金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
海の日
2018年7月16日

海をテーマにした結婚式のお話の三日目です。


安宅住吉神社さんで挙式の和穂さん&友佳さん



海の上を白い兎が飛ぶデザインの彩羊羹です。
安宅の海では、白い波が立つ日を「うさぎが飛ぶ」と言います。




友佳さんがデザインの福枡にも波の上を兎が飛んでいます。




青海波の上をオリジナルの水引で白い兎が飛ぶデザインのミニこも樽です。




波の音の祝福のなかで華やかに鏡開きです。




船で出逢った法大さん&美穂さん



お打掛は「手織青海波四季花鳥文」で可憐なオシドリと
青海波が描かれています。




婚礼衣装柄を描く金澤祝言こぼしにもオシドリと青海波を描きました。




達也さん&沙希ちゃん

 

打掛に大胆な青海波が描かれています。




お衣装の特徴を描いた九谷焼のカップにも鮮やかな青海波です。




金澤syugenでは、お二人のお好きなこと
出逢いのきっかけ思い出をうかがい
新郎新婦様と一緒に世界にひとつだけの
祝言を創り上げます。

2018年7月16日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

波や船、そして舵
2018年7月15日

昨日に引き続き、海をテーマにされた結婚式を紹介します。


能登で出会った康夫さん&文佳さん



金沢の名産品(お二人の誕生時の体重)を
金澤modern水引のブローチでドレスアップ
波模様の風呂敷で包みました。




チューリップの水引です。




百合の水引です。


お母様がたのお好きなお花で
オリジナルの水引をデザインしました。




横浜でデートされたという忠昭さん&ヒロタン



ベイブリッジ柄の彩羊羹です。




白い雲とかもめが飛んでいます。




寿せんべいは船の舵とメガネのデザインです。




宝船の花嫁のれんを飾って
ご生家からご出立された絵里ちゃん



ダニエルさん&絵里ちゃんは
海の美しい(きっと)フロリダに
お住まいでいらっしゃいます(^O^☆♪。




海にまつわる結婚式は明日に続きます。

 

2018年7月15日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

海にまつわる祝言
2018年7月14日

海の日の祝日があって今日から三連休という
かたも多いのではないでしょうか。
金澤syugenでも海がお好きで祝言のテーマや
モチーフに海を選ばれた新郎新婦様が多くいらっしゃいます。


プロポーズは千里浜の海岸という基樹さん&広海さん



彩羊羹は青海波に千里浜に咲くハマナスの花です。




ハマナスの花モチーフのミニこも樽で鏡開きです。
あと、お二人は山下達郎好きです^^
夏の歌ですよね♫•*¨*•.¸¸♪✧




横浜の新居で結婚生活がスタートする彬さん&朋子さん



「さざなみ」をイメージしたウエディングケーキは
辻口博啓プロデュース「ル ミュゼ ドゥ アッシュ
kanazawa」のオリジナルデザインです。




海の青の飴細工が涼しげです。




オリジナル紅白の寿せんべいは、兼六園の
ことじ灯篭と横浜港の船のデザインにしました。




花嫁のれんを町屋に飾りました。


海にまつわる祝言のお話は明日へと続きます。
あ、金澤syugenは海の日も営業いたしておりますヽ(^◇^*)/。

 

2018年7月14日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

祝劇団四季65年
2018年7月13日

劇団四季が明日で65歳なのだそうです。
私が初めて四季のお芝居を観たのは
京都劇場での「美女と野獣」でした。
歌唱力に圧倒され感動しました。


横浜にあったキヤノン・キャッツ・シアターに
行った時の写真です。







階段の文字は出演の猫の名前です。
この日、男前の猫ミストフェリーズと
握手できたもんね♫•*¨*•.¸¸♪✧。


金沢公演「クレイジー・フォー・
ユー」では、金沢出身の加藤敬二さんが
とにかくカッコよかったです。


同じく金沢公演で「ジーザス・
クライスト=スーパースター」を
観たあとは、しばらく「ジーザス・
クライスト♫•*¨*•.¸¸♪✧」の
フレーズが耳から離れませんでした。


一番泣いたのは大阪劇場で観た
「ライオンキング」です。
花道の隣にいたからキャストの
子役さん達が歌いながら
ステージに上がる姿も可愛らしく
ワクワクしました。


汐留で緑の顔の「ウィキッド」の
観劇後、外に出ると夕暮れていて
クリスマス仕様のプロジェクション
マッピングがきれいでした。


一番最近観たのは東京大井町での
「リトルマーメイド」です。
ゆらゆらゆらぎながら歌う
人魚さん達があでやかできれいでした。


もちろんお話に感動するからなのですが
カーテンコールでとてつもなく泣けます。
スタッフのかたも含めて拍手を
受け止めるそのキラキラした
笑顔に感動するのです。


みんなで力をあわせて素晴らしい
作品を創り出す幸せったら
ないだろうなと泣けるのです。
どこか、結婚式を創作するのに
似ていて、よくウェディング
プロデュースはミュージカルの
ようだって考えます。


素晴らしい祝言を
創るため準備や打合せを
とどこおりなく丁寧にすすめます。
そして、迎える日は心ひとつに
新郎新婦様が最高に輝けるよう
幸せを願いながら私達スタッフは
精一杯つとめさせていただきます。

2018年7月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「猫を拾いに」
2018年7月12日

川上弘美さんのSFもありな短編集
「猫を拾いに」は文章が穏やかで美しいことでした。



「はにわ」のゲイの息子と
そのことに罪悪感を持つ母親の
たがいに思いやる優しい関係がいいなぁと
親子の幸せを祈りたくなりました。


「猫を拾いに」では政府広報にいつも印刷されているという

人と人との絆をまもるために、贈り物は大事なのです。

なんてほのぼのとした街なのでしょう。


「金色の道」はぬりえのように
人の顔の色が感情によって変わり
複雑な思いがあるとグラデーションに
なったりして見えるというのです。
現実の世界でもホントに見えている人がいるような気がします。


最後の「信長の怨霊」は笑ったわらった!
一個いっこのお話が可愛くて
こんなことホントにあったら
なんて考えるとワクワクしました。


壇密さんが独特の言葉で
解説をかいているのですが、
「このお話達が好きなんだなぁ」って
よぉく伝わってきました。


幻想的な「ミンミン」では小さい人がでてきます。
小さいおじさんの話はけっこう好きです。


このひとつ前に読んだ
アンソロジー「華やぐ女たち」の
川上弘美さん「庭のくちぶえ」でも
「ちいちゃなおじさんは実在するんだ!」
って楽しい気分になりました。



佐野洋子さんの「これはペテンか?」は
ほのぼのとした老いがあります。


岡本かの子さんの「老妓妙」は
老いてなお、粋な女性がかっこいいのです。


林扶美子さんの「晩菊」は
平行して年をとった過去に熱い恋をしていた
男と女が昔を懐かしむ会話をしながら
胸のうちではたがいに洞察し
値踏みする感じがおもしろかったです。


片山廣子さんの「子猫ノハナシ」が
童話のようでとても好きでした。
夢の世界に旅立つように
生涯を終えられたら
なんて幸せなんだろうって、憧れます。

2018年7月12日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

くっきり鮮やか飛行機雲
2018年7月11日

梅雨明けしてギラギラしたお陽さまが照りつけます。



くっきり鮮やかな飛行機雲が交差し
青空に「X」の文字が描かれてゆきます。
暑いです!今年は梅雨明け宣言が早かったですね。


季節先取りの祝言は七十二候の
霞始靆の頃の結婚式やウエディングフォトをされた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


21世紀美術館にておいちゃん&麻智ちゃん



十月亭さんにて和婚式の
お二人が洋装での前撮りです。


石川門にてユッケさん&明日香ちゃん



宇多須神社さんへとご出立です。


Kちゃん&聡ちゃん



親御様 が仕立ててくださったお振袖を纏われて
提灯行列へとお運びになられました。


章さん&葉子ちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で歩まれました。


学さん&佳代ちゃん



白山比咩神社さん&和田屋さん祝言の
お二人がスタジオで前撮りをされました。


金澤syugenはお盆も休まず営業いたしますので
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年7月11日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鉄線づくし
2018年7月10日

金澤syugenの取引業者さんだった
ミカリンは退職後も時々お顔を見せてくれます。



新しい浴衣を買ったと言うから
ちょっこっと浴衣着付けのレクチャーをいたし
記念に鬼灯と撮影しました。
鉄線柄の浴衣が涼やかで素敵です。




私も鉄線が好きで今年買った日傘は紫の鉄線です。




金澤syugenそばの家庭菜園にある鉄線は
毎年、楽しみにしています
今年も鮮やかに咲き誇りました。


ミカリンは現在、神子原で無肥料無農薬の
自然農法でお野菜やお米を作っています。



今日は、枡田農園 さんのトマトをいただきました。
すでにいい香りがします。


ミカリンは今日から毎日、復習しますとのことです。
花火大会までには上手に着られるようになるね、きっと。
夏はお着物デビューに最適です。
まずは、浴衣からセルフで着てみましょうヽ(^◇^*)/

2018年7月10日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

お見舞い申し上げます
2018年7月9日

この度の西日本豪雨による被災された
方々に謹んでお見舞い申し上げます。


報道されている地域にお住まいの
新郎新婦様達に先週から
ご無事ですねのおうかがいを
させてもらっていました。


白川郷の了さん&優紀ちゃんご一家も
非難されていたそうですが

家族も村の方々も、みな無事です。


倉敷の雄一さん&かなちゃんは

こわくってこもってます


哲也さん&明未ちゃんの愛媛の
ご実家も被害なかったそうです。


仁さん&和美さんのご実家は
倉敷と岐阜ですが

幸いなことに被害もなく皆元気です。


また、先週は地震速報に驚きました。
千葉と言えばよっぴぃ&尚ちゃんです。
花嫁様は10年の月日とともに
肝っ玉母さんへと成長されています。

水路に落ちないでねー

と、逆に心配されました。


倉敷の臣さん&貴子さんからの
返信がなくて心配で記事を
あげるのをためらっていましたが
さきほどメールがとどきご無事で安心しました。


みなさんから心細げな様子が伝わってきます。
徐々に穏やかな日常を
取り戻してくれたらと願っています。


自然は雄大でいつもその美しさに
感動をあたえられますが
時に猛威をふるって驚かされます。


備蓄の水食料も確認しておかねばです。



カンパンは賞味期限が古すぎて読めない^^;


もちろん自分にできるやりかたで
被災支援にも参加します。
引き続き、みなさんお気をつけて
お過ごしくださいませ。

2018年7月9日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

茶道具で演出
2018年7月8日

香合は可愛らしくて季節も感じられるので
金澤syugenの事務所に飾っています。


青の顔料が爽やかな椿柄の香合です。



椿は前田家とはゆかりの深い花です。


ほおづきの陶器の香合です。



陶器製のものは本来、炉の季節
(11~4月)と言うことですが
ほおずきなので夏に飾っています。


漆塗り内金貝合わせ香合です。



素材は蛤ですので一年中飾っています。
一対の貝はピタリと合わさることから
縁起が良くその昔は、大名家の
お嫁入りのお道具に貝遊びの貝を
おさめた貝桶が先頭に運ばれたと言われております。


香合は祝言の演出でも登場します。



前田家に伝わる門外不出の茶花
「西王母」をテーマとした
ヒロキさん&イクヨさんの祝言では
金襴緞子の重掛けや加賀手まりとともに
町屋のウェルカムスペースに飾られました。




朋之さんが香合の蓋を開けると
金澤つまみ紗衣句のオリジナル指輪です。
朋之さんから福ちゃんへ
サプライズで贈られました。




勇多さん&奈々ちゃんの貝合わせの儀です。


茶の湯の文化がさかんなこの街では
生活の中でも茶道具をインテリア
として楽しむことが多くあります。
金沢らしい個性ある演出も提案いたしております。

2018年7月8日 カテゴリー: 創作祝言, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「世界は終わりそうにない」
2018年7月7日

角田光代さんのエッセイ
「世界は終わりそうにない 」は
吉本ばななさんとの対談もあって
どちらも好きな作家さんなので
とてもワクワク読みました。



「恋は続くのか、終わるのか」という章で

恋の最初は非日常である

と始まり

恋愛というものにも努力がいるらしい。
(略)ただ日常に放りこんでおくだけでは、
どんどん萎びて色あせていく。
だから意識して、たまには恋の
はじめの非日常を持ちこまなければ
ならないのではないかと私は思う。

金澤syugenの新郎新婦OB様達の
暮らしぶりを聞いていると
家族でおしゃれして出掛けたり
好きな音楽を聴きに行ったり
お子さんをお祖母様にあずけてランチ
などなどうまくリフレッシュしている
感じがいいなと思っています。
非日常の時間がバランス良くあるから
みなさん仲良しさんなのですね。


そして、角田さん

私は記念日をけっこうだいじに
しているほうだが、それはその日を
忘れたくないよいうよりも、
相手のことをまず考えていた恋のはじめの、
きらきらしていただろう時間と自分の姿を、
少しばかり取り戻したいせいでもある。


これすごく素敵な言葉ですよね。
恋のはじめの無垢な思いあります。


角田さんのエッセイは
共感できる、なるほどと膝を
たたきたくなるメッセージがいっぱいでした。


本日、7月7日は彦星と織姫の記念日です。
雨だけど少しでも逢えたらいいね
なんとせつない物語なのでしょう。
意地悪な雨め。

2018年7月7日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

しっとりとした情緒
2018年7月6日

金澤syugenそばの家庭菜園の畑では
なすの紫に&マリーゴールドの橙が鮮やかです。



花嫁様尚ちゃんの情報ですが、
マーリーゴールドは防虫効果があるそうです。


季節先取りの祝言は七十二候の
土脉潤起の結婚式やウエディングフォトの
新郎新婦様を紹介します。


ミュシュランの料亭さんにて賢一郎さん&由美子さん



お庭に雪吊が冬の風情です。


21世紀美術館にて真一さん&志保さん



白山比咩神社さん&和田屋さん祝言の
お二人が洋装で前撮りです。


十月亭さんにて仁さん&和美さん



二部式祝言の一部と二部の間のお時間に
撮影&花嫁行列をされました。


武家屋敷にて健二君&友美ちゃん



このあと二人の出逢いの中学校でも撮影されました。


ひがし茶屋街にて誠さん&渚ちゃん



パパママのお二人はこの後、スタジオで
お子様達と一緒にご家族写真を撮りました。


土脉潤起は「雪が春の雨にかわり
大地が潤い始める頃」だそうです。
写真からもしっとりとした情緒が感じられますね。

2018年7月6日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おカツラで七変化
2018年7月5日

おカツラでの素敵な和modern美装を
真喜ちゃんのお写真で紹介します。



桜待つ石川門ではべっ甲のかんざしです。
椿模様の刺繍のお打掛にあわせて
金澤modern水引でオリジナル
デザインしたカメリアモチーフのブーケです。




ひがし茶屋街では、小花の愛らしい花かんざしです。




真っ白な羽衣の綿帽子です。




桜色の羽衣の綿帽子です。




角隠しのお支度もされました。




島田飾りもお衣装にあわせた桃色です。


おカツラでもかんざしや小物で変化がつけられて
愛らしい花嫁様にもクラシカルな花嫁様も叶います。


崇裕さん&真喜ちゃんのHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=18&cat=cat5_1

2018年7月5日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「寄席にいそうな雰囲気」
2018年7月4日

秋に金澤神社さんにて挙式の
康史さん&宙さんのお衣装合わせです☆”
緑色と青色がお好きな宙さんによくお似合いです☆”



新郎様の紋服は、一昨日
羽生結弦くんの国民栄誉賞授与式で
話題になった格調高い仙台平です。
にこやかなムードメーカーさんの
新郎様の和装姿は落語家さんの趣もあります(*^▽^*)。


宙さんからのメッセージです。

あはは…
ほんとに寄席にいそうな雰囲気なんですよね…(^-^




アンティークの大振袖に白無垢を
羽織られ愛らしいことですね☆”


緑がお好きなお二人ですので
新郎様にも緑の紋服をお召しいただきました。



さらなる寄席感はんぱない新郎様です。
試着の間もにこやか穏やかなお二人でした。


お二人はご家族様との少人数スタイルの
金澤神社婚を選ばれました。
そして、挙式の前のお時間に
兼六園のことじ灯篭での
ロケーションフォトも予定しています。


次回はヘアメイク打合せです。
素敵なお写真撮りと挙式にしましょうね☆”

2018年7月4日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「女ともだち」
2018年7月3日

今朝は、2:30起きで応援しました。
試合後の選手を観ていたら
泣けてなけて、、、
朝から鼻づまりはんぱないことでした。
残念だったけど夢をありがとうです☆”




女性作家アンソロジー「女ともだち」を読みました。



大崎梢さんの「こっちを向いて。」は
シゴト関係で知り合った女性と
友達になりたいと願う主人公の
女性の想いが可愛いらしいのです。
「その人がいるからシゴトが楽しくなった」
ってこと経験あるあるです。


森絵都さんの「獣の夜」がとてもおもしろかったです!

「人はそれぞれのネイチャーのままに生きればいい」

と、主人公が友人に言われます。
友人との関係のえがき方だったり
言葉の選び方が好きでした。
直感や本能で惹かれあうのがともだちですね。


この中で

「人間にとって一番大切なのは嗅覚」

これは、私も同感で
自分自身の嗅覚を信じています。




今朝(夜中か)、インスタに
「今から応援」とのせたところ
花嫁OB様や友人知人から多くの
「いいね」をいただき、その度
「一緒に応援してるんだ」って
嬉しくなりました( •ॢ◡-ॢ)-♡

2018年7月3日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

悩み中です^^;
2018年7月2日

金澤syugenそばの家庭菜園の畑で小さなかぼちゃを見つけました。



黄色の花も愛らしいことです。
夏の暑いのは嫌いだけど青空のもと
夏野菜の花が元気に咲いて
実を付ける風景はとても好きで
自分の畑でもないのに成長を楽しんでいます。


季節先取りの祝言、今日は
黄鴬睍睆の頃の結婚式や
ウエディングフォトの新郎新婦様を紹介します。


宇多須神社さんにて辰悟さん&綾乃ちゃん



花嫁行列でひがし茶屋街へとご出立です。


成巽閣のなまこ壁にて裕規さん&アッコちゃん



チャペル婚のお二人が和装でのロケーションフォトです。


ひがし茶屋街にてひろしさん&あさこさん



お食事会の十月亭さんへとお運びです。


町屋にて啓介さん&沙織ちゃん



お二人の前撮りの模様は
NHKさんのイブニングニュースで特集されました。


石川四高記念館にて文也さん&春菜ちゃん



十月亭さんでのお食事会のあと
雪の街並にて当日撮りをされました。


剛さん&ちーちゃん



花嫁様を彩る金澤つまみ紗衣句の
オリジナルデザインの
かんざしと手毬ブーケは
世界に一つだけのお品です。


今宵深夜、ベルギー戦ですが
起きていられる自信がありません。
早く寝て3時に早起きにしようか
と、悩み中です^^;。

2018年7月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「潜伏キリシタン」世界遺産登録
2018年7月1日

今日は氷室の日です。
その昔、金沢城内の氷室の氷を江戸幕府への
献上品として桐箱に入れて運んだそうです。
加賀藩から運ばれる氷は道中で
「お氷さまのお通り」と言われたそうです。
今日の金沢は非常に暑く高温注意報が出ていますが
江戸時代も道中暑かったことでしょうね。



写真は、巧ちゃん&ゆきたんの人前式にて
「氷室」をイメージして創作したリングピローです。


今日は、インスタやメールで新郎新婦OB様達の
「氷室饅頭食べた」情報を微笑ましく読んでいます。
氷室の日は無病息災を祈って
氷室饅頭やちくわをいただくという
金沢ならではのならわしがあります。


あと、夏の風物詩と言えば、
どぜうのかば焼きですよね。
ほろ苦くてカチカチホネホネっとした
どじょうの食感がお酒にも良くあいます。
どぜうのかば焼きの文化は、卯辰山の
長崎キリシタンが始まりと聞いています。


井上雪さんの「金沢の風習」 からです。

明治2年長崎浦上の信徒の流刑地として加賀藩は556名を卯辰山に軟禁した。信徒たちは頑なに信念を貫き通し容易に改宗せず病気や貧しさで倒れるものも後を絶たない。収入の無いこの人たちは小川でドジョウを採り蒲焼にして赤い旗を立てて街を売り歩き生活の糧とした。

確かにかばやきののぼり旗は今も赤に白の文字です。
「金沢の風習」はさらに

明治6年にキリスト教が国禁を解かれたが109人の人が死亡した。遠く異郷の地で苦しみ寒さは衰えた体に致命傷となって悲惨な死を迎えたのであったろうと言われた。

金沢にもこういう痛ましい歴史があるのですね・・・・・。




昨日は、長崎と天草「潜伏キリシタン」が
世界遺産登録されましたね。
差別のない平和な世でありますようにと氷室の日に祈ります。

2018年7月1日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

水の音と風景
2018年6月30日

今日は外を歩いていると
肌に陽ざしの圧がはんぱないことでした。
水面がキラキラと鱗のように光る
長坂用水をスマホで撮りました。



水の流れが勢いをまして水音が
ひときわ大きくなる場所があります。
生活用水で農作物を洗っている人や
鴨が泳いでいたりという
この道で出会える水の音とその風景が好きです。


昨日に引き続き6月アニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いです☆”


梅の橋にて和央さん&知美さん



山の尾さんでお食事会をされました。


二部式の祝言のノッチ&裕代ちゃん



親族との一部会は十月亭さんで
続いての二部会はビストロでお友達と過ごされました。


和田屋さんからご出立の賢さん&彩美さん



参進の儀で神殿へとお運びになられました。


町屋にてタクちゃん&ゆきたん



タクちゃんのお母様の花嫁のれんの前で升酒で乾杯☆”


ウェディングフォト婚の準さん&久乃さん



初夏の薔薇は豪華なことです。


剛一さん&靖子さん



和装婚のお二人は、タキシード&
ウェディングドレスで前撮りをされました。


金城楼さんにて健司さん&道子ちゃん



花嫁様は自髪で結いあげられた文金高島田です。


石浦神社さんにてMさん&Sさん



お二人の石亭さんへの花嫁行列は
北國新聞に記事が掲載されました。


Tちゃん&Uちゃん



白山比咩神社さんの境内を歩まれます。


6月に記念日を迎えられた皆さま
おめでとうございます♡
ますますお幸せでありますように☆”

2018年6月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

初々しく誇らしげです
2018年6月29日

昨日はドキドキしましたね。
ですが、ギリギリでも決勝進出なので
まだワールドカップ楽しめます!(^^)!


6月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いをしましょう。


石浦神社さんで挙式の達裕さん&翠子さん



花嫁のれんの前でお二人の婚礼衣装柄を
描いた金澤祝言こぼしを手に記念撮影です。


白山比咩神社さんの境内を歩む竜彦さん&youkoちゃん



お二人の挙式は石川テレビさんのNEWSで報道されました。


山の尾さんにて敦司さん&美智子さん



宇多須神社さんで挙式をされました。


カンちゃん&紀代ちゃん



十月亭さんでのお食事会のあと
お友達に見守られる中ゆるりと
当日撮りをされました。


和田屋さんからご出立の幹弘さん&由紀さん



参進の儀で白山さんの境内を歩まれました。


町屋に花嫁のれんを飾って太郎さん&素子さん



お水合わせの模様はNHK「日本水紀行」の中で紹介されました。


宇多須神社さんからひがし茶屋街
花嫁行列へとご出立の博之さん&縁さん



お二人の結婚式の準備の様子は
MROさんのNEWS特集で紹介されました。


ウェディングフォト婚のRさん&Yさん



門出の日は履物も初々しく誇らしげです。


十月亭さんにて直哉さん&美佳ちゃん



新郎新婦様みずからがおもてなしされます。


勇多さん&奈々ちゃん



和装婚のお二人は洋装で前撮りされました。


明日に続きます。

2018年6月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「わかれ」「花のいのち」
2018年6月28日

瀬戸内寂聴さん「わかれ」は
小説でもあり、エッセイでもあり
自叙伝っぽかったりします。



「圏外」は、91歳の画家の女性が
42歳年下の男性と恋愛関係を超えた間柄になります。
(私小説っぽいのです。
いや、そんな無粋なことは言うまい^^)
その男性とのかかわりは短文のメールの
やりとりだったりなのですが
日々の生活にイキイキと色どりが添えられます。
恋心なんだなぁ♪


「百合」というお話が好きでした。
物語の終わりで同性愛者の主人公が
幸せは主観の問題

「私は今の自分を幸福だと胸を張って言える」

と綴られています。
読後感はとてもすがすがしいことでした。
男性も女性も愛せる主人公は
神様のような存在なのかもとも感じました。


主人公の母親の苦しみも描かれていて
母親が自身の過ちを悔み
そのことで娘への負い目を感じ
ずっと悩んでいました。
母親も、人であり女性であり
もちろん完璧じゃなく欲もあります。
なので、母親が我が子への
自責の念から解放されるシーンでは
「良かった」と思えました。




「花のいのち」はお花にまつわるエピソードや
源氏物語とお花のことが書かれていました。



仏頂面の攻撃的なご近所の奥さんが
お花が好きなようなので寂庵に咲く花を届けるようになります。

無邪気な笑顔で受け取るようになって
(略)挨拶を交わすようになった。


そこから、しばらくその奥さんの気配が
感じられないと思っていたら
ある日、手紙が届いてお花の感謝とともに
夫からひどいDVにあっていたことが
したためられていました。


その奥さんは辛い時、
お花の愛らしさに癒され、
そして、お花に託された寂庵の人々の
優しさに勇気をえたのでしょうね。


インスタグラムで@jakucho_setouchi
フォローしています( •ॢ◡-ॢ)-♡

2018年6月28日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

姫君誕生なのだ!
2018年6月27日

2011年組さんのユッケさん&明日香ちゃんの
お家に女の子が誕生されました。



名前は未羽(みわ)になりました。

未羽ちゃんはパパ似ですね^^
今にもおしゃべりしそうなおしゃまさんは表情豊かなことですヽ(^◇^*)/


金澤syugen新郎新婦OB様に
初めての第四子様ご誕生です!
明日香ちゃんはご自身も四人兄弟で育ったそうです。



腕白盛りの暁くん&到くん&直くんが
かいがししく妹ちゃまのお世話です。
暁くんは、ママそっくりのコピーくんですね^^


ユッケさん&明日香ちゃんなら
おおらかに子育て楽しめちゃうのでしょうね。


愛らしい姫君様、すくすく成長されますように( •ॢ◡-ॢ)-♡


ユッケさん&明日香ちゃんの「ECO祝言~平和を願って~」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=119&cat=cat2

2018年6月27日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2 Comments

  1. 鶴見 より:

    侑介さん、明日香さん、ご無沙汰しております、ブライダルみつ和の鶴見です。ご結婚からもう7年になるのですね。
    お子さん4人!に囲まれて幸せいっぱいの毎日をお過ごしの様子がお写真からも伝わります^^
    初宮参りや七五三の時にはまたお衣装選ばせてくださいね(^-^)

  2. ムッチ より:

    ユッケさん&明日香ちゃん^^
    未羽ちゃんのご誕生おめでとうございます!!

    かっわいらしいお嬢ちゃま☆
    ますます賑やかになりますね♪
    3人のお兄ちゃんと仲良くすくすくご成長されますように。

    明日香ちゃん、産後のお体大切になさってくださいね。

コメントをどうぞ

「台湾と金沢 新たな絆」
2018年6月26日

空木祝言reportの三日目です。



花嫁様のお色直しのご入場は、新郎様のお母様とご一緒です。




「かんざしの儀」で新郎様のお母様から
花嫁様のお髪にオリジナルの
金澤祝言花手毬のかんざしを贈られました。
加賀刺繍で空木の花を表現しました。


新郎新婦様のお名前の入ったお酒は
お二人の縁を紡いでくださった
キューピットさんのご夫妻から贈られました。



新郎新婦様がお客様、お一人おひとりに
お酌をされ会場はいっそう和やかなことでした。




新郎新婦様からお祖母さまに喜寿のお祝いです。




お祖母様の感動のご様子に私達もウルウルきました。。。
新郎様のことをとても可愛がっていらっしゃったそうです。




新郎家の重掛けとお重箱の紹介もありました。




地元の五色生菓子です。
私達もお福分けのお饅頭をおいしくいただきました。


結びのお時間では、花嫁様が
ご列席の皆さまがたに感謝の言葉を
日本語と中国語で伝えられました。



結髪に花手毬のかんざしが揺れて愛らしいことです。




新郎様のご両親へは癒しの箱庭が
感謝のお品として新郎新婦様から贈られました。




お客様のお見送りで五色生菓子をふるまわれました。


金沢の古き婚礼文化を台湾の
お客様にご紹介されたいと願い
また、花嫁様を喜ばせたくて
サプライズに積極的にご協力
くださったのは新郎様のお母様です。



助演女優賞と言ってよいでしょう。
お母様は黒留袖のお姿も華やかな
ムードメーカーさんでいらっしゃいました。


お母様から翌日、朝一番メッセージがとどきました。

この度は大変お世話になり、
無事滞りなく終えましたこと感謝申し上げます。

とても嬉しかったです。




お母様がムッチに
「一番がんばってくれたムッチさんに」
と、おしゃれなジャムを贈ってくださいました。


結婚式の翌日の北國新聞さんに
「台湾と金沢 新たな絆」という記事が
石浦神社さんからの花嫁行列の
カラー写真とともに掲載されました。


ジャパンテントがご縁で出逢った
新郎新婦様、いついつまでも
お幸せでありますように( •ॢ◡-ॢ)-♡
そして、台湾と金沢もますます
仲良くお付き合いできますようにと祈ります。

2018年6月26日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「遊んで遊んで」
2018年6月25日

昨日は、夜更かしされたかたも
多いのではないでしょうか。
夜中につき静かに観なきゃと
思いつつ興奮しては「痛い」「わー!」
と、いちいち言葉が出てきました。


「空木祝言」reportの二日目です。









石浦神社さんで緊張の中、挙式が執り行われました。


挙式のあとは集合写真です。



ゆるキャラくんと2ショットもあります☆”




花嫁行列でご披露宴会場の石亭さんへ歩まれました。




ウェルカムボードは花嫁様のお友達が描いてくださいました。




いよいよ開宴、甥っ子ちゃま達と入場です。
ボク達は大活躍でした☆”




日本の桜と台湾の梅をデザインした
オリジナル水蝶でお水合わせのアレンジ
「花の儀」は華やかな儀式となりました。




お色直ししたボクは緑の機関車パーシーを
もらってごきげんさんです。
ちびっこ達はノビノビ親戚のお家に
来たみたいにくつろいでいましたよ( •ॢ◡-ॢ)-♡
新郎様のことが大好きで「遊んで遊んで」
と、愛らしいことでした。




珍しい青紫の胡蝶蘭です。
花言葉は「幸せが飛んでくる」と縁起の良いことです♫•*¨*•.¸¸♪✧


reportは明日に続きます。

2018年6月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

空木祝言のキャスト紹介
2018年6月24日

金沢の新郎様と台湾の花嫁様の祝言がありました。



サイドテーブルいっぱいに加賀の婚礼文化のご紹介のコーナーです。
右には苔庭風の箱庭を作りました。




新郎様のお母様がお嫁入りの時に
ご生家からご持参された立派な
輪島塗のお重箱と金襴緞子の重掛けです。




お重の中には森羅万象、五穀豊穣を
表しているとも言われる五色生菓子です。
手前には加賀袱紗も飾りました。




お水合わせの儀のアレンジで記念の
鉢にお水を注がれました。




水蝶の加賀水引は国のお花
日本の桜と台湾の梅をデザインしました。




オリジナル寿せんべいも、桜と梅をポップな感じでデザインしました。




珠姫様が江戸からお越し入れの際の
花嫁道具であったことからその後、
金沢のしきたりとなった加賀手毬を
ミニ几帳の前に飾りました。




新郎家様から花嫁様に贈られた
空木の花の絵柄の森田耕三さんの加賀友禅です。




アウトドアがお好きなお二人の日常を
素朴な野の花を籠にいけて表現しました。




お母様が嫁入りの時の花嫁のれんです。
内のれんが風になびくように
花嫁様が婚家に馴染まれますようにとの謂れがあります。


明日は挙式と花嫁行列とご披露宴の様子を紹介します。

2018年6月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

なんと美しいことでしょう
2018年6月23日

花嫁様写真館に新たに5人の
花嫁様にご登場いただきました。

http://www.kanazawa-syugen.jp/bride-photo/




東京のホテルでチャペル婚の亜希子さんは、
金沢の寺島蔵人邸や兼六園にて和装前撮りをされました。




紘子さんは白山比咩神社さんでの
挙式はおカツラの花嫁様姿でした。
別日のお披露目の会ではやまと髪です。




宇多須神社さんで挙式されひがし茶屋街を
花嫁行列でご披露宴会場の料亭さんへと
歩まれた沙希ちゃんです。




金澤神社さんで挙式された美紀さんは
兼六園や成巽閣で当日撮りを楽しました。




友佳さんは安宅住吉神社さんで挙式
小松にあるミシュランの料亭さんで
お食事会をされました。


なんと花嫁様達の美しく華やかなことでしょう。
ご覧くださいますように。

2018年6月23日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「君の膵臓をたべたい」
2018年6月22日

前々から表紙を見かけると
石川橋の桜をイメージできて
気になっていたのですが
住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」が
図書館で順番なく借りられたので読みました。



熱量の違うまったく真逆の二人の
毒ある軽妙な会話はなかなかの技ありで
ちっともかみあっていないのだけど
リズムがとても心地よいのです。
そう言えば私にもこんな風に
会話できた人がいたなって
懐かしくその季節を思い出しました。


女の子の残した「共病文庫」を
読むというシーンになり
小説はあとわずかで読了という頃
その先を読みたいけどこらえることにしました。
「明日は結婚式」大切な日の
お手伝いをする私の顔が泣き過ぎて
むくんでいるのはいけないわ
っと思ったのです。


生きることは「人と心を通わせること」
誰かと関わることで初めて、
自分が生きていると実感できると
いうことが描かれていました。
大切な人に「好き」と伝えておかなきゃね。


あと、“闘病”ではなく“共病”って言葉に
生きている限りうまく病気とも
つきあっていけたらと感じました。

2018年6月22日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

創作菓子ページ開店
2018年6月21日

お客様ギャラリーのページに
オリジナル創作菓子がオープンしました。

http://www.kanazawa-syugen.jp/gallery/kasi.php

金澤syugenでは祝言のテーマにそって
オリジナルの彩羊羹やケーキ
飴細工やどら焼き、寿せんべいのデザインをしています。




ヘッダーは、久紘さん&祐希ちゃんの金鶏の飴細工です。




祐希ちゃんの金澤つまみ紗衣句の末広ブーケにも金鶏です。




和也さん&雅さんはご両家の苗字にちなみまして椿と橋がテーマでした。



彩羊羹は、赤い太鼓橋にポップな椿咲くデザインとしました。




寿せんべいも橋と椿です。
お二人の祝言が執り行われた和会場から
赤い太鼓橋が見えて椿が咲いていました。




お魚好きなノッチ&裕代ちゃんです。



オリジナルの金澤modern水引の
鯛のこも樽で鏡開です。




鯛の烙印の太郎さんのどら焼きです。
お二人のために魚の焼印をオリジナルで作りました。




小物やお菓子など世界にひとつだけのお品です。
オリジナル品のページをご覧くださいますように。

2018年6月21日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

祝ワールドカップ初戦勝利
2018年6月20日

昨日は私、テレビっ子でした。
ドラエモンのグーの手でエール送り
ゴールが決まるとパチパチ手をたたいてと
騒々しいことで、初戦勝利は嬉しくてちょっぴり泣いちゃいました。


今日発売のclubismに和穂さん&友佳さんの
結婚式が紹介されました。



安宅住吉さんで挙式されました。
白無垢のお姿が清楚でお美しいことです。




友佳さんのお父様から大切なお嬢様をたくされました。




青海波の中を飛ぶ二兎の兎をデザインした
オリジナル彩羊羹にトッピングです。




波兎デザインのオリジナルこも樽で鏡開きです。




甥っ子様のレオンくんに絵本やおもちゃをプレゼントされました。
まー可愛いおちびたんでした。


「波兎祝言」Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=334&cat=

2018年6月20日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「Tomorrow is another day」
2018年6月19日

金澤syugen近くの薔薇園で今、豪勢に花咲いています。







お陽様に燦燦と降り注がれてお花も気持ち良さそうです。


ある日の午後は私以外だれもいなくて「ウチのお庭」気分で歩きました。











庭全体がどこからも切り離された異世界のようでした。


夕昏時の薔薇園がとても好きです。







空がオレンジより紫の色が濃くなる頃です。


ふくよかな薫りにつつまれて「風と共に去りぬ」の
エンディングを口ずさみたくなります。



スカーレット・オハラの「明日は明日の風が吹くわ」
というセリフが好きです。
明日になれば、きっと良くなると信じましょうと
前向きになるスカーレットは逞しくカッコいい女性に成長していました。


良き方向に向かいますように。
皆様の平安を心から祈ります。

2018年6月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

高砂に鎮座まします
2018年6月18日

創作ウェディングのシーンのページの
ヘッダーに達也さん&沙希ちゃんの
金澤祝言花手毬こぼしが登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/original/index05.html



祝言の日は高砂のお席に鎮座ましました。


金澤祝言花手毬こぼしは婚礼衣装柄の
特徴を絹糸の刺繍で表現します。





花嫁様沙希ちゃんのモダンな
お打掛の絵柄が描かれています。






達也さんの黒紋付の手毬には
ご家族の幸福と健康を祈って
幾何学模様を描き
お二人が柴犬大好きということで
柴犬のシルエットも刺繍しました。


達也さん&沙希ちゃんのHappy Reportも
ご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=329&cat

2018年6月18日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「京洛の森のアリス」
2018年6月17日

望月麻衣さんのファンタジー小説
「京洛の森のアリス」は哲学的でもあるのです。



本好きの主人公が天職を探すお話で
いろんな童話が出てきます。


私が幼い頃、好きだった絵本は
「カエルの王子様」です^^。
一番印象に残っている絵本は
「泣いた赤鬼」で悲しい結末では
子供心にも理不尽さを感じたのを覚えています。
心根優しい赤鬼と青鬼が
可哀想すぎて小二の私は大泣きしました。
なんなら「せつない」という感情を
初めて知った時かもしれません。


「京洛の森のアリス」は糺すの森が
京洛(パラレルワールド)への入口で
そこは、自分を偽らないで
生きることこそが大切とされる世界です。

禍々しいもの注目すると引きずり込まれて、自分の波動も下がる

と語られる時はなるほどって思えました。


楽しんで仕事をすること
人から必要とされることで
望んだ姿になれるというおとぎ話の
読後感はすがすがしいものでした。
軽い読み物がほしい時に良いですね、
けっこうオススメです。

2018年6月17日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

緑の薫りがする風
2018年6月16日

Happy Reportに挙式サポートをさせていただいた俊介さん&美紀さん登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=333&cat=


挙式前に兼六園でお写真撮りをされました。



雪が残っていたのですが陽射しは春の穏やかさでした。




成巽閣のなまこ壁では、物語のようなお写真を撮影しました。




緑に囲まれた神殿で厳かな式が執り行われました。




挙式後も、野生の鳥もいるのどかな境内で
お写真を楽しまれました。
芽吹いたばかりの緑の薫りがする風が
さわさわと樹々の間を吹き抜けてゆきます。


金澤神社さんは、赤レンガのレキハクや
県立美術館、能楽堂、成巽閣も徒歩圏内にあります。
挙式とともに金沢らしい上品な町並みでのお写真撮りもオススメです。

2018年6月16日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

豊かなチカラがフツフツ
2018年6月15日

ひなちゃんが遊びに来てくださいました☆”



ママのお膝でスーパーアイドルな笑顔( •ॢ◡-ॢ)-♡




おばあちゃま(お若いから、なんだか
しっくりはきません^^;)とご一緒です。




よく笑って愛らしいことです。


百日詣りのアルバムを見せていただき
パパママの親御様達もご一緒の
ご家族写真にほっこりしました。


抱っこさせていただきましたの。



羽根みたいにフワフワ♫•*¨*•.¸¸♪✧
ホント天使です☆”
赤ちゃんのあまい香りがします。
ふんわりと幸せに包まれ新鮮エナジーチャ-ジ!
豊かなチカラがフツフツわいてくるようです。




おしゃれなお菓子さんをいただきました。




嬉しそうだ!ムッチ(*^▽^*)


金澤syugenでは、七五三や
お宮参りなどお子様のご成長の
お写真もたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018年6月15日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

梅鉢紋
2018年6月14日

今日6月14日は、前田利家公が金沢城に入城された日です。



先日、尾山神社さん散策の折、スマホで撮りました。




神門には梅鉢紋です。




金箔の兜です。
全身金箔押しの甲冑でのぞんだ合戦もあるそうです。




背中のまあるいのは矢をよける
母衣と言って馬で駆けると風で膨らむそうです。


梅鉢は学問の神様の菅原道真公の家紋です。
利家公は、道真公はご先祖様であると自称していて
菅原家の紋にかえたのだという説があります。


梅の花は葵より高い所に咲く
と、いうことで徳川家の葵の紋を
意識してとも言われています。
徳川家に武力ではなく文化で勝ちたいと
願った前田家ならではのエピソードです。

2018年6月14日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

働く車と躑躅
2018年6月13日

6月だというのに北海道では今日、雪が降ったそうですね。
金沢も涼しく過ごしやすい日です。




毎年、泉野出町の消防署の躑躅を楽しみにしています。
働く車の赤と躑躅のピンクのコントラスが鮮やかなことです。


季節先取りの祝言、今日は水沢腹堅の頃の
結婚式やウエディングフォトのお写真を紹介します。


宇多須神社さんにて忠史さん&史歩理さん



あたたかく厳かな挙式が執り行われました。


幕末の館、十月亭さんのお座敷にて良典さん&美知留さん



前撮りでは、大振袖をめされました。


21世紀美術館にて章良さん&真弓ちゃん



和婚式は和装ですので
前撮りでは洋装スタイルです。


武家屋敷にてクマちゃん&弘衣ちゃん



桜の頃、石浦神社さん挙式&料亭ウェディングのお二人は
雪の季節に武家屋敷や東茶屋街で撮影されました。


東茶屋街にて次郎さん&琴ちゃん



名古屋にてホテル婚のお二人が
金沢での和装でのロケーションフォトをされました。


能楽堂にて浩一郎さん&かさねさん



ご近所の方々も仕舞や謡の鑑賞をされました。



雪解けから芽吹きへ向けてゆっくりと移り変わっていく
この季節は、もっとも金沢らしい風情のある時です。

2018年6月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

蝶ネクタイの紳士くん
2018年6月12日

2008年組さんの武ちゃん&裕美ちゃん
ファミリーが遊びに来てくださいました。



長男の直都くんが大事に抱っこしているのは
三男の晃都くんです☆”
裕美ちゃんからボク達への
「淳子ねーさんってよぶんやぞ。
淳子おばちゃんとか言ったら怒られっしね」の
レクチャーに笑ったわらった。




ニューフェイスくんかっわいいー!




蝶ネクタイの紳士くん、
抱っこさせていただきました☆”
あ~、幸せ♫•*¨*•.¸¸♪✧
真新しいエナジーチャ-ジ!
お兄ちゃん達も赤ちゃんの時
抱っこさせてもらったもんね~




そのお兄ちゃん達のやんちゃっぷりがなかなかでした。



兄弟漫才はじまりそうな勢いです。
寛都くんのトークは切れ味良かったよ^^




武ちゃん&裕美ちゃんは
今年10年目を迎え錫婚式ですね。
裕美ちゃんは、ワンパク盛りの
お子様の子育てしてるんだけど
いきいきしててキレイだなぁって感じました。
この日、一番お行儀よく大人しかったのは
武ちゃんパパでした(^_^;)


赤ちゃんが生まれる度に
抱っこさせていただけて
ぁあ、幸せだったらありゃしない
人生のご褒美のような時間でした。

2018年6月12日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 1件のコメント »

1件のコメント

  1. ムッチ より:

    武ちゃん&裕美ちゃん
    晃都くんのご誕生おめでとうございます☆

    笑顔がキュート^^
    ランチ会で一緒に遊んでもらった直都くんと寛都くん、
    背が高くなって、頼もしいお兄ちゃんですね。
    ご兄弟仲良く、元気いっぱいご成長されますように☆☆

コメントをどうぞ

「ヨーコさんの言葉 」「私の息子はサルだった」
2018年6月11日

大人の絵本となったNHKの「ヨーコさんの言葉」に出会いました。



「100万回生きたねこ」の作者の佐野洋子さんです。


猫の章で、ワンちゃんの健気さと比べています。
【犬はこれが今生の別れかと
思うほどの悲しげな目付きをする】
で、帰ってくると
【(犬は)南極から生き返った人を迎えるように嬉しがる】


ウチにいた猫ちゃんは外出時の
見送りこそなかったけど
帰宅して鍵穴に鍵をさしこもうとすると
ミャーミャーと甘えた鳴き声で大騒ぎをしました。
廊下の向こうの部屋にいて
物音も立ててないのに毎回気付いてくれました。
で、部屋に入ってゆくと
「待ってたよぉー」とせわしなく
嬉しくて仕方ないよと
まとわりついてきました。
いつもはそんなじゃないのにね。
こういう時、もう可愛くってかわいくって
赤ちゃん言葉で話しかけていました。
猫も健気だと思います( •ॢ◡-ॢ)-♡。




「私の息子はサルだった」 は
ケンくんの思春期の頃までが描かれています。



モデルであろう御子息から
やめてほしいと申し出があって
このシリーズは終わったそうです。


ウチの坊主が中学生になった頃
コーヒーショップで勉強することが
背伸びのあかしだったようです。
だけど、帰ってくると毎回
「コーヒー飲むとドキドキして
初恋みたいな気持になる」
と、苦しがっていました。
だったら、紅茶にしたらいいのにね。
それでもカッコつけて無理して
コーヒーを飲み続けていたようです。
子供の成長の記憶はいつの時も愛おしいものです。

2018年6月11日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

秋雛祝言
2018年6月10日

勇多さん&奈々ちゃんの「秋雛祝言」の
report三日目はお色直しのご入場からです。



重陽の節句は菊の節句ですので
オリジナルの水引こも樽はピンポン菊デザインです。




ひーふーみーヨイショで鏡開きです。




お二人の衣装柄のアイシングクッキーも飾りました。




重陽の日は秋雛を飾るとされていますのでお雛様も飾りました。




和田屋さんの鯛の唐むしは見事なことです。




奈々ちゃんのお友達のお誕生日を祝って鶴来のお酒「菊姫」が贈られました。




新郎新婦様のお衣装柄を描いた金澤祝言こぼしです。




親御様に感謝を伝えるお時間では金澤祝言こぼしを贈られました。




結びの大杯の儀です。


お開きのあともお写真を楽しまれました。



胡蝶蘭の秋山章作のお衣装をめされた
奈々ちゃんのお髪にはアーティシャルフラワーの胡蝶蘭です。




このあと「一緒に写真撮りましょう」と
言われとっても照れて
恥ずかしくてはずかしくてだったけど
やっぱり撮ってもらって良かったです。
何度もニヤニヤと見返しまして、今も宝箱にあります。


勇多さん&奈々ちゃんこの度は
ご懐妊おめでとうございます。
赤ちゃん抱っこさせてね☆”


お二人の白山比咩神社さん挙式&和田屋さんお食事会の動画です。

2018年6月10日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

仲良し母娘さん
2018年6月9日

昨日に引き続き勇多さん&奈々ちゃんの
白山比咩神社さん挙式&和田屋さん
お食事会のreportです。



花嫁様は父上と入場され、新郎様とかたい握手です。




お二人から皆様へ開宴の挨拶です。




続いては、可愛らしいセレモニーです。
お二人の初めてのデートは21世紀美術館
と、いうことで「友禅の壁」っぽい
デザインのオリジナル彩羊羹です。




重陽の日でしたのでアイシングクッキーで
作った菊科のディジーをトッピングしていただきました。




二つ並んでクッキーも仲良しな感じです。




三つ組の盃は、両家かための盃です。




引き盃で乾杯をされました。




クッキーでファーストバイトです。




奈々ちゃん手作りの婚姻届です。




証人は、勇多さんのお兄様お二人です。




おじさまが仕舞と謡をご披露してくださいました。




お母様と、お色直しへといらっしゃいます。


お母様は、この日素敵なバックをお持ちでした。
結婚式前にお打合せにいらっしゃった時に
お母様から当日の和装についていくつか
ご相談を受けた折、バッグについても聞かれまして
「私はこういうの使っています」とお見せしたところ
「利休バッグって言うんですね」と
熱心にメモっていた仲良し母娘さんでした。
打合せのあとさっそくお二人で
お買い物にいらっしゃったそうですヽ(^◇^*)/。


祝言のReportは、明日に続きます。

2018年6月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「賢い子にしたいです」
2018年6月8日

奈々ちゃんからご懐妊のお知らせがとどきました。

ご報告です
おかげさまで妊娠することが出来ました(略)

そして、

賢い子にしたいです!!笑


可愛いくてユーモラスな奈々ちゃんです。


ちょうど半年前の勇多さん&奈々ちゃんの
祝言を振り返ってみましょう(*^▽^*)。



お庭でのお写真撮りから始まりました。




忘れもしません!この時です!
奈々ちゃんの眉と眉の間に
黒い点があって「ホクロ?」と
撮影をとめて確認したところ
蚊でした!
虫にまで好かれる甘い愛らしさ。
「あー、こんな日に」と悔しがる
奈々ちゃんでしたが
メイクさんがササッとカバーすると
なかったことに♫•*¨*•.¸¸♪✧
いつもの可愛い奈々ちゃんでした。


続いて、和田屋さんの座敷でのお写真です。



折鶴に結婚指輪をのせて。


白無垢に羽織りかえられました。



貝合わせの儀です。




綿帽子のお支度をされてご出立です。




杉木立の境内をご親族と参進の儀で歩まれました。




神門をくぐられます。




厳かに挙式が執り行われました。




ご披露宴の始まる前にみなさんには
ウェディングドレスでの前撮りの
アルバムをご覧いただいています。


祝言reportは、明日に続きます。

2018年6月8日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ジャパンテントが縁結び」
2018年6月7日

金澤syugenのプレ新郎新婦様が
火曜日の北國新聞さんに取材記事が載りました。



新郎様のお母様から
いただいたメッセージです。

花園地区は台南のダム開設の
八田技師の生誕の地であり、
台湾と交流しています。
その縁もありジャパンテントは
台湾の学生を花園地区へ受け入れしています。

ジャパンテントから三年目に
百万石まつりで再会されたというお二人。
運命を感じますね(*^▽^*)
キューピットさんご夫妻も当日
ご参列くださいます。


こういう風に繋がるべきご縁は
結ばれてゆくものなのですね。


ご家族を紹介してくださったのは
ブライダルみつ和の鶴見さんです。
金澤syugenの新郎新婦OB様には
「わぁ鶴見さん^^」って懐かしく
思い出されるかたも多いのではないでしょうか。


台湾生まれの花嫁様が
日本の民族衣装をめされ
古きしきたりにならっての祝言をされます。
台湾のご親族にも日本の美しさを
ご堪能いただけたらと願っています。


ご縁に感謝し
佳き日になりますよう心をこめて
つとめさせていただきます。

2018年6月7日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「月夜の散歩道」
2018年6月6日

角田光代さんの「月夜の散歩道」は
愛猫ちゃんの写真が可愛らしいのです( •ॢ◡-ॢ)-♡
柔らかそうな関節の感じや
安心してポーンとお腹みせている姿に
ふわりと癒されます。



ですが、夜は読んじゃいけないエッセイです。
おいしそうな食べ物のことばかり
かかれていてお腹が刺激されるのです^^;
例えば、

激辛好きで唐辛子系の調味料が欠かせない。
このパッケージ、なんとも昭和的で、
もし金沢ではじめて見たら、
私は買わなかっただろうと思う。

と、金沢の「とり野菜みそ」が紹介されています。



金澤syugenのご近所のスーパーで撮りました。
冬以外でも人気あるようです。


この時期、二冊のエッセイを平行して読みました。



おいしそうな話が続く「月夜の散歩」は
夜には読めない。
下品な話が続く「されど人生エロエロ」は
外では読めない。
と、言う事情からでした。


さて、私のスマホの待受画面は
先月、知人宅にやってきたという猫ちゃんです。



弱々しい小さい尻尾の子達の
モフモフにさわりたい
仔猫ちゃんのにほいを吸い込みたい。
いいなぁ♫•*¨*•.¸¸♪✧猫のいる暮らし♡

2018年6月6日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

心の花束
2018年6月5日

懐かしい知人と久々にお茶をしました。



県外からお越しだったので
金沢らしさを味わっていただきたく
和菓子のカフェへとご案内♫•*¨*•.¸¸♪✧


衣装の打ち合わせをしたわけじゃないのに
知人がネイビーカラーの麻のジャケットで
私がネイビーカラーの麻のボレロ
なんだかシンクロ感も楽しかったです。


知人は仕事が充実しているんだろうな
ってことがうかがい知れる風情です。
ですが、時折、お茶目なことをして
笑かしてくれるのは昔のままでした。


あんみつと加賀棒茶をいただく間に
昔のこと今のこと織り交ぜて話し
何より幸せな暮らしぶりを
聞けたこと嬉しく思いました。


こういうちょこっとの
幸せな時を繋げてゆきます。
それは、例えば紫陽花の小さな花が
集まって一輪の花をつくるようです。



キラキラの思い出の花びらを
丁寧につむいで心に素晴らしい花を
咲かせられたらと願います。


お茶のあいだの時間旅行でした( •ॢ◡-ॢ)-♡。

2018年6月5日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

花手毬のページ誕生です
2018年6月4日

金澤syugenホムペのオリジナル品に
「金澤祝言花手毬」があらたに加わりました。

http://www.kanazawa-syugen.jp/gallery/hanatemari.php


ヘッダーのお写真は和穂さん&友佳さんの
金澤祝言花手毬こぼしです。


花嫁様のこぼしにはお衣装柄の
特徴を加賀刺繍で描いています。
色んなアングルのお写真をご紹介します。




お衣装の特徴の松を大きく描いてあり
桜の季節も表現されています。


新郎様のこぼしには
祝言のテーマを表現しています。




波の上を飛ぶ兎を大きく描き
そして、健康を祝っての
幾何学模様があしらわれています。



お二人のお衣装や個性
季節にあわせてお創りする
世界に一つだけのウエルカムドールです。


個性ある金澤syugenの和小物達を
これからも御贔屓たまわりますように☆”

 

2018年6月4日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鱗のように光る川面に
2018年6月3日

夕闇がゆっくりと空から落ちてくる頃
武蔵から尾張町泉鏡花通りを
主計町に降りて大橋を渡って
と、梅の橋まで歩きました。



生まれたばかりの夜の中でデマチの灯ろう様達です。




ブライダルみつ和の真生子さんが
灯ろう流しデビューです。




まあまあ、大きい灯ろうです。




転ばないように歩きます。




きれいな灯ろうは流してしまうのが少し寂しいな。




炎太鼓が始まりました。
この写真は、利恵ママを探せもできます(右上です)。




襦袢に撫松庵の花かご柄の浴衣を纏い
着物っぽく着ていますの。




鱗のように光る川面を灯ろうが流れてゆきます。
なんと幻想的で美しいことでしょう。




ひえっひえっの生ビールで乾杯しました。


来年も健康でお祭りにお出かけできますように☆”

2018年6月3日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし, 和ごころ文化 | 2件のコメント »

2 Comments

  1. みつ和 堀内 より:

    何十年かぶりに灯ろう流しを拝見しました。
    幼い頃に観た記憶はうっすらでしたが、浅野川を
    流れる灯ろうと水の音の美しさに感動しました!

    金沢の歴史あるおまつりに参加させて頂き、とても
    貴重な体験をありがとうございました^^

    淳子さんの麗しい浴衣姿と乾杯ビール・・最高でした!

  2. 淳子 より:

    真生子さん楽しかったね☆”
    好きなお笑い芸人のこと
    趣味のこと
    恋バナもちょっぴり
    それでも、やっぱりお互いに
    お客様に喜んでいただきたい
    と、願う気持ちが強くて仕事の話が
    一番夢中になったね( •ॢ◡-ॢ)-♡

    “麗し”嬉し!いただきました!

コメントをどうぞ

「忘れたふり 」
2018年6月2日

吉本ばななさんの「忘れたふり 」は
嗜好が強すぎる章もあるし大笑いも度々で
しっくりきた章では顔が水浸しになりました。



常に新しいもの好きで、現場が好きな人、
楽しそうに働いている人がやはり
どんな時代も常に最強でしたね。


最終章近くでは、心に刻んで
おきたい言葉を見つけました。
気持ちが高まった時
「ホントだ、ホントだなぁ」って
言いながら自然に掌が誌面を
何度も撫でていました。
「肝に銘じなきゃ」そう思ったのです。


さて、ばななさんは金沢がお好きなようです。
ひがし茶屋街のお寿司屋さんもでてきました。

金沢出身の人たちがあまりにも
控えめに、しかし明らかに地元を
誇らしく思っているような
雰囲気なのがよくわからなかった
私さえ、「これだけ豊かな場所だったら、
少しくらいそのことを自慢しても
しかたないな」という気持ちになりました。

地元に誇りを持つ金沢人わかるわかるです。


なにからなにまで豊かで、ぶりぶり
キラキラしていて、質が高くて。


金沢のお菓子が見た目も質もパッケージも、
とにかく総合的に異様なクオリティ    


昨日は、金澤神社さんで
「お水取り」の儀式がありました。
百万石茶会では、この金城霊澤の
お水で点てたお茶とお菓子が呈されます。
お祭りで金沢にいらっしゃったかた、
クオリティ高い上生菓子を召し上がってくださいね。

2018年6月2日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「両親たちに、感謝の日」
2018年6月1日

今日から六月ですね。
五月アニバーサリーをお迎えの
新郎新婦様をお祝いする四日目です。


玉泉園にて竜太さん&静香さん



ウェディングフォト婚の日にご両家お顔あわせの会をされました。


十月亭さんにておいちゃん&麻智ちゃん



花嫁のれんを幕末の館に飾ってお写真撮りをされました。


ゆうさん&めぐみさん



辻口博啓さんプロデュースの飴細工鮮やかなケーキでセレモニーです。


慶一さん&さこちゃん



ご生家でお支度されて石浦神社さんへと
ご出立されました。


石川門にて宏信さん&志乃さん



白山比咩神社さんで挙式後
金澤町屋でご披露宴をされました。


富樫薔薇公園にて忠昭さん&ヒロタン



夏にミュシュラン料亭ウェディングの
お二人の洋装での前撮りです。


崇裕さん&真喜ちゃん



能登の縄ほどきでご入場です。


宇多須神社さんの挙式のご報告をされる正雄さん&千尋さん



この一週間後に、東京でご披露宴をされました


よっぴぃ&尚ちゃん



お二人の花嫁行列はアクタスに
取材記事として掲載されました。


尚ちゃんからのメッセージです。

入籍が11/1なので、結婚式はなんというか、
両親たちに、感謝の日という感じなんですよ。
母の日にしたしね。

今年の母の日、よっぴぃからカーネションを贈られたそう。



#なんでやねん
#あなたのお母さんではないが

ハッシュタグに大ウケでした。
奥さんに優しくできるよっぴぃはできる子だね(*^▽^*)


五月アニバーサリーの皆様、ますますお幸せでありますように。

 

2018年6月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「やっと撮れました」
2018年5月31日

五月にアニバーサリーを迎える新郎新婦様の
お祝いの三日目です。


石川門にて明彦さん&味穂ちゃん



ウェディングフォト婚の日に
ご両家お顔あわせの会をされました。


白山比咩神社さんにて雄一郎さん&ゆかりちゃん



和田屋さんへ花嫁行列で歩まれました。


21世紀美術館にて健司さん&道子ちゃん



ユーモアあるお写真がお二人らしいです。
このお写真は和婚式の中でスライドショーで
お客様にご紹介しました。


武家屋敷にて太造さん&奈美さん



当日撮りのあと町屋にて人前式とお食事会をされました。


宇多須神社さんにて和くん&美弥ちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で歩まれます。


十月亭さんにて信ちゃん&由佳ちゃん



お二人の祝言の様子はアクタスさんに取材記事が載りました。


石川四高記念文化交流館にて大樹さん&かれんちゃん



秋に料亭にて和婚式のお二人は
初夏に前撮りをされました。


啓さん&照美さん



ご生家でお支度されてご近所のかたに
見守られてのご出立でした。


犀川にて敬三さん&美子さん



ミュシュランの料亭でご親族との一部会
ビストロでのお友達との二部会という
二部式スタイルでした。




りょうが、この服嫌だ、かぶとかぶらない
と逃げ回り、回りが散乱してて
つかまえてやっと撮れました。

出会った時、赤ちゃんだったボクはやんちゃに成長されたね^^


お祝いは明日に続きます。

2018年5月31日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「落ち着いているからこその幸せ」
2018年5月30日

五月にアニバーサリーを迎える新郎新婦様の
お祝いの二日目です。


梅の橋にて和貴さん&陽子ちゃん



ウェディングフォト婚のお二人は
この後、十月亭さんでご両家のお顔合わせの
お食事会をされました。


料亭ウエディングの千尋さん&佳代ちゃん



人前式に続いてご披露宴です。


宇多須神社さんにて尚さん&優美さん



花嫁行列へとご出立です。


裕一郎さん&知江ちゃん



和田屋さんで和婚式のお二人は洋装で前撮りをされました。


ひがし茶屋街にて恭介さん&紗弥香ちゃん



この花嫁道中はNEWS ZEROの変わり種結婚式の特集で放送されました。


白山比咩神社さんにて初彦さん&ユリちゃん



花嫁様はご生家でお支度、新郎家に仏壇参りをされました。


康裕さん&美樹さん



テーマのひょうたんを描いたオリジナル九谷焼の
カップは親御様へ感謝のお品として贈られました。


藤の花咲く白鳥路で誠志朗さん&道代さん



東京のホテルでご披露宴のお二人が金沢の街並みでロケーションフォトをされました。


結婚記念のご旅行のお写真がとどきました。



いまでも仲良くしてますが、写真を撮ったときは
まだまだ全てのことが新鮮で楽しく感じていました。
いまは、落ち着いていますので
あの新鮮さはありませんが、
落ち着いているからこその幸せを感じています。

いい笑顔^^そして、素敵なお言葉ですね。


アニバーサリーのお祝いは明日へと続きます。

2018年5月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「母ちゃんはいた!」
2018年5月29日

今日から四日間は、五月にアニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いをします。


兼六園にてトールさん&なっちょ



ご披露宴後にゆっくりと当日撮りをされました。


十月亭さんにて勝政さん&好枝ちゃん



辻口博啓さんプロデュースの飴細工が
鮮やかなケーキで誓いのセレモニーです。


21世紀美術館にて一也さん&加代子さん



ウェディングフォト婚のお二人は
和装のお姿は東山にて撮影されました。


ひがし茶屋街にて智揮さん&愛ちゃん



花嫁行列にお友達がお祝いにかけつけてくださいました。


学さん&佳代ちゃん



花嫁様は、生家でお支度を整えご出立されました。


慶ちゃん&ジュンジュン



ワーゲンバスに乗ってお二人のご入場なのです。


康弘さん&ナツメちゃん



北陸朝日放送の「土曜はドキドキ」に
生出演され花嫁のれんくぐりをしていただきました。


白山比咩神社さんにて康夫さん&文佳さん



お食事会会場の和田屋さんへ花嫁行列で歩まれます。


三歳になったかいくんのお写真がとどきました。



父ちゃんどこかな~母ちゃんはいた!
あ、じいじもいるとみてました

可愛いらしいですね。
結婚記念日にアルバムを
見返してくださること嬉しく思っています。


お祝いは明日に続きます。

2018年5月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「じっと手を見る」
2018年5月28日

四月上旬に図書館に予約してあった
窪美澄さんの「じっと手を見る」が読めました。



章ごとに語り手が変わる連作短編集は
介護に関わる世界を背景に、
日々の仕事や過酷な労働からの
将来の不安なども盛り込まれていました。

できることが増えていくのが成長で、
できないことが増えていくのが老化なんだ


なるほどと思いました。


生の終わりの決定権を誰一人持っていない

この言葉はとても重く受け止めました。


すべての章で手の描写があり
一章目では

手を握りしめた。「ほどかないよ」


六章では、9歳の発達障害の男の子を
勇気づけたくて手にひらに線をかき

これは、裕紀の星座。
裕紀の手のひらにこれがあるから、
絶対に裕紀は迷わない。

と、いうくだりにジーンときて
自分の手のひらをじっと見つめました。


ネタバレになるのでかきませんが
物語の終わりでも手の表現があって
その体温と生についてふれます。


ここのとこ読む小説に必ずと
言っていいくらいネグレクトを
受けた子供が登場するのですが
この小説ではネグレクトの加害者が
なぜそれにいたったのかということが
えがかれています。


初めて窪作品と出会った
「ふがいない僕は空を見た」です。



窪作品は、短編ごとに人称が
かわるスタイルが多いのですが
今回はさらに、章ごとに登場人物達から
受ける印象の変化が新鮮でした。

2018年5月28日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「菅池でお米づくりするのだ!」
2018年5月27日

「菅池でお米づくりするのだ!」のイベントが
今朝の中日新聞や北國新聞で紹介されました。



予め、「ころがし」という機具で苗を植える目印つけるそうです。




テレビの取材もあったのですね。




田植え経験は、小さい子達には何よりの「食育」となりましたね。


自然農法のお勉強会には花嫁OB様達とも
参加させてもらったことがあります。
健康な土で育ったオクラやトマト
人参もパプリカも茄子もニンニクも
絶品で美味しいったらありゃしないのです!


「菅池でお米づくりするのだ!」さんから
メッセージをいただきました。

自然栽培棚田オーナーの会は羽咋市や
JAはくいさん、地域のご協力もいただき
今回棚田オーナー制度を行うことになりました。

羽咋市菅池町(神子原地区)は若い移住者も増え
限界集落は乗り越えましたが
農家の限界集落がおとずれている現実。


さらに、生活排水のないこの田んぼを、
この景色を残したい。
それをいろんな方に感じてほしいと
思い取り組みをスタートしました。

今回の田植えでは、地元や東京から参加があり
何よりもたくさんの子どもたちが参加してくれて
子どもたちの笑顔と声が空と山と田んぼに
響き渡っていたことが忘れられません。
菅池住民たちも大喜びでした。

今年は夏にはバーベキューや生き物観察会、
収穫の稲刈りなど予定しています。
棚田オーナーは継続して応募しています。
参加お待ちしてます。

これからも農薬や肥料をなるべく使わない
美味しいお米づくりを通して
自然・環境保全に取り組んでいきたいと思います。

早くみんなで美味しいおにぎりが食べたいな(≧∀≦)

きっと、おにぎり美味しいはず!
美味しいに決まっているって思います☆”


新聞記事に載っていた体験をした方の
コメントが素敵だなと思いました。

「足と手が地球とつながっているような感覚でした」

農業体験したことのない私まで
土のぬくもりや匂い、そして山あいに吹く風を
感じ清々しい気分になりました(*^▽^*)。


「菅池でお米づくりするのだ!」では
自然栽培のお米を作る棚田オーナーの
募集が続くそうです。
興味のあるかた、インスタグラムでも活動が観れます( •ॢ◡-ॢ)-♡

https://www.instagram.com/sugaikenotanbo/

2018年5月27日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

家婚式
2018年5月26日

祝言に謡が謡われていたことは金沢の婚礼の特徴と思われます。



写真は、浩一郎さん&かさねさんの「八重撫子祝言」で
宝生流能楽師の佐野玄宜師の舞と
佐野弘宜師の地謡にて「猩々」です。


今年も夏の観能の夕べが
6月30日から開催されます。
敷居の高いお能がお小遣い価格で鑑賞できます。
夏は浴衣がありますから和装入門にも良い季節ですよね。
良かったら能観賞、誘ってくださいね。
一緒にお出かけしましょう☆”


金澤syugenでは仕舞や能をとりいれた結婚式が叶います。
「祝言」は、古くから日本に伝わる
人と人、家と家の結びつきを
大切にする神聖な儀式です。


家婚式スタイルの祝言はこちらのページでご覧いただけます。

http://www.kanazawa-syugen.jp/ceremony/index.html

2018年5月26日 カテゴリー: 創作祝言, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「代々受け継ぎたい」
2018年5月25日

鋭志さん&亜希子さんの東京での結婚式のお写真です。



なんと亜希子さん愛らしいのでしょう♫•*¨*•.¸¸♪✧
上質な生地のドレスがお似合いでいらっしゃいます。




お嬢様を見つめるお母様のお姿もお美しいことです。

私の黒留袖は30年近く前に
母の見立てで作ってもらったものです。

京加賀友禅のお着物をお嬢様に
譲りたいけれど色があせていることを
気にされていらっしゃいました。


着物のお手入れのプロでいらっしゃいます
智史さんのお母様に聞いてみました。
とてもわかりやすいご説明でしたので
ご許可をいただいきご紹介します。

余程の物でない限り、ある程度直ります。
良くあるのは…
カビによる地色の変色です。
小さい点々で赤茶けたような色だったりします。
小さい点々一つずつ、直して色を挿していきます。
数が多くなるとカビに蝕まれている
可能性もありますので…
洗い張りしてから色を挿して仕立て直しとか…
手間や金額も変わってきます。
着物のお手入れは
病気と一緒で
実際みて診断して
適切な治療を施す感じだと
思っていただけたら、わかりやすいかと思います。
まずは、専門家に診ていただく事です。
応急処置から延命処置、代々受け継ぎたい!
金額的心配!
問診をしながら適切な治療方針を探っていきます。
ご相談されてみたらいかがですか?

お忙しいのに丁寧なご説明
ありがとうございます!


結婚式でおよばれのかたのお着物が
素敵な時、ついついお声をかけるのですが
「母の着物です」と言われることが多くあります。
親から子へ、そしてまたその子へと
繋げていける民族衣装があることを誇りに思いますね。


智史さん&枝里ちゃんの「桃始笑祝言」 動画です。
ここで留袖姿の母上様がチラリと映ります^^。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=302&cat=cat2

2018年5月25日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

和の邸宅ウェディング
2018年5月24日

プレ花嫁様のミホさんと
お食事会の会場となる
玉泉邸さんに打合せに行きました。


打合せのあと玉泉園の散策もいたしました。



池泉回遊式庭園という様式の
こちらのお庭は、凝縮された感があって好きです。




脇田氏が隠れキリシタンだったことから
庭には隠れ切支丹灯籠があります。




ミホさんスマイル、キラキラ♫•*¨*•.¸¸♪✧
玉泉園の散策楽しかった( •ॢ◡-ॢ)-♡
今、カキツバタが咲いています。
このあと、お茶をして美容談義なんかもしましたの。


ご友人は主計町の町屋ゲストハウスに
宿泊されるそうです。
ミホさんの発想とコーディネート力は
斬新でおしゃれだなーって感じています。


当日は貸し切りとなり
和の邸宅ウェディングが叶います。
招かれたお客様にも新鮮な驚きに
溢れた金沢旅行になることでしょう(*^▽^*)。


歴史あるお庭にて加賀友禅の
お打掛をまとわれたミホさんの
お写真撮りが待ち遠しいことです。

2018年5月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「路上のX」
2018年5月23日

「路上のX」は、救いようがないってくらい
おどろおどろしいことばかり起こって
時にグロテスクなのだけれど
集中切れず562ページ一気に読めました。



いつも毒気が強い桐野夏生さん作品ですが
今回、ネグレクトを扱っていて
「どうにかしてあげられないものなのか」
「誰も気づいてあげられないものなのか」と
子供の虐待を文字で読むと気持ちが暗くなります。


ネタバレになるのでかけませんが
終盤、母親の行動の勝手きわまりなさに
「そんな理由で子どもを捨てるか?」
と、腹立たしいことでした。
大人の勝手を子どもに押しつけちゃー
いけないんだよと強く感じました。


最近のNEWSを観ていても
弱者を傷つけている側の人間は
傷つけていることに気付いてさえも
いないということを感じます。


読み終えた後、ネグレクトの
被害者である主人公達の将来は
どんな風なんだろうと考えました。
子ども時代に辛いことがあった分
幸せになれますようにと祈ります。

2018年5月23日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

真野響子さんにおめもじなのだ
2018年5月22日

「大人ライフ金沢」のプレゼンターが
女優の真野響子さんと聞き
お着付けの先生の鶴ママとお出かけしました。



しいのき迎賓館の広場は、お祭り中☆”
生ビールの盛大な呼び込みに
「一杯だけ」とチラリと考えたけど
ガマンガマン!ガマンしましたよ、大人ですもの。


真野響子さんは頭がとてもまわって
サバサバっとした口調で
お話がポンポン飛んではずんで
しかもすんごい早口なので
時間あたりの情報量かなり多し^^!
身近に感じられる話題も
織り込まれていて興味深く拝聴しました。
普段は牛首紬をよくお召しになられるそうで
白峰では、高橋治さんの塾に
入っていらっしゃったそうです。
高橋治さんの「風の盆恋歌」は、
私のとても好きなお話でもあります。


会場には、お着物のかたも多く
華やかなことでした。


鶴ママは、マット感のある粋な帯に
帯留の質感がよく似合っています。



スワロフスキーの帯留は、私から鶴ママへの母の日のプレゼント☆”





そして、スワトウ刺繍のお着物が豪華です。


私は、ちりめんの刺繍のお着物に
綴れ織りの扇面柄の帯をあわせました。



帯留は、着物の手毬を九谷焼の
作家さんに描いていただいた金澤syugenのオリジナル品です。


セミナーのあとは、お着物談義に花が咲きます。



天ぷら御膳いただきました☆”




至福の笑顔の鶴ママ、エプロンがかいらしことです( •ॢ◡-ॢ)-♡


10代の頃、真野響子さんに似ていると
よく言われ、知的でたおやかな雰囲気の
大人の女性に近づけた感が嬉しいものでした。
しかし、美しく素敵なお姿の真野さんは
偉大でひれ伏してあやまりたかった。
ごめんなさい、調子のっちゃっていました。



では、おさえに調子のっちゃってな一枚です。

2018年5月22日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おしゃれも2倍に楽しめます☆”
2018年5月21日

「夢未来祝言」太郎さん&素子さんから
赤ちゃん誕生のHappy NEWSです。



わー!可愛い♫•*¨*•.¸¸♪✧
なんと!幸せ倍増の双子ちゃんです^^
一気に四人家族なんですね。
なんて素敵なのでしょう!




女の子には桜色
男に子には水色のベビー服
おしゃれも2倍に楽しめますね☆”
太郎さんからいただいたメッセージです。

咲帆(さほ)と幸汰(こうた)です
今年は子供生まれたりと慌ただしいです^_^

「帆」と「汰」という文字に
太郎さんと初めてお会いした初夏の頃
爽やかなマリンルックだったことを
思い出しました。
命名に納得です( •ॢ◡-ॢ)-♡。


おおらかなパパとママのもとで
双子ちゃんスクスク成長されますように。


太郎さん&素子さんのひがし茶屋街
花嫁行列と十月亭さん祝言のHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=304&cat

2018年5月21日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 3件のコメント »

3 Comments

  1. ムッチ より:

    太郎さん&素子さん^^
    咲帆ちゃん・幸汰くんのご誕生おめでとうございます!!

    双子ちゃんが元気に大きくなられて、
    ますます楽しくて賑やかなご家族になること、
    今から楽しみですね(^0^)

    素子さん、産後のお身体大切になさってくださいね。

  2. 素子 より:

    お久しぶりです!
    お元気ですか?
    毎日大変ですが、2人の笑顔に癒されています(^^)
    これからもっと大きくなると、賑やかになりそうで楽しみです。

    また金沢に行った時には、そちらに遊びに行かせていただきます!

  3. 淳子 より:

    素子さん
    双子ちゃんの天使の可愛らしいこと( •ॢ◡-ॢ)-♡
    抱っこさせてくださいね
    待っています☆”

コメントをどうぞ

朱と白
2018年5月20日

今日発売のclubismの「ふたりずむ」に俊介さん&美紀さんが登場です。



挙式日の朝、ゆっくりと兼六園でお写真撮りが叶いました。




成巽閣のお庭に姫君のような朱赤のお打掛がお似合いなのです。




金澤神社婚はおごそかなことでした。




挙式後も、雰囲気のあるお写真を残されました。
朱色の稲荷鳥居と白い花嫁衣装がお美しいことでした。


美紀さんからいただいた嬉しいメッセージです。

淳子 様
先日はありがとうございました。
BLOG見ました。
きれいに写真撮って頂きありがとうございます(^-^)
アルバムの出来上がりが楽しみです。
本当にいい結婚式にして頂きありがとうございました。
感謝してます。
美紀

とっても嬉しかったです。
ご親族、お友達があたたかく見守ってくださるなかでの
お式は私達も感動をいただきました。



金澤syugenでは、挙式のサポートもいたしております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年5月20日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「爽年」
2018年5月19日

石田衣良さんの「爽年」は
「娼年」(2011年発刊)の続編で
娼年から7年後という設定の完結編でした。



読んでいるうちに10数年前に読んだ
前作の個性的な登場人物達のことを思い出します。
新しい顧客達もまた個性にあふれ魅力的でした。
主人公の品の良さと女性への思いやりが心地よいのです。


前作で、特に老夫人のことが
印象に残っていましたが
幸せな生涯だったようです。
旅の終わりはしっくりきました。


こちら、旅の始まり「娼年」です。



今、松坂桃李さん主演で映画化
されているそうですね。
このシリーズは、男性にこそ
読んでほしいと感じました。

2018年5月19日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

時空を超えた祝言
2018年5月18日

金澤syugenのホムペのプレスリリースにて
ヒロキさん&イクヨさんの祝言の
「結婚SANKA」の取材記事を紹介しています。

http://www.kanazawa-syugen.jp/p_release/pdf/28.pdf




宇多須神社さんの境内を参進の儀で歩まれました。




ひがし茶屋街を花嫁行列です。




十月亭さんを婚家に見たててお水合わせの儀です。




十月亭さんでは、新郎新婦様自らがもてなしをされます。




椿をテーマにした時空を超えた祝言が
巻頭6ページに渡って紹介されました。
どうぞ、ご覧くださいますように。

2018年5月18日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「空木祝言」
2018年5月17日

もうすぐ「空木祝言」を迎えられる花嫁様のお衣装です。



大振袖は、桂由美さんのデザインです。




神社婚では、鳳凰や金鶏が描かれた白無垢をめされます。




打掛は秋山章さん作「讃華爛漫」で

薄紅梅の紋章地に本手描友禅
金彩工芸の芸術を創り込んだ贅沢な作品です。

とのことです。


ご披露宴のお開きの後、
花嫁様は新郎家様から贈られました
森田耕三さん作の空木の白い花が
描かれた優しいお色の加賀友禅をめされます。
豪華なお衣装で彩られる一日が
愛らしい花嫁様お誕生が楽しみなことです。

2018年5月17日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「みとりし」
2018年5月16日

今日はとてつもなく暑い日でしたね。



金澤syugenそばのパン屋さんの
キウィ棚に黄色い花が咲きました。


「夏の花の好きな人は夏に死ぬってほんとうかしら」
太宰治の「斜陽」で主人公の母の言葉です。
夏は好きではないけれど夏に咲く
野菜の花が好きなので私は夏に死ぬのかしらん。


高森美由紀さんの「みとりし」を読みました。



主人公の薫は、動物の言葉がわかるのです。
母親からの虐待が原因で感情を
持たない薫がペットシッターとなり
ペットの最期に立ち会い、見送り
最期の言葉をたんたんと飼い主に
伝えるのですがそれが泣けて泣けてなのです。


癌の犬が苦しむのが可哀想と
飼い主が安楽死を決断する話があります。
ペットの死後、飼い主は
ずっと悩んで自分を責めていましたが
薫が伝えたペットの言葉を
知り変化が起きます。


動物って言葉で伝えられないから
「ウチの子で幸せやったんやろか」とか
「あの時、ああしていたら」
などと悔やまれることも多々あります。


こういうペットを看取る人が
いたらいいなぁと感じました。
物語の終わりは、薫がすこぉしづつ
感情を表せるようになる成長をします。


私達は人間に生まれて
言葉を話すことができるのだから
感謝の心を言葉で表現しなきゃって
それは、とても大切なことなんだなぁ
と、この本を読んであらためて思いました。

2018年5月16日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

風格東京駅
2018年5月15日

煉瓦作りの東京駅は貫禄もあって美しいことですね。



古い建物と新しい建物がとけあっている場所です。




天井のアーチも芸術的です。




列車の待ち時間にKITTEに行って小物をあれこれ見るのも好きです。




壁の絵は、伝統友禅染「松本光屋乃図」とのことです。




新幹線の待ち時間に呑む生ビール旨し。
むこうに見えるのが東京駅です。




東京オリンピックにむけて
きれいに垢ぬけてゆく東京駅
さらにさらに進化するのでしょうね。
また、健康で訪れることができますようにと
祈って帰りの北陸新幹線に乗りました。


6日に渡ってのお江戸日記でした。
お付き合いくださいましてありがとうございました( •ॢ◡-ॢ)-♡。

2018年5月15日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

映画のような街
2018年5月14日

映画のような街と宮崎あおいちゃんが言っている
東京ミッドタウン日比谷に到着です。



はしゃぐミカリン、かいらしですね^^。




日比谷シャンテの合歓の広場には
スターの手形ずらっと並んでいて
ミカリンは「自分、不器用なんで」と
高倉の健さんとハイタッチです。
上は菅原の文太にいさんです。




沢口靖子さん、手ぇ小さっ!




去年まで、京都の植物園にいたという
イルミネーションのフローラちゃん、
この時は座って目をつぶっていましたが
立ちあがって目を開く時間があるそうです。




ミカリンに女優っぽく立ってもらいました。




にゃんこスターやってみた。


お野菜がウリのお店が多くて
テンション上がります☆”
その中で野菜王国で食事しました。



いい一日だったねの乾杯♫•*¨*•.¸¸♪✧




ミカリン、デコが光っているぜ!
ミカリンとキュリオスの楽しかったこと
あれこれ話しながら美味しいお野菜を
いただけば幸せなことでした。


明日は東京駅reportです。

2018年5月14日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

偶然が重なりあう幸運な時間
2018年5月13日

興奮状態で会場から出るとフジテレビのかたから
「ウド鈴木さんのシルク・ドゥ・ソレイユの番組の
収録をしているので出演していただけませんか?」と。



ミカリンは可愛いからいいわよねと
「彼女はOKです^^」と受けました。
そしたら、、、私まで・・・・・・
出てまいましたの。。。
ウドちゃんから「何が一番、印象に
残っていますか?」と聞かれ
「椅子を積み上げて行くのが(ここから先、
ネタバレになるのでかきませんね^^
演目はバランシング・オン・チェアです)
もう驚きました」とこたえました。
その素晴らしさを伝えたく
身振り手振りで話していたらしく
ウドちゃんに「ホント!よぉく伝わってきます!」と。




収録が終わってブースから出ると
「ミカちゃんどうして^^?」という声は
ミカリンの親戚のお嬢様でした。
二人の「偶然!」とケラケラ大笑いが可愛いなぁでした。




楽しかったな♫•*¨*•.¸¸♪✧
ホント、素晴らしいエンターティンメントでした。




お台場と言えばこの大きなガンダムですね。
演目が機関車の到着から始まったので
ミカリンもシュポシュッポな姿勢です。




アニメファンでもないのに記念撮影です。




自由の炎と言うそうです。
撮っていたらミカリンが
「淳子さんモニュメント好きですよね」
そう?なのかな^^?




夕暮れ前の海にちょこっとよりました。




工業地帯の大きなキリン達です。




トレンデイドラマ風に振り返ってみました。




マイケルジャクソンみたいなミカリン。




モノレールの先頭は子どもじゃなくったって嬉しいなぁ^^




無邪気に動画を撮るミカリンです。




レインボーブリッジ(o^∇^o)ノ




汐留るるる~ん。


ゆりかもめ、新橋到着です。



鉄道発祥の地の車輪をおさめてと。


キュリオスの舞台の時計が11:11になる
ところから物語が始まります。
1が並ぶ11時11分は偶然が重なり合う
幸運な時間なのだそう。


午後から雨も晴れたし
お台場ヴィーナスフォート楽しかったし
キュリオスお隣にすわるミカリンはノリよしだし
演者さんに手を振ってもらえたし
ウドちゃんと握手できたし
可愛い姪っ子ちゃんに会ってと
素敵な偶然が重なりあう幸運な日でした。


このあと、日比谷にゆきます。
Report明日に続きます。

2018年5月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ブゥラボー!」
2018年5月12日

シルク・ドゥ・ソレイユは今回から
携帯でのみ撮影OKという時間帯ができたのです。



左は、ヨーヨーの君です。




深海生物の電気くらげさんです。
神席一列目につきスマホに左右がはいりきらないのでした。




左は、自家発電の蒸気で動くミスターマイクロコスモス
輪っかを着たクララさんは日本の方でした。




蓄音器がステージを回ります。




左のアコーディオンの衣装のニコは、体の大きさを自由に変えられます。




透明サーカスでライオンが逃げた檻です。




演者さんの楽しそうな感じが最高にいいのです。




トラベラーズがエールを贈ります。




19世紀からやってきた個性豊かな機関車の乗客達です。
オレンジの女性はエアリアル・バイシクルで
ドキドキハラハラさせてくれました。




拍手はもちろんんこと「ブゥラボー!」
と声援贈ると演者さん達が次々、手をふって
こたえてくれたのが嬉しかったです。




ステージギリギリに立つ演者さんを
真下から見上げる感じでミカリンは
「みんな鼻毛きれいにお手入れしてた」と。。。。




バンキンのシマシマーズも撤収です。
ネットをはった上にてアクロバテックな
演技をするのだけど私の頭がギリギリ
ネットの下だったため飛んだり走ったりが
ダイナミックで怖すぎてこの時ばかりは
顔がひきつっていたと思います。




祭りの後は、ちょっぴり寂しい。


郷愁的な生歌と絃楽器の音色がとても美しいことでした。
6度目のシルク・ドゥ・ソレイユでしたが
バランシング・オン・チェアは
想定外のすんごい驚きがありました。


演者さん達が心ひとつにステージを
創り上げてゆく感じと
楽しみながら演技をしている姿に
感動をいただきました。


明日に続きます。

2018年5月12日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

キュリオス
2018年5月11日

シルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」に行ってきました。



お台場につくとダッシュしたくなります。




緑が似合うミカリンとです。




一列目のSS席という神席ゲット☆”




シルク・ドゥ・ソレイユは大好きで毎回観に来ています。




ナンバープレートも「1111」です。
今回、11:11という時刻がキーワードです。




輪の向こうに見える緑色がミカリンです。




ロボットのザ・キュリオスくんです。




前夜祭的な演出でこの吊り橋を観客が渡ります。


開演中は、撮影禁止なのですが
今回からフィナーレのみOKだったので明日紹介します。


オマケは、お台場ヴィーナスフォートでさらなる前夜祭です。



マイケル・ジャクソンぽくってカッコイイぞ!ミカリン!




ここは声が響くのが楽しくって宝塚ごっこしました。

2018年5月11日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

聖地巡礼
2018年5月10日

東野圭吾ファンとしてはお江戸行ったら
日本橋に立ち寄りたく4年ぶりの聖地巡礼です。



小説「麒麟の翼」は、この橋から物語が始まります。




「ここは日本の道のスタート地点。
この翼は、ここから日本中に
飛び立っていけるという願いを
こめて造られたそうです」
小説の言葉を思いだしながら
見上げるとジーンときます。


コレド室町のお隣に赤い鳥居が鮮やかなことです。



マチナカにある福徳神社さんです。




宝くじ当選祈願できる神社さんなのだそうです。
(私は、宝くじって買ったことないのですが^^;)




宝くじが当たりますようにと鈴を鳴らして祈るのだそうです。


「祈りの幕が下りる時」では、
各月に橋の名前がかかれているメモを
加賀恭一郎が見つけるのですが
1月浅草橋に始まって7月は日本橋でした。



この風景は日本橋1丁目1番1号から撮ったものです。




高速道路の真下で呑むビール
都会の人のテラスの楽しみかたって
おもろいなーとなんだか新鮮でもありました。
あ、もちろんビールは麒麟でした。




遊覧船は日本橋1丁目1番1号あたりでターンするようです。




日本橋のたもとに小さい扇子屋さんが
あって京野菜の柄の茶扇子を見つけました。
左から万願寺とうがらし、鹿ケ谷かぼちゃ
賀茂なす、金時にんじんと可愛らしいのです。


和の風情も楽しい日本橋と人形町を
加賀恭一郎キブンで歩いてみました。

2018年5月10日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「楽しく暮らしています」
2018年5月9日

翆蓮祝言の直さん&紘子さんが
遊びに来てくださいました。



アルバムをのぞき込むお二人を
微笑ましく見つめるムッチです。
紘子さんがページをめくるごとに
「わー!きれいな写真^^」
直さんが「やっぱりアルバムに
して良かったね^^」と
すごく嬉しいお言葉です☆”
右手前がアルバムのお箱で
直さんのお家から見える白山を
描いた羊羹のお写真なのです。




ムッチもその美しさに興奮気味でした。
お二人はご披露宴の思い出がいっぱいの
インデックスをご覧です。




直さんの紋服の柄を描いた
金澤祝言花手毬こぼしと記念撮影♫•*¨*•.¸¸♪✧


「ケンカしながら楽しく暮らしています」
と、たおやかに微笑む紘子さん♡
幸せっぷりが伝わってきますよ^^


お二人のHappy Reportもご覧くださいますように。
オリジナルデザインの翠の金澤つまみ紗衣句が
お似合いの柔らかい印象の美しい結髪にも注目です!

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=328&cat=

2018年5月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「わかって下さい」
2018年5月8日

藤田宜永さんの「わかって下さい」を読みました。



熟年の愛を描いた『愛の領分』で直木賞
受賞の作者がさらなる高齢者の恋を
綴った六話の短編集です。


不倫とかそういうことじゃなくって
恋をしていた頃の自分を思い出したいという感じです。


「恋ものがたり」は、主人公が
昔の恋に決着をつけたいと言う
かくしゃくとした83歳の女性と話すうちに
自身の若い日の恋を思い出します。


表題作「わかって下さい」は泣きました。
主人公が、その昔の恋人との偶然の再会後
家族のもとに帰ってゆく時
今の家族との幸せにあらためて感謝
そして、過去の恋人の幸せを
心から願うというあたたかいお話でした。


さて、若い頃の恋は、
不器用で一途だったり
思い込み激しかったり
そんな頃の自分は愛おしくもあります。
恋をしていた無垢な思いを、
時々はとりだしてみるのもいいなぁ
と、感想でした。


今日の図書は新郎新婦様世代ではなくて
親御様の世代向きの一冊でした。

2018年5月8日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「お似合いのお花です」
2018年5月7日

藤の花の季節ですね。


こちらのお宅のみごとな藤棚を楽しみにしていました。




近くの幼稚園の鯉のぼりと藤です。




こちらの用水にかかるトンネルのように咲く藤も
毎年、楽しみにしています。




藤紫色のたわわな花房は優雅で大好きなお花です。


スマホでおさめた素人写真ですが
インスタに藤の花をのせていたら
2008年組さんの尚ちゃんが

ねぇさんにお似合いのお花です
つまみ紗衣句みたい

ああ、なんて可愛いこと言ってくれちゃうの!


尚ちゃんは、一昨日安室ちゃんの
ラストライブで東京ドームへとお出かけでした。



アップにたえています!
あいかわらず可愛いよん^^


2009年さんのちかたんは、昨日おでかけでした。



わー!生ビールあるんだね。
お祭り気分たかまるね。


すごい倍率だっていうのに
金澤syugenの花嫁OB様達
持ってるぅ♫•*¨*•.¸¸♪✧


コンサートは、かなり感動されたようです。
ご褒美の素敵な時間を楽しめて良かったね☆”

2018年5月7日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2 Comments

  1. なおこ より:

    めっちゃアップー!!!!笑

    耐えてますか?大丈夫ですか??

    またよろしくお願いします(^^)

  2. 淳ねぇさんより より:

    尚ちゃん、安心してください!アップでもかいらしいです☆”

    今日は、結婚記念日だね
    おめでとうございます。
    アクタスの見開きにもドーンと
    のって素敵でした♫•*¨*•.¸¸♪✧
    11周年、祝ってくださいね( •ॢ◡-ॢ)-♡

コメントをどうぞ

「生まれ変わった気分でした」
2018年5月6日

先日、陽菜乃ちゃんの白山比咩神社さん
百日詣りと和田屋さんにてのお食い初めの
お手伝いをさせていただきました。



大きな黒い瞳がなんて愛らしいことでしょう^^
写真館でご両家のお祖父様お祖母様がたも
ご一緒に記念撮影されました。
赤い小袖が愛らしいことです。
美人さんですね( •ॢ◡-ॢ)-♡



陽菜乃ちゃんのお母様の由佳子さんから
メッセージとお写真をいただきました。



美容院では、今まで見たことのないくらい
綺麗なメイク・ヘアセットをしていただき、
また着物の着付けも素敵に仕上げていただきました。
産後のやつれた顔、ぼさぼさの髪で
どうしようかと思っておりましたが、

生まれ変わった気分でした。
和田屋さんのお食事も、
家族みな美味しくいただきました。(略)


由佳子



お着物お似合いな和美人さんですことヽ(^◇^*)/
このメールを読んで、女性が節目の時に
装うということには色んな意味が
あるのだと改めて感じました。
赤ちゃん誕生のあとって自分のことは
後回し、と言うよりさらにさらに
その後ろに追いやられますよね。
ですがですが、美しく装うことで
気分も 晴れてメリハリが生まれ
また育児を楽しめるってもんです。
がんばるんじゃなくって楽しみながら
育児ができたら素敵ですよね。


陽菜乃ちゃんのお祖母様
(おばあちゃんだなんてピンとこない!
お若くていらっしゃいますから)

(略)由佳子のヘアスタイル、本田先生に
若々しく優雅にまとめて頂きました。(略)

びっくりしたは、着付けの見事な補正!(略)
プロフェショナルなお仕事を見せて頂いた思いです。
家族や京都のお母様にも着物姿を褒めて頂きました。

女性の和装は、まわりのかたも幸せになれますよね。
そして、女の子様の陽菜乃ちゃんの
誕生でおしゃれのお世話の
楽しみがまた増えましたね(*^▽^*)


プロの写真が待ち遠しいことです。
由佳子さんは「満点星祝言」の
亜希子さんのお姉様でいらっしゃいます。
広がるご縁嬉しく思っています。

2018年5月6日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | 4件のコメント »

4 Comments

  1. ELLEchere 本田 より:

    先日はありがとうございました。

    お宮参りとお食い初めを済まされた陽菜乃ちゃん
    なんとお顔立ちの整った可愛くきれいなお子さんなのでしょう!

    由佳子さんとその前には亜希子さんの素敵な姉妹のお支度をさせていただきましたことを嬉しく感謝いたします。

    お母様にも喜んでいただけまして本当に良かったと思っております。

    陽菜乃ちゃんの成長と皆様のご健康をお祈りしております。

    また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

  2. 由佳子 より:

    本田さま

    お宮参りの際は、ありがとうございました!
    素敵なヘアメイクをしていただき、何度も写真を見てしまいます。
    機会がありましたら、またヘア&メイク&着付けしていただきたいです。
    今後とも、よろしくおねがいします^_^

  3. 鶴尾 より:

    先日はありがとうございました。
    陽菜乃ちゃんのお祝いの日のお手伝いをさせていただき感謝いたしております。
    由佳子さん、お着物がとてもお似合いでしたよ。
    これからも、どんどんお着物を召されますように。
    陽菜乃ちゃんの健やかなご成長を祈っております。

  4. 由佳&亜希 母 より:

    鶴尾先生・本田先生

    昨年に続き、この度も朝の早い時間から大変お世話になりました。
    お陰様で由佳子は気持ちも晴れやかに、特別な一日を過ごす事ができたと思います。ありがとうございました。

    若い時は仕事や子育てで、正直、慣れない和装はハードルが高いと思いますが、娘たちにはこれからも着物をもっともっと着てほしいです。
    今後とも親子共々、よろしくお願いいたします。

    先生方の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

コメントをどうぞ

初夏の淳散歩
2018年5月5日

暦の上では、今日から夏です。
暑くも寒くもなくお着物でお出かけしやすい時です。



梅の橋では風が吹くと青葉の薫りがします。




町屋さんでは鉄線の紫が涼を誘います。




お抹茶と羊羹をいただきました。




夜が更けて、水鏡に長くのびる灯りが美しいことです。




むこうに浅野川大橋のアーチが水鏡に映っています。




プライベートなお出かけだったので
藍染のお着物に遊び心いっぱいの
ボルドーワインを差し込みました。
実際は、落ち着いた渋いトーンの赤ですが
素人写真につきすいません。


そんなわけで初夏の淳散歩日記でした。

2018年5月5日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「おまじない」
2018年5月4日

三月に図書館で予約した
西加奈子さんの「おまじない」が読めました。



様々な悩みを持つ女性(女の子も)が
主人公の八つの短編です。


自分にもこういうとこあるな
思春期の頃、こういう風に感じたことあったな
と、それぞれのお話の中で共感できました。


「孫係」というお話がとても好きです。
この世界で役割を与えられた係を演じることや
悪態のすすめがあって
それは、時に優しい思いやりなんだなぁと納得しました。
爺係のおじいちゃまと孫係のすみれちゃんの関係がとても良いのです。


「ドブロブニク」の中の言葉で

「おめでとう」という五文字の発するその美しさは、独立してそこにある。

祝福の言葉は何度あってもいいですよね^^


アイコンのような斬新な目次と
圧倒的な色彩のイラスト、
奥付のあとにある数枚の白のページには何をかいたらよいのだろうか。
やっぱ、西加奈子っておもろい
と、感じた一冊でした。

2018年5月4日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

青と緑の紬の織物
2018年5月3日

少し白っぽい感じがする今日の
夕暮れは東の山が西陽に照らされると
くぐもった青と緑が幾重にも連なり
紬の織物のようで美しいことでした。


四月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いの六日目です。


浅野川の桜並木で寿さん&ぴーちゃん



トリック写真です。


宇多須神社さんにてノッチ&裕代ちゃん



前撮りでは宇多須神社さんから石川門へと。


十月亭さんにて秀俊さん&ゆこさん



親御様に感謝のお品を贈られました。


安宅住吉神社さんにて和穂さん&友佳さん



厳かな挙式では雅楽と巫女さんの神楽舞があります。


けんいちさん&みのりさん



金澤祝言こぼしはお二人の婚礼衣装柄を描きます。


料亭ウェディングのクマちゃん&弘衣ちゃんです。



お二人、手をとりあって金澤modern水引の
オリジナルデザインのこも樽で鏡開きです。


六日間に渡って、四月アニバーサリーの
新郎新婦様のお祝いでした。
皆様おめでとうございます。
ますます、お幸せでありますように。


近くで咲いた菜の花の黄色が愛らしいのです。











金澤syugenはゴールデンウィークも
営業いたしております、お気軽に
お問い合わせくださいますように。

2018年5月3日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

チューリップとムスカリ
2018年5月2日

四月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝い五日目です。


犀川にて章良さん&真弓ちゃん



桜並木でロケーションフォトされました。


お水合わせの儀のアレンジセレモニーをされる
克弘さん&真奈美ちゃん



金澤modern水引オリジナルデザイン水蝶です。


石川門にて智さん&トモミさん



ウェディングフォト婚のお二人は
日をあらためて十月亭さんでお食事をされました。


成巽閣にて幸弘さん&千草さん



なまこ壁が金沢らしい風情です。


十月亭さん祝言の紀彦さん&沙絵ちゃん



金澤祝言こぼしには、紋付&
黒引き振袖の花紋柄が描かれています。


ひがし茶屋街にて三郎さん&ハナさん



和装で前撮りをされました。


よそのお家の家庭菜園で見つけたカワイコちゃんです。


チューリップとムスカリ愛らしいことです。
今、砺波ではチューリップ祭が開催されています。
お出かけされてはいかがでしょうか。


お祝いは、明日に続きます。

2018年5月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ガルガンちゃん
2018年5月1日

今日から五月ですね☆”
昨夜、吹く風の薫りに夏の訪れを感じました。


四月アニバーサリーの新郎新婦様の
お祝いの四日目です。


大野の港にて久紘さん&祐希ちゃん



生まれ育ったお醤油の街で当日撮りをされてから
金沢の街並みへとお運びになられました。


ひがし茶屋街にて明弘さん&紗代ちゃん



お写真撮りの後、十月亭さんでご両家お顔合わせのお食事会をされました。


宇多須神社さんにて剛彦さん&優妃さん



婚礼衣装柄を描いた金澤祝言こぼしを手にのせて。


和田屋さんにて真一さん&志保さん



白山比咩神社さん挙式に続いてのお食事会です。


兼六園にて晃一さん&紗さん



和装の前撮り写真をホテルウェディングで飾ってくださいました。


石川四高記念文化交流館にて浩志さん&さやちゃん



ウェディングフォト婚のお二人、21世紀美術館でも撮影されました。

 
寺島蔵人邸にてカブさん&祐子ちゃん



篤姫のおかつらで武家屋敷の座敷は大河ドラマっぽいですね^^。


鼓門にてスマホ撮影しました。



「風と緑の楽都音楽祭」のNEWSを聞くと
いよいよ初夏だなと感じます。
あ、キャラクターの名前はガルガンちゃんというそうです。


お祝いは明日に続きます。

2018年5月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ハナミズキ咲く頃
2018年4月30日

四月の街はハナミズキの花が、通りの
あちこちに咲いて愛らしいことです。
一青窈さんのハナミズキの歌から
お家のお庭にもよく見かけるようになった気がします。


四月アニバーサリーのお祝いの三日目です。


兼六園のことじ灯ろうにて崇さん&夏代さん



ゲストハウスで結婚式をされるお二人の前撮りです。


いっちゃん&ユキリコフちゃん



浅野川の桜並木でのお写真撮りでした。


宇多須神社さんにて智大さん&ユンナちゃん



老舗料亭さんにて和モダンなご披露宴でした。


ひがし茶屋街を花嫁行列の誠さん&渚ちゃん



沿道の方々から大きな祝福をうけました。


夏さん&文乃ちゃん



十月亭さんで二部式の祝言をされました。

 
尚さん&優美さん



和装婚のお二人は洋装で前撮りされました。
 

大亮さん&香菜さん



白山比咩神社さん挙式、和田屋さんでお食事会でした。


泉野体育館でもハナミズキが咲いています。



花びらに見えているのは、花びらではなくて
中心の塊が花びらなのだそうです。




白の花水木も清楚なことです。


アニバーサリーのお祝いは明日に続きます。

2018年4月30日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

豪勢な赤と白
2018年4月29日

窓から見える丘のツツジが見事に満開☆”
豪勢な真っ赤な一列と真っ白な一列
淡いピンクの大きなこんもり達が
緑の芝生に鮮やかなことです。


四月アニバーサリーの新郎新婦様の
お祝いの二日目です。


敬哉さん&美季さん



十二単をめされ「能登の花嫁」の参進の儀です。
 

和田屋さんにて哲章さん&由佳さん



金澤modern水引のオリジナルデザインの
野菜モチーフのミニこも樽で鏡開きされました。

 
兼六園にて洋一さん&真紀ちゃん



ハワイで挙式のお二人が和装で前撮りをされました。


石浦神社さんで挙式の篤史さん&千恵ちゃん



町屋にことじ灯籠の絵柄の花嫁のれんを飾りました。
 

宇多須神社さんにて俊臣さん&カオリン



クラシカルなやまと髪にオリジナルの加賀水引のかんざしです。


21世紀美術館にて初彦さん&ユリちゃん



白山比咩神社さんで挙式の二人は、
前撮りでタキシード&ウェディングドレスをめされました。

 
十月亭さんにて良典さん&美知留さん



お二人自らおもてなしをされる大人の和婚式です。


お祝いは、明日に続きます。

2018年4月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

卯の花月
2018年4月28日

春の木々や草は柔らかい光に
包まれふんわり輝いて見えます。
今日から四月アニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いです☆”


金澤神社さんにて徹哉さん&麗子さん



ホテルウェディングのウェルカムコーナーに
金沢の街並みでの和装のお写真を飾ってくださいました。


白山比咩神社さんにて才雄さん&花奈恵さん



ご披露宴会場の和田屋さんへ花嫁行列で歩まれました。
 

ご結納式の俊介さん&沙奈絵ちゃん



十月亭さんでお顔合わせのお食事会をされました。


慶ちゃん&ジュンジュン



宇多須神社さん挙式&料亭ウェディングです。


花嫁のれんを飾っての啓介さん&沙織ちゃん



花嫁衣装柄を加賀八幡起き上がりこぼしに描く
金澤祝言こぼしも鎮座します。


タクちゃん&ゆきたん



東茶屋街や梅の橋で前撮りをされました。


1.5次会のよしおっち&緑ちゃん



お友達にお披露目の会では洋装です。
 

ホテルウェディングの一郎さん&珠さん



オリジナルデザインの鼓モチーフの金澤つまみ紗衣句の和ブーケです。


四月アニバーサリーは明日に続きます。

2018年4月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「たまに優しい表情します」
2018年4月27日

達也さん&沙希ちゃんが今発売中の
clubism「ふたりずむ」にご登場です。



挙式に出立前に座敷でゆるりゆるりと当日撮りを楽しまれました。




憧れの宇多須神社さんで厳かな挙式が執り行われました。




姉上様も誌面を飾ってくださいましたよ♫•*¨*•.¸¸♪✧




達也さんは子供好きさんで小さいお子様に優しいお顔で微笑まれます。

沙希ちゃん言うには

たまに優しい表情します( ・∇・)




金澤祝言花手毬こぼしを手にのせた
達也さんいい笑顔ですよ( •ॢ◡-ॢ)-♡


Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=329&cat=

2018年4月27日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「私はあなたの記憶のなかに」
2018年4月26日

角田光代さんの短編のアソート
「私はあなたの記憶のなかに」を読みました。



「父とガムと彼女」では
小学生の主人公が
学校だけがすべての世界になりがちな
時期に出会った初子さん通して
その先には広い世界があるんだと知ります。
あと、主人公の母親の女性の意地だったり
憎んだ相手と哀しみを共有する感じが
なんだか人間くさくて好きでした。


さまざまな男女の過去と現在が
織りなす携帯メールの物語
「地上発、宇宙経由」も好きでした。
メールが、人と人を
結んだりほどいたり
また繋げたり
「そんなことあるはずない」な
偶然が続くのですが
小説だからこれもありです。
送信ミスからの女子大学生の
もとにとどいた母親からのメールに
うっと泣いてしまいました。


「空のクロール」は色彩や匂いや形が
リアルすぎる壮絶ないじめの描写に
すごく怖くなりました。


角田作品は、エッセイも
含めて今年五冊目でした。
角田光代祭しばらく続きます^^

2018年4月26日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

グラウンドの表面を撫でてゆく
2018年4月25日

市営陸上競技場では八重桜が満開です。



夕陽の中を走る部活の子達がなんとものどかです。




やわらかい風が吹くとグラウンドの表面を、
濃いピンクの花びらがふっと撫でてゆくようです。


今日の季節先取りの結婚式は
七十二候、雉始雊の頃の
新郎新婦様のお写真を紹介します。


成巽閣にて哲也さん&明未ちゃん



老舗料亭さんで和モダンな祝言に続いて、当日撮りをされました。


石浦神社さんにて亮也さん&美和ちゃん



町屋での大人の新和婚式を創作させていただきました。


石川県立能楽堂にて夏さん&文乃ちゃん



宝生流能楽師の佐野玄宜師の仕舞と謡がありました。


金城楼にて純一郎さん&早織ちゃん



花嫁様が自ら琴の演奏でお客様をお迎え
西川流の踊りでおもてなしをされました。


宇多須神社さんにてあきたん&ちかたん



ひがし茶屋街を花嫁行列で十月亭さんへと
ご入場されました。


秋冬の結婚式のご相談をたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年4月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「なんだか懐かしいです」
2018年4月24日

ウェディングフォトのページに
トールさん&なっちょの動画がご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/experience/index.html




新緑の宇多須神社さんで挙式され
ひがし茶屋街を花嫁行列で十月亭さんへとお入りになられました。




風になびく花嫁のれんの前でお客様を見送りです。

 



兼六園では、夕方の一歩手前の太陽に
紫鮮やかなカキツバタが黒のお引き振袖に映えます。




お二人洋装へとお着替えをされ
スタジオ撮影されました。

なんだか懐かしいです。

と、なっちょの感想です。
色褪せることにない花嫁姿は、
金澤syugenの上品で優美な美装
あればこそと自負しています。


動画ご覧くださいますように。

2018年4月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

加賀友禅作家 森田耕三作
2018年4月23日

秋に金澤神社婚をされます美穂さんの
お衣装選びに同行させていただきました。



神々しいばかりのお姿です。




とっても朗らかで夏の花を思わせる笑顔の
美穂さんが夏生まれと知り、なるほどって納得ですヽ(^◇^*)/




大変、珍しい加賀友禅のお着物は斬新・新鮮・優美です。

加賀友禅作家 森田耕三による最高級打掛。
正絹ちりめん地を黒に染め上げ、
お祝い事に欠かせない吉祥文様の松竹梅や青海波を鮮やかに描きました。

お見立てにお越しのお母様も
とってもお着物好きさんでいらっしゃいます。
ご自身がめされたお着物のお写真も
見せてくださいまして素敵だったのでついつい
「帯の柄がわかるお写真はないのですか」
などとリクエストしちゃいました^^;。
お茶花を活けられるそうで
お花のことも大変詳しくていらっしゃいます。


お二人のご婚儀の頃、兼六園では
ちょうど十月桜が咲きます。
十月桜は雅名は「御会式桜(おえしきざくら)」
と言い花言葉は「神秘的な心」なのだそうです。


祝言には桜を隠れテーマとしてしのばせたいですね。
そして、美装では美穂さんの
神秘的な美しさを表現させていただきます^^

2018年4月23日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

紫陽花の頃
2018年4月22日

初夏に結婚式をされます昌也さんと親御様と
お食事会の会場になります石亭さんへとうかがいました。



石浦神社さんからお練りで石亭さんへとお運びになられます。




金沢らしさある群青のお座敷は、床の間も立派なことです。




お庭でのお写真も叶うそうです。
お二人は黄昏時からの祝言ですので
ライトアップのお庭も楽しめそうです。


ご披露宴のお開きの後、花嫁様は
新郎家様から贈られました加賀友禅をめされます。
昌也さんのお母様が
「花嫁様のお父さんとお母さんを喜ばせたいから」と。
なんと!素敵なおもてなしでしょう。
昌也さんのお母様は、とっても朗らかなかたで
いつもお陽様みたいにニコニコ笑いながら
場を楽しくしてくださいます。


さて、石亭さんのお隣には21世紀美術館があります。



モコモコのとこで写真も撮りました。




昨日は八重桜が咲いていました。
お二人のご婚儀の頃は、紫陽花が美しく咲き誇ることでしょうね。


花嫁様のご親族には金沢の素晴らしさを
思いっきり堪能していただけるよう
心をこめてお手伝いさせていただきます。

2018年4月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「物語のなかとそと」
2018年4月21日

江國香織さんの「物語のなかとそと」は
エッセイなんだか小説なんだか
作りごとなんだか実話なんだかな
曖昧で不思議な感じが楽しかったのです。



消しゴムの話がとにかく好きでした。

「私と消しゴムたちの、秘密です。」

作家と言うお仕事柄からか
消しゴムへの敬意、愛情を感じました。
 

江國ワールドは繊細でほっこりできます。
本を読むことは、現実を留守にすること
物語のなかにでかけて行くことと言い

本の続きをひらくとき、
「でかける」感じではなく「帰る」感じになる。


違う人生を経験できるから
私も本を読むのがとても好きです。

2018年4月21日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「思い描いていた以上の」
2018年4月20日

和穂さん&友佳さんのご婚儀のreportいよいよ千秋楽です。



「波兎の儀」と題しましてこれからの未来を
手を取り合って切り開いてゆこうと誓いの鏡開きです。




加賀水引のオリジナルデザインのつがいの兎が波を走ります。




お客様お一人おひとりと言葉を交わされ
お写真撮りをされました。
和穂さんの弟様とっても元気でにぎやかせ隊でした。




スィーツ好きの和穂さんセレクトのお菓子さんが
おみくじのアタリの従妹様に贈られました。
友佳さんの花咲き笑顔も愛らしいことです。




レオンくんは、ご機嫌良く畳でゴロゴロしながら遊んでくれました。




お料理は「甘鯛桜蒸し」です。
お碗の中にも花の季節が感じられます。


親御様に感謝のお気持ちを伝える時間となりまして
最初に感極まったのはでみなさんを和ませていた弟様です。



お兄様のご結婚を祝福される姿に私達も胸打たれました。。。


友佳さんの友禅のお打掛柄を九谷焼に
描いたオリジナルのカップを贈られました。



カップには和穂さんの親御様の愛猫シルエットが描かれています。




友佳さんの親御様には、愛犬シルエットです。




お祖母様にも贈られました。


友佳さんからです。

皆様のお陰で、思い描いていた以上の
お式+披露宴になり、
大変感激しております^^
綺麗に仕上げて下さったGIGIさんにも
感謝をお伝え下さいませ。


ありがとうございます。
大いに笑ってもらい泣きもした感動の祝言でした。
風の音も風情でしたね。




にこやかな和穂さんとキラキラ美しい友佳姫を囲んで
記念の一枚をおさめさせていただきました。


和穂さん&友佳さんのご結婚
おめでとうございます。
いついつまでもお幸せでありますように☆”

2018年4月20日 カテゴリー: 創作祝言 | 1件のコメント »

1件のコメント

  1. ゆか より:

    結婚式と披露宴のレポート、毎日楽しみにしていました!
    お写真も臨場感溢れるものばかりで参列していただいた
    皆さんの笑顔も素敵です〜!
    ありがとうございます

コメントをどうぞ

「毎日笑いっぱなしです」
2018年4月19日

和穂さん&友佳さんのご婚儀のreport四日目です。
 


お二人の婚礼衣装柄を描いた
金澤祝言花手毬こぼしを手に撮影会です。
花嫁のれんも鮮やかです。




最高!友佳さんらしくて愛らしいですね。
和穂さんはずっと優しく微笑んでいらっしゃいました。
 

ご親族紹介のお時間です。 



和穂さんのお父様は楽しくおしゃべりが
上手でいらっしゃいました。
お母様はとにかく明るく朗らかで
かなりのムードメーカーさんでした。


友佳さんからです。

(和穂さんの)母はいつも
とても面白く賑やかな方で、
家に行った時には毎日笑いっぱなしです。


わかります!
もう、太陽のようにずっとみなさんを
照らし続けていらっしゃいました。


そして、甥っ子ちゃまのレオンくんです。
 


栗色の髪がオトコマエな可愛らしいボクでした。


花嫁様のお色直しは大好きなお祖母様とご一緒です。



お孫様の美しいお姿に感動のご様子が伝わってきます。
お祖母様はにこやかに
「こんな結婚式初めてです。楽しいですね」と
私にも微笑んでくださいました。


お料理も楽しんでいらっしゃいました。



お刺身がツヤッツヤです。




 のど黒様です。


かんざしと懐剣箱せこの小物を変えて
友佳さんが妹様一家と再入場されました。



レオンくんにはラジコンカーと絵本のプレゼントです。
この後、レオンくん箱を持ってソワソワ
一人で歩いて行ってしまって
もう可愛くって大笑いでした。


とにかく楽しいご披露宴で何度大笑いが
おこったことでしょうか。



可愛らしいお二人のおそばで
お手伝いさせていただきながら
『泣き笑いの吉本新喜劇っぽい』と
笑って泣いておった淳ねぇ女将です。


お母様からと紅白のお饅頭をいただき
司会者さん、カメラマンさん、美容師さんも
ムッチ、私 淳ねぇ女将も美味しくモグモグしいました。



お福分けいただきありがとうございました。


reportは明日に続きます。

2018年4月19日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

飛躍を誓っての目入れ
2018年4月18日

家から見える丘の一番高い所に濃いピンクに
ボンボンが繋がっています。
八重桜が咲いたようです☆”
後ろ山には少しの雪の白があって
なんとも美しいのです。


昨日に引き続き、和穂さん&友佳さんのご婚儀のreportです。



花嫁様、お父様とご入場されました。




お父様から和穂さんへと大切なお嬢様を
たくされ「娘をよろしくお願いします」
と、かたい握手です。


開宴では、お二人らしさいっぱいの愛らしいセレモニーです。



豊穣の祈りをこめて「赤い実」を手にされました。




飛躍を誓って「青海波の儀」と
題しまして波に飛ぶつがいの兎に目入れです。




彩羊羹はデザートタイムでみなさんにお福分けされました。




友佳さんがデザインされた福枡で記念の乾杯です。




お二人だけの乾杯もしていただきました☆”




ちょっぴりおすましの友佳さん、
艶やかな友禅のお打掛をめされまして
きらきら煌めいていらっしゃいますね♫•*¨*•.¸¸♪✧




ミュシュランで星を獲得のまつ家さんの
お料理の美しいこと☆”
祝い八寸には桜も飾られています。




「純真無垢の花嫁様が末永く落ち着かれますように」
加賀のしきたりの「紅白の餅椀」には
車海老が縁起の良いことです。


みなさん穏やかなお顔で
風と波を感じる宴会場にて
新鮮な食材で彩られた祝い膳を
楽しんでいらっしゃいました。


友佳さんのお父様から
「お料理が美味しい。
今度、プライベートで来ますね^^」との
お言葉をいただきました。
ご縁が繋がってゆくこと嬉しく思っています。


reportは明日に続きます。

2018年4月18日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

風の音と波
2018年4月17日

昨日に引き続き、和穂さん&友佳さんのご婚儀のreportです。



まつ屋さんから橋を渡って
安宅住吉神社さんへとお運びになられました。
「難関突破」の由緒正しき神社さんには
そこかしこに趣きがあります。




お二人の笑顔が初々しく愛らしいですね。




綿帽子のお姿、神々しいことです友佳姫( •ॢ◡-ॢ)-♡




厳かな雅楽です。




巫女さんの神楽舞です。




誓詞奉上を読み上げるお二人です。




ご親族固め盃の儀が執り行われます。




まつ家さんのお座敷での艶やかなお写真を一枚のせましょう。


明日は、お二人の華やかな笑顔いっぱいご紹介しますね。

2018年4月17日 カテゴリー: 創作祝言 | 1件のコメント »

1件のコメント

  1. ゆか より:

    掲載ありがとうごさいます!
    お式の写真を見て、それぞれの場面の、
    厳かできりっとした状況の記憶が蘇ってきました。
    まつ家さんでの賑やかすぎる⁈披露宴のお写真も楽しみにしています♪

コメントをどうぞ

波と兎を織り込んで
2018年4月16日

和穂さん&友佳さんの波兎祝言がありました。
安宅では、風が強い日に白波が立つ様子を
兎が跳んでいるように見えることから
海に兎が走ると言うそうです。
兎は多産なので豊饒と子孫繁栄、飛躍と
縁起が良く、波とともにオリジナルアイテムに織り込みました。



装花は、小手毬で白い波を表現しました。




加賀手毬に婚礼衣装柄を刺繍で表現する
金澤祝言花手毬こぼしは新郎様のお人形に
白い兎と青海波を描きました。




金澤modern水引のミニこも樽は
青海波につがいの兎が飛んでいます。




彩羊羹も青海波につがいの兎です。
誓いのセレモニーでは、兎に祝いの赤で
目入れをしていただきました。




乾杯の福升にも青海波と兎
こちらは、友佳さんのデザインですヽ(^◇^*)/




松の柄の花嫁のれんを飾りました。


ミュシュランの星も獲得されたまつ家さんの
海が見えるお部屋でお支度を整えて
安宅住吉神社さんへとご出立されました。
川沿いには桜がちょうど満開でした。
明日、引き続きReportをのせます(o^∇^o)ノ




結婚式の前日、金澤syugenにお越しの折
いただいた伊勢名物の赤福さんです。
モチモチっと美味しいことでした。

2018年4月16日 カテゴリー: オリジナルアイテム達, 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ボイルドフラワー沸点桜」
2018年4月15日

「ボイルドフラワー沸点桜」を
桜が満開のころに読みました。



物語は現代と25年前が交互に描かれます。
バイオレンス系が苦手で
読むのをやめようかと
何度か思ったのですが
冒頭に、現代の穏やかな生活ぶりが
描かれていたのでハッピーエンド約束の
保険あっての安心で読みすすみました。


クセの強い女性二人の逃避行で
兼六園も出てきますよ。



先日、石川門にてスマホで撮った桜です^^。 


この作品で日本ミステリー文学大賞
新人賞受賞された北原真理さんは
主婦と知りびっくり!
キルビルみたいな格闘シーンや
風俗のシステムや闇社会の陰湿な感じを
どうやって知ったのだろかって思いました。
結末は「だーいどーんでんがえし」ありです。


あと、作者が本当に海が好きなのが伝わってきました。
ハードボイルド小説で硬い表現が
続く中、海にかかわる描写だけは
柔らかく優しげでしたから^^。

2018年4月15日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

花手毬ちゃんの活躍
2018年4月14日

秋に和装で前撮りをされた
亜希子さんのお母様から
「花手毬ちゃん、活躍してくれました」
というタイトルで素敵なNEWSがとどきました。
 


亜希子さんのリボンのボンネが上品で愛らしい♫•*¨*•.¸¸♪✧




大切にお手にされていらっしゃいます
金澤祝言花手毬こぼしは
お二人がめされました婚礼衣装柄を刺繍しております。




先日、桜の開花宣言が出された東京で、
娘たちの結婚・披露宴を無事にとり行うことができました。(略)

ラベンダーカラーのドレスもキュートです。


兼六園に成巽閣に金沢城に武家屋敷と
テーブルいっぱい金沢の美しさが溢れていますね。
 


花手毬ちゃん、活躍してくれました
金沢の和の雰囲気をふんだんに
漂わせたウェルカムコーナー、
皆さん興味を持って見てくださいました。
ありがたいことです。
金沢でロケーション撮影をして本当に良かったです。


うわーっ、、、、、感慨深いです、
我が子(こぼしちゃん)がお嫁に行った先で
愛されているようでとてもとても嬉しいです。




キャンドルのほの灯りと千代紙の折鶴も優しい雰囲気ですね。




「ヴァンサンカン ウェディング」の表紙のようですね☆”
白とグリーンの生花ブーケも清楚で
亜希子さんにお似合いでいらっしゃいます。 


鋭志さん&亜希子さん「満天星祝言」フォト
Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=324&cat=cat5_1

2018年4月14日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

柑橘LOVE
2018年4月13日

みずみずしい柑橘類から摂れる水分というのは
水を飲むのとまた、別物ですよね。



見ているだけで元気になれるビタミンカラー( •ॢ◡-ॢ)-♡
柑橘LOVEです。


今日の季節先取りの結婚式は
七十二候、鱖魚群の頃の
新郎新婦様のお写真を紹介します。
 

ひがし茶屋街にて隼さん&愛子さん



オーストラリア在住のお二人が
金沢にて和装でのロケーションフォトを望まれました。


花嫁のれん前にて和也さん&雅さん



アットホームで和モダンなご披露宴でした。


石川県立歴史博物館にてよっぴぃ&尚ちゃん



自然光が降りそそぐ赤レンガの広場で。


剛さん&ちーちゃん

 

白とグリーンの清楚な生花のブーケは
大人の可愛らしさを表現しました。


武家屋敷にて智大さん&ユンナちゃん



宇多須神社婚のお二人が中村邸のお茶室や
香林坊のイルミネーションでも撮影されました。


康裕さん&美樹さん



康裕さんは、野球チームの帽子でも
撮影されました。


鱖魚群の頃は、生鮮品の売り場に
色んな柑橘類が溢れる頃です。
お写真撮りや結婚式のご相談を
たまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年4月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

複雑にゆがんだ桜も美しく
2018年4月12日

用事をすませた夕ま時に兼六園まで
歩いた折の淳ねぇ女将のスマホ写真でございます。



佐藤桜というそうです。
雪洞の整列も美しいことですね。


 

ふわふわとした桜のぼんぼんに彩られ
魔法がかかっているように美しいことです。
 



桜の海の中に城、圧巻です。




藍に染まりゆく街は、通りが桜に縁取られ輝いています。 

  
 

石垣の上の桜が石垣のわきの背の高い桜に繋がっていて
それは、桜の滝のようでした。
  



波紋のように広がっていく空は、すばらしい模様を見ているみたいです。
  



漂っている夜の匂いに花の香りが強く感じられます。
 

石川門をくぐって金沢城公園へと。



お堀の水の中には、風が吹くと複雑にゆがむ桜です。
水鏡に映る桜がゆらゆらとたゆとう姿に見とれました。




大手門から見上げると遠くにみえるお城が
ピンク色に染まってなんとも幻想的なのです。 

 


ぬるい風が吹くと、葉擦れも音が響きます。
もう、夜桜お七うたうっかないですよね。


さくらさくら♫•*¨*•.¸¸♪
花吹雪♫•*¨*•.¸¸♪✧


来年も自然と歴史が織りなす美しい世界に逢えますようにと願います。

2018年4月12日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

スポットライト
2018年4月11日

昨日に引き続き平日の金澤syugenの事務所でのお話しです。



2016年花嫁様の美穂ちゃんと翼くん
そこに、花嫁様デビューしたばかりの
沙希ちゃんが遊びに来てくださいました。 




沙希ちゃん、赤ちゃんの扱いが上手!
で、翼くんも若いお姉さんのお膝の上が楽しそう。 
 

美穂ちゃんが翼くんを
「お地蔵さんってみんなよんでいるんです」と言うから。



ムッチも一緒にご利益ごりやくとナデナデ。




小さい子のパワーはすごい!
いっぱい笑いました。


この後、沙希ちゃんと結婚式の日の写真を
観ながら宇多須神社さんで花嫁行列で
こんなことあったねとか
お友達がこんなこと言ってはしゃいでいたね
などなど話したら
「よく覚えていますね^^」って。
楽しい一日でしたから覚えていますとも☆”
沙希ちゃんが「家族も友達もみんな
いい結婚式だったって言ってくれました」と。
良かった( •ॢ◡-ॢ)-♡


沙希ちゃんは、結婚式の日
カメラを向けられると瞬間ON!
スポットライトあびたみたいに
メヂカラアップ&華やかオーラでもって
とにかく存在感がありました。
写真は追って紹介しますね。


沙希ちゃんから群馬の美味しいラスクをいただきました。



沙希ちゃんを見送る時、フワっと涙。。。
群馬は空っ風で有名な土地だけど
元気で過ごしてね、ちょっぴりメソメソ。。。


沙希ちゃんは、4月20日発売の
clubismに登場です、お楽しみにです☆”

2018年4月11日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

クリームパンのよう( •ॢ◡-ॢ)-♡
2018年4月10日

2016年組さんの美穂ちゃんが遊びに来てくださいました。



翼くんモッチモチ♫•*¨*•.¸¸♪✧




ムッチにしっかりとおつかまりする手が
クリームパンのようです。
よく笑う翼くん、どっしり重たいのです。




お家で収穫されたホウレンソウいただきましたヽ( ´ー`)ノ
柔らかくて甘くて美味しかったのです! 

 

 
金澤神社婚の法大さん&美穂ちゃんは
今、発売中の結婚SANKAにご登場です。
キャンドルのお写真は
雅和さん&由美子さんで
花嫁のれん前では、私 淳子ですテレテレ。

 
翼くん囲んでワイワイしていたら
今年の2月に結婚したての沙希ちゃんが遊びに来てくださいました。



明日は、沙希ちゃんのことかきますね。
あ、美穂ちゃん&翼くんの友情出演あります!


法大さん&美穂ちゃん「錦の屏風」フォトHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=314&cat=cat5_1

2018年4月10日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「春待ち雑貨店ぷらんたん」
2018年4月9日

昨日の朝、カチカチって音がして
まさか?と窓の外を見ると霰でした。



雷もなって、冬に逆戻りしたみたいです。
桜満開の丘は一瞬にして白の布を
芝生にひきつめたようになりました。


さて、春っぽい表紙にひかれて
京都のハンドメイド雑貨店を舞台にした
「春待ち雑貨店ぷらんたん」を読みました。 



著者の岡崎琢磨さんは、1986年生まれ男性です。
女性の孤独や痛み、苦しみなどを
繊細な表現されているのに感心しました。
主人公の巴瑠が相手の表情を読むとか
状況を自身の細やかな感性で推察してゆきます。


巴瑠が理香子に悩みをうちあけられた時

何とぜいたくな悩みだろうか。
と思ってしまう。
だけど、その思いはみずから否定したい。
理香子をせいたくだと見なすことは、
自分のほうが劣っていると認めることにほかならないからだ。


こういう考え方があるんだなって思った。
完璧な人間なんていやしないし
人を羨んじゃーいけないですね。


想いに寄り添って謎解きをしてゆく感じで
読後はあたたかい気持ちになれました。

2018年4月9日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ