金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
祝劇団四季65年
2018年7月13日

劇団四季が明日で65歳なのだそうです。
私が初めて四季のお芝居を観たのは
京都劇場での「美女と野獣」でした。
歌唱力に圧倒され感動しました。


横浜にあったキヤノン・キャッツ・シアターに
行った時の写真です。







階段の文字は出演の猫の名前です。
この日、男前の猫ミストフェリーズと
握手できたもんね♫•*¨*•.¸¸♪✧。


金沢公演「クレイジー・フォー・
ユー」では、金沢出身の加藤敬二さんが
とにかくカッコよかったです。


同じく金沢公演で「ジーザス・
クライスト=スーパースター」を
観たあとは、しばらく「ジーザス・
クライスト♫•*¨*•.¸¸♪✧」の
フレーズが耳から離れませんでした。


一番泣いたのは大阪劇場で観た
「ライオンキング」です。
花道の隣にいたからキャストの
子役さん達が歌いながら
ステージに上がる姿も可愛らしく
ワクワクしました。


汐留で緑の顔の「ウィキッド」の
観劇後、外に出ると夕暮れていて
クリスマス仕様のプロジェクション
マッピングがきれいでした。


一番最近観たのは東京大井町での
「リトルマーメイド」です。
ゆらゆらゆらぎながら歌う
人魚さん達があでやかできれいでした。


もちろんお話に感動するからなのですが
カーテンコールでとてつもなく泣けます。
スタッフのかたも含めて拍手を
受け止めるそのキラキラした
笑顔に感動するのです。


みんなで力をあわせて素晴らしい
作品を創り出す幸せったら
ないだろうなと泣けるのです。
どこか、結婚式を創作するのに
似ていて、よくウェディング
プロデュースはミュージカルの
ようだって考えます。


素晴らしい祝言を
創るため準備や打合せを
とどこおりなく丁寧にすすめます。
そして、迎える日は心ひとつに
新郎新婦様が最高に輝けるよう
幸せを願いながら私達スタッフは
精一杯つとめさせていただきます。

投稿者 daifuku : 2018年7月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ