金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
真野響子さんにおめもじなのだ
2018年5月22日

「大人ライフ金沢」のプレゼンターが
女優の真野響子さんと聞き
お着付けの先生の鶴ママとお出かけしました。



しいのき迎賓館の広場は、お祭り中☆”
生ビールの盛大な呼び込みに
「一杯だけ」とチラリと考えたけど
ガマンガマン!ガマンしましたよ、大人ですもの。


真野響子さんは頭がとてもまわって
サバサバっとした口調で
お話がポンポン飛んではずんで
しかもすんごい早口なので
時間あたりの情報量かなり多し^^!
身近に感じられる話題も
織り込まれていて興味深く拝聴しました。
普段は牛首紬をよくお召しになられるそうで
白峰では、高橋治さんの塾に
入っていらっしゃったそうです。
高橋治さんの「風の盆恋歌」は、
私のとても好きなお話でもあります。


会場には、お着物のかたも多く
華やかなことでした。


鶴ママは、マット感のある粋な帯に
帯留の質感がよく似合っています。



スワロフスキーの帯留は、私から鶴ママへの母の日のプレゼント☆”





そして、スワトウ刺繍のお着物が豪華です。


私は、ちりめんの刺繍のお着物に
綴れ織りの扇面柄の帯をあわせました。



帯留は、着物の手毬を九谷焼の
作家さんに描いていただいた金澤syugenのオリジナル品です。


セミナーのあとは、お着物談義に花が咲きます。



天ぷら御膳いただきました☆”




至福の笑顔の鶴ママ、エプロンがかいらしことです( •ॢ◡-ॢ)-♡


10代の頃、真野響子さんに似ていると
よく言われ、知的でたおやかな雰囲気の
大人の女性に近づけた感が嬉しいものでした。
しかし、美しく素敵なお姿の真野さんは
偉大でひれ伏してあやまりたかった。
ごめんなさい、調子のっちゃっていました。



では、おさえに調子のっちゃってな一枚です。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月22日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おしゃれも2倍に楽しめます☆”
2018年5月21日

「夢未来祝言」太郎さん&素子さんから
赤ちゃん誕生のHappy NEWSです。



わー!可愛い♫•*¨*•.¸¸♪✧
なんと!幸せ倍増の双子ちゃんです^^
一気に四人家族なんですね。
なんて素敵なのでしょう!




女の子には桜色
男に子には水色のベビー服
おしゃれも2倍に楽しめますね☆”
太郎さんからいただいたメッセージです。

咲帆(さほ)と幸汰(こうた)です
今年は子供生まれたりと慌ただしいです^_^

「帆」と「汰」という文字に
太郎さんと初めてお会いした初夏の頃
爽やかなマリンルックだったことを
思い出しました。
命名に納得です( •ॢ◡-ॢ)-♡。


おおらかなパパとママのもとで
双子ちゃんスクスク成長されますように。


太郎さん&素子さんのひがし茶屋街
花嫁行列と十月亭さん祝言のHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=304&cat

投稿者 makibanoasa : 2018年5月21日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 1件のコメント »

1件のコメント

  1. ムッチ より:

    太郎さん&素子さん^^
    咲帆ちゃん・幸汰くんのご誕生おめでとうございます!!

    双子ちゃんが元気に大きくなられて、
    ますます楽しくて賑やかなご家族になること、
    今から楽しみですね(^0^)

    素子さん、産後のお身体大切になさってくださいね。

コメントをどうぞ

朱と白
2018年5月20日

今日発売のclubismの「ふたりずむ」に俊介さん&美紀さんが登場です。



挙式日の朝、ゆっくりと兼六園でお写真撮りが叶いました。




成巽閣のお庭に姫君のような朱赤のお打掛がお似合いなのです。




金澤神社婚はおごそかなことでした。




挙式後も、雰囲気のあるお写真を残されました。
朱色の稲荷鳥居と白い花嫁衣装がお美しいことでした。


美紀さんからいただいた嬉しいメッセージです。

淳子 様
先日はありがとうございました。
BLOG見ました。
きれいに写真撮って頂きありがとうございます(^-^)
アルバムの出来上がりが楽しみです。
本当にいい結婚式にして頂きありがとうございました。
感謝してます。
美紀

とっても嬉しかったです。
ご親族、お友達があたたかく見守ってくださるなかでの
お式は私達も感動をいただきました。



金澤syugenでは、挙式のサポートもいたしております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月20日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「爽年」
2018年5月19日

石田衣良さんの「爽年」は
「娼年」(2011年発刊)の続編で
娼年から7年後という設定の完結編でした。



読んでいるうちに10数年前に読んだ
前作の個性的な登場人物達のことを思い出します。
新しい顧客達もまた個性にあふれ魅力的でした。
主人公の品の良さと女性への思いやりが心地よいのです。


前作で、特に老夫人のことが
印象に残っていましたが
幸せな生涯だったようです。
旅の終わりはしっくりきました。


こちら、旅の始まり「娼年」です。



今、松坂桃李さん主演で映画化
されているそうですね。
このシリーズは、男性にこそ
読んでほしいと感じました。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月19日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

時空を超えた祝言
2018年5月18日

金澤syugenのホムペのプレスリリースにて
ヒロキさん&イクヨさんの祝言の
「結婚SANKA」の取材記事を紹介しています。

http://www.kanazawa-syugen.jp/p_release/pdf/28.pdf




宇多須神社さんの境内を参進の儀で歩まれました。




ひがし茶屋街を花嫁行列です。




十月亭さんを婚家に見たててお水合わせの儀です。




十月亭さんでは、新郎新婦様自らがもてなしをされます。




椿をテーマにした時空を超えた祝言が
巻頭6ページに渡って紹介されました。
どうぞ、ご覧くださいますように。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月18日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「空木祝言」
2018年5月17日

もうすぐ「空木祝言」を迎えられる花嫁様のお衣装です。



大振袖は、桂由美さんのデザインです。




神社婚では、鳳凰や金鶏が描かれた白無垢をめされます。




打掛は秋山章さん作「讃華爛漫」で

薄紅梅の紋章地に本手描友禅
金彩工芸の芸術を創り込んだ贅沢な作品です。

とのことです。


ご披露宴のお開きの後、
花嫁様は新郎家様から贈られました
森田耕三さん作の空木の白い花が
描かれた優しいお色の加賀友禅をめされます。
豪華なお衣装で彩られる一日が
愛らしい花嫁様お誕生が楽しみなことです。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月17日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「みとりし」
2018年5月16日

今日はとてつもなく暑い日でしたね。



金澤syugenそばのパン屋さんの
キウィ棚に黄色い花が咲きました。


「夏の花の好きな人は夏に死ぬってほんとうかしら」
太宰治の「斜陽」で主人公の母の言葉です。
夏は好きではないけれど夏に咲く
野菜の花が好きなので私は夏に死ぬのかしらん。


高森美由紀さんの「みとりし」を読みました。



主人公の薫は、動物の言葉がわかるのです。
母親からの虐待が原因で感情を
持たない薫がペットシッターとなり
ペットの最期に立ち会い、見送り
最期の言葉をたんたんと飼い主に
伝えるのですがそれが泣けて泣けてなのです。


癌の犬が苦しむのが可哀想と
飼い主が安楽死を決断する話があります。
ペットの死後、飼い主は
ずっと悩んで自分を責めていましたが
薫が伝えたペットの言葉を
知り変化が起きます。


動物って言葉で伝えられないから
「ウチの子で幸せやったんやろか」とか
「あの時、ああしていたら」
などと悔やまれることも多々あります。


こういうペットを看取る人が
いたらいいなぁと感じました。
物語の終わりは、薫がすこぉしづつ
感情を表せるようになる成長をします。


私達は人間に生まれて
言葉を話すことができるのだから
感謝の心を言葉で表現しなきゃって
それは、とても大切なことなんだなぁ
と、この本を読んであらためて思いました。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月16日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

風格東京駅
2018年5月15日

煉瓦作りの東京駅は貫禄もあって美しいことですね。



古い建物と新しい建物がとけあっている場所です。




天井のアーチも芸術的です。




列車の待ち時間にKITTEに行って小物をあれこれ見るのも好きです。




壁の絵は、伝統友禅染「松本光屋乃図」とのことです。




新幹線の待ち時間に呑む生ビール旨し。
むこうに見えるのが東京駅です。




東京オリンピックにむけて
きれいに垢ぬけてゆく東京駅
さらにさらに進化するのでしょうね。
また、健康で訪れることができますようにと
祈って帰りの北陸新幹線に乗りました。


6日に渡ってのお江戸日記でした。
お付き合いくださいましてありがとうございました( •ॢ◡-ॢ)-♡。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月15日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

映画のような街
2018年5月14日

映画のような街と宮崎あおいちゃんが言っている
東京ミッドタウン日比谷に到着です。



はしゃぐミカリン、かいらしですね^^。




日比谷シャンテの合歓の広場には
スターの手形ずらっと並んでいて
ミカリンは「自分、不器用なんで」と
高倉の健さんとハイタッチです。
上は菅原の文太にいさんです。




沢口靖子さん、手ぇ小さっ!




去年まで、京都の植物園にいたという
イルミネーションのフローラちゃん、
この時は座って目をつぶっていましたが
立ちあがって目を開く時間があるそうです。




ミカリンに女優っぽく立ってもらいました。




にゃんこスターやってみた。


お野菜がウリのお店が多くて
テンション上がります☆”
その中で野菜王国で食事しました。



いい一日だったねの乾杯♫•*¨*•.¸¸♪✧




ミカリン、デコが光っているぜ!
ミカリンとキュリオスの楽しかったこと
あれこれ話しながら美味しいお野菜を
いただけば幸せなことでした。


明日は東京駅reportです。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月14日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

偶然が重なりあう幸運な時間
2018年5月13日

興奮状態で会場から出るとフジテレビのかたから
「ウド鈴木さんのシルク・ドゥ・ソレイユの番組の
収録をしているので出演していただけませんか?」と。



ミカリンは可愛いからいいわよねと
「彼女はOKです^^」と受けました。
そしたら、、、私まで・・・・・・
出てまいましたの。。。
ウドちゃんから「何が一番、印象に
残っていますか?」と聞かれ
「椅子を積み上げて行くのが(ここから先、
ネタバレになるのでかきませんね^^
演目はバランシング・オン・チェアです)
もう驚きました」とこたえました。
その素晴らしさを伝えたく
身振り手振りで話していたらしく
ウドちゃんに「ホント!よぉく伝わってきます!」と。




収録が終わってブースから出ると
「ミカちゃんどうして^^?」という声は
ミカリンの親戚のお嬢様でした。
二人の「偶然!」とケラケラ大笑いが可愛いなぁでした。




楽しかったな♫•*¨*•.¸¸♪✧
ホント、素晴らしいエンターティンメントでした。




お台場と言えばこの大きなガンダムですね。
演目が機関車の到着から始まったので
ミカリンもシュポシュッポな姿勢です。




アニメファンでもないのに記念撮影です。




自由の炎と言うそうです。
撮っていたらミカリンが
「淳子さんモニュメント好きですよね」
そう?なのかな^^?




夕暮れ前の海にちょこっとよりました。




工業地帯の大きなキリン達です。




トレンデイドラマ風に振り返ってみました。




マイケルジャクソンみたいなミカリン。




モノレールの先頭は子どもじゃなくったって嬉しいなぁ^^




無邪気に動画を撮るミカリンです。




レインボーブリッジ(o^∇^o)ノ




汐留るるる~ん。


ゆりかもめ、新橋到着です。



鉄道発祥の地の車輪をおさめてと。


キュリオスの舞台の時計が11:11になる
ところから物語が始まります。
1が並ぶ11時11分は偶然が重なり合う
幸運な時間なのだそう。


午後から雨も晴れたし
お台場ヴィーナスフォート楽しかったし
キュリオスお隣にすわるミカリンはノリよしだし
演者さんに手を振ってもらえたし
ウドちゃんと握手できたし
可愛い姪っ子ちゃんに会ってと
素敵な偶然が重なりあう幸運な日でした。


このあと、日比谷にゆきます。
Report明日に続きます。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ブゥラボー!」
2018年5月12日

シルク・ドゥ・ソレイユは今回から
携帯でのみ撮影OKという時間帯ができたのです。



左は、ヨーヨーの君です。




深海生物の電気くらげさんです。
神席一列目につきスマホに左右がはいりきらないのでした。




左は、自家発電の蒸気で動くミスターマイクロコスモス
輪っかを着たクララさんは日本の方でした。




蓄音器がステージを回ります。




左のアコーディオンの衣装のニコは、体の大きさを自由に変えられます。




透明サーカスでライオンが逃げた檻です。




演者さんの楽しそうな感じが最高にいいのです。




トラベラーズがエールを贈ります。




19世紀からやってきた個性豊かな機関車の乗客達です。
オレンジの女性はエアリアル・バイシクルで
ドキドキハラハラさせてくれました。




拍手はもちろんんこと「ブゥラボー!」
と声援贈ると演者さん達が次々、手をふって
こたえてくれたのが嬉しかったです。




ステージギリギリに立つ演者さんを
真下から見上げる感じでミカリンは
「みんな鼻毛きれいにお手入れしてた」と。。。。




バンキンのシマシマーズも撤収です。
ネットをはった上にてアクロバテックな
演技をするのだけど私の頭がギリギリ
ネットの下だったため飛んだり走ったりが
ダイナミックで怖すぎてこの時ばかりは
顔がひきつっていたと思います。




祭りの後は、ちょっぴり寂しい。


郷愁的な生歌と絃楽器の音色がとても美しいことでした。
6度目のシルク・ドゥ・ソレイユでしたが
バランシング・オン・チェアは
想定外のすんごい驚きがありました。


演者さん達が心ひとつにステージを
創り上げてゆく感じと
楽しみながら演技をしている姿に
感動をいただきました。


明日に続きます。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月12日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

キュリオス
2018年5月11日

シルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」に行ってきました。



お台場につくとダッシュしたくなります。




緑が似合うミカリンとです。




一列目のSS席という神席ゲット☆”




シルク・ドゥ・ソレイユは大好きで毎回観に来ています。




ナンバープレートも「1111」です。
今回、11:11という時刻がキーワードです。




輪の向こうに見える緑色がミカリンです。




ロボットのザ・キュリオスくんです。




前夜祭的な演出でこの吊り橋を観客が渡ります。


開演中は、撮影禁止なのですが
今回からフィナーレのみOKだったので明日紹介します。


オマケは、お台場ヴィーナスフォートでさらなる前夜祭です。



マイケル・ジャクソンぽくってカッコイイぞ!ミカリン!




ここは声が響くのが楽しくって宝塚ごっこしました。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月11日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

聖地巡礼
2018年5月10日

東野圭吾ファンとしてはお江戸行ったら
日本橋に立ち寄りたく4年ぶりの聖地巡礼です。



小説「麒麟の翼」は、この橋から物語が始まります。




「ここは日本の道のスタート地点。
この翼は、ここから日本中に
飛び立っていけるという願いを
こめて造られたそうです」
小説の言葉を思いだしながら
見上げるとジーンときます。


コレド室町のお隣に赤い鳥居が鮮やかなことです。



マチナカにある福徳神社さんです。




宝くじ当選祈願できる神社さんなのだそうです。
(私は、宝くじって買ったことないのですが^^;)




宝くじが当たりますようにと鈴を鳴らして祈るのだそうです。


「祈りの幕が下りる時」では、
各月に橋の名前がかかれているメモを
加賀恭一郎が見つけるのですが
1月浅草橋に始まって7月は日本橋でした。



この風景は日本橋1丁目1番1号から撮ったものです。




高速道路の真下で呑むビール
都会の人のテラスの楽しみかたって
おもろいなーとなんだか新鮮でもありました。
あ、もちろんビールは麒麟でした。




遊覧船は日本橋1丁目1番1号あたりでターンするようです。




日本橋のたもとに小さい扇子屋さんが
あって京野菜の柄の茶扇子を見つけました。
左から万願寺とうがらし、鹿ケ谷かぼちゃ
賀茂なす、金時にんじんと可愛らしいのです。


和の風情も楽しい日本橋と人形町を
加賀恭一郎キブンで歩いてみました。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月10日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「楽しく暮らしています」
2018年5月9日

翆蓮祝言の直さん&紘子さんが
遊びに来てくださいました。



アルバムをのぞき込むお二人を
微笑ましく見つめるムッチです。
紘子さんがページをめくるごとに
「わー!きれいな写真^^」
直さんが「やっぱりアルバムに
して良かったね^^」と
すごく嬉しいお言葉です☆”
右手前がアルバムのお箱で
直さんのお家から見える白山を
描いた羊羹のお写真なのです。




ムッチもその美しさに興奮気味でした。
お二人はご披露宴の思い出がいっぱいの
インデックスをご覧です。




直さんの紋服の柄を描いた
金澤祝言花手毬こぼしと記念撮影♫•*¨*•.¸¸♪✧


「ケンカしながら楽しく暮らしています」
と、たおやかに微笑む紘子さん♡
幸せっぷりが伝わってきますよ^^


お二人のHappy Reportもご覧くださいますように。
オリジナルデザインの翠の金澤つまみ紗衣句が
お似合いの柔らかい印象の美しい結髪にも注目です!

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=328&cat=

投稿者 makibanoasa : 2018年5月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「わかって下さい」
2018年5月8日

藤田宜永さんの「わかって下さい」を読みました。



熟年の愛を描いた『愛の領分』で直木賞
受賞の作者がさらなる高齢者の恋を
綴った六話の短編集です。


不倫とかそういうことじゃなくって
恋をしていた頃の自分を思い出したいという感じです。


「恋ものがたり」は、主人公が
昔の恋に決着をつけたいと言う
かくしゃくとした83歳の女性と話すうちに
自身の若い日の恋を思い出します。


表題作「わかって下さい」は泣きました。
主人公が、その昔の恋人との偶然の再会後
家族のもとに帰ってゆく時
今の家族との幸せにあらためて感謝
そして、過去の恋人の幸せを
心から願うというあたたかいお話でした。


さて、若い頃の恋は、
不器用で一途だったり
思い込み激しかったり
そんな頃の自分は愛おしくもあります。
恋をしていた無垢な思いを、
時々はとりだしてみるのもいいなぁ
と、感想でした。


今日の図書は新郎新婦様世代ではなくて
親御様の世代向きの一冊でした。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月8日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「お似合いのお花です」
2018年5月7日

藤の花の季節ですね。


こちらのお宅のみごとな藤棚を楽しみにしていました。




近くの幼稚園の鯉のぼりと藤です。




こちらの用水にかかるトンネルのように咲く藤も
毎年、楽しみにしています。




藤紫色のたわわな花房は優雅で大好きなお花です。


スマホでおさめた素人写真ですが
インスタに藤の花をのせていたら
2008年組さんの尚ちゃんが

ねぇさんにお似合いのお花です
つまみ紗衣句みたい

ああ、なんて可愛いこと言ってくれちゃうの!


尚ちゃんは、一昨日安室ちゃんの
ラストライブで東京ドームへとお出かけでした。



アップにたえています!
あいかわらず可愛いよん^^


2009年さんのちかたんは、昨日おでかけでした。



わー!生ビールあるんだね。
お祭り気分たかまるね。


すごい倍率だっていうのに
金澤syugenの花嫁OB様達
持ってるぅ♫•*¨*•.¸¸♪✧


コンサートは、かなり感動されたようです。
ご褒美の素敵な時間を楽しめて良かったね☆”

投稿者 makibanoasa : 2018年5月7日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2 Comments

  1. なおこ より:

    めっちゃアップー!!!!笑

    耐えてますか?大丈夫ですか??

    またよろしくお願いします(^^)

  2. 淳ねぇさんより より:

    尚ちゃん、安心してください!アップでもかいらしいです☆”

    今日は、結婚記念日だね
    おめでとうございます。
    アクタスの見開きにもドーンと
    のって素敵でした♫•*¨*•.¸¸♪✧
    11周年、祝ってくださいね( •ॢ◡-ॢ)-♡

コメントをどうぞ

「生まれ変わった気分でした」
2018年5月6日

先日、陽菜乃ちゃんの白山比咩神社さん
百日詣りと和田屋さんにてのお食い初めの
お手伝いをさせていただきました。



大きな黒い瞳がなんて愛らしいことでしょう^^
写真館でご両家のお祖父様お祖母様がたも
ご一緒に記念撮影されました。
赤い小袖が愛らしいことです。
美人さんですね( •ॢ◡-ॢ)-♡



陽菜乃ちゃんのお母様の由佳子さんから
メッセージとお写真をいただきました。



美容院では、今まで見たことのないくらい
綺麗なメイク・ヘアセットをしていただき、
また着物の着付けも素敵に仕上げていただきました。
産後のやつれた顔、ぼさぼさの髪で
どうしようかと思っておりましたが、

生まれ変わった気分でした。
和田屋さんのお食事も、
家族みな美味しくいただきました。(略)


由佳子



お着物お似合いな和美人さんですことヽ(^◇^*)/
このメールを読んで、女性が節目の時に
装うということには色んな意味が
あるのだと改めて感じました。
赤ちゃん誕生のあとって自分のことは
後回し、と言うよりさらにさらに
その後ろに追いやられますよね。
ですがですが、美しく装うことで
気分も 晴れてメリハリが生まれ
また育児を楽しめるってもんです。
がんばるんじゃなくって楽しみながら
育児ができたら素敵ですよね。


陽菜乃ちゃんのお祖母様
(おばあちゃんだなんてピンとこない!
お若くていらっしゃいますから)

(略)由佳子のヘアスタイル、本田先生に
若々しく優雅にまとめて頂きました。(略)

びっくりしたは、着付けの見事な補正!(略)
プロフェショナルなお仕事を見せて頂いた思いです。
家族や京都のお母様にも着物姿を褒めて頂きました。

女性の和装は、まわりのかたも幸せになれますよね。
そして、女の子様の陽菜乃ちゃんの
誕生でおしゃれのお世話の
楽しみがまた増えましたね(*^▽^*)


プロの写真が待ち遠しいことです。
由佳子さんは「満点星祝言」の
亜希子さんのお姉様でいらっしゃいます。
広がるご縁嬉しく思っています。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月6日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | 4件のコメント »

4 Comments

  1. ELLEchere 本田 より:

    先日はありがとうございました。

    お宮参りとお食い初めを済まされた陽菜乃ちゃん
    なんとお顔立ちの整った可愛くきれいなお子さんなのでしょう!

    由佳子さんとその前には亜希子さんの素敵な姉妹のお支度をさせていただきましたことを嬉しく感謝いたします。

    お母様にも喜んでいただけまして本当に良かったと思っております。

    陽菜乃ちゃんの成長と皆様のご健康をお祈りしております。

    また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

  2. 由佳子 より:

    本田さま

    お宮参りの際は、ありがとうございました!
    素敵なヘアメイクをしていただき、何度も写真を見てしまいます。
    機会がありましたら、またヘア&メイク&着付けしていただきたいです。
    今後とも、よろしくおねがいします^_^

  3. 鶴尾 より:

    先日はありがとうございました。
    陽菜乃ちゃんのお祝いの日のお手伝いをさせていただき感謝いたしております。
    由佳子さん、お着物がとてもお似合いでしたよ。
    これからも、どんどんお着物を召されますように。
    陽菜乃ちゃんの健やかなご成長を祈っております。

  4. 由佳&亜希 母 より:

    鶴尾先生・本田先生

    昨年に続き、この度も朝の早い時間から大変お世話になりました。
    お陰様で由佳子は気持ちも晴れやかに、特別な一日を過ごす事ができたと思います。ありがとうございました。

    若い時は仕事や子育てで、正直、慣れない和装はハードルが高いと思いますが、娘たちにはこれからも着物をもっともっと着てほしいです。
    今後とも親子共々、よろしくお願いいたします。

    先生方の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

コメントをどうぞ

初夏の淳散歩
2018年5月5日

暦の上では、今日から夏です。
暑くも寒くもなくお着物でお出かけしやすい時です。



梅の橋では風が吹くと青葉の薫りがします。




町屋さんでは鉄線の紫が涼を誘います。




お抹茶と羊羹をいただきました。




夜が更けて、水鏡に長くのびる灯りが美しいことです。




むこうに浅野川大橋のアーチが水鏡に映っています。




プライベートなお出かけだったので
藍染のお着物に遊び心いっぱいの
ボルドーワインを差し込みました。
実際は、落ち着いた渋いトーンの赤ですが
素人写真につきすいません。


そんなわけで初夏の淳散歩日記でした。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月5日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「おまじない」
2018年5月4日

三月に図書館で予約した
西加奈子さんの「おまじない」が読めました。



様々な悩みを持つ女性(女の子も)が
主人公の八つの短編です。


自分にもこういうとこあるな
思春期の頃、こういう風に感じたことあったな
と、それぞれのお話の中で共感できました。


「孫係」というお話がとても好きです。
この世界で役割を与えられた係を演じることや
悪態のすすめがあって
それは、時に優しい思いやりなんだなぁと納得しました。
爺係のおじいちゃまと孫係のすみれちゃんの関係がとても良いのです。


「ドブロブニク」の中の言葉で

「おめでとう」という五文字の発するその美しさは、独立してそこにある。

祝福の言葉は何度あってもいいですよね^^


アイコンのような斬新な目次と
圧倒的な色彩のイラスト、
奥付のあとにある数枚の白のページには何をかいたらよいのだろうか。
やっぱ、西加奈子っておもろい
と、感じた一冊でした。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月4日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

青と緑の紬の織物
2018年5月3日

少し白っぽい感じがする今日の
夕暮れは東の山が西陽に照らされると
くぐもった青と緑が幾重にも連なり
紬の織物のようで美しいことでした。


四月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いの六日目です。


浅野川の桜並木で寿さん&ぴーちゃん



トリック写真です。


宇多須神社さんにてノッチ&裕代ちゃん



前撮りでは宇多須神社さんから石川門へと。


十月亭さんにて秀俊さん&ゆこさん



親御様に感謝のお品を贈られました。


安宅住吉神社さんにて和穂さん&友佳さん



厳かな挙式では雅楽と巫女さんの神楽舞があります。


けんいちさん&みのりさん



金澤祝言こぼしはお二人の婚礼衣装柄を描きます。


料亭ウェディングのクマちゃん&弘衣ちゃんです。



お二人、手をとりあって金澤modern水引の
オリジナルデザインのこも樽で鏡開きです。


六日間に渡って、四月アニバーサリーの
新郎新婦様のお祝いでした。
皆様おめでとうございます。
ますます、お幸せでありますように。


近くで咲いた菜の花の黄色が愛らしいのです。











金澤syugenはゴールデンウィークも
営業いたしております、お気軽に
お問い合わせくださいますように。

投稿者 makibanoasa : 2018年5月3日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ