金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
四月尽
2017年4月30日

今日はとても風と陽射しの強い日でしたね。
四月アニバーサリーを迎えられた新郎新婦様を
お祝いする四日目です。


紀彦さん&沙絵ちゃん



宇多須神社さんから花嫁行列へと
ご出立されました。


克弘さん&真奈美ちゃん



金澤modern水引オリジナルデザイン水蝶で
お水合わせの儀のアレンジのセレモニーです。


タクちゃん&ゆきたん



東茶屋街や梅の橋で前撮りをされました。


啓介さん&沙織ちゃん



建築家のお二人なので鍬で鏡開きです。


三郎さん&ハナさん



兼六園で前撮りされました。


才雄さん&花奈恵さん



白山比咩神社さんから和田屋さんへと歩まれました。


いっちゃん&ユキリコフちゃん



兼六園から浅野川へ
金沢の桜を訪ねるお写真撮りでした。


クマちゃん&弘衣ちゃん



金城楼さんで盛大なご披露宴をされました。


久紘さん&祐希ちゃん



21世紀美術館や卯辰山の400年の森で
洋装のお写真撮りをされました。


俊臣さん&かおりん



十月亭さんでご家族だけでのお食事会をされました。


みなさま、おめでとうございます。
ますますお幸せでありますようにと祈っています。




今日は、「四月尽」
これで春の季節は終わりということなのだそうです。
真夏のような陽射しで肌に光りの圧力を感じました。



小学校の校庭では八重桜が咲いています。




そして、長坂用水沿いの畑ではいんげんらしいのですが
成長して可愛らしい白い花を咲かせています。
夏は野菜の成長を愛でて花を眺められるという
楽しみがあります。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月30日 カテゴリー: 創作祝言, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

春暑し
2017年4月29日

四月にアニバーサリーをお迎えの
新郎新婦様のお祝いの三日目です。


明弘さん&紗代ちゃん



ひがし茶屋街でお写真撮りの後
十月亭さんでお食事会をされました。


洋一さん&真紀ちゃん



洋装はハワイで和装では
兼六園や石川門にて撮影されました。


白山比咩神社婚の哲章さん&由佳さん



和田屋さんのお食事会で金澤modern水引の
オリジナルデザインのミニこも樽で鏡開きされました。


初彦さん&ユリちゃん



和婚式のお二人は、タキシード&ウェディングドレスは
21世紀美術館でめされました。


寿さん&ぴーちゃん



浅野川の桜並木で。


良典さん&美知留ちゃん



おまっちょろさんにお手をひかれて
東茶屋街を花嫁行列です。


けんいちさん&みのりさん



婚礼衣装柄を描いた金澤祝言こぼしを親御様に贈られました。


杉の井さんにてお食事会の
章良さん&真弓ちゃん



犀川の桜並木でロケーションフォトされました。


ノッチ&裕代ちゃん



前撮りは宇多須神社さんから石川門へと。


夏さん&文乃ちゃん



十月亭さんで二部式の祝言をされました。


こちらのお庭の藤の花も毎年楽しみにしております。



ツツジも咲いています。




今日はレモン色の耀が降り注いでいます。
「春暑し」という季語がぴったりな陽気で
GWが始まりました。
金澤syugenはGW中も営業いたしておりますので
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。


明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

朱鷺色の高根の花
2017年4月28日

四月アニバーサリーの新郎新婦様の
お祝い二日目です。


剛彦さん&優妃さん



宇多須神社さんの境内で婚礼衣装柄を描いた
金澤祝言こぼしを手に。

 
篤史さん&千恵ちゃん



町屋にて羊羹セレモニーです。


梅の橋で、俊介さん&沙奈絵ちゃん



ご結納の日に前撮りをされました。


幸弘さん&千草さん



成巽閣のなまこ壁で。


崇さん&夏代さん



兼六園のことじ灯ろうで。


智さん&トモミさん



十月亭さんでお二人だけの祝宴をされました。


尚さん&優美さん



和婚式のお二人は、前撮りでウェディングドレスです。


誠さん&渚ちゃん



浅野川の桜並木で。


けいちゃん&じゅんじゅん



杉の井さんでご親族とのお食事会をされました。


公司さん&桂子さん



白山比咩神社さん&和田屋さんでお食事会をされました。


 

通勤時によそのお家のお花を愛でるのが好きです。


 
白い小花の樹とツツジの樹がからみあって
一本の樹みたいになってきれいです。
ちょうど飛行機雲ができています。




こちらは、朱鷺色が神々しいシャクナゲですね。
高山植物のシャクナゲ様が今、金澤syugenそばで咲いています。
「高嶺の花」という言葉は、高山の奥深くに
咲いていて手に入れるのが難しいシャクナゲから来ているそうです。 


金澤syugenの前の通りももうすぐ咲き揃うようです。
四月のアニバーサリーのお祝いは明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

日本で一番美しいに違いない
2017年4月27日

今日から四日間は、四月にアニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いをしましょう☆”


徹哉さん&麗子さん



金澤神社さんの境内にて。


敬哉さん&美季さん



十二単の君です。


ウェディングフォト婚の浩志さん&さやちゃん



石川四高記念文化交流館で。


秀俊さん&ゆこさん



十月亭さんではこんな風に新郎新婦様が
おもてなしをされます。


カブさん&祐子ちゃん



寺島蔵人邸で篤姫の風情です。


智大さん&ユンナちゃん



オリジナルデザイン金澤modern水引の
ミニこも樽にて鏡開きをされました。


白山比咩神社さんで挙式をされた真一さん&志保さん



和田屋さんで春の山菜の装花のコーナーを作りました。


よしおっち&緑ちゃん



お友達にお披露目の1.5次会は洋装です。


久紘さん&祐希ちゃん



生まれ育った大野の港から宇多須神社さんへと
ご出立されました。


和装で前撮りの晃一さん&紗さん



兼六園の八重桜は、濃い桃色にシベが黄色です。


金澤syugenそばの小さな公園に小さな桜の樹が
二本あって毎年、四月の下旬に咲きます。

出勤時に愛でて



春の青い空をかきまぜるように枝が揺れています。


帰り道にも愛でる



夜を迎える準備を始めた、 
金色の光の粒子が桜の花びらをつつみます。


この桜はシベが緑色なのです。
目の高さにたわわに咲き誇る花を
「この桜はきっと日本で一番美しいに違いない」と
感じます。


四月アニバーサリーのお祝いは明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月27日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

シュールシュール
2017年4月26日

2012年組さんの花嫁OB様のさやちゃんに誘われて
和ごころ勉強会の参加してくださった剛さん
やっちゃん、もちろんムッチも一緒に
ひがし茶屋街のビール工房さんへ。


早く到着したから一人で町歩き。



いつのまにかこういうのが建っていた。
「金沢都市美文化賞」と。。。
・・・・・そんな賞があったことも知らなかった。。。


ひがし茶屋街一番丁は廓に縁の深い
職人さんのお店が多くあります。
「福嶋三弦店」前にいたら
黒猫ちゃんがやってきた。



え!猫ちゃんそこ三味線屋さんだよ!
シュールすぎる!




プランターをガシガシやりはじめた。




観光客さんが行き来する中、周りを
キョロキョロみながらトイレタイム。
逞しいな、ノラちゃんは。




マナーよく砂をかけて退出。
慣れたものらしい。




こちらもシュール。
お寺さんの前の花壇に「ブロッコリーみたい~」
と、よーくみたら「え?マジ?ブロッコリーじゃん!!」
数年前までこのお向かいは八百屋さんだったね。
だから?
いや、関係なかろう。。。


オリエンタルへ。



楽しかった☆”
和文化好きさん集まるとはずむー!
「俳句」「落語」「ディスコ」☆”
剛さんは「歌舞伎研究会」にいたんですって。


自家製ビール醸造工場をバックに記念撮影。



女子会に参加の紳士は、お気づかいなフェミニストさんでした。




やっちゃん、電車の時間あって「一足お先に」
だったので集合の写真には入れず、残念。
(JJの表紙風なやっちゃん^^)


お遊びだったので結城紬でおでかけしました。



辻が花柄の染めの帯です。




牛首紬のバッグとおついこ(金沢弁で
お揃いの意)感の帯締めです。


時々は、こういうの楽しいですね☆”
また誘ってくださいな。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月26日 カテゴリー: めしませ着物, プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「毎日っていいな」
2017年4月25日

やはり吉本ばななさんの言葉選びが
とても好きです。



「毎日っていいな」には、ご本人がおっしゃるように
「悲しいことや考えさせられること」は
書かれてはいません。




「昼のジンギスカン」の章で
「病に倒れた知人のご主人をお見舞いをするための旅」で
知人に急用ができて会えなくなり
温泉で生ビールという思いよらない休暇を楽しんでいると
件の知人が無理をして立ち寄ってくれるくだりがあります。

知人は心からの笑顔で淡々と今の毎日を語り(略)
ぎゅっとハグを交わしてさっと帰っていった。


だれの人生にも等しくたいへんな時期と
平和な時期があることを知りぬいた年齢にならないと、
できないような交流なのかもしれない。
「だれもが同じで、だからこそ今のあなたが妬ましい」というのではない。 

「それぞれの今を祝福して精一杯生きるしかない」
ということをわかりあっているということだ。

その祝福の気持ちが、たいへんなときを乗り切るための貯金になる。


もう、たまらなく心がホカホカにあたたまり
まあるいカタチになってゆくようです。 


“知人”のさりげなさがとにかくかっこいい。 
 そのお付き合いのありかたもかっこいい。
そっか、「貯金」か
金澤syugenは、ありがたいことに結婚後の
新郎新婦様ともお付き合いがあって
祝福させていただくシーンが多いのです。
幸せだ♫•*¨*•.¸¸♪✧
 


 
「めだかと生命」の章では 

最後に魂が去っていくその瞬間まで、
その生き物の個性を決定しているなにか
大きな美しいものはそこに確かにある。(略)


何回体験しても慣れることのない別れを味わうたびに、
自分も生きて死んでいく生物なんだということを
リハーサルさせてもらっているように思い、ありがたみを感じる。


大好きだった猫のモコとの別れが辛すぎて
どうもまた猫と過ごす勇気が持てないのですが。。。




「ご縁」の章では、おもしろいほど縁が広がるのですが

縁って、あまり何も考えなくても、
放っておいてもつながるようになっているのかも。 


ですね、きっとヽ( ´ー`)ノ。
お客様との出会いに「ああ、ご縁だな」と
しばしば感じております。





「ラ-メンと天ぷら」の章では 

今目の前でしょちゅうごはんをたべている人と、
いつ、もうごはんを食べたり笑いあったり
できなくなるかわらかないのだなあ、と思うことしかできない。
自分では決められない流れによって人と人は出会い、
いっしょに過ごし、別れて行く。(略)
「だから目の前でごはんを食べている人とちゃんと過ごそう」と(略)

でも、私はもう知っている、そうやって同じ人を好きで、
同じような気持ちでさっと集まれるその友だちたちの
笑顔や仕草やそのときに話し合ったたわいなことこそが目的なのだと。
そんな一瞬一瞬がぶどうの房みたいに集まって、人生の果実になってゆくのだ。


もうキーボードたたいていると
感動がよみがえって泣けてきます。 
一瞬一瞬の房を丁寧に大事にだいじに
過ごしてゆきたいものです。


とてもオススメの一冊です。
各章が3ページづつのエッセイなので
お忙しいかたの細切れ読書にもむいています。




今日は暑かったですね。




毎年、楽しみにしているご近所の藤の房が
急に色づきました。




しばらくは毎日遠まわりをしてでも見に行くと思います。
花の咲き具合が気になってしかたないものだから( •ॢ◡-ॢ)-♡。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月25日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

漆の赤
2017年4月24日

スマホちゃんと歩く「じゅん散歩」の
〆は兼六園です。
桜が爛漫と咲き誇り庭全体がどこからも
切り離された異世界のようです。



曲水にそって優しげな淡い色が連なっています。




この水は犀川の上流の辰巳用水から引かれたものです。




鶺鴒島は、別名「夫婦島」とも言われ
陰陽石(誕生)相生の松(結婚)五重塔(死)が
人生の三儀式を表しているそうです。




天然記念物兼六園の菊桜です。




むこうに卯辰山が見えます。
桜を見おろすと殿になったキブン♫•*¨*•.¸¸♪✧




兼六園の中に金澤神社さんがあります。


プロのお写真で金沢神社婚の新郎新婦様をご紹介します。


芋掘り藤五郎が砂金をこの泉で洗ったという
金城霊沢です。



臣さん&貴子さん




法大さん&美穂さん




也さん&サオリン


金沢神社さんの門や稲荷鳥居は朱塗りです。
漆の赤は、とても高価なものだったそうで
「けがれを払う」「災いをよせつけない」
などの意味があるそうです。


園内のお写真です。



圭介さん&寛子おねいさん




次郎さん&琴ちゃん




結婚式やロケーションフォトのお問い合わせを
お気軽にお待ちしています。
八日に渡っての「じゅん散歩」にお付き合い
いただきありがとうございました。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月24日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

花筏
2017年4月23日

じゅん散歩の七日目は、白鳥路の
ソメイヨシノのあとに咲くしだれ桜です。



かすかに夕闇の気配がします。




すっと伸びてゆく飛行機雲。




はかなげな花筏ゆらゆらと。




少しずつ少しずつ茜がかった陽射しが
強くなってしだれ桜の表情が
変わってゆくようです。




プロカメラマンの写真で大手門から
河北門をくぐり金沢城公園へと。
前撮りや当日撮りをされた
新郎新婦様をご紹介します。



健吾さん&まる美ちゃん




晃一さん&紗さん




誠志郎さん&道代さん




フレちゃん&千尋さん




たまに、本人登場もやらかしておきます。



水鏡にもしだれ桜です。
ちょうど紫の花びらがひらひらと
愛らしいことでした。


じゅん散歩明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月23日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

浅野川の桜
2017年4月22日

「じゅん散歩」六日目は、ライトアップされた
浅野川沿いの夜桜です。



この時期は、ガス燈の間にぼんぼりが淡い光を放ちます。




水鏡の灯りは、無数の硝子片がちりばめられているように
神々しく輝いています。




それでは、プロのカメラマン撮影の
浅野川沿いでの新郎新婦様の
季節は秋のお写真を紹介します。


金沢を舞台にした映画やドラマでは
必ずと言っていいほど登場する梅ノ橋にて



りょうさん&くにこさん




Kちゃん&聡ちゃん




暖さん&小百合ちゃん




忠司さん&映美さん


愛犬とお散歩できちゃいます。



成昌さん&カオリちゃん


主計町で



康弘さん&ナツメちゃん


浅野川大橋は、大正11年に路面電車が通るがために
木製からコンクリートの橋になったのだそうです。



大文さん&まゆみちゃん


中の橋は、その昔一文払ったことから一文橋とも呼ばれています。



秀憲さん&マキちゃん


紅葉の頃の結婚式やロケーションフォトの
ご予約をたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


さて、夜桜鑑賞では東の郭街と
いうこともあって坂本冬美さんの
「夜桜お七」をついつい口ずさみます。
さくら~♪ さくら♪ 見渡す限り~♪
さくら~♪ さくら♪ はな吹雪~♫•*¨*•.¸¸♪✧
「じゅん散歩」明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月22日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金沢の原風景
2017年4月21日

桜の金沢をスマホちゃんとゆく
「じゅん散歩」の五日目です。



金沢城から広阪の石浦神社さんや21世紀美術館へと続く真弓坂です。




咲き誇る桜が陽ざしに淡い色を添えます。




人力車で散策ができるのですね。




ぽってりと愛らしいことです。
 



ここは用水がドドドーっと大きな音を響かせています。
 



秋の真弓坂で前撮りや当日撮りをされた
新郎新婦様をプロのカメラマンが撮影した
お写真でご紹介します。 



けいじさん&しずなさん 




彬さん&朋子さん




マーチンさん&恵里ちゃん


町の中を用水が流れる金沢ならではの
原風景が美しいことです。
秋の「じゅん散歩」桜編は明日に続きます。




自然農法でお百姓さんをされているミカリンからのお知らせです。

明日4/22(土)18時頃、TBS系列「報道特集」で
国の自然栽培の取組みが特集として約20分放送されます。
様々な形で「自然栽培」に関わる人の生き様を通して、
全国の出来る限り多くの方々に伝わればと願っています。

子供達の世代もそのずっと未来の子達も
美味しいお野菜が食べられることを願っています。
是非、ご覧くださいまうように。

 

追記
ズッキーニを塩で焼いてすだち酢でいただきました。



ズッキーニ大好きです☆”
サザエは”半額”で買いましたの^^v。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月21日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

日常の幸せの風景と重なって
2017年4月20日

桜風景「じゅん散歩」五日目は犀川です。 



休日にランチした犀川沿いのお店からも
お花見ができました。
ちょいと背伸びなお店もランチなら叶います( •ॢ◡-ॢ)-♡。
窓の外に、うっすらとピンクが広がっていて
幸せだぁ♫•*¨*•.¸¸♪✧





芝生と桜。




自転車も嬉しそうです。
 



プロのカメラマン撮影の犀川緑地公園での
新郎新婦様のお写真です。



了さん&優紀ちゃん




お二人は、和装でも撮影されました。
 



崇典さん&悠ちゃんは、杉の井さんでお支度後
宇多須神社さんへとご出立されました。
金沢のいいところはたいがいのところが近いということです。
 



敬三さん&美子さん


敬三さんのコメントです。

(犀川は)サイクリングでもよく通りましたよ。
自転車通勤で犀川の自転車道を通ってましたからね。

日常の幸せの風景と重なるハレの日。
 

ウチの坊主は、犀川での新郎新婦様の写真を見て
「小さい頃、遊んだところ!」と歓喜の声。
幼い頃の良き思い出の河原が新鮮に見えたようです。


じゅん散歩明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月20日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

優雅に舞う花びら
2017年4月19日

能楽堂から成巽閣への道が好きです。
スマホ写真にての「じゅん散歩」の四日目です。



雪やなぎが咲いて。




サラサラ辰巳用水が流れて。




なまこ壁鮮やかです。




カクカクと曲がると護国神社さんに到着します。


ソメイヨシノの花びらがふわりとした風に流され
右へ左へゆらゆら舞いながら
足元に着地します。


「舞う」は、すり足で水平方向に動き
「踊る」は、飛び跳ねるような上下の動きなのだそうです。
話は桜からそれますが古くは「縞(しま)模様」の
縦の線を「筋」
横の線を「段」と言ったのだそう。
着物の柄のタイトルには、
今も「筋」は良くつかわれていますよね。


桜が舞い散る♫•*¨*•.¸¸♪✧
躍動感がある動きは「踊る」で
「舞う」は音を立てずに優雅な様。
能楽でも「踊る」とは言わず「舞」と言いますよね。



 
プロカメラマン撮影のお写真で新郎新婦様の
前撮りや当日撮りをご紹介します。


能楽堂で



夏さん&文乃ちゃん
 

成巽閣で



恭介さん&沙弥香ちゃん




順也さん&鮎ちゃん


 

裕規さん&アッコちゃん




哲也さん&明未ちゃん


護国さんで



臣さん&涼子さん




浩一郎さん&かさねさん 
宝生流能楽師の佐野玄宜師に舞っている風の
カタをつけていただきました(*^▽^*)


桜の路の「じゅん散歩」明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月19日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

温かみが淡く立ち昇る
2017年4月18日

昨夜からの風は、すごいことでした。
金沢桜百景「じゅん散歩」三日目は、
石川県立歴史博物館です。



風格ある赤レンガの館と桜の樹。




しだれ桜は、まだ蕾もありました。




透明の休息所からも桜が見えるのですね。




芝生がだんだんと青くなってきました。
ここまでは、私のスマホ写真です(*^▽^*)。




秋にレキハクで前撮りや当日撮りされた新郎新婦様を
プロカメラマンのお写真で紹介します。



宏樹さん&ハルちゃん




よっぴぃ&尚ちゃん




法大さん&美穂さん


紅色や橙色の落ち葉が陽を浴びて、
温かみが淡く立ち昇る秋。
日本の四季は美しいことですね。


「じゅん散歩」は明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月18日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

風がかもしだす韻律
2017年4月17日

スマホ片手にじゅん散歩の二日目です。
石川門には、加賀百万石の貫禄がありますね。



圧巻でした。




城に勝るものなしです。




北鉄のバスまでおしゃれに見えてくる。




NEWSによく出てくる通りですね☆”




秋に石川門で前撮りや当日撮りをされた
新郎新婦様のお写真をご紹介します。
 


章一郎さん&尚美ちゃん




哲也さん&千種ちゃん




洋史さん&啓恵ちゃん




みっくん&よこたん 




弘幸さん&由紀恵さん




勇史さん&piroちゃん




武ちゃん&裕美ちゃん


兼六園から金沢城へと続くこの路では
風がかもしだす見事な韻律が体感できます。


実りの秋の祝言は、お料理の楽しみもあります。
どうぞお気軽に秋の結婚式のお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月17日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

じゅん散歩
2017年4月16日

雨の尾山神社さんにてスマホで撮りました。



鳥居を抜けて桜咲く階段をのぼります。




本堂側からみたギアマン。
日本最古の避雷針があって
御神灯の光が日本海まで
とどいていたというからびっくりです。




小堀遠州作の池の水は辰巳用水なのだそうです。
雨の日は蓮のオブジェも石もツヤツヤしていて
きれいです♪


秋に尾山さんで挙式された新郎新婦様の
お写真をご紹介します。



直宏さん&光穂さん




寛之さん&加奈ちゃん




洋介さん&幸枝さん


尾山さんには、四季折々の美しさがあります。


今日から、金沢の桜散歩をのせてゆきます。
県外や国外にいらっしゃいます
新郎新婦OB様に金沢の桜風景をおとどけする
題して、「じゅん散歩」です☆”

投稿者 金澤syugen : 2017年4月16日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「親子共々頑張ります」
2017年4月15日

4月30日ランチ会を開催します。
帰省されていらっしゃるOB様の
お越しをお待ちしています


泉野小学校の角の桜の樹です。



今日はピカピカの一年生さん達と
パパ&ママのご紹介です☆”




2010年組さんの亮さん&美和ちゃん



琴菜ちゃんは一人っ子さんなので

娘の入学式最初で最後だろうから着物で行きたくてー

と、入学式のお着物選びの相談をしてくださいました。
大成功!ママもピカピカですね☆”

最近は、保育園も小学校も中学校も
夫婦で参加してますよ~時代ですね


イクメンさんですね。




2008年組さんの武ちゃん&裕美ちゃん



赤ちゃんの時からオオモノ感を出していた
直人くんではありますが、
弟くんが生まれてからはママに
くっついていた甘えっ子くんでした。
制服を着るとお兄ちゃんっぽいです!




同じく2010年組さんの優さん&晴香ちゃん



優月くんも、赤ちゃんの時に
ダッコさせてもらいました。
晴香ちゃんもきまっていますね☆”

当日美容室に行く時間がなさそうで
自分でもヘアセット出来ますかね

いつも淳子さんお綺麗にされてましたよね。

と、相談を受けてお役立ちグッズなどをご紹介しました。

髪は夜会巻きになんとかまとめました。
夜な夜な練習してよかった
色々と教えて頂きありがとうございました!

まとめ髪が素敵になって良かった♪




銀座で2009年組さんの慶一さん&さこちゃん



いろはちゃんとのお色のお揃い感がいいですね。
さこちゃんのお着物は加賀友禅なのだそうです。
お正月は遊びに来てくれて嬉しかったです。




校庭の桜の樹で2009年組さんのよっぴぃ&尚ちゃん



遙くん、ネクタイがカッコいいね。
赤ちゃんの時、まん丸のほっぺの男の子
ダッコさせてもらったね。
あのおさな子が、すっかりお兄ちゃんで
感慨深いことです。

おたふくもギリギリで治ったので良かったです。

慣れないことばかりで軌道に乗るまで
バタバタの日々が続きそうです
親子共々頑張ります
学校、楽しいようです。
それが一番です


良かった!
何よりです☆”




みなさん真新しいランドセルも
眩しく可愛らしいことです。
お勉強も遊びも楽しんでくださいねヽ(^◇^*)/
お友達大勢できますように☆”

投稿者 金澤syugen : 2017年4月15日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

行くけん待っとって☆”
2017年4月14日

今日はとても暖かいです。
我が家の窓から見える丘では淡色の霞が
上に上に広がってゆきました。
ピンクのボンボンに心癒されます。


熊本の地震から一年がたちました。
今も揺れが続いているそうで心配なことです。
先日、震災後に通行止めとなっていた
熊本城の行幸(みゆき)坂が
桜の時期にわせて解放されたという
NEWSがありました。
桜鑑賞に訪れた赤ちゃんを抱っこされた
若いお父さんが「この子が大きくなる頃
(修復された)熊本城をみに来て欲しい」と。
未来に明りが灯されるような
コメントに心がホッコリとなりました。

 
微力ではありますが農産品や畜産品を買うことで
熊本を応援できたらと考えています。
 


阿蘇の牧場のバターがおいしくって
度々、上あごの裏がフランスパンにやられて
痛くてヒリヒリになったりしています。
フランスパンを焼いてバターという
シンプルきわまりないことなのですが
まー、食べ始めたらやめられないのです。
 



家呑みでカマンベールチーズ☆”
熊本のお陽さまの恵みいただける濃厚さです。
 

天守閣は復興のシンボルとして再来年には
復旧されるのだそうで私は、そこを目指します☆”
温泉入って美味しい熊本を堪能したいものです。
行くけん、熊本!
待っとって、熊本!

投稿者 金澤syugen : 2017年4月14日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

もみじは、揉み出ず
2017年4月13日

喜久さん&美都子さん「翁媼祝言」がHappy Reportにご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=317&cat=cat2



綿帽子に白無垢のお姿で白山比咩神社さんにて挙式されました。




引き盃で和田屋さんの宴は始まります。




お庭は雪吊りで冬を迎える支度がされていました。


当日、お時間のある新郎新婦様には
当日撮りをオススメしています。
いわゆる前撮りのような雰囲気のある
ポージング写真も叶います。




おひらき後、ゆっくりとお写真撮りを楽しまれました。




紅葉のお庭で。


「もみじ」の語源は「もみづ」で
その昔、紅花を繰り返し揉むことで
鮮やか色を出すようなことを
「揉み出づ」と言ったそうです。
今のように染料のない時代の人々にとって
木々の色が派手な色に変わることは
驚くことだったようです。


喜久さん&美都子さんの秋の祝言の
Happy Reportをご覧くださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「赤のコーンも嬉しそう」
2017年4月12日

浅田真央ちゃんが選手を引退される
記者会見では、爽やかな力強さを感じました。
細っこくって可愛らしい真央ちゃんの
華麗な演技には魅了され続けました。
数々のスポーツには感動をもらえます。


毎年、春に必ずすることは陸上競技場でお花見します。



正面の銅像です。
ここでは「若い力」を口ずさみます。




100円カフラテがお供です。

 


青空にマーブル柄の雲。
芝生を歩いていると頭の中で中森明菜さんの
スローモーションが流れます。

出逢いはスローモーション
恋の景色ゆるやかだわ♫•*¨*•
出逢いはスローモーション♫•*¨*•.¸¸♪✧


来生えつこさんの歌詞っていいなぁです。




むこうの山の稜線が清々しいことです。




赤のコーンも嬉しそう
たわわたわわのさくらさくら。




飛行機が通過してゆきました。




おだやかな午後でした。


家族連れも多く写真撮りあっているのを見ると
「シャッターおしましょうか」と声かけてしまします。
「タテ一枚ヨコ一枚撮っておきますね」と
各二枚づつ。
『一枚くらいは気に入ってくれるのありますように』っと。
これは、職業病でしょうね(^_^;) 。




さて、真央ちゃん。
お姉様の舞ちゃんが
「ずっと、寒いところにいたから
(一緒に)暖かいところに旅行に行ってみたい」と。
なんと優しいお姉ちゃまなのでしょう。
いつか姉妹のアイスショー行きたいなぁ
っと、思っております。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月12日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「お母さんの人望やと思う」
2017年4月11日

先日、ユミコさんが遊びに来てくださいまして
幸せな時をアルバムで振り返ります。



アシスタントプロデューサーのムッチが
わくわく見とれています。


アルバムの写真は、こちらのです。



賀茂神社さんでの挙式、巫女さんのむこうには
私、淳ねぇ女将も友情出演です。


雅和さん&ユミコさんは、能登の里山にて
昔ながらのお嫁入りを再現されました。



ご生家でお支度されておまっちょろさんに
手をひかれて婚家に入られました。
ご近所のかたがたが「嫁どり」があると
大勢集まってくださいました。




そして、お家のお茶の間にも雅和さんのお母様の
お友達のかたがたです。
その昔の、婚礼が村をあげての祭だった頃の
祝いの習慣が今も受け継がれているあたたかい集落です。


ユミコさんは、花嫁タクシーから降りられた時、
「人が多くてビックリした!」と。
そして。「あんなにいっぱい来てもらえたの
お母さんの人望やと思う」とニコニコ(*^▽^*)。


ご結婚前から私達に「お母さん本当に優しい。大好き!」と
いつもお話してくださっていました。
祝言の日、お母様にお会いして納得でした。
愉快で朗らかで優しい、そしてとっても
可愛らしいお母様でした。




大勢のお友達が挙式のご見学にお越しでした。
お二人も人気者でいらっしゃいます。
 



キャンドルの灯りほのかな境内を
ユミコさんのお手引きをさせていただきました。




結婚式を振り返ってのおしゃべり
楽しかったぁ♫•*¨*•.¸¸♪✧
アルバムで見返すと美しい日本の原風景のような
挙式が蘇ってきます。




おしゃれなお菓子さんいただきました。


ユミコさんとはインスタグラムで繋がっていて

私も嬉しかったー
今度は二人で遊びに行きますね!


と、コメントいただき感激!!
ぜ~ったい来てね、待っていますから!


雅和さん&ユミコさん「仄灯り夢祝言」がHappy Reportに登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=310&cat=

投稿者 金澤syugen : 2017年4月11日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「甘いお菓子は食べません」
2017年4月10日

我が家から見える丘が淡色のヴェールを纏い
絵本の表紙のようです。
ザクっとですが50本以上は満開です。
こういう時、「頭は悪いが目はいい」で
良かったなぁーと思うのです。
窓の外に幸せがいっぱいひろがっている感じです♫



今日、足元で見つけた健気さんです。
いじらしい♫•*¨*•.¸¸♪✧




田中兆子さんの「甘いお菓子は食べません」を
図書館で借りて読みました。



第一章はあまりおもしろく感じられなくて
読むのやめようかしらんと思ったのだけれど
徐々に引き込まれました。
バトンを渡すように主人公がかわり
お話が繋がってゆく
最近こういうの多いです、わりと好きです。


「残欠」はアルコール依存症の女性の話で
親しかった友人を思い出し苦しくなりました。
主人公は飲酒すると、甘えさせてくれる相手や
自分より弱い相手に酷いことをするのです。
酔いから醒めて「覚えていない」というところも
そうでした、友人も。
本人の繰り返す後悔と不安や断酒との戦い、
家族の苦しみが描かれていました。


「母にならなくてもいい」が共感できて
おもしろく読めました。
広告代理店の女性管理職の主人公が
扱いにくい部下の接し方に悩みます。
自分に自信が持てず部下に恐れを感じたり
機嫌をとるように友好的に対応したり、
時には遠慮したりしてしまうのです。

あたしは人を育てるのに向いていないのではないか

最終、部下が彼女をボスと呼んでいたのを知って

初めてボスと呼ばれ、さーっと霧が晴れた気分だ。
あたしは母と呼ばれるより、ボスと
呼ばれるほうが何百倍もうれしいらしい。


部下をうまく育てたいと突き放したり
見守ったりが描かれていましたから
終わりですっきりしました。


「べしみ」は読みごたえアリのファンタジー。
べしみ(癋見)は口をしっかりと結び
怖い顔をした能面の名前なのですね。
タイトルの意は、
「甘いお菓子で前を向けるほど
オンナはラクじゃない」ということらしいです。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月10日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

恋教え鳥
2017年4月9日

金澤syugenは金沢の文京地区にあり
学校が多くその校庭には
桜の樹が植えられています。
泉が丘高校のグランドでも桜が満開です。



週末は、お仕事につきお花見には行けないのですが
泉が丘をぐるりとまわるとかなり満喫できます!




こんなに咲いているのにグランドには
人っ子一人いなくてもったいない気がします。


さて、今日は季節先取りの祝言
鶺鴒鳴の頃の結婚式やウエディングフォトの
お写真を紹介します。


マーチンさん&恵里ちゃん



石浦神社さんから石川門へと花嫁行列を
されました。


優さん&晴香ちゃん



宇多須神社さんでの挙式、東茶屋街の
十月亭さんでご親族様と一部会
続いて、ご友人との二部会をされました。


洋介さん&幸枝さん



尾山神社さんにて前撮りをされました。


一郎さん&愛さん



白山比咩神社さんで挙式、和田屋さんにて
ご親族とのお食事会をされました。


巧央さん&昌代ちゃん



料亭さんにて人前式&ご披露宴をされました。


鶺鴒鳴(せきれいなく)はせきれいが鳴き始める頃。
別名は「恋教え鳥」と言われる
せきれいはつがいになると、大変仲が良く
縁起の良い鳥なのだそうです。


さて、泉野出町は閑静な住宅街なので
通勤の楽しみはよそのお家のお庭を愛でることです。



木蓮の花が咲くと小鳥が樹に
とまっているようというのはなるほどです。
いっせいにかしましく囀りそうな勢いです。
こちらのお家の木蓮の樹は立派で
毎年花が咲くのを楽しみにしています。
日本の四季の移り変わりは、
花や風や雲や虫や鳥が教えてくれます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「男伊達廓」
2017年4月8日

家から見える煉瓦色だった丘に
薄紅色のボンボンが増えてきました。
丘には160本のソメイヨシノやヤマザクラが
植えられているそうです。
窓の外を見る度に咲き進み
ふわりふわりと霞が広がってゆくようです。


昨日に引き続き、金沢歌劇座の海老蔵歌舞伎
「古典への誘い」へとお出かけのReportです。



幕間もはしやぃでいました。
ユキリコフちゃん&ムッチ&ミカリン
いきなりのEXILE。




海老様観衆のお菓子だそうよ。
この後、ご一行様試食に行く~♪




見栄きってみました。


もうすぐ二幕が始まるベルがなって席へ。



幕があくまで座席で今撮ったばかりの写真を
見せ合って楽しんだのですが
ユキリコフちゃんが何故手首に海老様
手ぬぐいを巻いているのかは不明。。。




わざとらしぃーく読み入っています(^_^;)


海老蔵さん迫力あります!
「男伊達廓」は躍動感が楽しかった♫•*¨*•.¸¸♪✧
シルクドソレイユの和バージョンな感じもあって
華麗な立ち廻りでした。
目ヂカラすごいことで
おひねり投げる時、飛んでこないかなぁーっと
「えびぞーさーーーーーん」と
声揃えてよんだもんねー。
三度目のカーテンコールでは
スタンディングオーベーションでした。
観客のみなさんとの一体感もいいねです。




終宴後は、歌舞伎幕をバックに撮っておきたいよね。




ご縁のあるミキティさんも一緒に。


ここでミキティさん一口メモです。
昨年の夏、花嫁OB様の彩奈ちゃんが
捨てられ猫ちゃんを保護して里親さんを
探していました。
猫ちゃんに会いに行ったところ
人見知りでおびえてすみっこにいる子でした。
写真をインスタに載せたところ
ミカリンがミキティさんへ、
そして、ミキティさんから姉上のもとへと繋がり
姉上様が里親さんを申し出てくださいました。
あの時の人見知りな猫ちゃんは
やんちゃもしながらノビノビ
生活しているそうですヽ(^◇^*)/。




余韻楽しみつつ帰路へ。


終演後、ダッシュしたやっちゃんと
祐子ちゃんも一緒の一枚をオオトリにしましょう。



番傘をさすポーズのつもりがピコ太郎にしか
見えない。。。。。


この日、歌劇座にむかう時、寺町通りで
桜が咲いていました。
2010年組さんの祐子ちゃんは寺町の
松月寺さんの国指定天然記念物の桜の樹で
ウェディングフォト「花の精」
撮影をされましたの。


松井の館におでましされたユキリコフちゃんから
お土産いただきました。



いつも恐縮です。


花嫁OB様達や業者OB様
そして、お友達のみなさん仲良くしてくださって
ありがとうございます☆”
また、一緒にお勉強したいですね(o^∇^o)ノ

投稿者 金澤syugen : 2017年4月8日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「身替座禅」
2017年4月7日

花嫁OB様達や業者OB様、そしてお友達と
金沢歌劇座の海老蔵歌舞伎「古典への誘い」へと
お出かけしました☆”



市川海老蔵ののぼり旗と。
開演前から、なんだって楽しいのです。




風が強かったのですが、ミカリンとミキティさんと
ユキリコフちゃんとムッチ笑顔えがおです。




やっちゃんや祐子ちゃんとも合流して
並んで見栄をきってみました。




チケットを手にワクワクがとまらない。


海老蔵さん監修の和菓子んとこで。



ユキリコフちゃんは、2012年のこの日が
ウェディングフォト「富士見櫻祝言」をされた
記念日でした☆”




ミカリンの金澤つまみ紗衣句
オリジナルデザインのかんざしが大人可愛いね☆”




海老サマ・・・。


「身替座禅」は楽しい解説から始まり
お話はユモーラスでわかりやすく
ゲラゲラ笑いました。
海老蔵さんの淡藤色のお衣装が美しく
見事な優男っぷりに色気を感じました。


侍女役のお振袖と帯も豪華で
しなやかな身のこなしに見とれてしまいました。
太郎冠者が被っていた(後に、奥方が被る)
袖の着いた衣装(打掛のようなカタチ)は
衾(ふすま)と言って
現代の掛け布団にあたるのだそうです。
と、知るとさらにストーリーがわかりやすくなります。


上司の言いつけが断れなくって
布団をかぶってばれないように
声をたてず食べたいお菓子をすすめられても
手も出せず必死にガマンして身代りをするのです。
上司のムチャブリは現代にもあるようなお話です。


幕間です。



ここで、北國新聞さんの「身替座禅」を観ての
感想を記者さんにインタビューされました。




「衣装が艶やかで素敵だと思いました」とこたえたところ
「衣装がステキ」と載りました。
なんか重厚感なくなったんだなぁー(^_^;) 。
 



もうすぐ二幕「男伊達廓」です(*^▽^*)。


Reportは、明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月7日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

イタリアへのお供
2017年4月6日

今日は、市川海老蔵さんの「古典への誘い」に
行ってまいりました。



楽しかったですヽ(^◇^*)/。
Reportは、追ってのせます。


只今、発売中のclubism4月号に
みどりさんの祝言のお写真が
掲載されました。



和田屋さんにてお支度が整い、
箱せこに生花を飾りました。


金澤syugenでは「当日撮り」をオススメしています。



陽気なお二人、可愛くはしゃいでお写真にこたえます。




末広をお手に持っていただいて粛々としたお写真も。




人前式では、赤い薔薇の花の水引を薬指に
贈られました。


みどりさんからのメッセージです。

今年行けたら見せようと思います。

clubismがイタリアへのお里帰りのお供できちゃうのですね。


ジェトゥリオさん&みどりさんの
「真貴奉祝言」Happy Reportもご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=311&cat=

投稿者 金澤syugen : 2017年4月6日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「家族皆んなでお騒がせ」
2017年4月5日

4月8日から兼六園の無料開放が始まるそうです。
さっき通ったらまだ蕾のほうが多い感じでしたが
週末は見頃になることでしょうね。




公園には、ちょうど咲き誇っている
愛らしい桃の樹がありました。


さて、2011年に十月亭さんにて人前式&お食事会を
された健二くん&友美ちゃんがお嬢ちゃま達と
遊びに来てくださいました。



美緒ちゃん、パパ&ママの結婚式のお写真を熱心に
ご覧になっています。




美結ちゃんはネムネムでママから離れられません。




健二くんは若々しい、なんならお子さんと
兄弟喧嘩して無邪気にはしゃいでいらっしゃいましたから。


友美ちゃんはあいかわらずおしゃれさんだし
お美しいことです。



美緒ちゃんバレエを習い始めで
あれこれ披露してくれて、もう
可愛いったりゃありゃしないのですヽ(^◇^*)/


顔はママ似の美人さん
陽気な性格はパパ似ですね(o^∇^o)ノ



へらべったくなってみましたな美緒ちゃん(^◇^*)
運動能力がすごいことで、将来は
シルクドソレイユか宝塚か~♪
楽しみですね☆”




お二人からいただいた上品な洋風の最中です。
おいしかったです♪
ありがとうございました。


健二くんからのメッセージです。

結婚式の写真も娘と楽しく見れました♪

あの時はこんなかわいい娘たちと
出会えるとは思っていなかったです(^^)

今日は家族皆んなでお騒がせしましたが、
また時折伺いますね


なんて幸せなことでしょう。。。
お見送りしている時、嬉しくって涙がでました。
ご結婚七周年を迎え、穏やかで
幸せな暮らしぶりを伝えていただけて
本当に幸せです。
感謝☆”

投稿者 金澤syugen : 2017年4月5日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

福ちゃんは名プレーヤー
2017年4月4日

朋之さん&福ちゃんのお衣装が決まりました。



唐織のお打掛「松御車草花文」は
艶やかなことです。


宇多須神社さんの挙式では、
緞子の「花車 鶴に流水」をめされます。



福ちゃんは、シャイさんでお顔出し
NGなのですが色白の美人さんです。


初めてお会いした日にお好きなお色をうかがったら
「白!」とニッコリヽ(^◇^*)/
なので、金澤syugenそばで見つけた
白い衣を纏ったカワイコちゃん達を紹介しましょう!



白梅が咲きました。




道端で見つけた白椿です。




こちらの木蓮はもうすぐ咲きそうです。
真っ青な空に白い蕾のコントラストが鮮やかです。


福ちゃんは打ち合わせにいらっしゃる度に
私達を笑わせてくれます。
とにかくおもしろいのです!
名プレーヤーと言って良いでしょう。


明るくて可愛らしいお二人の個性と
金沢らしさを存分に表現できる祝言を
心をこめて創作させていただきます。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月4日 カテゴリー: 創作祝言 | 2件のコメント »

2件のコメント

  1. 朋之 より:
    ブログに載せていただきありがとうございます☆
    またお伺いしますのでよろしくお願いします♪
  2. 淳子 より:
    腹筋鍛えておきますね☆”
    あー、思いだしたら
    また笑けるわらける。。。

コメントをどうぞ

「ただしくないひと、桜井さん」
2017年4月3日

今朝の全国NEWSで
「金沢は午後から雷雨となりヒョウも降ってくる」
「木の下には行かない。建物の中に避難」
と、びびらされるも光あふれる気持ちいい朝でした。
我が家からみた今朝の日の出です。

 

午後1時「竜巻注意報」とNEWS速報があり
1時45分に雷がゴロゴロ、ゴロゴロと鳴り響き
予報はあながち外れてもいなかったようです。
大事に至らずなによりです。




滝田愛美さんの「ただしくないひと桜井さん」 を
図書館で借りて読みました。



「学童保育のような場所でボランティアをする
桜井さんはやる気がなさそうに見えて
子供たちからはなぜか人気者」という
紹介だったのでほのぼのとしたお話と思って
読み始めたらセンセーショナルな内容でした。


いくつもの愛のカタチとカンケイが登場します。
中でも、高齢の女性と孫くらいの年の
青年との恋が一番ビックリ。
これからそういうのもありな時代が来るのかしらん。。。


ネタバレになってはいけないからかけないけれど
死を目前にして貫く不貞の妻、
そこには背徳の念のようなものは
露ほども描かれていないのです。
「真実の愛」へと昇華させるかのような
女性の生きざまは圧巻でした。


倫理的に絶対にいけない
ありえないというカンケイが、
なんだか純愛と思えたり
物語の最終章にドンデンがあって
それは、確かに良識からは大きく外れているけれど
どこか小気味良さ感じました。


夕食後、読み始めたらやめられなくなって
一気に読みました。
色んな人の人生が繋がって
絡み合う感じがおもしろかったです。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月3日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

真夏の光を吸い込んで
2017年4月2日

季節先取りの結婚式、今日は立秋の頃の
お写真をご紹介します。
暦の上では、秋になるのですが
真夏の光を吸い込んで葦の葉の先まで
緑に輝いている季節です。


宏樹さん&はるちゃん



朝早くにお支度をされ本格的な
暑さになる前にサクサク撮影。
レキハクの煉瓦と芝生がみずみずしいことでした。
神戸のホテルの結婚式で和装のお姿を
お写真でご披露されました。


主税さん&千晃ちゃん



朝の梅の橋は風がそよそよと清々しいことでした。
この後のお食事会は、スーツ&ワンピースの
お姿で過ごされました。


友和さん&香織さん



宇多須神社さんから東茶屋街を
花嫁行列で十月亭さんにお運びなられました。


寛之さん&加奈ちゃん



夕方、ロケーションフォトへとご出立されました。
アサガオは、秋の季語なのだそうです。


マーチンさん&恵里ちゃん



石浦神社さん挙式&町屋和婚のお二人は
前撮りでタキシード&ウェディングドレスをめされました。


功央さん&昌代ちゃん



前撮りでは、幕末の館に花嫁のれんを
飾って撮影されました。
この模様は「祝言は金沢で」というタイトルで
北國新聞さんに大きく記事が載りました。



撮影の時間帯を工夫したり
蓄冷剤で身体を冷ましたりと快適に
過ごせるようにお手伝いしております。
夏の婚礼のご相談をたまわっています。

投稿者 金澤syugen : 2017年4月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

手間暇かけて丁寧に着る
2017年4月1日

今日は宇多須神社さんにおついたち詣りに
うかがいました。



朝の境内の掃き清められた砂利が清々しいことです。
桜のつぼみが膨らんで来週は咲きそうですね。




手水舎には朝の柔らかい耀が美しい。


今週は金澤syugen定例のお着物の勉強会がありました。
お着付けの先生の鶴ママが、ほぼ一日費やして
いろんなことを教えてくださいます。



まあるいカタチが可愛いお針箱は
KENさん&TOMOさんからいただいた
銀座あけぼのさんのお菓子の空箱です。




春っぽく半襟をチクチクつけてアイロンがけです。
苦手だけどがんばれるのは、お着物好きさんとの
おしゃべりも楽しいからヽ(^◇^*)/


着物の帯結び学びの時間もありました。
鶴ママ曰く「着付けの便利な道具は、
いろいろ出ているけど昔ながらの
『糸と針で縫う』『お紐で着る』のが
一番きれいに仕上がる」と。
手間暇かけて丁寧に着る
和装にはそんな喜びがあります。


追記
この日の美味しかったさん達です。



お昼はおそば、大きななめこが美味しいなぁ。




おやつの時間は鶴ママお手製のポティート様。
ちょこっとな和裁でさえも
不器用な私にとってはなかなかの苦行。。。
けど、愛情いっぱいのおやつ食べて
がんばれちゃいます☆”ホクホク~♪

投稿者 金澤syugen : 2017年4月1日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ