金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
皇室アルバムのよう
2017年11月14日

和田屋さんで紘さん&美優さんの
秋芍薬祝言がありました。



窓の外にはみごとな錦の屏風です。




お二人がめされた紋服と白無垢の
金澤祝言こぼしをセッテングしています。




こちらは、打掛柄の金澤祝言こぼしです。
 
 


打掛は秋山章作の本手描き友禅「天寿豊鶴」です。


帯山にあるグラデーションの芍薬を水引で表現しました。



オリジナルデザインの金澤modern水引の
ミニこも樽で鏡開きされました。




大鯛の唐むしです。
武家文化の国らしく、切腹を思わせる
腹開きではなく背開きにした
雄鯛と雌鯛が腹合わせになっています。


ご両家ともほがらかなご親族様で
お酒のお好きなかたも多く
私も日本酒談義に少しまぜてもらいました(*^▽^*)。



厳かに杯ごとと謡で始まった祝言は
小さいお子様達の笑い声もなごやかで
皆様、お食事とお酒を大変
楽しんでいらっしゃいました。
その昔の婚家で執り行った家婚式は
きっとこんな感じだったのではないかしらと考えていました。


ご親族紹介の時の一言が皆様
ユーモアとウィットに富んでいて楽しいことでした。
あとで、おばさまに
「結婚はロマンとガマンですね」と申し上げると
「覚えていてくれたの^^」と喜んでくださいました。
なかなかの格言なのでこれから先も
お言葉を大事にします!(^^)! 。


お庭で集合写真を撮ったのですが
和装のご婦人も多く「皇室アルバム」のようでした^^



お手伝いの未樹さんが撮ったお庭です。




幾種類もの苔があって。 




お客様をお見送りの頃には、
灯籠に明りが燈っていっそうゆかしい風情です。


お見送りの時、皆様から
「お料理が美味しかったよ、
楽しかったですよ。」とお声を
掛けていただいて感動でした。


ほがらかなご親族様の穏やかな宴の
お仲間に入れていただきましてありがとうございました。
紘さん&美優さんいつまでもお幸せでありますように。


追記



私も芍薬柄の帯に芍薬モチーフの
九谷焼のかんざしを選んでテーマによせてゆきました。

投稿者 金澤syugen : 2017年11月14日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

« メイン »

コメントをどうぞ