金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
祝ワールドカップ初戦勝利
2018年6月20日

昨日は私、テレビっ子でした。
ドラエモンのグーの手でエール送り
ゴールが決まるとパチパチ手をたたいてと
騒々しいことで、初戦勝利は嬉しくてちょっぴり泣いちゃいました。


今日発売のclubismに和穂さん&友佳さんの
結婚式が紹介されました。



安宅住吉さんで挙式されました。
白無垢のお姿が清楚でお美しいことです。




友佳さんのお父様から大切なお嬢様をたくされました。




青海波の中を飛ぶ二兎の兎をデザインした
オリジナル彩羊羹にトッピングです。




波兎デザインのオリジナルこも樽で鏡開きです。




甥っ子様のレオンくんに絵本やおもちゃをプレゼントされました。
まー可愛いおちびたんでした。


「波兎祝言」Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=334&cat=

2018年6月20日 カテゴリー: オリジナル和婚プロデユース | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「Tomorrow is another day」
2018年6月19日

金澤syugen近くの薔薇園で今、豪勢に花咲いています。







お陽様に燦燦と降り注がれてお花も気持ち良さそうです。


ある日の午後は私以外だれもいなくて「ウチのお庭」気分で歩きました。











庭全体がどこからも切り離された異世界のようでした。


夕昏時の薔薇園がとても好きです。







空がオレンジより紫の色が濃くなる頃です。


ふくよかな薫りにつつまれて「風と共に去りぬ」の
エンディングを口ずさみたくなります。



スカーレット・オハラの「明日は明日の風が吹くわ」
というセリフが好きです。
明日になれば、きっと良くなると信じましょうと
前向きになるスカーレットは逞しくカッコいい女性に成長していました。


良き方向に向かいますように。
皆様の平安を心から祈ります。

2018年6月19日 カテゴリー: 金沢ちょこっと散歩と花ごよみ | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

高砂に鎮座まします
2018年6月18日

創作ウェディングのシーンのページの
ヘッダーに達也さん&沙希ちゃんの
金澤祝言花手毬こぼしが登場です。

 



祝言の日は高砂のお席に鎮座ましました。

 

金澤祝言花手毬こぼしは婚礼衣装柄の
特徴を絹糸の刺繍で表現します。





花嫁様沙希ちゃんのモダンな
お打掛の絵柄が描かれています。

 





達也さんの黒紋付の手毬には
ご家族の幸福と健康を祈って
幾何学模様を描き
お二人が柴犬大好きということで
柴犬のシルエットも刺繍しました。

 

達也さん&沙希ちゃんのHappy Reportも
ご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=329&cat

2018年6月18日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「京洛の森のアリス」
2018年6月17日

望月麻衣さんのファンタジー小説
「京洛の森のアリス」は哲学的でもあるのです。



本好きの主人公が天職を探すお話で
いろんな童話が出てきます。


私が幼い頃、好きだった絵本は
「カエルの王子様」です^^。
一番印象に残っている絵本は
「泣いた赤鬼」で悲しい結末では
子供心にも理不尽さを感じたのを覚えています。
心根優しい赤鬼と青鬼が
可哀想すぎて小二の私は大泣きしました。
なんなら「せつない」という感情を
初めて知った時かもしれません。


「京洛の森のアリス」は糺すの森が
京洛(パラレルワールド)への入口で
そこは、自分を偽らないで
生きることこそが大切とされる世界です。

禍々しいもの注目すると引きずり込まれて、自分の波動も下がる

と語られる時はなるほどって思えました。


楽しんで仕事をすること
人から必要とされることで
望んだ姿になれるというおとぎ話の
読後感はすがすがしいものでした。
軽い読み物がほしい時に良いですね、
けっこうオススメです。

2018年6月17日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

緑の薫りがする風
2018年6月16日

Happy Reportに挙式サポートをさせていただいた俊介さん&美紀さん登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=333&cat=


挙式前に兼六園でお写真撮りをされました。



雪が残っていたのですが陽射しは春の穏やかさでした。




成巽閣のなまこ壁では、物語のようなお写真を撮影しました。




緑に囲まれた神殿で厳かな式が執り行われました。




挙式後も、野生の鳥もいるのどかな境内で
お写真を楽しまれました。
芽吹いたばかりの緑の薫りがする風が
さわさわと樹々の間を吹き抜けてゆきます。


金澤神社さんは、赤レンガのレキハクや
県立美術館、能楽堂、成巽閣も徒歩圏内にあります。
挙式とともに金沢らしい上品な町並みでのお写真撮りもオススメです。

2018年6月16日 カテゴリー: オリジナル和婚プロデユース | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

豊かなチカラがフツフツ
2018年6月15日

ひなちゃんが遊びに来てくださいました☆”



ママのお膝でスーパーアイドルな笑顔( •ॢ◡-ॢ)-♡




おばあちゃま(お若いから、なんだか
しっくりはきません^^;)とご一緒です。




よく笑って愛らしいことです。


百日詣りのアルバムを見せていただき
パパママの親御様達もご一緒の
ご家族写真にほっこりしました。


抱っこさせていただきましたの。



羽根みたいにフワフワ♫•*¨*•.¸¸♪✧
ホント天使です☆”
赤ちゃんのあまい香りがします。
ふんわりと幸せに包まれ新鮮エナジーチャ-ジ!
豊かなチカラがフツフツわいてくるようです。




おしゃれなお菓子さんをいただきました。




嬉しそうだ!ムッチ(*^▽^*)


金澤syugenでは、七五三や
お宮参りなどお子様のご成長の
お写真もたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018年6月15日 カテゴリー: happiness☆卒業花婿花嫁様 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

梅鉢紋
2018年6月14日

今日6月14日は、前田利家公が金沢城に入城された日です。



先日、尾山神社さん散策の折、スマホで撮りました。




神門には梅鉢紋です。




金箔の兜です。
全身金箔押しの甲冑でのぞんだ合戦もあるそうです。




背中のまあるいのは矢をよける
母衣と言って馬で駆けると風で膨らむそうです。


梅鉢は学問の神様の菅原道真公の家紋です。
利家公は、道真公はご先祖様であると自称していて
菅原家の紋にかえたのだという説があります。


梅の花は葵より高い所に咲く
と、いうことで徳川家の葵の紋を
意識してとも言われています。
徳川家に武力ではなく文化で勝ちたいと
願った前田家ならではのエピソードです。

2018年6月14日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

働く車と躑躅
2018年6月13日

6月だというのに北海道では今日、雪が降ったそうですね。
金沢も涼しく過ごしやすい日です。




毎年、泉野出町の消防署の躑躅を楽しみにしています。
働く車の赤と躑躅のピンクのコントラスが鮮やかなことです。


季節先取りの祝言、今日は水沢腹堅の頃の
結婚式やウエディングフォトのお写真を紹介します。


宇多須神社さんにて忠史さん&史歩理さん



あたたかく厳かな挙式が執り行われました。


幕末の館、十月亭さんのお座敷にて良典さん&美知留さん



前撮りでは、大振袖をめされました。


21世紀美術館にて章良さん&真弓ちゃん



和婚式は和装ですので
前撮りでは洋装スタイルです。


武家屋敷にてクマちゃん&弘衣ちゃん



桜の頃、石浦神社さん挙式&料亭ウェディングのお二人は
雪の季節に武家屋敷や東茶屋街で撮影されました。


東茶屋街にて次郎さん&琴ちゃん



名古屋にてホテル婚のお二人が
金沢での和装でのロケーションフォトをされました。


能楽堂にて浩一郎さん&かさねさん



ご近所の方々も仕舞や謡の鑑賞をされました。



雪解けから芽吹きへ向けてゆっくりと移り変わっていく
この季節は、もっとも金沢らしい風情のある時です。

2018年6月13日 カテゴリー: オリジナル和婚プロデユース | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

蝶ネクタイの紳士くん
2018年6月12日

2008年組さんの武ちゃん&裕美ちゃん
ファミリーが遊びに来てくださいました。



長男の直都くんが大事に抱っこしているのは
三男の晃都くんです☆”
裕美ちゃんからボク達への
「淳子ねーさんってよぶんやぞ。
淳子おばちゃんとか言ったら怒られっしね」の
レクチャーに笑ったわらった。




ニューフェイスくんかっわいいー!




蝶ネクタイの紳士くん、
抱っこさせていただきました☆”
あ~、幸せ♫•*¨*•.¸¸♪✧
真新しいエナジーチャ-ジ!
お兄ちゃん達も赤ちゃんの時
抱っこさせてもらったもんね~




そのお兄ちゃん達のやんちゃっぷりがなかなかでした。



兄弟漫才はじまりそうな勢いです。
寛都くんのトークは切れ味良かったよ^^




武ちゃん&裕美ちゃんは
今年10年目を迎え錫婚式ですね。
裕美ちゃんは、ワンパク盛りの
お子様の子育てしてるんだけど
いきいきしててキレイだなぁって感じました。
この日、一番お行儀よく大人しかったのは
武ちゃんパパでした(^_^;)


赤ちゃんが生まれる度に
抱っこさせていただけて
ぁあ、幸せだったらありゃしない
人生のご褒美のような時間でした。

2018年6月12日 カテゴリー: happiness☆卒業花婿花嫁様 | 1件のコメント »

1件のコメント

  1. ムッチ より:

    武ちゃん&裕美ちゃん
    晃都くんのご誕生おめでとうございます☆

    笑顔がキュート^^
    ランチ会で一緒に遊んでもらった直都くんと寛都くん、
    背が高くなって、頼もしいお兄ちゃんですね。
    ご兄弟仲良く、元気いっぱいご成長されますように☆☆

コメントをどうぞ

「ヨーコさんの言葉 」「私の息子はサルだった」
2018年6月11日

大人の絵本となったNHKの「ヨーコさんの言葉」に出会いました。



「100万回生きたねこ」の作者の佐野洋子さんです。


猫の章で、ワンちゃんの健気さと比べています。
【犬はこれが今生の別れかと
思うほどの悲しげな目付きをする】
で、帰ってくると
【(犬は)南極から生き返った人を迎えるように嬉しがる】


ウチにいた猫ちゃんは外出時の
見送りこそなかったけど
帰宅して鍵穴に鍵をさしこもうとすると
ミャーミャーと甘えた鳴き声で大騒ぎをしました。
廊下の向こうの部屋にいて
物音も立ててないのに毎回気付いてくれました。
で、部屋に入ってゆくと
「待ってたよぉー」とせわしなく
嬉しくて仕方ないよと
まとわりついてきました。
いつもはそんなじゃないのにね。
こういう時、もう可愛くってかわいくって
赤ちゃん言葉で話しかけていました。
猫も健気だと思います( •ॢ◡-ॢ)-♡。




「私の息子はサルだった」 は
ケンくんの思春期の頃までが描かれています。



モデルであろう御子息から
やめてほしいと申し出があって
このシリーズは終わったそうです。


ウチの坊主が中学生になった頃
コーヒーショップで勉強することが
背伸びのあかしだったようです。
だけど、帰ってくると毎回
「コーヒー飲むとドキドキして
初恋みたいな気持になる」
と、苦しがっていました。
だったら、紅茶にしたらいいのにね。
それでもカッコつけて無理して
コーヒーを飲み続けていたようです。
子供の成長の記憶はいつの時も愛おしいものです。

2018年6月11日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ