金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
夢幻の境地に
2013年9月6日

越中八尾の「おわら風の盆」行ってきました。



ボンボリのむこうにダンシ~♪




こちらは、ジョシ~♪


雨。雨。意地悪な雨で本物の踊り手さんは出ておらず。。。


雨でもこの子達は、踊っています。



きれいに整列した紙人形さん。
おわらの美学は「揃っていること」なのだそうで。


ステージでの演舞は雨でもありました。



しなやかな手の表情が優雅で美しい。


男性の動きはキリリと力強い。



笠は、手ぬぐいで顔を隠して踊った頃のなごりなのだそう。
笠をかぶっているとほっそりとしたうなじが際立ち
みんなえらい美人さんなんじゃないかと膨らむふくらむ妄想。


夜の帳がおりて、賑わっていた路地も静かになり少し寂しい気持ちになります。



石畳の古い街並みは雨のあとはいっそうの風情です。
初めて八尾を訪れたのですが、この街がとても好きになりました。


夜中、雨がやんで
哀調のある音色を奏でる三味線と胡弓、唄い手さんの町流し。



郷愁を帯びた調べが悲しげでもあります。


磨き上げられた伝承行事は、夢幻の境地に誘われるよう。



艶っぽいのです。
なんとも色気を感じました。


夜通し踊る人たち。



情緒豊かな踊り祭り、来年は一緒に踊りたいな。
浴衣と下駄も持ってゆこう。
You tubeみて練習しておかねばですヽ( ´ー`)ノ。

投稿者 rin5chan : 2013年9月6日 カテゴリー: プランナーのつぶやき, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ