金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
楽しみながら準備です☆”
2017年8月14日

来月、白山比咩神社さん&和田屋さんにて
和婚式の奈々ちゃんのヘアメイク打合せがありました。
お花が大好きな奈々ちゃん、この日も
愛らしい花柄のワンピースをおめしでした。



ツベツベの肌にお化粧されると
キラキラ度がまします☆”
可愛らしいですね( •ॢ◡-ॢ)-♡
洋花が描かれた秋山章作のお打掛を
めされますので、お衣装の絵柄にある
胡蝶蘭や紫蘭のアーテシャルフラワーをお髪に飾りました。


この日は、ピンポン菊モチーフの
ミニこも樽が仕上がってのご対面です。



「可愛い♫•*¨*•.¸」と喜んでくださって
さっそくスマホで撮って海外に留学中の
勇多さんに画像を送られました(*^▽^*)。




続いては、お母様(左のおかた)と先日の洋装
前撮りのデーターをご覧になられました。

 
勇多さん&奈々さん「ローズポーセリン」
ウェディングフォトはHappy Reportでもご覧いただけます。 

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=319&cat=cat5_2


今週は、お花の打合せがあります☆”
ご披露宴の直前にはアイシングクッキー作りも( •ॢ◡-ॢ)-♡
只今、奈々ちゃん楽しみながらおもてなしの
結婚式の準備中です☆”

投稿者 金澤syugen : 2017年8月14日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「黒い結婚 白い結婚 」
2017年8月13日

お盆ですね、可愛らしいキリコを見つけました。



友禅風の蓮の絵柄も鮮やかなミニのキリコちゃんです。
お墓にこういう灯ろうがあるとなごみますね。



「結婚は墓場か、楽園か」というサブタイトルの
七人の作家によるアンソロジー両A面の
「黒い結婚 白い結婚 」を読みました。
半分くらいのところで活字が
逆さまになっていて製本ミスかとびっくりしたら
ああ、白い結婚は裏から始まるんだねでした。




黒い結婚から読みました。
深沢 潮さんの「かっぱーん」は
現実にこういうことがあるんじゃないかしらと
うすら寒くなりました。


そして、白い結婚へと。



成田 名瑠子さんの「いつか、二人で。」が
大いに泣けました。
七つのお話が綴られているのですが
この作品だけ読めたら十分っていうくらい満足でした。


主人公に我が子が生まれ父親になった瞬間に

二人の姿を目にした瞬間、胸がいっぱいになった。
この二人を、何に代えても守ろう。
この二人のために、私は生まれてきたのだ。
そんなことまで思ったけれど、
それでもこの時の感動には言葉が追いついていない気がした。

今、文字を入力していても泣けてきます。


長い夫婦の暮らしの中での大きな困難の日々を

いい時の記憶はやわらかで霞むようなのに、
あの頃の野ざらしの日々のほうが、
澄んだ空気の中で見るように、くっきりと浮かび上がってくる。


そして、

あの冬を越えたあとの桜は、
その後に訪れたどんな春の桜より、
際だって色づいていた。
間に何があっても、最後に笑えたら、
それがきっと答えなのだ。
私たちは、細い糸のような可能性をたどり、
今日という日を迎えた。
人生は彩りにあふれ、どの景色も贈りもののように美しかった。

読後、なんとも優しい気持ちになれます。
辛いことがあってもきっと
報われる日が訪れるんだって思えました。


アンソロジーとは、「異なる作者による
詩文の作品集」ということですが
「いつか、二人で。」は、風や光を
感じることができる詩のように美しいお話でした。


結婚は墓場か、楽園か
黒い結婚から読むか、白い結婚から読むか。
オススメのは黒から白へです(^O^☆♪。


金澤syugenはお盆も変わらず
営業いたしておりますのでお気軽に
お問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2017年8月13日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ