金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
あえかに咲く桃の花
2019年3月30日

ここ金沢では四月三日までお雛様を飾ります。



箪笥に長持に重箱となんと立派なお道具でしょうか。

 



御所車。

 



茶道具。

 



駕籠。

 



鏡台と針箱。
贅の限りのお姫様のおこしいれですね。

 



金花糖は金沢ならではのお雛様のお菓子です。
鯛や蛤、野菜や果物とあいそうらしいことですね。

 



桃は邪気を払う魔除けの花とも言われているそうです。
金澤syugenそばのお庭でも
あえかに咲く桃の花が愛らしいことです。

 

金沢では旧暦に合わせという説と
前田利家公が三月三日が
ご命日であるからという言い伝えもあります。

2019年3月30日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「麦本三歩の好きなもの」
2019年3月29日

住野よるさんの「麦本三歩の好きなもの」は
「図書館勤務の麦本三歩のなにげない日常」と
紹介文通りおっちょこちょいな女の子の
穏やかでゆるーい日々のほのぼの系
だと最初は思いました。
けど、読み進むうちに「けっこう深い!」
と、感じるとこがいくつもありました。



三歩の好きなものが章ごとに
テーマになっていて
「麦本三歩は君が好き」では泣けます、かなり。

「(略)君を好きなままの私が、少なくともいるから、安心して、(略)」

この前後の言葉をかくとネタばれになるので
かけないのだけどとにかく感動しました。
三歩の友人を思う優しさは、なんてあたたかく
そして人を勇気づけられる強さがあるのでしょう。
三歩の成長してゆく様も好きでした。

まったりされたいかたにオススメの一冊です。

2019年3月29日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

車椅子でご案内
2019年3月28日

先日 白山比咩神社さん挙式の折に
車椅子でご案内をさせていただきました。



花嫁様の「是非に参列して欲しい」という
思いが叶って嬉しく思います。




続く、和田屋さんでのお食事会でも
お料理を楽しんでいただきまして
和やかな宴となりました。

大好きなお祖父様お祖母様も
一緒に過ごせて新郎新婦様もお幸せそうでした。

心配なことがおありな新郎新婦様は
どんなことでもお気軽にご相談くださいますように。

2019年3月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

リクルート
2019年3月27日

金澤syugenのホムペにリクルートのページが誕生しました。



パソコンバージョンのヘッダーは央佳さん&妙子さんです。

 

今までの新郎新婦様達にお写真での登場をお願いしました。

http://www.kanazawa-syugen.jp/recruit/

 

スクリーンショットでご紹介します。



花奈恵さん

この写真見て、うちの可愛い甥っ子に
将来のお嫁さん候補が現れれば


気がはやいって^^”
甥っ子ちゃんはまだティーンです。

 

尚ちゃん

スタッフ応募しそうになってもうたよ

尚ちゃんスマイルは大歓迎( •ॢ◡-ॢ)-♡
だけど、千葉から通えるかしらん・・・

 

奈々ちゃん

こうやって何回も写真を使って下さるおかげで、
結婚式を思い出させてもらえて嬉しいです

ホント写真って大事ですね。

 



石黒キャスターさんもご快諾くださいました。
NHKさん取材の折にはお世話になりました。

 



左上の写真はお仕事する沼っちゃんです。

わー!すごい!!かっこいいです!!!
ありがとうございます!!!!

なにやら、興奮気味ですね^^

 

一緒にお仕事をしてくださる仲間を募集します。
土日だけのアルバイトのご相談もくださいね。

2019年3月27日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「愛なき世界」
2019年3月26日

三浦しをんさんの「愛なき世界」は
料理人と研究者、登場する人々が
みな優しく愛にあふれています。



ビストロの大将は厳しいけれどいい人で
お芋を育てる教授の芋愛は微笑ましく
殺し屋風の松田教授の友情の話には
うるっときました。

苺のツブツブは種ではなく果実で
果実と思っていた香り良い赤い部分は
めしべの土台の茎のようなものだそうです。
そして、苺は野菜なんですって。

泉野には家庭菜園をされているお家が多くて
私は徒歩か自転車での通勤なので
草花から季節の訪れを知ることがあります。
特に野菜の花や実が好きで
苺の白い花を見つけた時は
なんと愛らしいことかと健気に育つ姿に感動しました。

「地球上の生物はみんな、光を食べて生きてる」

これいい言葉です、うつむかず前向きに
と、植物を通して愛について考えるお話でした。

2019年3月26日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

花嫁のれんを飾っての宴
2019年3月25日

徹也さん&宏美さんの「緑咢梅祝言」reportの四日目です。



和田屋さんではお部屋の囲炉裏でイワナを焼きます。




加賀に伝わる伝統の婚礼料理
雄鯛と雌鯛の「大鯛の唐蒸し」です。
武家文化の國ですので鯛の腹開きは
切腹を思わせると背開きにされています。




花嫁のれんをお部屋に飾っての宴は
艶やかなことでした。
麗しの宏美姫はにこやかに色んなポージングに
協力してくださいました。




オリジナルの金澤つまみ紗衣句の末広ブーケは
衣装に描かれている夫婦鶴とテーマの
緑咢梅をあしらったデザインです。




お嬢ちゃま達がお庭を愛でていらっしゃいます( •ॢ◡-ॢ)-♡。




タキシード君はお腹がいっぱいになって
読書を楽しんでいます。
お子様達が自由にノビノビできるのは
畳のお部屋での和婚式ならではですね。




徹也さんのご両親には感謝のお品として
金澤祝言花手毬こぼしを贈られました。
右奥にカメラをかまえていらっしゃいますのは
徹也さんのお姉様ご夫妻です。




千秋楽が謡われ大盃の儀にておひらきとなります。


徹也さん&宏美さんご結婚おめでとうございます。
お幸せな時間が流れ続けますようにと祈ります。


追記
お二人からヒルトンホテルさんの
バナナブレッド様をいただきました。



くるみが芳ばしいお菓子ありがとうございました( •ॢ◡-ॢ)-♡

2019年3月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

フォトジェニック賞です
2019年3月24日

徹也さん&宏美さんの「緑咢梅祝言」reportの三日目です。



お子様達にお菓子のプレゼントです。
お二人のまなざしにお子様好きが伝わって来ます( •ॢ◡-ॢ)-♡。




お嬢ちゃま達が小さい手で新郎新婦様のお写真を
撮ってくれるのです。
女の子たちにはきれいなお嫁さんは憧れですよね。




「ほらみて」とお二人に撮れたての写真を
見せにきてくださいました。
お嬢様達のドレスもおしゃれさんでしたよ(*^▽^*)。




お二人のお衣装柄を加賀刺繍で表現した
金澤祝言花手毬こぼしを手のひらにのせての
お写真タイムもありました。




ひーふーみーヨイショと鏡開きです。
お二人の華やかな笑顔が花咲く
まさにフォトジェニック賞ですよね。
料理人さんの徹也さんらしく
鯛のオリジナルデザイン水引です。




ミニこも樽からは猫みくじです。
まずは、新郎新婦様からひいていただきました。




みなさんにも運だめしをしていただきました。




タキシードの紳士が胸にさしたのは
新種の蘭の花でメロンパンナです。




ご家族のテーブルに宏美さんのお衣装の
イメージで一輪ずつお花をあしらいました。


reportは明日に続きます。

2019年3月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ハーブでお水合わせ
2019年3月23日

昨日に引き続き、徹也さん&宏美さんの「緑咢梅祝言」reportです。



金澤modern水引のオリジナルデザイン水蝶は
雄蝶が緑咢梅、雌蝶がポピーです。
お二人が岡山旅行で訪れたポピー畑が
とても印象に残っていることをうかがいました。
「お花はみんな好き」といつもの鈴声で
宏美さんは話して下さいました♡(´▽`)♡




加賀に伝わる婚礼のならわしであるお水合わせの儀のアレンジです。




お水を注いでいただきましたのは
お二人ともお料理が大好きなのでハーブの鉢植えです。


和田屋さんでは杯ごとから宴が始まります。



女将さんから三つ組お杯のご案内です。




当主さんのかげ謡もろうろうと響きます。




引き杯で乾杯をされました。


お二人のプロフィール紹介では
徹也さんのご家族思いのエピソードが
なんとも優しくて微笑ましいことでした。



宏美姫のはにかんだ笑顔が愛らしいですね( •ॢ◡-ॢ)-♡。
初々しい花嫁様のお姿に和やかな雰囲気に包まれました。


reportは明日に続きます。

2019年3月23日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

清楚な梅の花一輪
2019年3月22日

徹也さん&宏美さんの「緑咢梅祝言」がありました。



リラックスされている宏美姫、笑顔が愛らしいことです。
さすが!お着物になれていらっしゃいますね。


和田屋さんからご出立です。



宏美さんが白無垢を纏われますと
馥郁たる清楚な梅の花一輪と言った風情でした。




白山比咩神社さんにて厳かなお式が執り行われました。




ご家族とのお顔合わせ的なご披露宴は
お二人のお好きな緑多めの装花で彩られました。




お水合わせの水蝶は緑咢梅とポピーの花
そして、こも樽は鯛と緑咢梅です。




お二人のお衣装を描いた金澤祝言花手毬こぼしが
高砂のお席に鎮座されます。


お二人の結婚式のreportは明日に続きます。

2019年3月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ラヴレターズ」
2019年3月21日

「ラヴレターズ」は直木賞作家や
「え?あの二階堂ふみ?」のような
タレントさんの章もあるアンソロジーです。



壇密さんの恋文はダメダメな男性に
振り回されていた若き日が綴られていて
少し似たような経験がなくもないもので
懐かしい気持ちになりました。
あと、テレビでよく毒吐くコメンテーターが
案外と可愛らしい女性なんだなぁ
って思えたりもありました。
吉本ばななさんの恋文は好きでした。

さぁて、私が誰か一人にラヴレターを
かいてとどけられるとしたら・・・
5年前にお空に行った猫のモコちゃんに
とどけたいです。
今もモコを思い出さない日はありません。
ウチの坊主はモコと話す時には
お兄ちゃん風を吹かせていましたっけ。

モコにラヴレターをかきました。
良かったらお読みくださませ。

「お空のモコへ」

人間の勝手で捨てられたのに
人懐っこくってすぐにお兄ちゃんと仲良しになったね。

手のひらにのるくらい小さくて
初めての猫だったから風邪をひかせないようにと
母さんは膝掛けを腰に二重に巻いて
おヘソのあたりにモコを入れて仕事していたよ。
カンガルーの親子みたいだったね、きっと。
気持ち良く眠って目がさめると
小さな体ですばしっこくやんちゃもしたね。

可愛い顔してモコには狩猟本能があったよね。
母さんが歩いていると頭を低くして構えてて
狙っていることが目のはしに見えていても
気付かないふりをしてあげたよ。
腰を左右にふったあとピュッと走って来て
ベビーシュークリームみたいな小さな手で
母さんの片方のかかとを
チョンとつまんでシャッと逃げて行ったね。
母さんは「わぁ!」という驚くフリを忘れなかったよ。
そんな時「してやったり」と得意な顔していたね。

お兄ちゃんが夜遅くまで起きていた日は
嬉しくて嬉しくてナナメナナメに飛び上がる
ヘンテコな動き方したよね。
欽ちゃん走りのようだったよ。

一緒に寝ようと抱っこしてもしばらくすると
もういいよね?とばかりに猫らしい体制を
整える仕草のあと部屋から出てゆくんだよね。
それでいて明け方になると、
なんで一人にした・・・
と、メソメソ小さく啼きながら
部屋にやってきたね、毎日。
そんな時、可愛くってしかたなかったよ。

モコは母さんの感性をつちかってくれたと思っているよ。
ありがとう、本当にありがとう。

今も、自転車こいでいる時や歩いている時は
モコの可愛かったこと、
おかしかったことの思い出を取り出して
ニヤニヤ笑ったり
目に水の膜がはってきたりで
「いかんいかん」とこらえたりも度々。
怪しいヤツかもね^^。

モコ、ずっとずっと大好きだよ
いつかきっとまた会えるよね。
そしたら、抱っこしてモコのにほいを
吸い込んでお昼寝したいな
それが母さんの夢だよ。

母さんより

2019年3月21日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

和風ジビエでご披露宴
2019年3月18日

先日、ジビエ料理にてMさん&Aさんの
ご両家のお顔合わせの会的な和やかなご披露宴がありました。




花嫁様が皆さんの似顔絵を色鉛筆で描いたお席次札が愛らしいことです。




お大根の上にステーキです。
お肉が大好きとおっしゃるお祖母様にも好評でした。
きっと、ご長寿の秘訣なのでしょうね。




イワナの炉端焼きの芳しい香りも和田屋さんらしさです。


お写真は花嫁様の妹様にいただきました。
ありがとうございました( •ॢ◡-ॢ)-♡。


冬の時期だけの熊、猪、鴨、雉などの
和風ジビエのコースの他に
春には山菜を楽しむコース
初夏には鮎づくしのコースと
山あいの和田屋さんならではの
趣のある企画があります。
結婚式の日だからこそ
美味しいお料理を愛でながら
緩やかな時間を過ごしたいという
新郎新婦様にオススメです。

2019年3月18日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「まつらひ」
2019年3月15日

「まつらひ」は
古くから伝承される祭をテーマにした
六編の短編小説です。



「龍神まつり」が近づくと怪しい夢をみる
山あいのレタス農家に嫁いだ主人公の
「夜明け前」は夢おちと思っていたのに
二段仕掛けの妖艶な結末でした。


「分かつまで」は福島の「相馬野馬追」の
馬のことが書かれていて泣けてなけて
しかたありませんでした。
あの頃、原発事故のNEWSで
動物達が右往左往する姿に胸が痛みました。

「人間だって、自分の命ひとつ
落とさないように抱えているだけで精一杯で(略)」


瓦礫の間にはさまれて動けないまま、
食べるものもなく汚泥の中にいたという馬が
自分を置き去りにした人間たちを
拒んでいたのだけど、やがて人間を赦し
信頼が快復したという物語に感動しました。


浅草寺の「ほうずき市」のあかぬけた感じ
福岡柳川の「白秋祭」は幻想的で
岩手黒石の「蘇民祭」は
冬の寒さに凍える思いになりました。
それぞれ祭りの風情、街のおもむき
季節の移ろいの描写が好きでした。

2019年3月15日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

春が一直線にやってきた
2019年3月14日

今日、スマホで撮った金澤syugenそばの桜です。



毎年、こちらのお家のお花を楽しみにしています。
昨日は雪が降ったので散ってしまうかなぁと
心配していたのですがたわわに咲き誇っています。




透明度の高い夕陽に繊細な花びらが美しいことです。




春独特の寝ぼけたような光は見慣れた電柱や
電線までも新鮮に柔らかく霞ませます。


何もかもが新しく、きらめくよな春が一直線にやってきました( •ॢ◡-ॢ)-♡

2019年3月14日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「素敵で、見応えありました」
2019年3月12日

兼六園の雪吊りが外されたという
NEWSを聞いて春が来たって思っていたら
今日はひょうが降り
明日からは寒くなるそうですね。

 

季節先取りの祝言は二十四節季
七十二候の紅花栄の頃に
結婚式やロケーションフォトをされた
新郎新婦様のご紹介です。

 

初彦さん&ユリちゃん



和田屋さんのお庭も新緑が美しいことでした。

 

康裕さん&美樹さん



花嫁のれんを飾った町屋にて茶婚式でした。

 

ゆうさん&めぐみさん



ひがし茶屋街にある宇多須神社さんで厳かな挙式です。

 

宏信さん&志乃さん



白山比咩神社さんで挙式から
金沢スタイルのご披露宴でした。

 

慶一さん&さこちゃん



石浦神社さんから石川門までの躑躅咲く道を
花嫁行列で歩まれました。

 

さこちゃんからリニューアルした
ホームページをご覧になってのメッセージです。

ホームページ拝見いたしました!
素敵で、見応えありました。

卒業新郎新婦様達の素敵なお写真を
これからも増やしてゆきますので
時々、訪れてくださいますように( •ॢ◡-ॢ)-♡。

2019年3月12日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「猫のためいき鵜の寝言十七音の内と外」
2019年3月11日

「猫のためいき鵜の寝言十七音の内と外」は
テーマごとにエッセイと俳句が綴られいます。



まず第一章、集団就職をする子供の章で
泣けるのです。
12歳とか15歳くらいで親元を離れ
自立しなきゃならなかったって
親もどんなにか辛かったろうと涙が出ました。
昔の人は大人になるのが早かったことでしょうね。


著者の正木ゆう子さんは毎年、
長野まで鷹の渡りを見に行くのだそうで
旦那さんから「去年も見たのに」と言われた時の

昨日ビールを飲んだら、今日は飲まなくていいのか。

という返しに吹き出しました。
桜も毎年観に行きますものね(*^▽^*)


正木さんは日本酒が好きで

ふだんはペンより重いものは持てない私が、
一升瓶だけは片手で持てるのが不思議である。

あははあはは!
わかるわかる!


そして、猫好きさんでもあって

この世に猫を抱いて眠るほど気持ちのよいことはない。

まったく同感です。
愛猫ちゃんをお布団の中で
抱っこして眠ったこと今も良き思い出です。


言葉も綺麗で心が穏やかになれる一冊でした。

2019年3月11日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

武家屋敷跡でこも外し
2019年3月9日

江戸時代の城下町の面影を残す
長町の武家屋敷跡で土塀の
こも掛けを外す作業があったそうです。

 

隼さん&愛子さん



オーストラリア育ちの隼さんが古い町並みに興奮気味でした。

 

弘衣ちゃん



風花舞の日でした。

 

健二さん&友美ちゃん



こも掛けは雪や寒さから土塀を守るそうです。

 

智大さん&ユンナちゃん



石畳がツヤツヤです。

 

誠さん&渚ちゃん



日本全国で土塀を守るこも掛けを
するのは金沢だけなのだそうです。
美しい景観を守る金沢人の心粋ですね。

 

こも外しは明日も見られるそうですよ。
春を迎える金沢の風物詩ですね。

 

金澤スタイルのウェディングフォトの
武家屋敷のページです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/_wp/?photo-category=05

春夏秋冬の風情をご覧くださいますように。

2019年3月9日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

町屋前で楽しいオブジェ発見
2019年3月8日

昨日に引き続き、初夏のプレ花嫁様の
涼ちゃんと打合せのreportです。



古い薬局あとにあるお花屋さんでお花の打合せでした。


打合せのあと横安江商店街を歩きました。



町屋前で楽しいオブジェ発見!
でっかいお魚さんだ!


で、二人でミスドにする?カフェにする?
あったまりたいよね^^と話しているうちに
おうどん食べようかっとなりまして・・・・・



洋食屋さんの「カキフライ定食」の看板に
二人でよろめいてまい迷わず入店&注文
そしてドーンとボリュームのフライを完食!




続いて、スターバックスでコーヒーにしようか
私は新商品のフラペチーノ
涼ちゃんはキャラメルマキアートです。


事務所でするのとまた違ったお話も
できて楽しかったです。
新郎家の親御様にもご自身の親御様にも
喜んでいただきたいという強い思いを
十分に受け取りました( •ॢ◡-ॢ)-♡


お花のパワーもいただいて心も体も
いっぱい栄養がとれた日でした。

2019年3月8日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

春のスイトピーのような
2019年3月7日

プレ花嫁様の涼ちゃんと装花の打合せに行って来ました。



ナチュラル系の優しい色合いのお花にうっとりします。
パワースポットですね。




天井ではゆるぅくファンがまわっています。




好きなお花について話す時
涼ちゃんは春のスイトピーのような
愛らしい表情になるのです( •ॢ◡-ॢ)-♡。




ドレスの時のブーケのボリュームや茎の長さを確認です。


お話ししていて感じるのは、涼ちゃんは
本当に柔らかいお色のお花が
お好きなのだということでした。


涼ちゃんとお花に囲まれて幸せ気分いっぱいになりました。
五月になったら一緒に薔薇園に行こうね
って話しました♡(´▽`)♡
結婚式の準備は楽しみながらがいいですね。

2019年3月7日 カテゴリー: 創作祝言, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

遠足の日の笑顔
2019年3月5日

初夏に、白山比咩神社さん挙式&
和田屋さんでご披露宴をされます
利恵さんのお衣装あわせがありました。



清楚で愛らしいことです。




お首がほっそり長くて和装がお似合いになられます。




利恵さんの笑顔が大好きです。
いつもまるで、ずっと楽しみにしていた
遠足の日の朝のようなキラキラな瞳で笑ってくれます。


今日はお母様もご一緒でしたが
お母様もとても朗らかなかたでいらっしゃいまして
なんだか楽しいお祭り騒ぎのような
お衣装選びとなりました。


新郎様の大輔さんもとーっても明るい方です。
お二人らしくおもてなしをする
あたたかい祝言を創作させていただきます。

2019年3月5日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「かけらのかたち」
2019年3月4日

深沢潮さんの「かけらのかたち」は
タイプの違う女性たちの連作短編で
自己承認欲求の闇を鮮やかにえがいています。



母親がSNSに公開している望む生き方に
窮屈さを感じながらよせてゆこうとする娘の安奈や、
妻が幸せな家庭を書いている体で
人から羨まれるような「自身の理想の家庭」を
BLOGに綴る夫などSNSに翻弄されている
人達が各章の主人公です。


六つのお話の中の「ミ・キュイ」に出てくる
杉坂さんという60歳くらいの女性の
「女としての始末の付け方」について語る
源氏物語の読書会のお話は素敵でした。


最終章で

「人からどう見られたいかでなく、自分がどうありたいか」

安奈の気づきにホッとしました。


深沢潮さんは「かっぱーん」を読んだことがありますが
現実にありそうなゆえに背筋が凍るくらい怖い話でした。


マウティングは自分のまわりには
実生活でもないです、たぶん。
私もインスタグラムなどしていますが
SNSで卒業新郎新婦様の暮らしや
お子様の成長を知ったり
よそのお家の猫ちゃんみたり
花の便りを知ったりと穏やかなことです。

2019年3月4日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「写真もどれも素敵です」
2019年3月2日

結婚式のアルバムを受けとられた
央佳さん&妙子さんからの嬉しいお声です。

写真もどれも素敵です。
当日の色んなことを思い出せる一冊となりました。
表紙の裏表もとってもいいですね。
ありがとうございました。

 



透明な日差しの中、初々しさ光るお二人です。

 



宇多須神社さんにて指輪交換の儀です。

 



妙子さんのいたずらっ子な表情が可愛らしいですね。

 

ハレ日の朝、回転寿司モーニングをされたという
お二人のツワモノっぷりに驚かされました(*^▽^*)

ごはん粒をどうしても食べておきたくて
めでたいから寿司にしようってなって

もう、びっくり&感心しましたよ。

 



表紙や裏表紙は金沢スタイルの
オリジナルのウェディンググッズの
金澤つまみ紗衣句や
金澤祝言花手毬こぼしとのショットです。

 



お衣装の花籠が加賀刺繍で表現されています。

 



朝、スシローの甘エビ様のおかげでしょうか
余裕の笑みです。

 

金沢スタイルの和婚式の
おひらき後の当日撮りでは、
モデルさんっぽいショットも数多くあります。
本当にお写真どれも素敵ですよ( •ॢ◡-ॢ)-♡。

2019年3月2日 カテゴリー: オリジナルアイテム達, 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

大阪城公園の梅
2019年3月1日

もうすぐ白山比咩神社さんで挙式をされます
徹也さん&宏美さんの思い出をうかがうと
お花の観賞にお出かけが多いそうです。


宏美さんからいただいたお写真です。



 一昨日の大阪城公園の梅です




梅に蜂ですね、可愛らしいことです。


お二人はカメラという共通のご趣味をお持ちです。

カメラは相手の世界観もみれて楽しいです

なんだか、芸術肌のお二人です( •ॢ◡-ॢ)-♡。


こちらは、お二人で岡山にお出かけの折の一枚です。



一面のポピー!圧巻です。
なんとも愛らしいお色ですね(*^▽^*)
和田屋さんのご披露宴の中でポピーのモチーフも
さしこみ旅の思い出にもふれたいです。


こちらは、徹也さんからいただいたお写真です。



馥郁とした香りがただよってきそうです。


お花が大好きなお二人ですから
結婚式のテーマもお花で
縁のある梅の中でも「緑咢梅」を選ばれました。


大阪城公園ではまだ咲いていなかったそうです。



緑咢梅はちょうどお二人のハレの日あたりに
咲き誇りそうですね♫•*¨*•.¸¸♪✧

2019年3月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ