金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
本当に幸せな毎日です!
2016年6月30日

出勤途中に見つけた紫陽花、小さい花びらが可愛らしい。

 

右下に小さい蜘蛛もいるのです。
「みんなみんな生きているんだトモダチなんだぁ♫•*¨*•.¸¸♪✧」


今日と明日は六月アニバーサリーを迎えられた
新郎新婦OB様のお祝いをさせていただきますヽ( ´ー`)ノ。
 

敦司さん&美智子さん
 


宇多須神社さんで挙式
料亭ウェディングされました。
 

直哉さん&美佳ちゃん



十月亭さんでは、新郎新婦様みずから
お客様をおもてなしされます。


幹弘さん&由紀さん 



白山比咩神社さんにて挙式、
和田屋さんでお食事会をされました。


準さん&久乃さん

 

ウェディングフォト婚は、新緑の浅野川から始まりました。


博之さん&縁さん



櫛形の飾り窓が風情あることです。


和央さん&知美さん
 


花嫁のれんがそよそよと風になびきます。


ノッチ&裕代ちゃん



二部式のご披露宴をされたお二人
一部はご親族様と十月亭さんで過されました。 


タクちゃん&ゆきたん 



人前式で結婚証明書にサインされました。


ゆきたんからメッセージとどきました。

じゅんたん

たくちゃんへのお誕生日カード、結婚記念日のお祝いカード、
そして、綾音にまでお誕生日カードありがとうございました!

涙が出るくらいうれしかったです!

おかげさまで綾音と3人、本当に幸せな毎日です!
インスタもフォローありがとうございます!

FBやインスタでいつもつながっていられるからうれしいです!
ありがとうございます。

ゆきたんより


「本当に幸せな毎日です!」
に、ほっこりしました( •ॢ◡-ॢ)-♡。
インスタやFBで綾音ちゃんの成長も
うかがい知れて幸せもらっています。


明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

未来夢祝言
2016年6月29日

昨日に引き続き、太郎さんと素子さん
「未来夢祝言」reportです。
明け方までの雨が空気を洗ったのでしょう、きっと。
幕末の館が飴色の鼈甲のように艶やかでした。



ハレの日をおむかえのお二人
ふんわり羽衣を纏ったような優しい笑顔でいらっしゃいます。


 

宴の中盤でお色直しをされた愛らしい素子姫☆”
器用なお母様が一刺し一刺し丁寧に丁寧に
かんざしとブーケを作ってくださいました。 
お席のお花もお母様が布細工で作ってくださったのです。


ヘアメイクはエルさんです。
柔らかい雰囲気の結い髪とお化粧も大好評でした。

  


ご一族のニューフェイスのボク☆”
ニコニコ笑う愛想良しさんでかっわいいのです。
ダッコさせてもらうとキャッキャ笑ってくれました(*^▽^*)




取材の様子をビデオ撮影されていらっしゃいますかたが
素子さんの妹様でボクのママでいらっしゃいます。




NHKさんがお祖母様とお母様にインタビューされています。
「おばあ様の結婚式でもお水合わせや
花嫁のれんをされたのですか?」の問いに
「私らの若い時は戦争で何もできんかった」と、、、
せつなくなりました。
祖母様はとても明るい方で、
「(おめでたいことは)何回でもあったらいいわいね」と
朗らかに笑ってくださいました。
もちろんこの模様も妹様と姪御様がしっかり記録してくださいました。


お祖母様にご出席いただきたいと願って金沢でのお食事会でした。
気立て良しのおばさまがたは「良かった良かった」と涙ぐみ
金沢でお披露目できたことに「こんで安心した」
「ほぉっとした」とまた涙ぐんでいらっしゃいました。
優しくあたたかいご親族のみなさんですね(*^▽^*)。


愛知県岡崎市での挙式の模様が十月亭さんのふすまに映し出されます。

 


挙式模様に続いて、妹様がたが制作してくださった
ウェディングドレスでの前撮りの模様も映し出されました。




金澤町屋和婚は、新郎新婦様自らがもてなすスタイルです。




見目麗しい花嫁御寮様のおそばには
淳ねぇ女将がひかえております。
お振袖のお袖を整えさせていただきました。


お見送りさせていただくと、ご親族のかたがたが
「ホントに良かった^^お料理も美味しかったよ^^」。
お祖母様にご挨拶すると「また、会えるといいね^^」と
おっしゃっていただきジーン。。。。。。
 

 
お父様からは「こんないいのにしてもらえると思って
いなかったからびっくりした」と何度も。
いえいえお父様のお歌は、びっくりなお上手さでした。
お母様「素敵にしてもらって」。
ご親族みなさんの温か~い思いがひとつになった宴でしたね。


皆さんが口々に「金沢にいても
経験できないような結婚式」だったと。
ひがし茶屋街を花嫁行列、十月亭さんを婚家に見立て
お水合わせの儀をされて花嫁のれんをくぐる
古くからの婚礼のしきたりを再現は
ご親族のみなさんにも新鮮にうつったようです。
 




結婚式の前日お二人から名古屋のかりんとうをいただき感激。
辻口博啓さんが岡崎の八丁味噌と西尾の抹茶で作ったお菓子だから
金澤syugenのおみやげにぴったりだと選んでくださったそうです!(^^)! 。
 

太郎さん&素子さんおめでとうございます。
素晴らしい未来でありますように。
 
そして、夢が叶いますようにと祈っていますね☆”

   
NHKプレミアムは、7月29日金曜日の21:00からの番組の中で放送されます。 
自慢の可愛らしい新郎新婦様、ぜひご覧くださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月29日 カテゴリー: 創作祝言 | 2件のコメント »

2件のコメント

  1. 太郎&素子の妹 より:
    こんばんは。
    blog、とても素敵に載せていただきまして感謝します。
    前日大雨と雷の嵐の中、高速道路を走った甲斐がありました(笑)
    こんなに素敵な日にしていただけるとは。
    石川県に住む高齢の祖母の笑顔を見たくて、その強い思いで、姉たちだけでなく、家族一同、この日を待ち望んでいました。
    その希望通り、本当に素敵な時間を作っていただき、感無量でした。
    アットホームの雰囲気で温かく、宴会途中くらいから、スタッフさんももう家族の一員のように思えてしまうほどでした(笑)
    オムツ換えに別室を用意して下さったり、写真撮影時に荷物を持って下さったり、本当に助かりました。
    二人の幸せな姿と、家族、親戚の笑顔を見るたびに、
    皆が待ち望んだ二人の結婚を嬉しく思い、しみじみ、また心がホッコリしていました。
    素敵な想い出と共に愛知に帰ってきましたが、
    今回も載せていただいたblogを拝見し、写真も本当に綺麗に撮っていただいているし、思いのこもった文章も、、
    本当に感謝でいっぱいです。
    本当に、ありがとうございました。
    一緒に涙を流して下さったこと、忘れません!
  2. 淳ねぇ女将 より:
    太郎さん&素子さんの妹様へ
    この度は、お姉さまのご結婚おめでとうございます。
    ご家族ご親族の皆様が本当に仲良くて、和やかな宴となりました^^。

    新郎新婦様のお人柄が穏やかで可愛らしくて
    すっかりファンになっていた私達でしたから
    「親戚の可愛いモコちゃんのお嫁入り」くらいに思えて
    感慨深いものがありました。

    お見送りの時、シンミリしたらブワーッと涙が
    とまらなくなりそうだったのでサラッと笑顔で♪

    しかし、家に帰っての晩酌タイムでは
    「良い祝言だったなぁ」
    「可愛かったなぁ」
    と、涙とまらなくなって
    鼻カミカミしながら焼酎のお湯割り飲みました(;^_^A

    私達も幸福の「お福分け」いただきありがとうございましたヽ(^◇^*)/

    皆様のご健康と幸福をお祈りしていますね☆”
    ps
    コメントかきながらまたまた涙とまらずでした。

コメントをどうぞ

温かくほっこりした気持ちが続いて
2016年6月28日

太郎さんと素子さん「未来夢祝言」は、
ひがし茶屋街の柳からスタートです。



明け方まで、強風だったのですが
朝には穏やかな花ぐもりの日となって
お二人の笑顔も最高ですね。




NHKプレミアムさんの取材ありまして撮影スタッフさん
なんと6名様の大部隊でお越しでした。




堂々の花嫁行列です。
太郎さんかっこいいです☆”
麗しの素子姫、可愛らしい♫•*¨*•.¸¸♪✧




十月亭さんにご到着でいらっしゃいます。
傘をさしかけていらっしゃいますおかたは「力兄ちゃん」
と、素子さんが慕う従兄様です。
「いい思い出になった!傘持って歩けて。いい経験させてもらった^^」と
ご大役をこなしてなお余裕の笑顔でした。




古式ゆかしくお水合わせの儀です。




インタビューにこたえられるお二人。
花嫁のれんは、お祖母様がご子息のもとにお嫁入りされる
お嫁さんのために作られた加賀染ののれんだそうです。




和やかな祝宴が始まりました。
進行は、淳ねぇ女将がつとめます。




素子さんのお父様と妹様のデュオ
キロロの「未来へ」です。
優しい音色を集中して聞いてしまうと涙がでてくるので
サラリと聞きたいのについつい聞き入ってしまいました。


この様子を少し離れた場所から見つめて
「なんと仲良しの素敵なご家族だろうね」と
ムッチと話しておりました。
あたたか~いご家族様の中で素子さんの
ふんわり優しいお人柄がはぐまれたこと
とてもとても納得できます。


素子さんから祝言の翌日にいただいたメッセージです。

こんにちは!
昨日は本当にありがとうございました(*^^*)
費用の事も含め、たくさんワガママを聞いてくださり、
ご協力してくだったおかげで、
本当に温かく素敵なお披露目会をする事ができ、本当に感謝しています☆☆☆
私たちだけでなく、出席した親族に喜んでもらえた事がとっても嬉しく、
今もまだ、昨日のまま、温かくほっこりした気持ちが続いていて、
金澤syugenさんにお願いして良かったと心から思っています(*^^*)
そして、写真撮影も本当に本当に嬉しく、感謝でいっぱいです!(略)
これからも金澤syugenさんで、
素敵な結婚式ができる人が増えていく事を願っています☆☆☆
本当に本当にありがとうございました(#^^#)


金澤syugenにはパッケージの商品がありません。
岡崎で挙式&披露宴をされたお二人のために
金沢らしさを織り込んだシンプルなお食事会を編集いたしました。


お二人のreportは、明日に続きます。
お祖母様にもご登場いただきますね。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ツバキ文具店
2016年6月27日

古都鎌倉の町を舞台にした代筆屋さんのお話
小川糸さんの「ツバキ文具店」読みました。



主人公のポッポちゃんは、育ててくれた祖母(先代とよびます)の
文具店を継ぎ代筆業もしています。


代筆の依頼を受けると依頼者の人となり、
伝えたい内容に合わせて
紙質やペンの種類やインクの色を選び、
字体はもちろん封の仕方も考え抜くのです。
そして切手

封筒の表が顔だとすると、切手は顔の印象を決める口紅のようなもの。
口紅が失敗してしまうと顔そのものの印象が台無しになってしまう。
たかが切手、されど切手。
切手選びは、手紙を送る人のセンスの見せどころとされている。





依頼人さんと話し想いをくみとり手蹟を考えます。

優しさや言葉遣い、面影や匂いまで、彼のすべてを桜さんに届けたかった。




その都度、筆記具の選び方にもすべて理由があるのです。

透き通る優しい心を伝えるのに、ガラスペンがいちばんしっくりくるように感じた。




美しい言葉が多くて うっとりしました。

自分に向けられて書かれた手紙は、
なかなか読んですぐに捨てるというわけにはいかない。


お客様にお席札や席次など出来る範囲で手作りを
おすすめしています。
手作りのカードをお手にされたご参列のお客様は
目を細めてご覧になり必ず大切にお持ち帰りになられます。




最終章は泣けて泣けてしかたなかったです。

先代とのいい思い出を掘り起こそうとするのに、
すぐに嫌な思い出がわれ先にとしゃしゃり出て、
いい思い出を通せんぼするのだ。


この感じ、わかります。
すごく、よくわかります。
誰もが持っている「肉親への想い」あるのではないでしょうか。
素直になれないのです。




金澤syugenの控えの切手達です。



野菜に星座、山、四季の花、屏風絵、和模様など
お礼の気持ちやご挨拶の手紙を贈りたいものです。




「ツバキ文具店」お話の中には海岸や坂
お寺や神社、カフェやバー、魚やさんにお肉やさん
鰻屋さんなどなどが登場。
鎌倉の町中を散歩した気分になれました。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月27日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「日本語検定」
2016年6月26日

先週、「日本語検定」を受けに行っておりました。



この子達にお供してもらいました。
2011年花嫁OB様の美世ちゃんの母上手作りのワラジと
ムッチが輪島の千枚田に行った折のおみやげのワラジです。


私は文字を読むこと
言葉を紡ぐことが好きです。
なので、漢字の成り立ちの歴史とか
言葉が出来上がったエピソード的なことを知るのも楽しいかしらんと
受験してみました。



過去問とかもいたしておったのですが
四文字熟語
とにかく難しぃーーー!


こういうのも読みました。



前回の検定からカタカナ語の出題もあるから
前日、図書館で借りて当日の朝、バスの中で読みました。
まさに「付け焼き刃大作戦」と言っていいでしょう。 


実際の問題です。



自信満々に「四」という数字入れました。
がーん「八」でした。
八面玲瓏なんて使ったことはもちろん
聞いたことも読んだこともないです。。。


のちにこたえあわせしながら
「こんな言葉、一生使わんでもいきてゆけるわさ」
「私が読むよな小説やエッセイにはこんな言葉はでてこない」とか思っちゃう。
今回感じました。
「学びが身につく人」「のびる人」ってのは
「素直な心」の持ち主だということ。


「敬語」「文法」「語彙」「言葉の意味」「漢字」
「表記」「読解」おしなべて出来ないと合格できません。
付け焼刃大作戦で覚えたおかげでタカナ語もすべてわかり
熟語以外はまあまあのできだったと思われます。


今年はシルクドソレイユ「トーテム」が一列目
劇団四季「リトルマーメイド」三列目と好調続きだったのですが
なんと、試験の日は一列目ど真ん中
試験監視員と対面の机でした。
ぷっぷっぷー。


ついついやってしまいがちな二重敬語なども
改めて学べたので良い経験となりました。


追記
友人に話すと「それ、外国の人の日本語力はかる試験じゃない??」。
あの、それ、「日本語能力検定」ですから。
そちらは、外国の方がどれだけ日本語を理解しているかと
いったものでまた意味合い違う種類の検定です。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月26日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

黒と白の幾何学模様なまこ壁
2016年6月25日

季節先取りの結婚式のご紹介
今日は、七十二候 菊花開の頃の新郎新婦様の
お写真でご案内です。


卓さん&雅美ちゃん



武家屋敷にて。


剛一さん&靖子さん



白山比咩神社さんの境内で。


寛之さん&加奈ちゃん



尾山神社さんにて。


大樹さん&かれんちゃん



金城楼さんのお庭にて。


成巽閣さんにてロケーションフォトされましたお二組です。
順也さん&鮎ちゃん



成巽閣のお庭にて。


弘幸さん&由起子さん



黒と白の幾何学模様のなまこ壁は、雨風から建物を守り
防火や銃弾貫通防止といった役目を果たした
優美でありながらの優れものです。


加賀の嫁入りをされましたお二組です。
寛世さん&麻希ちゃん



藤が丘公園にて。


武ちゃん&裕美ちゃん



綿帽子のお姿で和modernな人前式をなさいました。


金澤syugenでは金沢だけではなく、小松市や白山市
能美市など加賀地方での町屋和婚も承ります。
秋の祝言にも若干うけたまわれるお日にちがありますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。
一日お一組様と決めておりますのでお早めにどうぞヽ(^◇^*)/

投稿者 金澤syugen : 2016年6月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金澤新水景
2016年6月24日

金澤syugenそばの長坂用水に夕陽がさす風景です。

 

夏色の夕陽が用水にこぼれ落ち
水をオレンジに染めています。




今も生活用水として住宅街を流れています。
時々、野菜を洗う人を見かけますよ。



金沢は街中を多くの用水が網目状に流れています。
金沢駅金沢港口(西口)の公園の水は、
鞍月用水からひいているそうです。




気持ちよさそうに透明の水の中、可憐な花がたゆたっています。




こんなきれいなところがあるの知らなかったから
スマホでパシャパシャしました。





季節のごとの花が咲くのだそうです。




水鏡に逆さ駅舎です。




風でできる水紋も美しや。




睡蓮と蓮の違うのかしらん。
睡蓮は水面で咲いて、
蓮の葉は水面より高く茎も長いのだそうです。




驚くほど鮮やかなのです。




金沢駅西口のほうのビル川の水景♫•*¨*•.¸¸♪✧
バックパッカーも似合う都市公園です。




ツヤツヤとした葉と水が、涼を感じさせてくれて
なんとも癒されます。


鞍月用水は、長町武家屋敷跡周辺の土塀沿いや
せせらぎ通りをサラサラ流れていますよね。


そして、金沢駅兼六園(東)口の滝は
辰巳用水の水なのだそうです。

辰巳用水は小立野の台地をサラサラ流れています。
「江戸時代の土木技術を知る上で貴重である」
として、国の史跡に指定されているそうです。

犀川上流の金沢市上辰巳より取水し、
約4kmの導水トンネルを経て小立野台地に出た後、
兼六園の園内の曲水となる。
かつては、導水管を用いて外堀をくぐらせ金沢城内に水を供給し、
さらに市内に配水していた。


石管は、石川県立歴史博物館の中庭にあって見たことあります!



加賀百万石の城下町金沢の
水景は
この町を象徴する風情となっています。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月24日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

どや顔をしとるような
2016年6月23日

2013年組さんの雄一郎さん&ゆかりちゃんから
BABYちゃん誕生のNEWSです。

 

名前は、倫太郎(りんたろう)です♪
一枚目は100日のときに撮ってもらったものです!
二枚目は、最近寝返りができるようになったので
どうやらどや顔をしとるような表情のものです(´∀`∩


タキーシドデザインのベビー服
可愛い♫•*¨*•.¸¸♪✧
お似合いです。
真っ白に包まれて天使ですね。


目元はパパ似ですね、ボク。
明るくて朗らかなパパ&ママですから
ボクも可愛い笑顔でクラスの人気者になりそうな予感です(*^▽^*)。
スクスク健やかに
そして、おもしろいこといっぱい言える坊やに
育ちますように♫•*¨*•.¸¸♪✧
(ママは歴代、笑かせ上手NO1花嫁様^^v)


雄一郎さん&ゆかりちゃんの白山比咩神社さん&和田屋さんの
「御前橘祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=217&cat=cat2

投稿者 金澤syugen : 2016年6月23日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 3件のコメント »

3件のコメント

  1. ムッチ より:
    雄一郎さん&ゆかりちゃん
    倫太郎くんのご誕生おめでとうございます!!

    笑顔がキュートな倫太郎くん^^
    これからのご成長が楽しみですね♪
    元気いっぱい大きくなられますように☆

    お会いできる日を楽しみにしてます(^0^)/
  2. GIGI 塚田 より:
    雄一郎さん、ゆかりさん
    お子様のご誕生おめでとうございます!

    愛らしい倫太郎くんの笑顔に私達も癒されます(^o^)
    倫太郎くんの健やかなご成長、心よりお祈り申し上げます。
    産後のお身体、お大事になさってくださいね。
  3. 鶴見 より:
    倫太郎くんお誕生おめでとうございます!
    倫太郎くんの笑顔で思わず雄一郎さんとゆかりさんとの楽しい衣装合わせの時間を思い出しました(^o^)
    これからもご家族みなさんで幸せな時間を作っていってくださいね!

コメントをどうぞ

無限に広がる海
2016年6月22日

基樹さん&広海ちゃん「春涛祝言」がHappy Reportにご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=303&cat=
 



和田屋さんでお支度後、ご出立されました。 




「祝詞奏上」に続いて「結杯の儀」では、
神様からいただいたお神酒をお二人が交互に酌み交わされます。




千里浜で思い出をつむいだお二人が
穏やかな暮らしでありますようにと祈っての「春涛の儀」です。
彩羊羹は、海がもたらす恵をよび起こす縁起の良い文様
青海波に浜梨(ハマナス)の落款です。




和やかなお食事会は、ご両家が緩やかに交わる時となりました。




基樹さんの姪御様のお嬢ちゃまが大活躍でした。
ビデオ撮影されていらっしゃいますのはお父様です。
お嬢ちゃまの踊りが可愛くてかっわいくって
みなさんの目元が細くほそぉくなっていました♡(´▽`)♡

 
青海波模様には、無限に広がる海をあらわすことから、
 「人々の幸せな暮らしがいつまでも続くように」という
願いが込められているそうです。
お二人のお幸せ、無限に広がりますように☆”


お二人のHappy Reportご覧くださいませ。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

薔薇しょって写真
2016年6月21日

花嫁様会report、三日目です。



馨しい香りに抱かれて自然とみなさんの笑顔もおジョウヒン♫•*¨*•.¸¸♪✧
 



くもり空の過ごしやすい日でした。




ことちゃん、せっかく赤いお靴なのに
すぐ「ダッコして」と甘えっ子ちゃん(^_^) 。




ゆったぁ~りとバラの花を愛でながら歩くママ達。




甘い香りに包まれてお子さん達、1人2人とオネムの世界へと。




バラゲートで記念撮影♡(´▽`)♡。


昨日、ことちゃんのおちょこで「酒旨し」の写真のせたら
雅さんから

酒呑み琴音は夫のスルメをかじっております^_^;


美世ちゃんからは、

ランチ会楽しい写真ばっかりで思い出して嬉しくなりました。

美世ちゃん、岐阜からのお越しでした。




「シャルル ドゥ ゴール」このバラが一番好き(*^▽^*)



誰か「淳ねぇさんっぽい」とかお世辞にも言うてくれんかな♡




 さて、こちら今朝の紀代ちゃんちの侑くんです。



薔薇いいよねぇ~
薔薇しょって写真とりたいね


っと、花嫁様ランチ会の参加を一番最初に決めて、
いっちばんはりきっていた紀代ちゃんがのっぴきならない
ご用事で欠席でした。
紀代ちゃんの分まで薔薇しょってきたよ!!


あ…せやった…勇姿あったわ…
せや、せや…ストライダーの大会にて




余裕のボクと心配でたまらん紀代ちゃんの表情に
ぷっぷっぷー!

分かるけ!?さすが姉さん
初レースやったが(^-^;)
練習も、ほぼ無く(3回くらいしか股がってなくて)
こっちが緊張したわッ!!!


秋の薔薇が咲いたら行こうね、



 
満開のツツジしょってもらいました。



ローラちゃん二連発です。




お子さん達、みんな安心しきってお昼寝( •ॢ◡-ॢ)-♡
どの子も可愛いなぁ。
そして、どの花嫁様も可愛い。
祝言のテーマやお衣装の柄やお色、髪型、
懐剣や箱せこなどの小物のデザイン
ブーケやかんざしももちろん鮮明に覚えています。
本当にずっとずっと「ウチの可愛らしいお嫁さん」のままです。

 


2011年から2015年までの花嫁様のご参加
ありがとうございました。
では、またランチ会&お散歩企画しますね。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月21日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

色々刺激を受けて
2016年6月20日

花嫁様会report二日目です。



赤ちゃん達が遊ぶ様子がとにかく可愛い(゚∇^d)




一緒に遊べるかな。ボール、コロコロ。




ちょっとおねえちゃんのことちゃんは余裕ですね。




ことちゃんとほまれちゃんは、お話もはずんでいるようです。




きさきちゃん、アンヨぽ~んっと(^_^;)




のむらさんの女将さんが撮ってくださいました。
ダチョウ倶楽部の「やー!」。




りょうくん大泣きo(>_<)o。


富樫バラ園は、あま~い薫りが迎えてくれます。



深紅の薔薇と花嫁OB様とお子さん達♫•*¨*•.¸¸♪✧ 

 


 ことちゃん、バラよりこのアミアミが気になるようです。


 

コサージュにしたい大輪のバラ。


 

花びらひとえのバラ、めずらしいですね。

 


つぼみ可愛らしいです。




香り馨しいことでした。

 
美世ちゃんからいただいたメッセージです。

とっても楽しかったです
娘も色々刺激を受けて楽しかったみたいで早々と寝てくれました!
久しぶりにお会いできて良かった♪
また参加させてもらいたいです(^-^)
またお会いできること楽しみにしてます!
美世


report明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月20日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

めっちゃ笑いました(^o^)
2016年6月19日

花嫁OB様達とランチ会楽しかったです。



赤ちゃんがお目覚めのうちに記念撮影しときましょね☆”




ほまれちゃんは時折、おっかしくってしかたないと大笑い。
子供の笑い声には癒しのチカラありますね。
美世ちゃん「どっちに似ても無口なはずなんだけど・・・」と。




美味しいランチいただきましょ♫•*¨*•.¸¸♪✧
きさきちゃんが食べているおせんべいは
美世ちゃんからのプレゼントです。




二人は、同級生で月齢も同じくらいです。
右手前に「ちぎりパン」のような腕 が見えますね。


この日、ただ一人の男子りょうくんも月齢が同じ
くらいなんですが、「×2」は体重あるのです。

 

一回に180mlのミルクを飲むと聞き
他のママ達「えーーー!」っとびっくり。




麻希ちゃんがお着替えさせています。
ポタポタのお腹、自分でもさわりたくなるのでしょうね。
お腹の肉つまんでいました。
この後、おむつ替えもあったのですが
0歳児用のおむつがお尻をおおいきれず「Tバック」状態となり
かっわいくって大笑いしました。




この日、一番おねえちゃんはことちゃん
雅さんのお弁当を一緒に食べるのだけど
酒呑みが好きそうなものばっか食べていました。




おちょこを持って「酒旨し!」の画。

  
花嫁様会名物「赤ちゃんトレード」



優妃さんがりょうくんダッコして
麻希ちゃんがきさきちゃんをダッコ。
りょうくんったらワンワン泣くのです。




カラダをひねってママんとこに行こうとする。
クックックー^^
こういう時、母親はたまらんですね。
体中の母性愛が煮えたぎるとでもいいましょうか。


淳ねぇも赤ちゃん達ダッコさせていただきました。



きさきちゃんは羽根のように軽くってあら天使♪




りょうくんダッコすると、、、
「離してくれよぉ~」と泣かれました。。。
ぽちゃぽちゃで、なんとも気持ちいいのです☆”

 

優妃さんからのメッセージです。

めっちゃ笑いました(^o^)
楽しかったです(*≧∀≦*)
誘っていただいてありがとうございました(*^^*)
また帰ってきたら連絡します(о´∀`о)
うちはしばらくTバックで笑いそうです(*´ω`*)


神奈川からのお越しお待ちしていますね☆”
花嫁様会report、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

すべらない御守
2016年6月18日

季節先取りの結婚式のご紹介
七十二候「鴻雁来」の頃新郎新婦様のお写真を紹介します。

 
  
直宏さん&光穂ちゃん




尾山神社さんで挙式されました。

   
晶さん&ヨウコちゃん   



白山比咩神社さんの表参道、風も清々しいことです。


NARUMIさん&KEIKOさん   



水面キラキラ光る浅野川で金澤祝言こぼしを手に。


将大郎さん&友香理さん  



少しづつ紅葉してきた和田屋さんのお庭で。


成昌さん&カオリちゃん  



水澄む浅野川の河原にて愛犬ちゃん達とフォトです。


健碁さん&まる美ちゃん   



静かに雨が降る河北門です。


洋史さん&啓恵ちゃん   



秋麗らかな武家屋敷です。


進さん&和ちゃん   



十月亭さんのお食事会で和ちゃんのお好きなお花をかざりました。


太郎さん&美世ちゃん  



町屋のお庭で秋の声を聞きます。。


美世ちゃんは、先日お嬢ちゃまのほまれちゃんと
ランチ会にご出席くださいました。



「金生堂」さんの水に浮かべる羊羹をいただきましたの。
ちょいと気取って九谷焼の器で( •ॢ◡-ॢ)-♡


お母様が手作りしてくださったわらじもいただきました。
可愛いらしいことです。



わらじは「すべらない」というお守りになるそうなのだそうです。


さて、今日は検定試験を受けにいくのでわらじ様にお伴してもらいましょう。
ちょっとキンチョーです(^_^;)
ではでは、行ってきます♫•*¨*•.¸¸♪✧。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月18日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

青梅雨に咲く四葩
2016年6月17日

耀を受けたアジサイは清々しい香りを放って
葉の緑も鮮やかなことです。



花びらに見えるのは「額」でその中の小さい四枚が
「花」であることから四葩(よひら)と言うそうです。
あと紫陽花とかいてショウカともよんでもいいそうです。
通勤時の、スマホ撮影です。




7月23日和ごころ勉強会を企画いたします。
今回は能楽堂へお能の鑑賞におでかけしましょう。


番組のご案内です。
能「龍田」
狂言「仏師」 

今回のお能のワキをつとめられる北村師は
2012年組さんの千種ちゃんの高校の先生でいらっしゃいます。
千種ちゃんは学生の頃、北村先生の指導のもと
みんなで能を演じられたそう。 
金沢の高校生ならではの経験ですね。




金澤syugenでは、石川県立能楽堂にて謡と仕舞を
取り入れた祝言を企画いたしております。


夏さん&文乃ちゃん



宝生流能楽師の佐野玄宜師が「猩々」を舞い
佐野弘宜師が地謡を披露されています。
「能舞台で結婚式前撮り 時代劇の世界のよう」というタイトルで
北國新聞さんの紙面を飾りました。


浩一郎さん&かさねさん
 


佐野玄宜師から能の歴史についてわかりやすくお話していただきました。
お二人の結婚式の模様は石川テレビさんの取材を受けて
「金沢らしさアピール 能舞台で婚礼写真を撮影」と
夕方のNEWSで放送されました。


 

さて、能鑑賞にはまずは予習をしていったほうがいいのかな
と、解説に目を通したりします。
ですが、以前 岩下尚史さん(「ホンマでっか!?TV」で注目集めた
おネエキャラの人です。はこちゃんって言ったほうがわかるのかも)が
「能は解説なんか聞かなくていいんです。
何度も繰り返して観ることで理解できるんです」とおっしゃっていましたっけ。



こちらは、岩下尚史さんの「芸者論」です。
古代の巫女にまでさかのぼって花柳界の歴史と伝統がかかれています。
花街(かがい)のこと、料亭のこと、着物や結髪、かんざしのこと
それぞれの役割や関係などなど
花柳界の歴史と伝統とともにが綴られています。
こちらは、淳子Libraryにありますので
読みたい方教えてくださいね。


和ごころ勉強会に参加してみようかなぁというかた
お問い合わせお待ちしています♫•*¨*•.¸¸♪✧
金沢出身のかたなら「中学生の時、学校から行ったことある」と
いうかたがほとんどと思われます。
経験を経た今、新たなる感動があったとしたら
なんて素敵な出逢いになることでしょうか。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月17日 カテゴリー: お知らせしたいこと, 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

かんざしの御守
2016年6月16日

2008年「梅の橋プロポーズ」のKちゃん&聡ちゃんの
お嬢様、衣千乃ちゃんのかんざしを
金澤つまみ紗衣句でオリジナルデザインしました。



椿・桃・櫻・藤・薔薇・紫陽花・撫子・桔梗・小菊・ピンポン菊・
紅葉・雪の結晶と十二ヶ月の花です。
季節先取りで早めにお花をつけてもよいし
季節違うお花を組み合わせて
「四季折々の花」っていうテーマでもOKと思われます。
どのお花を組み合わせても相性が良いようにと
「明度」は揃えました。
あと、夏に雪の結晶モチーフつけるは粋人かと。
かんざしには、あえて梅の花が入っていません。


聡ちゃんの帯飾りを梅モチーフとしました。



これで、ママとお嬢さんとさりげにティストがお揃いの装いとなります。




紫陽花と衣千乃ちゃん。
まんまるのお目目が愛らしい( •ॢ◡-ॢ)-♡


聡ちゃんからのメッセージです。

一言、感激です。
これからの衣千乃の成長が更に楽しみになりました。
一月に1つの花なんて粋すぎる。
写真落ち着いたら送りますね。




「あちゃー」とおでこたたいている風にも見えるけど
かんざしつけている衣千乃ちゃんです。

衣千乃、まだ薄毛につきピンで止められません(笑)
楽しみにとって、それまで私も使おうかな( *´艸`)



淳くん、サトウのサトちゃんと。



お兄ちゃんらしくなりました。




衣千乃ちゃん上手にアンヨできるようになったのですね。
お兄ちゃんと七五三のお写真撮られるそうです☆”


まずは、立春の頃に聡ちゃんからこういうメッセージがとどきました。

七五三、来年二人一緒にしようかなあと思っています☆

髪飾りとお揃いで私も作っちゃおうかな(*´ω`*)
希望は、御守りがわりに色々な色があるといいなあ。
七五三では、私が着た絞りの着物も着せてあげたいと思っています。

小さいの一杯、いいですね☆のりました。
デザインは淳姉さんのセンスに頼ってもいいですか?
色合いは、ホームページ見たら花友禅の雰囲気がいいなあと感じました。


「かんざしを御守りに」
母親ならではの思いですね・・・ジーン。
愛情の深さがうかがい知れます。


お二人の梅の橋プロポーズの時には感動して大泣き。。。
心から幸せを願ったものでした。


あの可愛い可愛い花嫁様が
立派なおかあさんなんだなぁと
今、感慨深い思いに包まれています。


8年お付き合いして結婚したお二人が
もうすぐご結婚されて8年。
ますますお幸せに♫•*¨*•.¸¸♪✧


2008年「梅の橋プロポーズ大作戦」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=14&cat=cat5_1

投稿者 金澤syugen : 2016年6月16日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「どぎゃんかしよう!」
2016年6月15日

熊本の大きな地震から昨日で二カ月
まだまだ心配な状況が続いているようです。
今週のNEWSで石原軍団さんの熊本での
炊き出しにジャニーズも駆け付けたと。
焼きそばを調理する木村拓哉さんや岡田准一くん
長瀬智也くんとなんと豪華でしょう(*^▽^*)。
被災地のみなさんに元気や勇気、夢や希望と
あらゆるものとどけられたことでしょう。
みなさんの「男気」カッコいいです。

 
本田圭佑クンが熊本県に1000万円を寄付されたと。
「それぞれができることを行動に」のコメントも
立派で清々しい物でした。


杉良太郎さんは「偽善と言われてもいいです。
一億二千万人全員が偽善者になったらいいんですよ」と。
かっこいいです。
さっすが、遠山の金さんだ^^!
 

昨日の朝の、熊本日日新聞「どぎゃんかしよう!」
熊本で災害にあわれた方からの投稿記事です。



最近、有名人が「募金した」と言うと
「好感度あげたいだけ」「売名行為」
「意図が見える」などとバッシングがあります。
一万歩譲って、それだっていいじゃないですか。
(決して、好感度上げるためにされたことなんて思ってないですよ^^)


紗栄子さんが「500万とび2千円」を寄付され
バッシング受けられた後のインスタグラムのコメントです。

先日の投稿でいろんな意見がありますが、
一人でも多くの人が寄付について改めて考えてくださり
行動に移してくれたらとの思いで、
批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました。

信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です。


オトコマエ!素晴らしい!
いいね×100回したいキブンです♫•*¨*•.¸¸♪✧。


「500万とび2千円」を「かっこつけて」と思うのなら
「500万とび3千円」送ったらいいのではないでしょうか。
そういう「負けず嫌い」や「意地」、悪くないですよ~♪


刺激をうけて行動起こす人がいたら
影響を及ぼすことできるその存在感ったらないわけで。

 
500万や1000万のカイショは私にはないし
ボランティアで熊本までは行けないですが
地味に支援は続けていきます。
今月もお地味ではありますが日赤さんから送りました。
「やらない善より、やる偽善」by田中聖くん(元KAT―TUN)
なかなかの名言です。


日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」ご案内します。

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

投稿者 金澤syugen : 2016年6月15日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

余韻から覚めません
2016年6月14日

今日、6月14日は前田利家公が入城された日で
金沢市民にとっては特別な日です。
「市祭の日」ということで小中学の頃は
学校がお休みになって嬉しかったものです。


秋麗らかな日、錦の屏風の玉泉園でオミさん&貴子さんです。



加賀藩前田家の重臣 脇田家の庭園は、
兼六園よりさらに古くからの歴史があります。
お庭の中の「崖(小立野台地のふもとになるのです)」が
なんとも趣きあるのです。




ご親族に金沢旅行をプレゼントされたお二人は
玉泉邸さんのお食事でおもてなしされました。
玉泉邸さんは、この度ミシュランに選ばれましたね☆”




オミさん&貴子さんは、石川のご出身ではなく
石川にお住まいされたこともないのですが
金澤神社婚と強く決めていらっしゃいました。
学問の神様、菅原道真公が祭られている神社さんゆえに
教育職のオミさん&貴子さんはひかれる想いがあったのではないでしょうか。


オミさんは金沢の歴史に詳しいのです。
広くなんでもご存知なので、私は
「前世は前田家の家老ではないか」と思っております!(^^)! 。
とにかく物知りで金沢の町中の地理にも明るいオミさんは
物腰に品格と重厚感があるのです。




今日は、思い出の宝箱からひとつ
貴子さんからいただいたメッセージです♫•*¨*•.¸¸♪✧。

なんだか、金沢の私のおねえさまって感じですもう。

いつも思うのですが、
みなさんのお式のことをすべてふくめて、
毎回とってもすてきな言葉で綴っておられますね。
言葉のセレクトがすてきなのです。

そろそろ新婚さんではなくなりますが、
未だ金城麗澤祝言の余韻から覚めません(笑)
そういう思い出を作ってくださったことに深く深く感謝です。

きゃ^^!嬉しい
貴子さん、なんと可愛いく聡明な妹ちゃまでしょう。




ウェディングドレスで記念のお写真を残されました。


今日は前田家に縁深いロケーションを選ばれた
オミさん&貴子さんの結婚式を紹介しました。
Happy Report「金城麗澤祝言」ご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=273&cat=cat2

投稿者 金澤syugen : 2016年6月14日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ラテンな家庭
2016年6月13日

トリップアドバイザー「インバウンドトレンド調査」の
結果発表のNEWSです。

外国人旅行者の関心が最も高まった都道府県をみると、
トップ3は石川県の59%茨城県、富山県
個別の観光スポットでは、石川県が兼六園がクチコミ評価点が高かった。

「宿泊施設」「観光施設」「飲食施設」という
総合評価で石川が一番だったそうです。




さて、先日 関東からみどりさんが打合せにお越しになられました。



「真貴奉」をお召しになられて
ニコッと微笑まれるみどりさん、優美です♫•*¨*•.¸¸♪✧




金箔があしらわれている豪華なお衣装です。
好きなお色が黒と緑ということで
重厚感ある雰囲気のお衣装を中心に
あれこれ試着していただきました。




ヘアメイクの打ち合わせもこなされました。
GIGIさんとのおしゃべりも楽しそうです。


国際結婚のお二人、ジェトゥリオさん&みどりさんの
出逢いはロンドンです。
スペインからのご家族に日本らしい
ロケーションと美味しいお料理を楽しんでいただきたいと
和田屋さんでのお食事会を選ばれました。
「パパとママに日本を好きになってもらいたい」と話す
みどりさん可愛らしいですねヽ( ´ー`)ノ。
すでに新郎様は、納豆とお寿司が大好きと言う和食派なのだそうです。
きっと、親御様も日本を好きになってくださることと信じています。


この日は司会者を交えての進行の打ち合わせまでこなされました。
お二人が望む暮らしは「ラテンな家庭」だそう(*^▽^*)
明るく穏やかな結婚生活でありますように。


ミシュランの星にも輝いた和田屋さんのお料理にてもてなす
情緒あふれる美しい時を創作させていただきます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「支えあおう熊本。いま心ひとつに」
2016年6月12日

熊本の地震が発生してやがて2カ月
昨日、心あたたまるNEWSがありました。

地震で被害を受けた熊本県南阿蘇村のパン屋が、
ボランティアで駆けつけた各地のパン職人の
支援を受けて、営業を再開し、
地元の人などが焼きたてのパンを買い求めに訪れました。

テレビの画面には芳ばしい香りがしそうなパンと
パンを買い求める人達の笑顔。
パンってお腹をふくらますことだけじゃないですものね
香り豊かなパンは幸せな気持ちになれます♡(´▽`)♡


また、天守閣の近くにある加藤神社への道路が通れるようになって
参拝できるようになったそうですね。
熊本城を築城した加藤清正公を祭る神社さんということで
特別な思いのある場所かとも思われます。
地元の方々が、少しづつ平穏を取り戻されていらっしゃること
なによりです。




熊本の智史さんのお母様からメッセージがとどきました。

いつも熊本に寄り添い下さりありがとうございます
地震直後は、仕事できるのか?
終息はいつ?などの不安の中、
息子夫婦の挙式のブログ拝見を通しての
メールのやり取りに、癒されていました。


本当にほんとうに嬉しかったです。
私の拙い言葉がわずかにでもお役にたてていたとは・・・・・
涙が出ました。。。。。


智史さんのご実家は「日本の伝統を守る」
お着物にかかわるお仕事をされていらっしゃいます。


「こんな時に、着物のお手入れする人いないだろうなぁ」と思いつつ、
10日目から、染み抜き店、営業再開。
お客様は来られなくとも「がんばるけん」の旗を毎日立てて、
気持ちを奮い立たせていました。
やっと多種の旗を見られるようになりました。

そして、お母様は実際に町に立てられている旗の写真を送って下さいました。

 

 





元気にはためいていますね。
この旗に勇気つけられるかたも多いことでしょう(*^▽^*)


今、地元では、
「支えあおう熊本。いま心ひとつに」


と、お母様からうかがいました。




私は、熊本産の作物を見つけたら買うということ心がけています。




可愛くて甘いトマトです。




スイカは一個は持って帰れない(自転車or歩くなのです)ので
1/6カットのを買いました。
(写真だけスーパーで撮らせていただきました)




私達も、かわらず熊本大分への応援を続けてゆきますヽ( ´ー`)ノ。
「平成28年熊本地震災害義援金」ご協力よろしくお願いします。

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/




智史さん&枝里さん「桃始笑祝言~笑顔咲く宴~」
Happy Reportご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=302&cat=

投稿者 金澤syugen : 2016年6月12日 カテゴリー: お知らせしたいこと, プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

優美な紋
2016年6月11日

素子さんから祝言の日に飾る加賀染の「花嫁のれん」がとどきました。


 
5月に中部地方の神社さんにて挙式された太郎さんと素子さんが
今月、石川にお住まいのお父様のご親族にお披露目の会をされるのです。

 
ご親族様がNHK NEWSにて放送された
北陸新幹線で増加 県外からの結婚式」
ご覧になられて「こんな結婚式ができるの^^?」と
大変ご興味を持ってくださったことから
お二人は、金沢ならではの婚礼のならわしの再現を望まれました。
そこで、「ご親族に花嫁のれんをお持ちの方、
いらっしゃいませんか?」とうかがいました。
すると、叔母様がお持ちでいらっしゃいました。



大変めずらしい紋です。
「牡丹」の紋があるのですが、こんな風に花びらは
ひらいてはいないのです。


素子さんからのメッセージです。

家紋は、おばさんの実家の物みたいですが、
名前が分からないそうです。
おばさんの実家は白峰のお寺で、
家紋は奈良県のお寺のものをもらったみたいな話があるそうです。
のれんは、お嫁にきたおばさんのために、
おばあちゃんが用意したものみたいです。

なんと優しいお祖母様でしょう。


家紋カタログで調べたのですが
こちらの紋はありませんでした。
家紋は2万以上あるのだとか。

家紋は元来、公家では輿車に、
武士では旗、幕、盾、武具に用いていたもので、
家紋の普及につれ、衣服にも使われる様になったものが由来です。


太平の続く元禄期になると、装飾的な面が強調され、
家紋の形も優美になり、用途も衣服だけでなく広範多岐に渡って一挙に拡大し、
苗字を持つ事が許されなかった時代においても家紋の使用は認められていたため、
特に江戸幕府以降に大きくデザインが進歩しました。


この紋は、女性らしいデザインに家紋をアレンジされた
「女紋」のようでもあります。
「女紋」は、お花や蝶や植物、動物といった愛らしいモチーフや
その組み合わせで自由にデザインされたものです。
お洒落紋や華紋、刺繍が施された加賀紋と
紋のアレンジは、なんと繊細なことでしょう。


祝言の日は、ご親族のみなさんがひがし茶屋街を花嫁道中で
十月亭さんへとお運びになられます。
幕末の館の町屋を婚家に見立てまして
お水合わせの儀のご案内
そして、花嫁のれんをくぐられます。
宴の中では、挙式の模様を十月亭さんの生成り色のふすまに
映し出すという演出もいたします。
太郎さん&素子さんの伝統と文化の薫り高い祝言を創作させていただきます。


(※)「おはよう日本」「BS列島ニュース」のテレビNEWS
「北陸新幹線で増加 県外からの結婚式」映像はこちらでもご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=myEvQsrDwe8

投稿者 金澤syugen : 2016年6月11日 カテゴリー: 創作祝言, 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「緑の毒」
2016年6月10日

桐野夏生さんの「緑の毒」おもしろかったです!
一気読みしました。
「緑の毒」っていうのはシェイクスピアの
「オセロ」にある「嫉妬の比喩」なのだそうです。
小説は「嫉妬心と劣等感」の感情がえがかれています。



14章ごとに主人公が変わるのですが
その章の初めにフルネームとプロフィール紹介もあって
わかりやすかったです。




視点が変わってアタマ使わなきゃって思うのは
東野圭吾さんの作品です。
東野作品は、まあまあそこそこちょいちょい読んでいるのですが
その中でも一番アタマ使った(気がする)のは
「犯人のいない殺人の夜」です。



『私、ボク、オレ、わたし』で
察しなくてはいけません。
短編なので楽に読めます、オススメです。
淳ねぇlibraryにあります。
読みたいかた言ってね。
あ、感想も聞かせてください(*^▽^*)。




さて、桐野夏生さんは、金沢市生まれでいらっしゃいます。
3歳で転出されたそうですがプロフィールが必ず
「金沢生まれ」から始まっているので
金沢に特別な思いがあるようです。
 

桐野夏生さんの作品、他にも読んだことあるのですが
「衝撃」「毒」「刺激」「邪悪」「陰湿」と
いったものがえがかれています。
「奴隷小説」は、残虐過ぎて怖かったです
(妊婦さんは絶対に読んではだめです)。
桐野夏生さんの作品の中で「ジオラマ」と
「作家志望」が読みやすくおもしろかったです。




色んなことにふくらませられる読書は楽しい
やはり紙に印刷された書物が好きです。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月10日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

雷乃収声から蟄虫坏戸
2016年6月9日

季節先取りの結婚式のご案内は72節季
雷乃収声」と「蟄虫坏戸」の
結婚式を新郎新婦様のお写真でご紹介します。



勇史さん&piroちゃん



雷乃収声(
かみなりすなわちこえをおさむ)というのは

夏の間に鳴り響いた雷が収まる頃で
空にはもこもことした鱗雲があらわれます。


まさに、もこもこな鱗雲の空です☆”


健治さん&香代ちゃん



宇多須神社さんで挙式後、
東茶屋街&武家屋敷にてウェディングフォトをされました。


エイジさん&サトコさん



世界の美しい駅に選ばれた金沢駅の鼓門にて
ウェディングドレスのお姿で前撮りされました。


俊文さん&淑さん



ミシュランに選ばれた杉の井さんのお玄関です。
お庭には金魚が泳いでいます。


俊さん&よっちゃん



宇多須神社さん挙式&十月亭さんお食事会をされました。
十月亭さんのお料理プロデュースはミシュランに
選ばれた日本料理の銭屋さんです。


ユースケさん&美幸さん



和田屋さんでご親族とのお食事会をされました。
和田屋さんもミシュランの星を獲得されましたね。


暖さん&小百合ちゃん



石川門にて。
暖さん&小百合ちゃんとKちゃん&聡ちゃんは
「金沢らしい結婚式」としてテレビ取材を受けました。


Kちゃん&聡ちゃん



梅の橋にて。
番組の中でKちゃんが聡ちゃんに心のこもった言葉と
指輪を贈ったプロポーズのシーンも放送されました。


蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)は

外で活動していた虫たちが冬ごもりの支度をはじめる頃。
虫たちは秋冬が終わるのを、約半年間も土の中で静かに待ちます。


5日ごとにくぎられた72侯は、季節のうつろいや
動植物の変化を知らせる言葉が詩的に綴られています。
なんと繊細な美意識でしょう。


ますます、金澤和婚が注目され
秋の結婚式のお問い合わせをいただいております。
金澤syugenにはパッケージの商品はありません。
美味しいお料理でおもてなしをする
和やかな祝言をいかようにも編集いたします。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

それぞれの影を伴う灯り達
2016年6月8日

金澤syugen和ごころ勉強会
「加賀友禅燈ろう流しの段」のお話の三日目です。
灯籠流しを体験できたあと、ゆったぁ~りぃと
お祭りを楽しみました。



穏やかな浅野川にゆらゆらと流れる無数の灯籠は幻想的です。




浅野川大橋が水鏡に「めがね橋」となって
水の中にそれぞれの影を伴う灯り達が
その中をくぐりゆきます。




やりとげた感いっぱいの私達、
何がおかしかったんか河原でずっと笑っていました。
ミカリンに赤く光る星を「あれが火星」と
教えてあげたり♫•*¨*•.¸¸♪✧




灯籠の明り見つめる淳子をミカリンが激写してくれました。




中の橋は浅野川大橋よりひとつ下流にかかる橋で、
泉鏡花の「化鳥」「照葉狂言」の舞台となっています。
その昔は、この橋を渡るごとに一文を払ったそうで
別名「一文橋」とも言います。




中の橋を渡って主計町にあるユキリコフちゃん行きつけのバーに。
お店の入る淳子をユキリコフちゃんが一眼レフで激写。




百年前に建てられた町家さんの細くて急な階段を登ります。


ユキリコフちゃんのダーリンのいっちゃんも
お仕事帰りにかけつけてくださいまして一緒に乾杯☆”



ピザのウニ様バージョンと
カラスミ様バージョンいただきました。
チーズが芳ばしくってたまらんかったです。




グラスを愛でるムッチ。
車なのでノンアルコールカクテルです。
ごめんね、ムッチ
ムッチのぶんまで酔っちゃうよ~♪




はしゃぐミカリン、夜も更けてお酒も入って
ますますおでこがピッカピカでかいらしいわー。


新郎新婦OB様や業者さん(ミカリンは卒業組)とも交流できて
こんな風に集えるのって楽しいなぁ。
夏は和ごころ勉強会で宝生流の能に行きたいと考えています。
浴衣の季節は着物の入門にはよい機会、
浴衣でおでましされませんか。
追って、BLOGにてご案内しますね(*^▽^*)。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月8日 カテゴリー: めしませ着物, 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

眩い光が小刻みに舞い
2016年6月7日

昨日に続いて金澤syugen和ごころ勉強会
「加賀友禅燈ろう流しの段」のお話です。
今年は灯籠を流す体験ができて幸せでした。



ミカリンとムッチの浴衣チームが灯籠を流します。




続いて夏着物チームです。
灯ろう流しを終えたムッチが報道班になっています。
ユキリコフちゃんの灯籠のほうが大きい。。。




可愛らしい橘の花が描かれている灯籠でした。
て、手がこれ以上、、、の、のばせない、、、、




おじさんが引きとってくださいました。




ユキリコフちゃん、流し終えて満足満足。




ミカリン越しの左の白いジャケットを羽織られた紳士が
金澤syugenのお着付けの先生、鶴ママのダーリン
いつもにこやかおしゃれさんな鶴パパです。
足元の悪い河原でのカメラマンを快く引き受けてくださいました。




あらムッチ素敵やじぃ♪
「灯籠のお花畑や♫•*¨*•.¸¸♪✧」と彦麻呂風に言ってみました。




涼やかな川風の中、眩い光が小刻みに舞います。
左から、淳ねぇ女将は袋帯で変わり結び結び
ミカリンは若さあふれる半幅蝶結びのアレンジ
ユキリコフちゃんは正統派のお太鼓です。

 

 
気まぐれな夜風に揺れるかがり火も幽玄なことです。


加賀友禅に携わった故人の霊を慰め、
水供養と加賀友禅の繁栄を願う「加賀友禅燈ろう流し」
今年は熊本地震で犠牲になったかたの追悼や
復興への願いがこめられたメッセージもありました。
私達も祈りの想いをこめて参加させていただきました。


さて、この模様はNHKBSプレミアムの取材ありまして
「金沢をめぐる水紀行。水の郷 金沢」として
「発見!体感! 水紀行」が7月29日(金)に放送されるそうです。
夜9時からの放送です。
みなさん、ご覧くださいますように。


reportは、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月7日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金沢の風情ある祭
2016年6月6日

2013年組さんの花嫁OB様のユキリコフちゃんから
お誘いいただいて加賀友禅燈ろう流しに行って来ました☆”



みんなでおめかししてお祭りです☆”
東山の公園前でポーズとってもらいました。
ユキリコフちゃんは、下村利明さんが描かれた
加賀友禅のお着物に流水の帯です。




ムッチとミカリンは浴衣女子♫•*¨*•.¸¸♪✧
金澤syugenホムペ業者さんのご担当だったミカリンは
脱サラされ自然栽培でお野菜やお米を作る
おでこの可愛いお百姓さんです。




ローソクの他にかがり火もあって、
川岸には消防車が待機です。
最近、何かと「はたらく車」好きです。




浴衣姿の可愛らしい二人を撮影する淳子
そんな淳子をユキリコフちゃんが激写^^。




太鼓がセッテングされていて
もうすぐ祭が始まる感じいっぱいドキドキワクワク♫•*¨*•.¸¸♪✧。




真紀ちゃんファミリー発見☆”
この日、真紀ちゃんはミス加賀友禅の取材の
サポートをされるそうで
ダーリン様は報道班です。
おちびたんはパパママのお手伝い^^可愛らしいですね、
あ、来月にはお姉ちゃんになります(*^▽^*)!
ダーリンは「淳子さんの写真、撮りますよぉ!」と
鼻の穴ふくらませていらっしゃいました。




ずっとはしゃいでは笑っていましたの、私達。




これから流される灯籠、きれいですね。
美大生さんとかもお手伝いされて描かれるそうです。


「燈ろう流し」が金沢のお祭りで一番好きです。
加賀藩の領地の中で能登や加賀、越中には歴史あるお祭りが
多くあるのだけど金沢に古くからのお祭りがないのは
徳川家に目をつけられないためだったのだとか。
百万石まつりも戦後からのお祭りです。




太鼓の音で祭りが始まりました。
水供養のお祭りでもあるので、水紋柄の単衣のお着物に
「涼を感じていただこう」と雪輪柄の染めの帯を選びました。
団扇モチーフのつまみ細工かんざしと
薔薇モチーフの水引かんざしです。


今年は燈ろうを流す体験できたのです☆”
reportは明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月6日 カテゴリー: めしませ着物, 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鴛鴦之契
2016年6月5日

この秋に祝言をされます法大さん&美穂さんの
お衣装合わせがありました。



白無垢を召されたお嬢様のお姿を
ご両親が見守っていらっしゃいます。
 

 

お陽さまみたいな笑顔の可愛らしい美穂さん
おしどり柄の優しいお色のお衣装が
とてもよくお似合いでいらっしゃいます。

 
「鴛鴦之契~えんおうのちぎり~」
(読めても書けはしませんが^^;)
「鴛」は雄のおしどり、「鴦」は雌のおしどりのことで
いつも一緒にいる仲の良い夫婦のことだそうです。


お二人は世界各地(初デートはケープタウンですって♡)
でデートをされたことがあって
「シマウマ」「ダチョウ」「ワニ」を召しあがったことがあるそう。
あと、なんと!花嫁様はウミガメをさばけるのだそうです(@_@) 。




お二人からいただいたPACIFIC VENUSのお菓子さん
世界の美しい風景の個包装されている
市松模様が嬉しい☆”
チョコを食べて豪華客船で世界一周したキブン♫•*¨*•.¸¸♪✧
 

美穂さんは、2012年組さんの春菜ちゃんのお友達で
その頃は、まだ法大さんと恋が始まる前だったということですが
「なんて素敵な結婚式!」「いつか結婚する時はこんな結婚式がしたい!」と
願っていらっしゃったそうです。
このお話をうかがった時、とてもとても嬉しかったです(*^▽^*)。


お二人は、金澤神社婚をお選びになられました。
境内には鴨や白鳥がいて
野鳥も降り立ってきますので動物が好きなお二人が
ハレの日を迎えるのにふさわしい舞台になるかと思われます。


お二人のお友達、文也さん&春菜ちゃんの宇多須神社さん&十月亭さん
「金華糖祝言」 Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=235&cat=cat1

投稿者 金澤syugen : 2016年6月5日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「枝垂桜祝言」
2016年6月4日

街は「百万石まつり」で大変なにぎわいです。
昨日は、金澤神社さんの宮司さんが兼六園の
金城霊沢の霊水をくみ上げられる「お水とりの儀式」がありました。
装束をめされた神職さんが唐櫃におさめられた霊水を
鳥居をくぐられて神殿へと運ぶ儀式は、なんとも美しい光景でした。




金澤神社さんと成巽閣、そして白鳥路と金沢らしい
街並みでロケーションフォトをされた
徹也さん&麗子さん「枝垂桜祝言」がHappy Reportにご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=301&cat=cat5_1




幸せを祈るお姿が美しいことです。




朱赤の慶賀鳥居は、なんとも抒情的です。




白鳥路は枝垂れ桜が満開でした。




照れながらポーズとるお二人が可愛らしいですね。
たおやかに微笑む麗子さん、お綺麗でした。

 
金澤神社さんの朱色の神門やしだれ桜も
風情あることです。
Happy Reportご覧くださいますように。




くみ上げられた金城霊沢の霊水は、
今日明日と金沢市内のお茶室にて催される
百万石茶会の会場へと運ばれたそうです。
百万石茶会はお手前を知らなくても
何もご用意がなくても
参加できますのでお時間あるかたは、
霊水で点てるお茶を召しあがりに
お出かけされてはいかがでしょうか。
由緒あるお茶室やお道具もみられて
雅な金沢を体感できます。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月4日 カテゴリー: 創作祝言, 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

城への想い
2016年6月3日

今日から、「金沢百万石まつり」ですね。
加賀藩祖 前田利家公が金沢城に入られた6月14日は
私が子供の頃には「市祭の日」ということで学校がお休みでした。
6月14日の日付は尾山神社誌にかかれているそうです。


季節先取りの結婚式の紹介は72節季
鶺鴒鳴から玄鳥去の頃の新郎新婦様のお写真でご案内します。


洋介さん&幸枝さん



尾山神社さんで撮影されました。


りょうさん&くにこさん



耀降りそそぐ宇多須神社さんの境内で。


大ちゃん&さっちゃん



おまっちょろさんに手をひかれてひがし茶屋街を
花嫁道中で十月亭さんへとお運びになられました。


隆弘さん&恵子さん



料亭さんのお玄関で「お水合わせ」をされました。


裕一郎さん&知江ちゃん



和田屋さんでご親族との宴、ご友人とはひがし茶屋街のビストロと
二部構成の結婚式でした。


マーチンさん&恵里ちゃん



石浦神社さんから花嫁道中で兼六園の坂を歩まれます。


一郎さん&愛さん



関東からお越しになられて白山比咩神社さんで挙式されました。


功央さん&昌代ちゃん



大阪の花嫁様は、花嫁のれんをくぐられてご披露宴会場へ入場されました。



武ちゃん&裕美ちゃん



地元のお城には特別な思いがあります。
石川門でロケーションフォトされたお二人、
誇らしげな表情もよいのです。


熊本城のライトアップが再開されたNEWSをテレビで見ました。
雄々しく美しいことです。
地元の方々が喜ぶ姿に感動しました。
熊本の方々にとって熊本城と加藤清正公は、
特別なことなのだそうです。
これから、熊本城のライトアップが被害に遭われた方々を
励ましてくれることと思います。


秋のご婚礼のご予約がうけたまれます。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月3日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

綺羅星の如く
2016年6月2日

昨日は「おついたち詣り」でした。



苔茂る手水舎に清らかなお水が滾々と。




竹落葉で作られた可愛いカマキリさんが涼を誘います。
ピョンピョン跳ねそう(*^▽^*)




新緑美しい宇多須さんの境内は清々しいことですね。




ボーダー柄シマシマなムッチ。




うずまき柄マキマキな淳ねぇ女将。



さて、ここ最近南の空に赤く光っている火星が目立っています。
2年2カ月ぶりの「大接近」なんだそうで
まさに「綺羅星の如く」な耀の放ちかたなのです。
昨夜は「夏闇」、この時期らしく夜空が厚い雲に
覆われていて星は見えませんでした。




さてさて、星繋がりです。
「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016 特別版」が
明日、発売されるそうで金澤syugenがこれまで結婚式を
企画させていただいた「銭屋」さん「和田屋」さん
「玉泉邸」さん「つば甚」さん「杉の井」さんが
選ばれていらっしゃいました。
「十月亭」さんの前の料理長さんのお店
「小松」さんも選ばれていらっしゃいます。
おめでとうございます☆”☆”☆”



銭屋さんプロデュースのお料理でおもてなしする
十月亭さんでの結婚式は金澤syugenが
プロデュースさせていただいております。
幕末に建てられた150年の歴史、風格ある館を
婚家に見立てての「金澤町屋和婚」は抒情的な宴です。

どうぞ、金澤syugenまでお気軽にお問い合わせくださいませ。




今夜は、明るく輝く星観れるかしら。
夜空に真っ赤な炎のように光る星はなんとも神秘的です。


追記
私が個人的に好きなお店もミシュランに何軒か選ばれていて
「予約とれなくなるのかしらん」と心配に。
「(お気に入りの店は)そうっとしといて欲しかったなぁ」と
言うのがちょっぴりホンネだったりもします。

投稿者 金澤syugen : 2016年6月2日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

大人恋愛塾と
2016年6月1日

あの「東京ラブストーリ」の紫門ふみさんのエッセイ
「大人恋愛塾」を、くっくっくと笑いながら読みました。 



「こんなヒトいる」
「あ、こうパターンあるよね」から
「へぇー、そういうカンケーってあるんだ」
「ふうむ、そういう考え方ねぇ」まで。


ご自身を日本を少子化から救う「一人NPO」と言い

恋愛に必要なのは知性のつり合いではなく、獣性のつり合いなのだ。

大笑い!
獣性って(*^▽^*)


現代社会の少子化については

母親が熱い愛情を注ぎ過ぎ
息子を愛しすぎる母親が、草食男子を出現させたのかも。


うん、あるかも知れない。


けどけど、太古の昔から母親は我が子のこと
先回りして心配しちゃうものではないかしら。
武田鉄矢さんも言ってた。
「『親』という字が『木の上に立って見る』とかくのは
子供の心配をした親が見渡しのいい高い所に登って帰ってくるのを待った」と。


いつの世も子供のことが可愛くて心配でたまらない
それが親なんだと思います。


紫門さんは、少子化でもって1人に全エナジーが
そそがれるってことも問題と。
確かに。。。。。
「だけどだけど、可愛いんだもーん」
これ私のホンネ。




さて、結婚式の準備段階では
新郎新婦様と親御様との意見があわないこともあります。
親御様は「心配」
新郎新婦様は「なんで理解してくれない」と。
そういう場合にもプロデュース会社が
緩衝材的役割をはたせられたらと願っています。


結婚式は親孝行の一環とも思われます。
親御様にも喜んでいただける祝言を整え
そして、親御様に感謝の想いをキチンと伝えましょう。
金澤syugenが心をこめてお手伝い、創作させていただきます。


 

追記
いつも何かとお世話になっている
金澤syugenのお着付けの先生の鶴ママが
「免疫つけなさい^^」と有機栽培の完熟トマトを
とどけてくださいました。



畑で熟した芳しきトマト様はずっしりでホント真っ赤です。
甘く美味しいトマト様のリコピンが五臓六腑に行き渡り
カラダによいことしている感じ(o^∇^o)ノ
ママの愛情をいただいています♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年6月1日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ