金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
「さいはての家」
2020年3月16日

彩瀬まるさんの「さいはての家」は
ネズミや蛇もでる古い民家に代だい
わけありの人々が逃げ場を求めるように入居します。



「はねつき」は駆け落ち不倫カップルのお話です。
男性は毎日、本を読むだけで一日を終え
女性は考えるということをせず生活のために働き続けます。
ですが、女性が男性に読み聞かせてもらっていた
小説を自身で咀嚼するようになると
自ら物事を考えるようになるのです。

 

「ゆすらうめ」がイチバン好きでした。
主人公とその同級生のヒットマンが暮らすのですが
認知症の母親を介護する様子が
なんとも優しく愛おしく泣きながら読みました。
映像化の際はヒットマン役には
EXITのカネチーくんがぴったりだと思いました。

 

良家の姉妹が親の呪縛から逃げる
「ままごと」ではなんの意思も持たないように
見えていた姉がたくましく成長します。
妹はそんな姉を「薄紙を一枚一枚
剥がすように変わっていく」と感じます。
逃げると言うより親と距離をとることで
成長進化できたのだと感じました。

 

「かざあな」は男性に育休があっても
小さい子どもを持って働く女性の辛さ
男性の苦痛もなるほどと読みました。
妻と距離と時間をおいたことが
二人のこれからのためには正解だった気がします。

 

最終章で大家さんが言う
「ちゃんと逃げて生き延びた自分を褒めなよ」。
時に逃げるという選択には勇気が必要で
よき判断であると。
頼りなげではかない五つのお話でした。

 

 

.o○° .o○° .o○° .o○° .o○° .o○° .o○°.o○° .o○° .o○° .
金澤syugenはオーダーメイドの少人数の結婚式、
生家ご出立、挙式、フォト婚のサポートをいたします。
衣装コーディネート、オリジナルアイテムのデザイン、
会場紹介などポイントサポートもご相談ください。
.o○° .o○° .o○° .o○° .o○° .o○° .o○°.o○° .o○° .o○°

投稿者 rin5chan : 2020年3月16日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ