恭介さん&紗弥香さん「灯籠鬢 巽御殿」フォト 兼六園・東山

コメント

「裃(かみしも)が着たい」という願いが叶った恭介さん
お殿様&姫っぽく成巽閣から撮影はスタートしました。
一面苔で覆われた庭園には、辰巳用水から兼六園の
曲水の分流が土縁に流れていて
手水鉢・灯籠・松の木・大きな飛石・なまこ壁と
まるで時代絵巻にいるかのようなロケーションです。

自髪で結い上げられた「灯籠鬢(とうろうびん)」の
アレンジはまさに江戸の美人画の趣です。
金澤つまみ紗衣句の箔鶴のかんざしと観葉植物のアイビーで
爽やかさと華やかさを演出しています。
金澤つまみ紗衣句末広ブーケは芍薬と箔鶴モチーフです。

石川門から宇多須神社さん、ひがし茶屋街でも撮影されました。

髷を小さくしてやまと髪に漆の花かんざしを飾れば
清楚で愛らしい印象です。
相撲の行司さんスタイル、これも恭介さんの夢でした。

        
このページを閉じる