金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
「風の盆」夢うつつ
2019年9月12日

風の盆reportの千秋楽の日です。













シャッター音が大変なことです。
地域のかたがたが大切に受け継いできた
民謡舞踊は美しく全国から大勢の写真好きさんが集まります。

 

しなやかな動きは、はかなげでせつない思いにもなります。











風の盆のファンになったのは
高橋治さんの小説「風の盆恋歌」を
読んだことがきっかけでした。
風の盆に訪れて八尾の町を歩いた後に、
情景描写が繊細なその物語を読み返しました。
用水の勢い、雪洞のほの灯り、
艶やかな歌声、三味線に胡弓の調べ、
石畳の坂道など体感した幽玄を
再生しながらいっそうの感動でした。

 



踊り手さん達が、はけていく時です。
編笠から見える踊り手さんのあご先が愛らしいことでした。

 

きっと、いっぱい練習したんだろうな
みんなで祭りを創り上げる感動ったら
ないだろうなって思って観ていたら
感慨深い思いになってウルウル。。。
素晴らしかった♫•*¨*•.¸¸♪✧
ありがと!感動をありがと!
最終日に弾丸だけど来れて良かった。






風の盆コーデは着付けの先生の
鶴ママからいただいた帯あげをあわせて
トーン低めの秋風情を意識しました。
小袋帯を裏表で並べて袋帯っぽく着ましたの。

 

「夢うつつ」幻想的な祭に
来年も行けたらいいなぁと願います。

投稿者 rin5chan : 2019年9月12日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ