金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
ハート型の葉っぱも愛らしや
2016年9月30日

昨日に引き続き9月にアニバーサリーをお迎えの
新郎新婦様のお祝いです。


洋介さん&幸枝さん



ウェディングフォト婚のお二人は、尾山神社さんでも撮影されました。


りょうさん&くにこさん



白無垢のお姿で宇多須神社さんへとお運びになられました。


勇史さん&piroちゃん



町屋に花嫁のれんが彩りを添えてくれました。


裕一郎さん&知江ちゃん



白山比咩神社さんで挙式、和田屋さんにてのご披露宴は
「末広の儀」から開宴しました。


優さん&晴香ちゃん



ご親族様と十月亭さんにてお食事会
お友達とは、ひがし茶屋街のビストロの二部式の結婚式でした。


隆弘さん&恵子さん



金城楼さんで「貝合わせの儀」です。


功央さん&昌代ちゃん



つば甚さんでサプライズで九谷焼のカップを贈られました。


9月アニバーサリーお迎えの新郎新婦OB様、
どうぞいつまでもお幸せでありますようにと祈っています。


こちらは、泉野図書館の朝顔の日除け。
わずかに朝顔が咲いています。



もう、これで朝顔は見おさめでしょうか。


と、思っていたら・・・・・
近所の家庭菜園のすみっこで朝顔発見^^



ハート型の葉っぱも愛らしや。♫•*¨*•.¸¸♪✧
この朝顔サマは、秋に咲くそうです。
出勤時に成長を追ってゆきますね。


明日から、10月ですね☆”
はりきってゆきまーす!

投稿者 金澤syugen : 2016年9月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

実っています
2016年9月29日

大変な雨が降っていますね。
今日から二日間は9月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いをしましょう。


大ちゃん&さっちゃん



十月亭さんでご親族紹介されていらっしゃいます。


一郎さん&愛ちゃん



和田屋さんにてお支度、白山比咩神社さんにて挙式されました。


健治さん&香代ちゃん



白無垢と綿帽子のお姿で古式ゆかしく宇多須神社さんで挙式されました。


エイジさん&サトコさん



ウェディングドレス姿にて鼓門&もてなしドームにて撮影です。


俊文さん&淑さん



ウェディングフォト婚のお二人でいらっしゃいます。


武ちゃん&裕美ちゃん



結婚式は加賀の地元で前撮りは金沢の古いまちなみで。


マーチンさん&恵理ちゃん



伝統の「お水合わせの儀」のアレンジです。
この木はマーチンさんのご実家の庭で育ち
実っているそうです。


さて、こちら私の家の玄関に紫式部の実です。



雨の中、紫色がつやつや。




夜になってライトアップされた実も風情あることです。
紫好きにはたまりません。


お祝いは、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月29日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「生命と対峙してきたから」
2016年9月28日

今朝は「大雨洪水警報」と「雷注意報」が出ていて
朝なのに暗くて山はもちろんのことですが
いつも芝生を眺めるのが好きな近所の丘も
すっぽりと横なぐりの雨におおわれています。


四日間に渡ってかいてまいりました
「アートアクアリウム〜金沢 金魚の密〜」の
report、今日は物語のように映像の連続が
美しい水槽の紹介します。


「リンパリウム」金箔色の襖をモチーフの作品。
金魚が泳いだ後に模様が描かれてゆきます。







椿に花咲きます。


琳派は「たらしこみ」と「連続性」の技法と。





あやめが咲きます。


風神様と雷神様あらわる。







風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と、
太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神様です。




アートアクアリウムのシンボル。




ゴロゴロっと雷がなって稲光です。

 


片岡鶴太郎氏との〈ビョウブリウムⅡ〉は、今回の目玉。



富士山




椿が咲いて




桜の花びら




あやめ




はらはら~はらはら~金魚が花びらの中を泳ぎます。




うっとぉ~りぃ~と、見入っております。

 
木村英智さんのコメントが壁に浮かびあがります。

 

「机上の論理でなくて、生命と対峙してきたから」
という言葉が印象的です。






「金魚の密」ドーンと大きな提灯。




「江戸×ヴェネツィア 金魚鉢が世界に行った日」

 
和モチーフの水槽と光と映像と音
可愛らしい金魚様達本当に楽しかったです。
初日は混んでいないこともあり飽きることなく
ブラウン運動のようにスイスイっと
スマホ片手に会場を三往復しました。
10月14日までの開催とのことですので
もういっかい行ってみたいなぁと思っています。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月28日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

知られざる秘密が金沢で明かされる
2016年9月27日

今日は久々に気持ちのいい明るい空
淡いブルーに浮かぶ雲もかろやかです。


「アートアクアリウム〜金沢 金魚の密〜」の
report三日目は、プリズム効果が楽しい
水槽の紹介します。


まずは、今回初めて観ましたの子達です。
「カレイドリウム3-D」



このゾーンは壁紙も和柄なのです。




万華鏡のように幾何学模様がみえます。


「フラワーフラワーアクアリウム」



フラワーアレンジメントとコラボ
この中にも金魚泳いでいます。


「新江戸金魚飾り」は江戸時代の木枠の水槽を
モチーフにした多面体です。



サファイアっぽいです。
赤に変わるとルビーのように見えました。


続いては、日本橋でお目にかかった子達です。
「パラドックスリウム



どこから見ても水平には見えません。




歪んで見える、海の底ってこんな感じなのかしらん。


「リフレクトリウム」



凹レンズや凸レンズの中でブクブクっと。




金魚が大きくみえたり
小さくみえたりします。


「ギヤマンリウム」



上からの光で色が様々に変わります。




マイフェイバリットなカラーのお瞬間です。


「プリズリウム」は六本木アクアリウムからの再会です。



ダイアモンドのようです。




エメラルド色がきれいです。


今までの「アートアクアリウム展」のポスターが
ズラズラっと展示されていました。



「アートアクアリウム」は三度目で
21世紀美術館の開催が決まってからずっと楽しみにしていました。


今回「誕生から10年、日本中に感動を与えた
アートアクアリウムの知られざる秘密が
金沢で明かされる!」ってサブタイトル。
 

うーん。。。
秘密は、、、、ちっとも、わかりませんでした。
report明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月27日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

蝶が羽根を広げたよう
2016年9月26日

街中で金木犀の香りが馨しいことです。
昨日に引き続き「アートアクアリウム
〜金沢 金魚の密〜」のreportです。


「アンドンリウム」行燈の中に金魚さんが泳いでいます。



レース地を思わせる行燈モチーフです。




行燈の中の金魚は様々です。




鏡で囲まれています。
なので、映りこんでまいます(^_^;)


「キモノリウム」
京友禅と金魚には深いかかわりがあるそうです。



このお着物達、お江戸でお会いしたことありました。




金魚と下がり藤ですね。


「金魚品評」は水鉢にスレスレに水が入っています。



赤×白。




ゆらゆら。




ひれが蝶のよう。




赤いべべきた可愛い子ちゃん。




ブラックフォーマルまとった子。




ちいちゃいい子たち。




この子達おっきいのです。


「蝶尾」は、上から見るとまるで蝶が
羽を広げたように見えとても優雅な金魚。

中国から輸入されたバラエティで、デメキンのように
目が突出するのもその特徴である。
体色は赤、赤と白のサラサ、黒、白と黒、
白、黒と橙など様々である。
白い体に、目や各ヒレに黒がのったタイプは「パンダ」、

「パンダチョウビ」などと呼ばれ、
赤と黒の模様のものは「レッサーパンダ」と呼ばれる。


春に荻原浩さんの「金魚姫」読みましたから
金魚のこと少し詳しくなったキブンで今回訪れました。



 
おでかけには、蝶柄のお着物を選びました。



バックも着物とお揃いなのです。
金澤syugenのお着付けの先生の鶴ママが
着物の余り布で作ってくださったのです♡(´▽`)♡


楽しすぎて会場出られなくなり回遊魚のようにウロチョロしていました。
reportは、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月26日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

アートアクアリウム金沢の秋
2016年9月25日

「アートアクアリウム金沢の秋」初日に行って来ました。
テーマは「〜金沢・金魚の密〜」。



今回のメーンの花魁です。




巨大な金魚鉢が様々な色に変化します。


入口で手毬をモチーフとした「テマリウム」が迎えてくれます。



水色の手毬かわいい♫•*¨*•.¸¸♪✧




伊賀組みひもとのコラボです。


雪洞をイメージした「ボンボリウム」です。



日本橋で観た時は、ズラズラっと整列していたのですが
金沢では、ミニマムです。




光が鮮やか。




めずらしい金魚さん達です。




赤と黒のコントラストがかっこいい。




ビー玉がきれい。




気泡もきれい。




生まれながらスターの金魚さん達でした。


こちらは、2014年日本橋でみた「花魁」です。



特別ではない金魚さん達が、下から登ってゆき
頂点に行けるというストーリがあります。


金沢のお嫁入りに手毬の文化があるから
この地にふさわしいですね( •ॢ◡-ॢ)-♡。



手毬は、好きなモチーフなのです。




今回、テマリウムがあること知っていたので
かんざしは金澤花手まりにしましたの。
髪はセルセットです。




アートアクアリウムにお供してくれた小物達は、
左からFolliFollieの時計に水引の手まり根付 
加賀花手毬かんざし、水引帯飾り、LVストーンズデュオ、 
スワロフスキー コンプレックスビズの新作の髪留めです。


アートアクアリウム展reportは、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月25日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「愛と香」
2016年9月24日

昨日、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんと
女優の藤原紀香さんが京都市内の世界遺産
賀茂別雷神社(上賀茂神社)で挙式されましたね。
友禅の白無垢をお召しの紀香さんが愛之助さんと
相合い傘で境内を歩く姿が微笑ましいことでした。


お二人のご結婚を祝って、友禅の白無垢を
纏われた金澤syugen自慢の花嫁様の
お写真を紹介しましょう( •ॢ◡-ॢ)-♡


蛇の目傘で相合い傘の拓郎さん&恵さん



十月亭さんでのお食事会のあとのお写真撮りです。


ラードさん&ヒロタン



金澤modern水引のブーケを手にされた花嫁様です。


基樹さん&広海ちゃん



白山比咩神社さんで三三九度です。


智さん&トモミさん



雨があがったひがし茶屋街の石畳がツヤツヤきれいですね。


裕一郎さん&知恵ちゃん



和田屋さんでお支度をされて歩まれます。


巧ちゃん&ゆきたん



加賀水引で編んだ金澤syugenオリジナル
デザインの手毬ブーケを手に。


功央さん&昌代ちゃん



伝統のおカツラのスタイルをのぞまれました。


紀香さんのお衣装は、本手描友禅作家の
秋山章さんの作品で「これまで100組を
超える有名人の婚礼衣装を手掛けてきた」とのこと。
金澤syugenには秋山章さんの花嫁衣装を纏われた
素敵な花嫁様が多くいらっしゃいます!(^^)!
近く、blogで特集しますね☆”
お楽しみに♡(´▽`)♡


愛之助さん&紀香さんお幸せに♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年9月24日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金沢歌舞伎
2016年9月23日

10月4日の火曜日に金澤syugen「和ごころ勉強会」を開催します。
今回は、石川県立歴史博物館開館30周年記念
「城下町金沢は大にぎわい!」の鑑賞です。
金沢の歴史や文化を一緒にお勉強しましょう☆”
そして、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAで
お茶とおしゃべりも楽しみましょう。


石川県のHPからです。

秋季特別展「城下町金沢は大にぎわい!」
江戸時代、金沢は江戸・大坂・京都に次ぐ人口規模を誇り、
百万石の大藩の城下町として栄えました。
江戸時代の日記や絵画をひもとくと、
当時の人々にとって祭礼や開帳が行われていた寺社や
芝居小屋、料理屋などに集うことは
大きな楽しみの一つだったことがうかがえます。
本展では、貴重な文化財の数々をご覧いただくとともに、
当時の史料から浮かびあがる城下町金沢の
にぎわいの様相を再現展示などでご紹介します。

金沢や宮腰(金石)で行われた芝居の番付や
初公開となる金沢歌舞伎の衣装や芝居の絵看板、
人形浄瑠璃の人形など大迫力で展示します。


今年4月に金沢市の「梅若演劇衣裳店」で見つかった
金沢歌舞伎の衣装が展示されているそうです。
着物好きさん達にはそのへんも楽しめそうです。
参加ご希望の方、ご連絡お待ちしています。




前回の和ごころ勉強会「観能の夕べ」のお写真です。



「金沢能楽堂」から移築された舞台をしょって^^。




加賀宝生流能楽師の佐野弘宜先生を囲んで。
毎年、お能に出かけることが金澤syugen
和ごころ勉強会の慣例になりましたね。




さて、10月の小松歌舞伎「勧進帳」チケットは
当日に即売(一瞬のこと)でした。。。
万が一にでも「チケットあるよ」というかた
お声掛けてくださいませ♡(´▽`)♡。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月23日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「温かさが伝染」
2016年9月22日

太郎さん&素子さんの「夢未来祝言」が
Happy Reportにご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=304&cat=




花嫁行列で東茶屋街を歩まれました。




わーい!ビールだ☆”のHappy感いっぱいの素子姫
可愛い花嫁様ですこと♫•*¨*•.¸¸♪✧




NHKさんの取材に太郎さん誠実なお顔で
こたえていらっしゃいます。




お二人自らお客様のおもてなしをされました。


ご家族があたたかくて私達スタッフも
お仲間に入れていただき幸せなキモチになれました。
ご親族様が「モコちゃん、良かったね」とお声をかけながら
涙ぐみむお姿に何度ももらい泣きしました。
町屋ならではですね、みなさんの繊細な思いまでも伝わるのです。


親御様ご親族様をひがし茶屋街の通りをお見送りする時
みなさんから「金沢にいても経験できんような結婚式」
「ホントに良かった」「お料理も美味しかったよ」
「こんないいのにしてもらって」とお言葉をいただき感激でした。
嬉しい、本当に嬉しいです。
お祖母様がたに「また、会えるといいね^^」とおっしゃっていただき
またまた涙がでてきてでした。。。


お見送りのあと、お二人が平服に戻られるお手伝い。
そして、いよいよお見送りでは
この日一番の気取った感じでご挨拶をしたものでした。


今日は思い出の宝箱からひとつ。
素子さんからのメッセージです^^。

(略)
色々なところで気遣いをしてくださり本当にありがとうございます

今回、なんとも言えない温かい気持ちになれたのは、
淳ねえさんや(勝手に呼ばせていただきました(^^))
山上さんの温かさが伝染したのかもしれませんね(*^^*)

本当に素敵な時間だったなと、
いつまでも当日の余韻に浸っちゃってます(*^^*)

帰る時、これでお別れ?
なんて思ったんですが、そんな理由があったんですね☆
伯母とも意気投合⁉して涙してたのを聞いて、
またまた嬉しくなっちゃいました(*^^*)(略)

実際にお会いしたのは、2日、3日なのに、
そんな感じがしなくて、なんだか不思議です(*^^*)
淳ねえさんと山上さんにお願いできて本当に良かったです!
ありがとうございました!

お二人をお見送りする時
あの場面で手でもにぎろうもんなら
ぶわーっと涙でそうだったので。。。。


私達もお二人とそしてご家族ご親族とお会いできて
とても幸せです、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします(*^▽^*)。
 

NHKプレミアム「発見!体感!にっぽん水紀行」の
動画が金澤syugenにありますので
ご覧になりたいかたおっしゃってくださいね。
幸せ伝染するようなほんわかする映像です☆”

投稿者 金澤syugen : 2016年9月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「裸の華」
2016年9月21日

桜木紫乃さんの「裸の華」は、北海道の冬空の
ダークな雰囲気からお話が始まります。



主人公のストリッパーのノリカが
自然体で風にさからわず生きるのです。


「風って逆らわずにいると、いつかいい場所へ着地させてくれる気がするの」(略)
道なりに真っ直ぐ歩いて来た。
曲がり角の次に現れた景色にも道はあって、
自分は風にのってその道をしっかりと歩いて行けばよい。(略)
ものごとには流れてゆきたい先があるのだと、今ならはっきり分かる。

自分も風に吹かれることにしてみた。
そうやって生きてきたし、これからもそうなのだ。

つま先が示した場所へ向かう。
そんな思いで走り続けてきた。
それでもやっぱり瞳はいつも光を探していたはずだ。



読み終えて思ったことは
登場人物がみんないい人だということ。
「老い」「病」「零落」「困窮」が描かれ
扱っているテーマがえらくダークなのですが
決して暗くならない。


結末「自分ならどうするだろう」って考えた時
「なんでだろ?」と
まったく共感できずでした。
想像できない人生がある
だから、読書っておもしろい。


桜木さんの作品は、「ホテル・ローヤル」(直木賞)
「それを愛とは呼ばず」「霧(ウラル)」と読みましたが
いつも冷めた感じで性も恋愛も見ています。



今回の作品では、ストリップのことや
音楽のことと桜木さんの知識がすごいなって驚きました。
ご本人がストリップを観るのが趣味なのだそう。
なんかかっこいい女性ですね。


先輩の踊り子がショーのラストに選んだ曲
「八代亜紀のフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」、
どんな感じかなとYou tubeで聴いてみました。
八代さんのハスキーボイスは、けだるくて雰囲気ありました。

Fly me to the moon♫•*¨*•.¸¸♪✧
私を月へ連れてって♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年9月21日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

桜始開
2016年9月20日

季節先取りの祝言、今日は七十二節季
「桜始開」の頃の結婚式のお写真を紹介します。


克弘さん&真奈美ちゃん



桜満開の石川門でロケーションフォト
そして、宇多須神社さんへとお運びになられました。


ウエディングフォト婚の浩志さん&さやちゃん



21世紀美術館のラビットチェアーにて。


俊さん&智ちゃん



十月亭さんでお食事会をされました。


京都からお越しの明弘さん&紗代ちゃん



主計町にも桜が咲き始めていました。


健二君&友美ちゃん



ご親族中心の一部会
お友達との二部会と二部式のご披露宴をされました。


ひがし茶屋街でいちさん&ユキリコフちゃん



花街(かがい)では、舞妓さん風のお写真を撮影です。


クマちゃん&弘衣ちゃん



石浦神社さんから桜が咲き始めた兼六園を
花嫁道中で歩まれました。


桜始開(さくらはじめてひらく)は、桜の花が咲き始める頃。
植物や生き物、風で季節の名前をつけたなんとも
繊細な日本人の美意識ですね。




こちらは、宵待ち時ご近所のお庭の芙蓉の花です。



20cmくらいの青白い大きな花の
華奢な花びらが秋風にサワサワサワサワ
・・・・・妖しげな感じです。
通勤は、自転車か徒歩なので
季節を肌で感じることができます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月20日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「日々の幸せを噛みしめ」
2016年9月19日

先週は、可愛いお子様の写真が沢山とどきました。


2013年組さんの雄一さん&かなちゃん



航くん表情が豊かになりましたねヽ(^◇^*)/




淳ねえさま、むっちさん、お元気ですか?
誕生日のグリーティングカード、ありがとうございました

母になって初、倉敷に来て初の誕生日です
日々の幸せを噛みしめながら、過ごしたいと思います
航ちゃん、大きくなりましたよ〜
8カ月になり、伝い歩きしてます。
手を離して数秒間立っちしたりもします
バイバイとパチパチもできるようになりました
子どもの成長は早いですねぇ
ではでは、季節の変わり目、ご自愛くださいませ


「航ちゃん、よく笑うね」と言うと

航ちゃんめちゃ愛想良しで人懐っこくて、
表情豊かさんなので、いろんなところで
可愛がってもらえるお得なお子さまです

お得なのですね(o^∇^o)ノ




2011年組さんの健二くん&友美ちゃん



美緒ちゃん、笑ったお顔がママそっくり☆”




美結ちゃんのはにかみ笑顔がまた愛らしい♪

お誕生日のメッセージカードありがとうございます!!
もう結婚式を挙げてから五年以上経つのに、
いまだにメッセージ下さって感激です!!

早いもので、お姉ちゃんの美緒が4歳の年中さん、
妹の美結は1歳3ヶ月になりました☆

これからも、子ども達と共に成長していきたいです。
また皆さんにお会いしたいです~☆
追伸
健二くんが、俺には誕生日のメッセージ来ないとやきもちをやいてました(^◇^;)


健二くんパパ可愛い~ヽ(^◇^*)/
って、ずっと忘れずに送っているのです!
調べるとアドレスが変わっていることがわかりました。




金澤syugenでは、新郎新婦OB様とお子様の
記念日とお誕生日にはメッセージを
贈らせてもらっています。
跳ね返ってきたらアドレスが変わったとわかるんですが・・・・・。
ですので「とどいてないよー」というかた教えてください!


金澤syugenのHPは新郎新婦様OB達で彩っていただいています。
「え?モデルさんじゃないの?」ってよく言われますが
鼻高々に「いいえ、ホントの新郎新婦様ですぅー」
と、自慢げにこたえています(^O^☆♪。
何年たっても金澤syugenのHPの中では
ずっと可愛らしい新郎新婦様のままです。
どうか末永くお付き合いよろしくお願いします。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

富貴寿翔
2016年9月18日

この秋、白山比咩神社さんで挙式
和田屋さんでお食事会をされます
修司さん&メグミさんが神奈川から打ち合わせに
お越しでした。



おうちかけは、秋山章さんの「富貴寿翔」を
選ばれました。




扇面に牡丹が描かれ、螺鈿と金箔が華やかなことです。
パワーのある「赤」です。




綿帽子と白無垢「白織瑞鳥唐花模様」をめされ
杉木立の境内を参進の儀で歩まれます。


続いて、ヘアメイクの打ち合わせです。



私が「白無垢では、べっ甲をおつけしましょうか」と
かんざしをお見せしているところです。




なんて無垢でキュートな笑顔なのでしょうか!
斬新で上品なヘアデザイン、メイクはGIGIさんです。


この後、引き出物やオリジナルグッズの打合せ
タイムスケジュールの確認もこなされました。


メグミさんは、神社仏閣お城が大好きなのだそうです。
ご近所の神社さんの御祭神がくくり姫様だったことから
ご婚儀は白山比咩神社さんにて
と、決めていらっしゃったそうです。


お菓子さんいただきました。



「天ぷらせんべい」は、香りかぐわしくって
たまらない美味しさでした。


あと、お二人のお家にはメインクーンが2ニャン
アメリカンショートヘアが3ニャン
いらっしゃるそうです。



自由な猫ちゃん♫•*¨*•.¸¸♪✧
またまた金澤syugenの新郎新婦様に猫好きさんが増えましたね(*゚▽゚)ノ。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月18日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ピカピカのパプリカ様
2016年9月17日

自然農法でお野菜を育てるお百姓さんのミカリンから
プチパプリカをいただきました。



元気いっぱいなビタミンカラーが美しいのです。


スライスして岩塩をガリガリっとひいていただきました。
「あまーい!」健康な土で育ったお野菜は
甘みがいっぱいで贅沢キブン♫•*¨*•.¸¸♪✧感激です。
ミカリン曰く
「あつくるしいくらいの愛情をこめた」野菜だそうです。


2008年組さんの尚ちゃんも賞味されていて

ほんと見てるだけでも元気になれる野菜♪
食べて身体が喜んでた(^^)♪

うんうん( •ॢ◡-ॢ)-♡




私は野菜が大好きです。
朝昼晩三食、まずは野菜からいただきます。
野菜は見るのも大好きで
金澤syugenのそばには趣味の菜園が多くて
通勤時、野菜の花が咲き実るという成長を見るのが
楽しくってしかたありません。
収穫されずにくちてゆく姿を見る時には、
悲しい気持ちになります。



きゅうりの花です。




かぼちゃの花、下に実が育ちつつあります。




かぼちゃ畑です。




立派なゴーヤ。




「なんの花だろう」ってつぶやくと

ミカリンから

たぶん野菜の間にツユクサがニョッキリしてるように思いまーす(*^^*)
野菜はサツマイモですかねぇ?!?♬



尚ちゃんから

ツユクサだねブルーのお花は(^^)

尚ちゃんは、植物博士みたいに
ひろーくモノシリさんでなんでもすぐこたえてくれます。




なんの花だろう・・・

2010年組さんの花嫁様のハルちゃんから

オクラだね~そしてお花のしたにオクラが実ってるよ!!

ハルちゃん!するどい!




ミカリンからパプリカについての豆知識です。

「黄色と赤の子違い… それぞれ栄養素が違いますーおもしろいですよー」

http://kurashi-ideal.com/akapiment-paprika-989




ミカリンのお百姓さんお仲間の
「自然栽培フェア」が10月8日9日に
羽咋の邑知の郷公園にて開催されるそう。
自然農法にご興味あるかた是非お出かけくださいませ(*^▽^*)。

https://www.facebook.com/events/1797955497083857/

投稿者 金澤syugen : 2016年9月17日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

シュガーピンク
2016年9月16日

よしおっち&緑ちゃん&まこちゃんの
一歳のアニバーサリーフォトがHappy Reportに登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=305&cat=cat6



お写真撮りの時は、パッツンな前髪でした。
子煩悩なよしおっちが愛娘ちゃまの
ヘアカットされたそうですよ。


シュガーピンクのレースのあしらわれた
ドレスがお似合いのまこちゃんに
「まこちゃん、ウェディングドレスみたいね」と
声をかけものだから、さあ!大変!
「まこちゃん、嫁になんかいかんでいいぞ!」
と、よしおっち^^;。


最近のまこちゃんです☆”



うまいこと歩いていますね。
今は、モンスターズインクのブーちゃん
( 正式に言うとメアリーギブスちゃん)っぽいね。

まこちゃん、優しいご家族の愛情いっぱいうけて
スクスクニコニコ可愛いレディです☆”


よしおっち&緑ちゃんの十月亭さんお食事会の
Happy Reportもご覧ください☆”

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=249&cat=cat1

投稿者 金澤syugen : 2016年9月16日 カテゴリー: お知らせしたいこと | 2件のコメント »

2件のコメント

  1. ばぁば より:
    先月行った時は、ぎゃん泣きにエビ反りで、まいったまいった!
    チョー人見知りさんでした(-_-;)
    離れてるから仕方ないと解っていても…です。
    この場で、改めて成長を見せていただけてありがたいです。
  2. 淳子 より:
    まこちゃんばぁば様(お若くてばぁばって感じじゃーないんですが、、)
    まこちゃんは、知恵がついて賢くなってゆく時期なのですね。
    優しいパパ&ママのお子だからきっと
    素直ないい子にお育ちになることでしょう(*^▽^*)
    可愛いまこちゃんの成長が楽しみな淳ねぇ女将より

コメントをどうぞ

全国大会は、金沢!
2016年9月15日

智史さん&枝里ちゃんの出逢いはクラリネットがご縁です。



ご披露宴では、デュエットをご披露されました。
その美しい音色で会場は幸せ色に包まれました♫•*¨*•.¸¸♪✧


先日、智史さんのお母様からメッセージとどきました。

挙式でのご縁の広がりもあり、
記憶に残る年になりました。
えりちゃんからメールあり、楽団が九州代表となり、
全国大会の応援に行くべく、休暇の申請をすると…。
おまけに全国大会は、金沢と! 


九州地区での優勝おめでとうございます☆”
いよいよ全国大会ですね(*^▽^*)


 

今日は、智史さんの楽団の全国大会出場を勝手に
お祝いしまして音楽ご縁の新郎新婦様のご紹介しますね。


大文さん&まゆみちゃん



十月亭さんでのお食事会のテーブルコーディネートには
レコード版を使いましたよ!(^^)! 



洋史さん&啓恵ちゃん



武家屋敷から石川門、ひがし茶屋街にてお写真撮りされました。


直己さん&由利加ちゃん



五線譜に音符柄の羊羹にて記念のセレモニーです。


 康夫さん&文佳さん



白山比咩神社さんから和田屋さんへとお運びになられました。


こちらは、お二人の寿せんべいです。



ホルン&トランペット柄です。


 

お母様からは、金澤syugenのホームページについての
嬉しいメッセージもいただきました。

スマホ1ヶ月。
まだ、使いこなせていませんが…
ホームページすごい。
きれいだし、色々工夫されて、
飽きずに見てしまいます。
時間を忘れてしまいます。

ブログ、ご本人でないと、伝わらないから、
言葉の引き出しを、たくさん持ってらっしゃる。
と、感心していました。
勉強になります。


とてもとても嬉しかったです。
本当に励みになります。




金澤syugenには音楽好きさんが多くいらっしゃいますので
インフォメーションしちゃいましょ(*^▽^*)
インターネット、サークルK・サンクス、セブン-イレブンで
9/24(土)から販売開始だそうです。

http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1633812&rlsCd=001&lotRlsCd=


兼六園や21世紀美術館にほど近い金沢歌劇座にての開催です。
金沢の町に紅葉が降りてくる頃ですので
お散歩も気持ちよいかと。
「全日本吹奏楽コンクール」にお出かけになられてはいかがでしょうか。
応援よろしくお願いします(^^)ゞ

投稿者 金澤syugen : 2016年9月15日 カテゴリー: お知らせしたいこと, 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「霧町ロマンティカ」
2016年9月14日

昨日、一昨日と見えなかった遠くの山が
今日は、輪郭を現しました。
毎朝、目覚めてすぐ山を見ます。
山が見えない時もそこにあるのは
「山の風景」なのです。


さて、読みたかった本がいっきに手元にやってきましたヽ(^◇^*)/



読みたい本があると
「早く(仕事や家事)かたづけちゃおう」と励みになります。
あと、晩酌は控えようって思えます。




まずは、唯川恵さん「霧町ロマンティカ」
夜更かしして一日で読めた!
って、言うか読み出したらどうにもとまらなくなったわけで。


軽井沢に住居するようになった主人公が

軽井沢に来て、人間が山を信仰の対象にする思いが
素直に理解できるようになった。
何があろうと山はそこにある、
その約束を決して違えない。
そんな存在が何よりも人を落ち着かせてくれる。
岳夫もまた、今は毎日のように浅間山を見る。
ただ、見る。それだけでいい。それだけで安心する。

私も山を見ることが好きです。
毎日何度も山をみます。
その都度、山は表情をかえていてあきることがないのです。
山はいつも優しく迎えてくれます。


急速に衰える老犬を介護する主人公に獣医さんが

「(略)飼い主さんが犬を思う気持ちはもちろんですけど、
犬の、飼い主さんを思いやる深さにはいつも胸を打たれます」
「(略)『もう思い残すことは何もない』と思ってもらうために
頑張ってるんじゃないかしら。(略)」


犬とのくだりでは大いに泣きしました。 
私は猫と暮らしたことがあるのですが
動物が旅立つ時、私達に大切なメッセージを
残して行ってくれたような気が多いにします。


主人公は、憎めなくて応援したくなるような
甲斐性無しの男でした。


唯川さんの「啼かない鳥は空に溺れる」がとても好きです。
この作品もおもしろかったです。




時間がない日は、何日にもまたがって
読んでもいいように短編のエッセイを選びます。
今日は時間がとれるって日には
長編に手をつけます。
しかし、読みだすと自宅のソファには、
閉館時間ってのがないから
やめられないとまらない。
で、夜更かししてまう。。。。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月14日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

菜虫化蝶
2016年9月13日

季節先取りの祝言、今日は七十二節季「菜虫化蝶」の頃の
結婚式のお写真を紹介します。
菜虫化蝶(なむしちょうとなる)は、
青虫が紋白蝶になる頃だそうです。
越冬した様々な命が息吹く時ですね。


栄秀さん&日登美さん



赤の太鼓橋と白無垢が春の空に映えます。
祝いの色「赤と白」が鮮やかなことです。
和会場で一部、センテレオで二部の
お披露宴をされました。


洋平さん&奈美恵ちゃん



雨が上がったひがし茶屋街は
いっそうの風情です。
東京でのご披露宴でウエルカムスペースに
金沢での和装のお写真と金澤祝言こぼしを飾られました。


直己さん由利加ちゃん



石川門の桜も蕾をつけはじめました。


英希さん&真梨子ちゃん



宇多須神社さんで挙式&十月亭さんでご親族様とお食事会をされ
名古屋で後日、お披露目のパーティをされました。


佳さん&春菜ちゃん



武家屋敷にポカポカと春の陽ざしです。


崇裕さん&真喜ちゃん



ホテルウエディングのお二人は前撮りでは
金沢の古い街並みを堪能されました。


よしおっち&緑ちゃん



十月亭さんで人前式です。
青い紋付に青い大振袖が清らかですね。


基樹さん&広海さん



和田屋さんにて金澤modern水引でオリジナルデザインした
ハマナスの花モチーフのこも樽で鏡開きです。
お二人は白山比咩神社さんで挙式をされました。


昨日の白山比咩神社さんです。



ひらひらと白い蝶がゆっくりと羽根を動かして飛んでいました。
静かな刻の流れを感じられる加賀一の宮 白山さんの境内では
深まる秋が感じられます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「おわら恋唄♪道連れに~♪」
2016年9月12日

2016年「おわら風の盆」reportの三日目は、
東新町の踊り流しからです。



深夜0時を過ぎているので早乙女さん役の
ちびっこの姿はありません。


夜が更けると諏訪町通りには、他の町から踊り流しが。



ハッピには「下新町」と。
随分と遠くからですね(*^▽^*)。




下新町の男踊りはキレキレで
着地の時の足音をたてるのが特徴でした。
足音を立てないのがおわらの定石と聞いていたので
意外なのですが、足音がきれいに揃っていて
若々しさを感じました。


坂をくだっていくとあちらこちらから流しのかたが。



帯につけたたばこ入れが粋だね(*^▽^*)




女性の胡弓奏者さんの立ち姿が美しい。




可愛らしい胡弓奏者さんと☆”イヒヒ・・・。




この歌い手さん、お声素晴らしかったからスマホで動画撮影。




「浮いたか瓢箪 かるそに流れる♫•*¨*•.¸¸♪✧」




まだ、祭の余韻から醒めきれていないところに
NHKの歌番組で「初共演!石川さゆり
越中八尾おわら保存会の」という企画が。



「風の恋盆歌」をうっとぉり聴きました。
「私あなたの 腕の中 跳ねてはじけて 鮎になる♫•*¨*•.¸¸♪✧」




六時間歩きっぱなしでの朝帰りから
すでに一週間が立ったのですが
「夢うつつ」とまだ余韻を楽しんでいます。


帰ってきて朝六時、いよいよ眠りにつく時
鏡町の地かたさんの合唱が耳の奥で蘇り
ふわぁっと涙が出てきました。
大げさかも知れないけれど
優しい人達との出逢いに恵まれ
健康で祭を楽しめたことへの
感謝の思いでいっぱいになりました。


では、三日間reportの〆に鏡町の写真です。



穏やかな暮らしを祈る祭。
来年も行きたいな、おわら風の盆。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月12日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「唄われよう~ わしゃはやす」
2016年9月11日

2016年「おわら風の盆」reportの二日目は、鏡町です。



花街だったこの町の踊りには艶ぽさがあります。


鏡町での最終演舞です。



円陣組んで気分盛り上げている演者さん達。




男踊りの中に女の子が二人いました。




決してぶれません。




直線が曲線の美しさを際立たせる。




女性らしい優しげなしぐさです。




農作業の身ぶりをとりこんだ踊りです。




高橋治さんの「風の盆恋歌」の中で
「この踊りには足音がない。」とあります。
確かに、力強さありつつも石畳に静かに着地されるのです。



 
踊り手さんも奏者さんもきっと
たくさん練習されたことでしょうね。
素晴らしかったです( •ॢ◡-ॢ)-♡。




幻想的な風景にほんの一瞬、
ふわりと浮世を忘れるような時間でした。




壮言とも感じる「唄われよう~ わしゃはやす」の
合唱が石畳の坂の町に響いた時の感動は大きく
今なお、美しいその響きが耳に残ってはなれません。






2012年組さん組さんの順也さんと会えました。
笑顔がいいね(*^▽^*)。
鮎美ちゃんは?と聞くと
「歩くの嫌だから家にいるって^^」
脚立持ってイキイキ少年のような瞳で写真撮る順也さん。
このわずか三日後、お仕事で海外へとご出立。
スーパーハードだ!
けど、順也さんには自然なことなんでしょうね。


順也さん&鮎美ちゃん「宝づくし祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=184&cat=cat2
 



こちらは、順也さんのお友達でいらっしゃいます
“おわら風の盆写真館館長”のTさんの作品です。

 

「モーセの十戎」をふと思い出しました。


八尾観光大使的活動されるTさんが、この町を
こよなく愛していらっしゃることが伝わってきます。
本当にお世話になりましてありがとうございました。




時折、爽やかな秋の風に頬をなでられる
お祭りの夜を楽しみました。



東新町の通りではゴーっと「エンナカ」の
大きな水の音が風情あることです。
エンナカの音は「残したい日本の音風景100選」に
ランクインしているそうです。
八尾は坂の町、水の町です。




地かたさんが三味線の音をあわせているから
きっと、もうすぐ踊り流しが始まります。


明日は、東新町から諏訪町へとご案内します。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月11日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おわら風の盆 本祭り
2016年9月10日

おわら「風の盆」が好きで毎年、訪れているのですが
今年は、前夜祭と本祭りにも行きました。



上新町の輪踊りから観ました。 




後ろの建物にも踊り子さんが影で踊っています。




ちいちゃい子達がハッピや浴衣で踊る姿が可愛い!




ムッチも可愛いってことで^^。
機嫌良く輪踊りに参加していました。


と、ここで「顔の赤い人だぁー」と思ったら・・・
わ、わ、わ、、、、ビール呑んだ康弘さんです。



ナツメちゃんが「あー!やっぱりムッチ
だったんだぁー」とニコニコ。
「輪踊りで踊るあのコはムッチに似てる」って
お二人で話されていたそう(*^▽^*)。


康弘さん&ナツメちゃん「宝珠祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=286&cat=cat4



 



本祭りにお伴してくれた和小物達です。
孔雀模様の飾りかんざしと箔の平ざしかんざし
金澤つまみ紗衣句の椿の帯飾り。 
HERMESアルソーメンズに金澤つまみ紗衣句の
根付をつけて懐中時計にしました。




私も看板と同じポーズしてみましたヽ( ´ー`)ノ。 
浴衣を襦袢に重ねてお着物風に着ております。
半幅帯を変わり角出しに結んで
浴衣と同じお色の帯締めをあわせました。




上新町の雪洞は「風の盆恋歌」の作者の
高橋治さんが「風の盆」の文字をかき
「治」と落款があります。
小説の中で主人公が行く喫茶店は今もあるそうですよ。


明日は鏡町へとご案内します。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月10日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

手織青海波四季花鳥文
2016年9月9日

「鴛鴦祝言」の法大さん&美穂さんの
ヘアメイク打合せがありました。
 


愛らしいったりゃありゃしない♫•*¨*•.¸¸♪✧
美穂姫のクルクルっとした瞳が
優しげなお化粧に映えて美しいことです。


 
法大さんはおしゃれさんで「今日はどんなお洋服かな~」と
私達も楽しみにしておりますヽ(^◇^*)/
この日は、シャリ感あるジャケットをおめしでした。


ヘアメイクはGIGIさんです。
優雅な結髪で美穂さんの透明感ある美しさが
引き出されていく過程は圧巻でした!
 
 

「手織青海波四季花鳥文」可憐なオシドリと
海がお好きなお二人にふさわしく
「青海波」描かれています。


美穂さんのお好きなものは
「水産物、亀、ひゃくまんさん」と(*^▽^*)
 
 
こちらは、美穂さんのスマホケースです^^。
加賀八幡起き上がりこぼしですね☆”


海がお好きなお二人らしく
出逢いは、なんと!豪華客船なのです。


最近、金沢港に大型のクルーズ船寄港のNEWSをよくみます。
先日、【マツコの知らない世界】の
「マツコの知らない豪華客船の世界」の回の時
金沢港発着のイタリアのクルーズ船「コスタビクトリア」や
「船から見る瀬戸内海の絶景!」と
「ぱしふぃっくびいなす」などなどが紹介されました。
今、船が人気らしいです。
お二人は目をキラキラと輝かせて
海でみる水平線がどんなに素晴らしいかを
聞かせてくださいました( •ॢ◡-ॢ)-♡
飛行機怖いのだけど船なら乗れるかしらん。。。。。


この秋、金澤神社婚&十月亭お食事会は
お二人のお人柄も表現しながら
海をテーマに創作すすめております。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「また、同じ夢を見ていた」
2016年9月8日

住野よるさんの「また、同じ夢を見ていた」は
おませで生意気な小学生の女の子が主人公です。



女の子の口癖は「人生とは・・・」。
そう、あのピーナッツのチャーリー・ブラウンの
「人生ってソフトクリームみたいなもんさ・・・
なめてかかることを学ばないと」

のようなのが何度もあります。


「しーあわせはーあるいーてこない。
だーからあるいーていくんだねー♪」
三百六十五歩のマーチを歌いながら歩きます。


「しあわせとは」と考えさせられる
ファンタジーでありながら哲学的なお話は
純文学っぽい文体でえがかれています。


女の子が語ったこの言葉達がとくに好きでした。

(略)もう一つ深呼吸。
心に隙間を作るのです。
悲しい、寂しい、悔しい、そいういう悪い奴らを、
隅に押しやるのです。
そうすれば空いた隙間に、
私はいくらでも楽しいことを詰め込めるはずだから。



落ち込んでいる、けどまわりの誰にも伝えたくない時に
有効そうです。


そして、

縁と言う字は知っています。
緑という漢字にとてもよく似ているのは、
生き物がいつか死んで土にかえって、
そこに緑色の草花が生え、
それを食べて生き物が生きていく、
そういう不思議な繋がりを指すからなのではないかと
私は思っています。


縁と緑は確かにとてもよく似ています(*^▽^*)。
命の繋がりを意味するのですね。


ネタバレになるので言葉はかけませんが小学生の
桐生くんの言葉では大泣きしました。


結末は、人の優しさにふんわり包まれる感じで
落ちつきよく後味が良かったです。




さて、読了後、私自身の人生で幸せだった
瞬間について考えてみました。


私が思いつくのは、お注射がいやと脱走した猫のモコを
一晩中探し、「もう、会えないかもしれない。。。」
と、泣きあかしていたところ
空気を震わすみたいな誰にも聴こえない声で
身を隠し鳴いていたモコと再会できて!
捕獲したモコを温かいシャワーをして
モコが風邪ひかないように抱っこして眠らせたあの瞬間です♪。
「会えて良かった、フワフワ幸せ」な記憶はモコでした。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月8日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ウィキッドやジミニークリケットも 
2016年9月7日

涼しくなってエアコンなく過せるようになり
窓を開けていると爽やかな風と虫の音に
なんとも癒されます。


季節先取りの祝言、今日は
七十二候「蟄虫啓戸」からの結婚式をご紹介します。

 
亮士くん&真祐美ちゃん



和田屋さんでお支度をされ白山比咩神社さんの境内を
参進の儀で歩まれました。

 
俊臣さん&かおりん 



お打掛で21世紀美術館で前撮りです。
結婚式の日は、挙式では白無垢
お食事会では加賀友禅の訪問着をめされました。
 

俊宏さん&芳名子さん



唐織のお打掛でスタジオにて
ウェディングフォト婚でした。


ジョンさん&由香ちゃん



スタジオ撮影に続いて石川門でロケーションフォト
そして、宇多須神社さんへとお運びでした。

  
渉さん&佳奈子ちゃん  



花嫁行列で降っていた雨があがってひがし茶屋街の石畳はツヤツヤ。
十月亭さんでは、 お食事会の合間に街並みでの
お写真撮りが叶います。
時間の流れも美しいことです。


智史さん&枝里ちゃん 



花が咲き始めた藤が丘公園で
この日は、山もきれいでした。
赤の太鼓橋が風情あることです。


浩之さん&みゆきちゃん 



金澤syugenオリジナルデザインの羊羹にての
セレモニーは料亭ウェディングに彩りをそえました。


蟄虫啓戸(すもりむしとをひらく)は、
すべての生き物が冬眠から目覚め
暖かい春の日差しのもとに出始める頃なのだそうです。


春の祝言のご相談うけたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。
 



さて、残業していたら金澤syugenに秋らしい来客が。



緑の青松虫です♪リーリーリーリー♫•*¨*
「あれ松虫が 鳴いている♪」の松虫の仲間だそうです。
緑の顔をしていますが、ウィキッドじゃーありません^^。
 

昨夜、自宅エントランスで見つけた子。



「きりきりきりきり こおろぎや♪」
お名前はジミニー・クリケット?なんちって♪
(ピノキオの友達、青い帽子の歌うコオロギです。)


秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年9月7日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

cantabella
2016年9月6日

いよいよ来月、KENさん&TOMOさんが
白山比咩神社さんで挙式、
和田屋さんでご親族とのお食事会をされます。



TOMOさんのフィッティングがありました。
長くひいたトレーンが美しいですね。


すっきりとしたAラインのドレスは
cantabella(カンタベッラ)のリリス。
東京のデザイナーで胸元のビジュー・バックトレーンの
レースは全て手作業で、職人がひとつひとつ丁寧に
お付けしております。
コードレースをトレーンにたっぷりとあしらっていて
お写真写りもとても綺麗です。



華奢なTOMOさんは、デコルテラインも美しいのです!(^^)!


本屋さんご縁のKENさん&TOMOさん
お二人の素敵な個性も表現できて
親御様に感謝の想いを伝えられる祝言の日でありますように。
和会場にてドレスをめされるTOMO姫の誕生が待ち遠しいことです。




追記
TOMOさんはお母様が絵本の読み聞かせをしてくれたことで
本がお好きになったとのことです。


我が家の坊主も、毎晩本を読んで聞かせていたので
本好き(ハリーポッターには大はまりでした)に育ち
今も感動した本を互いにすすめては
読了後、感想を話したりがあります。


「100万回生きたねこ」は坊主が小学生の頃
感想を交換した記憶があります。



昨年のちょうど今頃は、その「100万回生きたねこ」が
深田恭子さん主演ミュージカルであって坊主と観に行きました。




こちらは最近、坊主から渡された
「100万分の1回のねこ」です。


 
~絵本「100万回生きたねこ」と佐野洋子さんに愛をこめて~
トリビュート短篇集です。
江國香織、角田光代、綿矢りさ、川上弘美と
イマドキ作家さん達が綴っています。
中には「これがなんで、猫にカンケーあるのかしらん??」と
いうお話もありました。


角田光代さんの「おかあさんのところにやってきた猫」が
とても好きになって、二度読みかえしました。 
ふんわりと胸に柔らかいものが舞い降りてくるようなお話でした。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月6日 カテゴリー: 創作祝言, 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

Mitsouko
2016年9月5日

白山比咩神社さん&和田屋さんで
お披露目のお食事会をされる
喜久さん&美都子(みつこ)さんのお衣装合わせがありました。



美都子さんはふんわりとした笑顔が愛らしいお嬢様です。
白無垢を纏われたお姿、神々しいことです。


喜久さんが鏡に映っていらっしゃいます。
喜久さんは、和文化にとても興味お持ちで
その知識の深さに驚かされます。
穏やかでありながら好奇心旺盛な喜久さんの
おしゃべりも楽しく打合せをすすめています。





さて、「Mitsouko(おフランスでは、この綴りになるそう)」
神秘的な響きの言葉です。
二十歳くらいの頃、背伸びしてゲランの香水
「Mitsouko」をつけていました。


ゲランのHPから

ミツ子は、小説『ラ・バタイユ』のヒロインの名。
慎ましやかでありながら、強い意志を秘めた女性をイメージした香りです。



小説も映画も観てはいないのですが
歌舞伎役者さんの坂東玉三郎さんがエッセイで
「Mitsoukoの香りの女性とすれ違うとふりむいてしまう」
と、かかれていて憧れたのです。
玉三郎さんの女形のお姿がとにかく美しく
その玉三郎さんがふりむく香りなんだから
「きっと素敵に決まってる」ってな思いでした。
「大人の女」をめざしてたんだなぁ。。。
「Mitsouko」というお名前に青い記憶が蘇って
鎖骨のすぐ下のあたりがキュンキュンっとしました( •ॢ◡-ॢ)-♡





喜久さん&美都子さんお二人の個性を
織り込んだ文化の香り高い祝言を
心をこめて創作させていただきます。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月5日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

友禅と「つまをめとらば」
2016年9月4日

秋に和田屋さんにてお披露目のお食事会をされる
ジェトゥリオさん&みどりさんは
秋山章作の本手描き友禅を選ばれました。



「真貴奉」
斬新に施された 彩の妙技と
高貴な未来への翔きを描いた鳳凰
今までに創り得なかった 個性豊かな作品です。




落款が貫禄ありますね。


秋山章さんのHPからです。

美しい日本の花嫁に憧れと祈りを込めて
生涯に一度だけの大切な結婚式の衣裳は、
その国の歴史や文化が息づく本物であるべきです。

とのこです。


金澤syugenの花嫁OB様にも秋山章作の友禅の
お衣装をめされた花嫁様が多くいらっしゃいます。


先日、みどりさんのお衣装をインスタにのせましたら
花嫁OB様の尚ちゃん、かなちゃん
プレ花嫁様の静奈さん達から賛美のコメントいただきました。
美しい友禅に魅せられるようです。




さて、直木賞受賞の青山文平さんの「つまをめとらば」読みました。
大人のおとぎ話という感じでした。
もともと時代小説好きなのですが
役職や地名など漢字がたくさんあって
ちょいと小難しいのですが文体に
リズムがあって読みやすかったです。



図書館から借りた本なので大事に扱わないとなので
裏表紙が今ひとつきれいに撮れてないのですが
表紙と裏表紙が美しくぼかしの感じとか
上品な友禅の柄のようなのです。


文藝春秋デザイン部に所属の大久保明子さんのデザインなんだそうです。
ハードカバーは、表紙の質感なんかも
楽しめるとこですね。
 



繊細な美意識をお持ちのみどりさんが
友禅を纏うハレの日が近づいてまいりました。
みどり姫の誕生が待ち遠しいことです♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年9月4日 カテゴリー: 創作祝言, 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

春の季語「蛤」
2016年9月3日

季節先取りの祝言、今日は「桃の節句」の頃の
結婚式のお写真をご紹介します。


拓郎さん&恵さん



お母様の花嫁のれんを十月亭さんに飾りました。


おいちゃん&麻智ちゃん



初夏に和装で挙式のお二人は
タキシード&ウェディングドレスのお姿で
21世紀美術館にてロケーションフォトされました。


翼さん&恵理子さん



風は冷たいけれど陽ざしは春ですね。


ヒロキさん&イクヨさん



宇多須神社さんから花嫁行列で
十月亭さんへとお運びです。


章さん&葉子ちゃん



金城楼さんにてお食事会、お庭も春めいています。


学さん&佳代ちゃん



白山比咩神社さん&和田屋さんと祝言の日は
和を極めるお二人は
洋装でロケーションフォトされました。


Kちゃん&聡ちゃん



灯り燈し頃、提灯行列をされました。




ウェルカムのコーナーに金澤syugenオリジナルの
加賀八幡起き上がりこぼしのお雛様を飾って季節を表現されました。




お人形は、親御様へ感謝のお品として贈られました。


雛祭りは

江戸時代の初期に、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が催されて以降、
武家社会にも広まり、庶民の間にも定着していったとされています。
ひな人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀ります。



この時期の季語の「蛤」は
二枚の貝殻は対のもの以外とは合わないことから
縁の象徴の縁起の良いもので、雛祭りや結婚式には欠かせないものです。


春めく季節の結婚式や前撮り、どうぞ
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月3日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

宇宙と「ビューティーキャンプ」
2016年9月2日

お朔日参りで宇多須神社さんに。



手水舎には笹のバッタさんが涼を誘います。
この一ヶ月、穏やかに過ごせたことのお礼も伝えました。


そのあと、用事ありましてルイ・ヴィトン香林坊店へ。



生花の胡蝶蘭、「幸せを運んでくる」という花言葉があります。




ルイ・ヴィトンのディスプレイ楽しくって
毎回、ワクワクしますよね。
今回は、宇宙空間の惑星っぽいです。




林真理子さんの「ビューティーキャンプ」読みました。



「あなたは醜い」と言われたテレビクルーのユリが、
『どんな美女になるのかしらん』そういう明るい
シンデレラストーリー的なドンデンを期待していたのですが
その後のユリにはふれられずでした。




「美というのは、魅力という宇宙のひとつの星よ。
とても大きくて偉大な星だけれどね。
その他に知性や優しさ、それから強い意思、
たくさんのもので魅力という宇宙はつくられているのよ。」


「ミスユニバースは美を競うのではなく、魅力を競う」

美とは創りだすものという信念。
これは、うなずけます。


ハレの日を迎えた花嫁様が心からの
笑顔あふれた時の美しさったらないのです。
不安を取り除き幸せな日が迎えられるようお手伝い
そして、私達は一丸となって120%にも200%にも
花嫁様の魅力をひきだします。





ミスユニバースで世界一になったらNHKニュースも取材される。

と、いうくだりがありNHK様は別格様なんだって改めて感じました。
金澤syugenは、NHKさんのニュースに三回
金沢の番組で二回
ひがし茶屋街の花嫁行列や石川門での花嫁行列
お水合わせや金澤町屋和婚
街並みフォトも取り上げていただきましたもんね(^^)ゞ




あと、小説の中で「一人でいる時も美しくあれ」ってことで
家でもユニクロは着ちゃいけないってのがありました。
私、スリッパからなんから自宅ではユニクロ生活です^^;



昨日もユニクロでお買い物して
サイゼリアでティラミスいただき「満足マンゾク」
っと、帰ってきました。
庶民派なんだもーーーん、いいよね♫•*¨*•.¸¸♪✧。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月2日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

バーンと飾りたい!
2016年9月1日

秋に賀茂神社さんで挙式されるユミコさんの
ヘアメイク打ち合わせがありました。



「大きなかんざしをバーンと飾りたい」との
お好みをうかがってオリジナルデザインした
金澤つまみ紗衣句のかんざしは
ユミコさんのお好きなビタミンカラーの丸つまみです。




ユミコさんは表情が可愛らしい^^
透明感ある笑顔がステキです。
キチンと感ありつつの柔らかいヘアは
海外セレブ風な印象です。
ヘアメイクはGIGIさんです。




ユミコさんがハレの日に纏われる「春秋王庭文」を
昨日、インスタグラムにのせたところ
2008年に前撮りをされたちかたん・尚ちゃんから
さらに、志乃っち・ゆきたん・ゆかりちゃん・優妃さん、
そして、プレ花嫁様の静奈さんから
「いいね」やコメントをいただきました。
花嫁OB様は、ご自身のお衣装選びの日や
幸せなお支度を懐かしく思い出されるようです(*^▽^*)。


さて、ユミコさんご旅行が大好きで今月は九州へとお出かけだそうです。
お願いだから日焼けだけはしないでね。

投稿者 金澤syugen : 2016年9月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ