。
織箔と呼ばれるものですが、露芝の模様はよく使います。
芭蕉は紅無(いろなし)と言って前後とも紅の入っていない
装束を着るので、箔も銀になります。
紅有のときは金糸になります。(略)

能は、お衣装や和楽器にふれる楽しみもあります。
横笛の音色がとても素敵でした。

 

会場には和服のかたも多くいらっしゃいました。
この日、私は結城紬ででかけました。



帯留めはラインストーンで七つ星紋モチーフです。

 

こちら、鶴ママです。



去年のバースディにプレゼントした同じシリーズの
花かごモチーフの帯留めです。

 

開演前には本多の森散策もしました。
明日に続きます。

投稿者 rin5chan : 2019年12月10日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ