金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
ハナミズキ咲く頃
2018年4月30日

四月の街はハナミズキの花が、通りの
あちこちに咲いて愛らしいことです。
一青窈さんのハナミズキの歌から
お家のお庭にもよく見かけるようになった気がします。
四月アニバーサリーのお祝いの三日目です。

 

兼六園のことじ灯ろうにて崇さん&夏代さん



ゲストハウスで結婚式をされるお二人の前撮りです。

 

いっちゃん&ユキリコフちゃん



浅野川の桜並木でのお写真撮りでした。

 

宇多須神社さんにて智大さん&ユンナちゃん



老舗料亭さんにて和モダンなご披露宴でした。

 

ひがし茶屋街を花嫁行列の誠さん&渚ちゃん



沿道の方々から大きな祝福をうけました。

 

夏さん&文乃ちゃん



十月亭さんで二部式の祝言をされました。

 

尚さん&優美さん



和装婚のお二人は洋装で前撮りされました。

 

大亮さん&香菜さん



白山比咩神社さん挙式、和田屋さんでお食事会でした。

 

泉野体育館でもハナミズキが咲いています。



花びらに見えているのは、花びらではなくて
中心の塊が花びらなのだそうです。

 



白の花水木も清楚なことです。

 

アニバーサリーのお祝いは明日に続きます。

2018年4月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

豪勢な赤と白
2018年4月29日

窓から見える丘のツツジが見事に満開☆”
豪勢な真っ赤な一列と真っ白な一列
淡いピンクの大きなこんもり達が
緑の芝生に鮮やかなことです。

四月アニバーサリーの新郎新婦様の
お祝いの二日目です。

 

敬哉さん&美季さん



十二単をめされ「能登の花嫁」の参進の儀です。

 

和田屋さんにて哲章さん&由佳さん



金澤modern水引のオリジナルデザインの
野菜モチーフのミニこも樽で鏡開きされました。

 

兼六園にて洋一さん&真紀ちゃん



ハワイで挙式のお二人が和装で前撮りをされました。

 

石浦神社さんで挙式の篤史さん&千恵ちゃん



町屋にことじ灯籠の絵柄の花嫁のれんを飾りました。

 

宇多須神社さんにて俊臣さん&カオリン



クラシカルなやまと髪にオリジナルの加賀水引のかんざしです。

 

21世紀美術館にて初彦さん&ユリちゃん



白山比咩神社さんで挙式の二人は、
前撮りでタキシード&ウェディングドレスをめされました。

 

十月亭さんにて良典さん&美知留さん



お二人自らおもてなしをされる大人の和婚式です。

 

お祝いは、明日に続きます。

2018年4月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

卯の花月
2018年4月28日

春の木々や草は柔らかい光に
包まれふんわり輝いて見えます。
今日から四月アニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いです☆”


金澤神社さんにて徹哉さん&麗子さん



ホテルウェディングのウェルカムコーナーに
金沢の街並みでの和装のお写真を飾ってくださいました。


白山比咩神社さんにて才雄さん&花奈恵さん



ご披露宴会場の和田屋さんへ花嫁行列で歩まれました。
 

ご結納式の俊介さん&沙奈絵ちゃん



十月亭さんでお顔合わせのお食事会をされました。


慶ちゃん&ジュンジュン



宇多須神社さん挙式&料亭ウェディングです。


花嫁のれんを飾っての啓介さん&沙織ちゃん



花嫁衣装柄を加賀八幡起き上がりこぼしに描く
金澤祝言こぼしも鎮座します。


タクちゃん&ゆきたん



東茶屋街や梅の橋で前撮りをされました。


1.5次会のよしおっち&緑ちゃん



お友達にお披露目の会では洋装です。
 

ホテルウェディングの一郎さん&珠さん



オリジナルデザインの鼓モチーフの金澤つまみ紗衣句の和ブーケです。


四月アニバーサリーは明日に続きます。

2018年4月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「たまに優しい表情します」
2018年4月27日

達也さん&沙希ちゃんが今発売中の
clubism「ふたりずむ」にご登場です。



挙式に出立前に座敷でゆるりゆるりと当日撮りを楽しまれました。




憧れの宇多須神社さんで厳かな挙式が執り行われました。




姉上様も誌面を飾ってくださいましたよ♫•*¨*•.¸¸♪✧




達也さんは子供好きさんで小さいお子様に優しいお顔で微笑まれます。

沙希ちゃん言うには

たまに優しい表情します( ・∇・)




金澤祝言花手毬こぼしを手にのせた
達也さんいい笑顔ですよ( •ॢ◡-ॢ)-♡


Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=329&cat=

2018年4月27日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「私はあなたの記憶のなかに」
2018年4月26日

角田光代さんの短編のアソート
「私はあなたの記憶のなかに」を読みました。



「父とガムと彼女」では
小学生の主人公が
学校だけがすべての世界になりがちな
時期に出会った初子さん通して
その先には広い世界があるんだと知ります。
あと、主人公の母親の女性の意地だったり
憎んだ相手と哀しみを共有する感じが
なんだか人間くさくて好きでした。


さまざまな男女の過去と現在が
織りなす携帯メールの物語
「地上発、宇宙経由」も好きでした。
メールが、人と人を
結んだりほどいたり
また繋げたり
「そんなことあるはずない」な
偶然が続くのですが
小説だからこれもありです。
送信ミスからの女子大学生の
もとにとどいた母親からのメールに
うっと泣いてしまいました。


「空のクロール」は色彩や匂いや形が
リアルすぎる壮絶ないじめの描写に
すごく怖くなりました。


角田作品は、エッセイも
含めて今年五冊目でした。
角田光代祭しばらく続きます^^

2018年4月26日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

グラウンドの表面を撫でてゆく
2018年4月25日

市営陸上競技場では八重桜が満開です。



夕陽の中を走る部活の子達がなんとものどかです。




やわらかい風が吹くとグラウンドの表面を、
濃いピンクの花びらがふっと撫でてゆくようです。


今日の季節先取りの結婚式は
七十二候、雉始雊の頃の
新郎新婦様のお写真を紹介します。


成巽閣にて哲也さん&明未ちゃん



老舗料亭さんで和モダンな祝言に続いて、当日撮りをされました。


石浦神社さんにて亮也さん&美和ちゃん



町屋での大人の新和婚式を創作させていただきました。


石川県立能楽堂にて夏さん&文乃ちゃん



宝生流能楽師の佐野玄宜師の仕舞と謡がありました。


金城楼にて純一郎さん&早織ちゃん



花嫁様が自ら琴の演奏でお客様をお迎え
西川流の踊りでおもてなしをされました。


宇多須神社さんにてあきたん&ちかたん



ひがし茶屋街を花嫁行列で十月亭さんへと
ご入場されました。


秋冬の結婚式のご相談をたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年4月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

結婚式の日が懐かしいです
2018年4月24日

ウェディングフォトのページに
トールさん&なっちょの動画がご登場です。



新緑の宇多須神社さんで挙式され
ひがし茶屋街を花嫁行列で十月亭さんへとお入りになられました。

 



風になびく花嫁のれんの前でお客様をお見送りです。

 



兼六園では、夕方の一歩手前の太陽に
紫鮮やかなカキツバタが黒のお引き振袖に映えます。

 



お二人洋装へとお着替えをされ
スタジオ撮影されました。

なんだか懐かしいです。

と、なっちょの感想です。
色褪せることにない花嫁姿は、
金澤syugenの上品で優美な美装
あればこそと自負しています。
動画でもご覧くださいますように。

2018年4月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

加賀友禅作家 森田耕三作
2018年4月23日

秋に金澤神社婚をされますミホさんの
お衣装選びに同行させていただきました。



神々しいばかりのお姿です。




とっても朗らかで夏の花を思わせる笑顔の
ミホさんが夏生まれと知り、なるほどって納得ですヽ(^◇^*)/




大変、珍しい加賀友禅のお着物は斬新・新鮮・優美です。

加賀友禅作家 森田耕三による最高級打掛。
正絹ちりめん地を黒に染め上げ、
お祝い事に欠かせない吉祥文様の松竹梅や青海波を鮮やかに描きました。

お見立てにお越しのお母様も
とってもお着物好きさんでいらっしゃいます。
ご自身がめされたお着物のお写真も
見せてくださいまして素敵だったのでついつい
「帯の柄がわかるお写真はないのですか」
などとリクエストしちゃいました^^;。
お茶花を活けられるそうで
お花のことも大変詳しくていらっしゃいます。


お二人のご婚儀の頃、兼六園では
ちょうど十月桜が咲きます。
十月桜は雅名は「御会式桜(おえしきざくら)」
と言い花言葉は「神秘的な心」なのだそうです。


祝言には桜を隠れテーマとしてしのばせたいですね。
そして、美装ではミホさんの
神秘的な美しさを表現させていただきます^^

2018年4月23日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

紫陽花の頃
2018年4月22日

初夏に結婚式をされます昌也さんと親御様と
お食事会の会場になります石亭さんへとうかがいました。



石浦神社さんからお練りで石亭さんへとお運びになられます。




金沢らしさある群青のお座敷は、床の間も立派なことです。




お庭でのお写真も叶うそうです。
お二人は黄昏時からの祝言ですので
ライトアップのお庭も楽しめそうです。


ご披露宴のお開きの後、花嫁様は
新郎家様から贈られました加賀友禅をめされます。
昌也さんのお母様が
「花嫁様のお父さんとお母さんを喜ばせたいから」と。
なんと!素敵なおもてなしでしょう。
昌也さんのお母様は、とっても朗らかなかたで
いつもお陽様みたいにニコニコ笑いながら
場を楽しくしてくださいます。


さて、石亭さんのお隣には21世紀美術館があります。



モコモコのとこで写真も撮りました。




昨日は八重桜が咲いていました。
お二人のご婚儀の頃は、紫陽花が美しく咲き誇ることでしょうね。


花嫁様のご親族には金沢の素晴らしさを
思いっきり堪能していただけるよう
心をこめてお手伝いさせていただきます。

2018年4月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「物語のなかとそと」
2018年4月21日

江國香織さんの「物語のなかとそと」は
エッセイなんだか小説なんだか
作りごとなんだか実話なんだかな
曖昧で不思議な感じが楽しかったのです。



消しゴムの話がとにかく好きでした。

「私と消しゴムたちの、秘密です。」

作家と言うお仕事柄からか
消しゴムへの敬意、愛情を感じました。
 

江國ワールドは繊細でほっこりできます。
本を読むことは、現実を留守にすること
物語のなかにでかけて行くことと言い

本の続きをひらくとき、
「でかける」感じではなく「帰る」感じになる。


違う人生を経験できるから
私も本を読むのがとても好きです。

2018年4月21日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ