金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
最近のコメント
アーカイブ
金澤syugen 過去ブログ 2010年8月以前はこちら
ブログ
 
加賀のお国染め
2019年2月27日

金澤syugenではプチギフトにも
金沢らしいお品をご紹介しています。



花嫁のれん柄の東レクリーニングクロスは
フレームに入れて飾るもよしな愛らしさで
お若い方にもi padやメガネ拭きにお役立ちの
金沢スタイルのウェディングギフトです。

加賀能登には婚家の仏間に加賀友禅の
内のれんをかけて花嫁様が
くぐるならわしがあります。
のれんが風に揺れる様子から
婚家になじみますようにという謂れがあります。

東レクリーニングクロスは他に
藍染の加賀風呂敷柄がありまして
男性のポケットチーフにもおしゃれさんです。
束ね熨斗や宝尽くしの伝統の和柄があります。

外出先でスマホやメガネをフキフキしながら
素敵な結婚式だったこととか
お付き合いの思い出とか
ちょこっと会話がふくらんだら素敵だなぁと思うのです。

2019年2月27日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「珠玉」
2019年2月26日

以前、彩瀬まるさんの
「眠れない夜は体を脱いで」
「桜の下で待っている」などを読み
好きな文体だと感じる作家さんだったので
図書館に「珠玉」を予約して楽しみにしていました。



ですが、最初のほうは小間切れに
語り手が前ぶれなく変わるので
「え?だれ?目線?」
と、見失う感じになって
読みにくく、少し戻って読み返すと
「ああ、なるほど」でした。
黒蝶真珠目線なんて考えもしなかったのです。


祖母が美貌の偉大な歌姫であることが
プレッシャーで自身の外見や才能に
コンプレックスを抱く女性が主人公です。


読んでて、昭和のスターの祖母の
設定に山口百恵さん、中森明菜さんがよぎりました。
読後、参考文献を見て納得でした。


本物と偽物の違いについてお話は展開します。
樹脂パールが黒蝶真珠に話す言葉

それ自体の価値は大したことなくても、
自分の味方だって強く思えるものが
鞄に入ってるだけで、ずいぶん頑張れたって。

偽物であっても本物であっても、
その人の価値観次第で珠玉になるということでしょうか。


誰もが大事な「珠玉」を
持っているはずと教えられるお話でした。

2019年2月26日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

初夏の祝言
2019年2月25日

季節先取りの祝言は二十四節季
七十二候の蚕起食桑の頃に
結婚式やロケーションフォトをされた
新郎新婦様をご紹介をします。


雄一郎さん&ゆかりちゃん



白山比咩神社さんから花嫁行列をされました。


金環日食の日にフォト婚の一也さん&加代子さん



洋装では21世紀美術館にてロケーションフォトをされました。


和田屋さんにて康夫さん&文佳さん



お庭は透明度の高い初夏の日差しにあふれています。


老舗料亭さんにて千尋さん&佳代ちゃん



人前式に続いてお食事会的なご披露宴でした。


金澤町屋和婚に続いて兼六園に
当日撮りへとおでかけのトールさん&なっちょ



かきつばたが鮮やかなことでした。


金澤syugenではパッケージの商品が
ありませんので様々な微調整も叶います。
この春のお写真撮りや挙式サポートも
お受けできますのでお気軽に
お問い合わせくださいます様に。

2019年2月25日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

昔ながらのお嫁入りのお手伝い
2019年2月24日

昨日は花嫁様がご生家でお支度をされる
昔ながらのお嫁入りのお手伝いを
させていただきました。


留袖をめされたお母様から
仕上げの紅を置く紅差しの儀
そして、おまっちょろさん役のお振袖姿の
妹様にお手をひかれてのご出立となりました。


大勢の地元の方々がお祝いに
かけつけてくださって、
小さいお子様からお年寄りの方
ワンちゃん連れの方みなさんと記念撮影も叶いました。


ご近所のみなさんにふるまわれた五色饅頭です。



五色饅頭は地域によって趣が違うのですね☆”


ご近所のみなさんが、ご家族で
お饅頭をかこんで
お嫁さんがきれいだったこと
お嫁さんとの小さい頃の思い出など
お話の花が咲くのでしょうね。
幸せのお福分けです( •ॢ◡-ॢ)-♡。


白山比咩神社さんへのご出立を
盛大な拍手で見送ってくださいました。
それはそれは温かい風景で
お嫁入りが町をあげての祝い事だった頃の
日本の原風景のような懐かしさを感じる
結婚式に感動しました。

2019年2月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「おとぎカンパニー」
2019年2月21日

田丸雅智さんの「おとぎカンパニー」は
グリム童話やアンデルセン童話などを
素材にしたブラックファンタジーです。



「マッチ売りの少女」のパロディの
「夕陽売りの少女」のノスタルジック感が
なんとも好きでした。

夕陽のように見えるだけじゃないの。
人の中にある、夕陽の思い出にも火をともせるものなの

読みながら、幼い頃にみた
そろばん塾の帰りに坂の上からみた夕陽や
近所の小路からするお出汁の匂いまで蘇りました。


現代を舞台に風刺やホラーもあったけど
田丸雅智さんが描くとほわりとあたたかいのです。
勧善懲悪で誠実であることの大切さを
教えてくれるものもあります。
まだまだ寒い日はあるけど暖まれる一冊でした。

2019年2月21日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

女学院の職員室で乾杯なのだ
2019年2月20日

この日、金澤syugenのお着付けの
先生の鶴ママが誕生日を祝ってくださいました。



昭和の頃は、ドレスメーキング女学院だったという
学校跡地にランチにおでかけしました。




ここは職員室だったそうです。




今日のメニューです。




学校でお酒ってなんだかおもしろい。


鶴ママからお土産をいただきましたの。
甘いモノから辛いモノから
酸っぱいモノまで詰め合わせてくださいました。



毎年、梅干しを漬けられるそうで
今年の初物を一番にいただきました。
肉厚で美味しかった♫•*¨*•.¸¸♪✧
加賀紅茶のブランデーケーキ贅沢過ぎる^^
幸せ感じるんだなぁ




おしゃれ番長な鶴ママのセレクト
顔が明るくみえるというフェイスパウダーもいただきました。
優しいお手紙も添えられていてホロリ。


しっかし、笑ったわらった
お着物談義やお野菜のことなどなど
10年以上金澤syugenを変わらず
見守ってくださっていてありがとうございます。

2019年2月20日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「金澤祝言さんオススメします‼」
2019年2月19日

学さん&英美里さんがHappy Reportに登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=341&cat=




撮影の日、花束を贈る学さんの心粋がいいねです♫•*¨*•.¸¸♪✧




鼓門での撮影が夢でした。




歩く姿もサマになってるんだなぁ( •ॢ◡-ॢ)-♡




雪の精だね、英美里さん☆”




クラシカルなロビーで華やかなことです。


学さんから嬉しいメッセージいただきました。

とっっっっっっっても
素敵です❤️❤️❤️
ありがとうございます‼️
画像もキレイで
素晴らしいです❤️❤️❤️
金澤祝言さんにお願いして
本当に良かったです❤️❤️❤️
ありがとうございました
ヘアメイクさん
カメラマンさんにも
お礼お伝え下さい
もちろん淳子さんには
感謝しております

めっちゃ素敵な仕上がりで
感動しました
思い出してウルウルしてます。
妻も感動してます
さすが皆さんプロだなぁ…と。
身近に結婚する人がいれば
金澤祝言さんを必ずオススメします‼

なんて可愛いこと言ってくれちゃうのでしょうヽ( ´ー`)ノ


これは、私のスマホで撮った舞台裏です。
足元が濡れているところでは
明太子を包むようなシートを都度ひいての撮影でした。



カメラマンさん美装スタッフさんとの
チームワークも良くみんなで協力しあって
お祭り騒ぎのような撮影で
「楽しかったね、きれいだったね」と
達成感に充たされ幸せをいただきましたよ。


Happy Reportぜひご覧くださいね。
今年は雪が少なくラクチンでしたが
この日ばかりは降ってくれたことに感謝しました。

2019年2月19日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「吹上奇譚第2話」
2019年2月18日

吉本ばななさんの「吹上奇譚第2話」は
前作に続いての哲学ホラーとのことですが
人情味もあってファンタジー色強く
屍や墓場と死の匂いがするのに
どこか牧歌的で爽やかです。



美鈴という少女が話すと

言葉がこんぺいとうくらいの小さな字が
ぽろぽろと口から出ては、雪みたいに消えてゆく

楽しいじゃありませんか(o^∇^o)ノ
ばななワールド炸裂です。


少女の霊に取り憑かれた美鈴
(黒美鈴とよぶのですが)のくだりでは
霊も霊に体をのっとられたほうも
互いを思いやる感じが優しくてホロリときました。


あとがきで、今回の作品の執筆の時期は
「青春を象徴した人たちとの別れ」が
多くあったそうです。
大切な人達や愛犬、
おばあちゃん猫ちゃんと続く
悲しいお別れがあり
30年の戦友だったという、さくらももこさんとの
ことにもふれていました。


吹上奇譚第1話に続いて
深いテーマを扱っているのに
あったかくほのぼのするお話でした。

2019年2月18日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

お嫁入り前の素敵な演出
2019年2月17日

Aさんのご生家の座敷にお飾りがされました。



この写真を見ただけでジーンときます。
お嫁入りの前日に座敷に打掛を
飾りご家族で過ごすと言う
加賀のよき婚礼のならわしです。


Aさんからスマホのお写真とともにメッセージをいただきました。

花嫁のれんは、同級生のお母様のものです。
この奥に仏間があります。


見事な加賀友禅が座敷を華やかに彩ります。
本来、新郎家の仏間に飾って
花嫁様がくぐる内のれんですが
お衣装のお飾りにさらに素敵な演出となりましたね。


季節柄、雪の心配をしていたのですが
今年は積雪もなくご自宅でお支度
そして、ご近所のみなさんにご挨拶をされて
白山比咩神社さんへとお運びになります。


お家から神社さん、そして和田屋さんでの
お食事会まで心をこめてお手伝いをさせていただきます。
日本の原風景のようなお嫁入りが待ち遠しいことです。

2019年2月17日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

クラシカルなモダン美装
2019年2月15日

昨日に引き続き、和様折衷が光っていた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


ミュシュランの老舗料亭さんにて了さん&優紀ちゃん



おひらき後に犀川でもお写真撮影されました。


町屋に花嫁のれんを飾った沙織ちゃん



生花のブーケとかんざしが優しげです。


和田屋さんの座敷にてTOMOさん



畳のお部屋に純白のドレスがエレガントなことでした。


城を舞台に長くひいたベールは圧巻でした!



洋装で人前式をされたみっくん&よこたんです。


クラシカルな和モダン美装のご相談をたまわります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

2019年2月15日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

和洋折衷のドレスコーディネート
2019年2月14日

今日は、バレンタインデーですね。



祥紋、鶴亀、松竹梅、鱗、柚子、籠目、
青海波、市松、紗綾形、麻の葉、七宝
などの和の紋様の美しいチョコで
日本酒、柚子、抹茶、日本酒、伊予柑
などなど和ティストのお味です。

今日は和様折衷の美装コーディネートで
ウェディングドレスをめされました
花嫁様のお写真をご紹介します。

21世紀美術館にて涼子さん



紅をテーマにした金澤つまみ紗衣句の
かんざしと末広ブーケです。

町屋に花嫁のれんを飾った座敷にて翆子さん



シフォン素材のドレスに生花のかんざしと
リストコサージュです。

老舗料亭さんにて弘衣ちゃん



シャンパンカラーのドレスがエレガントなことでした。

昌代ちゃん



金澤modern水引のチューリップの
ブーケと髪飾りにベールを纏われました。

和様折衷の金沢スタイルの美装コーディネートは明日に続きます。

2019年2月14日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「乗り越えられない壁はない」
2019年2月13日

金澤syugenそばの柚子の黄色が鮮やかなことです。



昨日、ある知人から久々に電話がありました。
仮に澄美さんとしましょう。
「あの時、淳子さんのアドバイスがあって
手術を受けて元気にしています」と
澄んだ青空みたいにすがすがしい
お声で話されました。


以前、澄美さんから癌になったことを
告白というよりセリフを言う感じで
たんたんと話されました。
その時、手術を受けることを迷っていると聞き
「お子さんのために生きて欲しい。
手術を受けて欲しい」と言いました。


縁というのは計算して作れるものではなくて
必要だから出会うんだってのはホントですね。
あの時、いいタイミングで話ができて
良かったって、しみじみ思いました。


昨日の澄美さんの声はあたたかい
生命力に満ち溢れていてスマホからでも
その力強さにこちらまで元気になれる気がしました。
今は、海外にもお出かけだそうです。
かっこいいんだなぁ( •ॢ◡-ॢ)-♡


昨日は、奇しくも池江璃花子さんのNEWSがありました。
今は白血病は治る病気だから
完治されますようにといのります。
そしてまた、あの愛らしい笑顔にあえますように。

2019年2月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「あなたの愛人の名前は」
2019年2月12日

島本理生さんの「あなたの愛人の名前は」は
ドキドキあっという間に読めます。



恋愛とは言えないような危なっかしくも
引き寄せあう男女の関係が
人称の異なる短編で収められていて
お話達が繋がっているのです。
一個だけ猫目線の章がありましたっけ。


「氷の夜に」が純文学のような文体で
「あなたは知らない」と「俺だけが知らない」が
女性側からと男性側から一対の作品でした。


道ならぬ恋、幸福感をえたいと
埋められないものを補う感じの男と女。
が、島本理生さんの繊細な感情の表現で
描かれると湿度持ちつつの清涼感がありました。

2019年2月12日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

安宅住吉神社さんの起舟祭
2019年2月11日

今日2月11日、安宅住吉神社さんで
起舟祭が執り行われたとNEWSで見ました。

北前船の船出祝いを起源として
船乗りから奉納された大盃を使用した祭礼

とのことです。
朱塗りの大盃のお神酒に浮かぶ
赤い椿の花も鮮やかで
風情あるお祭りの様子がうかがえます。


安宅住吉神社さんで挙式をされた
新郎新婦様のお写真を紹介しましょう。


和也さん&雅さん



神職さんの装束にも雰囲気があります。


和穂さん&友佳さん



生雅楽と巫女さんの神楽舞です。


安宅さんからは、その昔に北前船が
通ったであろう壮大な海が見渡せて
ロマンを感じます♫•*¨*•.¸¸♪✧


金澤syugenでは、小松や加賀の結婚式も
プロデュースいたしております。
お気がるにお問い合わせくださいませ。

2019年2月11日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

百万石まつり知らせる提灯
2019年2月9日

季節先取りの祝言は二十四節季
七十二候の竹笋生の頃に
結婚式やロケーションフォトをされた
新郎新婦様をご紹介をします。


十月亭さんにて勝政さん&好枝ちゃん



ギターを奏で喜びの気持ちを表現されました。


犀川にて敬三さん&美子さん



新緑が眩しいことでした。


ひがし茶屋街にて正雄さん&千尋さん



雨の石畳はツヤツヤっときれいです。


浅の川にて恭介さん&紗弥香ちゃん



ご披露宴おひらき後に当日撮りを楽しまれました。


智揮さん&愛ちゃん



十月亭さんの婚礼料理は銭屋さんプロデュースです。


忠昭さん&ヒロタン



もうすぐ百万石まつりを知らせる赤い提灯が
街並にあいそらしいことです。


今年の「百万石行列」の前田利家公役は加藤晴彦さん
お松の方役は藤本美貴さんだそうですね。
行列は鼓門から武蔵、香林坊を通って
金沢城あとの石川門へと進む道中です。
みな様がたも、おでましくださいますように。

2019年2月9日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「それでも空は青い」
2019年2月8日

荻原浩さんの「それでも空は青い」は
ファンタジー、ヒューマン、ホラーものまで
コミカルに描かれてる短編集です。



帯には「人間関係に正解なんてない。
人づきあいに悩む背中をそっと
押してくれる7つの物語」とあります。
確かにそれぞれの家族の不器用な感じは
ほっこりあたたかくてホロっときました。


「人生はパイナップル」が特に好きで
戦争体験のある祖父の思い出と
孫の現代の思いが交互に語られます。
孫の誕生日が終戦記念日であることも
きっと、意味があるんですね。


「どんなに悲しくても辛くても
空って青いんだよな。」
誰もが、辛い時、空を仰いで
こう感じたことあるのではないでしょうか。
ハートウォーミングなお話達でした。

2019年2月8日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

袂酒(たもとざけ)
2019年2月7日

先日、金沢の老舗料亭さんにて
豊さん&涼ちゃんのご家族の
お顔合わせのお食事会があり
新郎家から金沢の婚礼のならわしである
「袂酒」が贈られました。



日本酒の一升瓶は「一生お付き合いを願う」
「ともに白髪の生えるまで」と「友白髪」
そして、寿留女には「食べ物に恵まれますように」
「婚家に末永く留まるように」という
数々のあたたかい思いが込められています。


昔は、新郎家が新婦家に挨拶に行き
話がまとまったら着物の袖に
しのばせていた袂酒を差し出し
新婦家では贈られた寿留女を焼き
お酒を酌み交わしお祝いをしたそうです。


私の小さい頃、ご近所のお家にて
挨拶に見えた新郎家の親御さんが
承諾をえると車においてあった
お酒をとりに行って袂酒を
交わしたというHappy話題を
夕餉の食卓にて聞いたことあります。
昔って、「結婚」ということがご近所に
とっても大きなイベントごとだった気がします。


料亭さんにてのお顔合わせでしたから
その場で寿留女は焼けませんでしたが
お品は花嫁様のご生家の床の間に大切に飾られています。


時代によってカタチを変えながらも
金沢の婚礼文化が繋がれていること素晴らしいですね。

2019年2月7日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

紅葉の宇多須神社さん
2019年2月6日

只今、発売中のclubismに央佳さん&妙子さんがご登場です。



お支度の時の妙子さん、赤い口紅が愛らしいことですね(^O^☆♪。




鼈甲のクラシカルなかんざしが
柔らかい結髪にいっそう上品で
清楚な花嫁御寮様です。




紅葉が降りてきた宇多須神社さんの
境内から東茶屋街へ花嫁行列ご出立です。




手毬に加賀刺繍でお二人のお衣装柄を
表現する金澤祝言花手毬こぼしちゃんも
お食事会のお席でみなさんの人気者です。
待ち受け画面にしてくださいね(o^∇^o)ノ




布やシベを一緒に選んでデザインした
金澤つまみ紗衣句のかんざしと手毬ブーケが
花嫁様を彩るおすましなお写真です。


妙子さんからのメッセージです。

写真撮る時は、いつもはしない
ポーズで
撮影したことや、
プロに撮ってもらえたこと、

今思い出しても楽しかったです。

clubism誌面でもキラキラ輝いています☆”
コンビニや本屋さんでお求めくださいますように。

2019年2月6日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「光まで5分」
2019年2月5日

桜木紫乃さんの「光まで5分」は
沖縄を舞台にしたノワール小説です。



いつも暗黒なんだけど、
悪い奴はいたっていいんだけど、
金と暴力と性の
記憶から自由になれない
流されていくだけの主人公の生き方に
読後感はどんよりとなりました。


今回は救いも癒しもまるでなく
桜木ワールドのファンとしては
すっきりしない終わり方でした。

2019年2月5日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「家族が大好き」
2019年2月4日

学さん&英美里さんのウェディングフォト婚の
reportの4日目です。


鼓門からしいのき迎賓館へ
そして白鳥路ホテルへと到着です。



ベールをつけて九谷焼の壁を背景に
クラシカルな雰囲気の写真を撮りました。




お母様にご登場いただいてベールアップシーンです。




ステンドグラスの絵模様には兼六園や参勤交代と
金沢らしさがいっぱいです。




学さんから贈られたお花をかんざしにして
髪に飾らせていただきました。
キュートな英美里姫の誕生に
学さんは「可愛い」と目を細めていらっしゃいました。


学さんは英美里さんのご家族が大好きで
「楽しくていつも休みの日は
4人でいます^^どこ行くのも一緒で」と
ごくごく自然に話されます。
それは、上質なホームドラマのような
あたたかさなのです。


このミッションを進めるにあたり
新郎様が一番オドオドされたのが
「いつも休みは4人で過ごすのに
1人で出かけて、ヘンに思われんかな」でした。
なんか可愛くて微笑ましくて
応援してあげたいと思いました。


夢が叶いましたね。
神様が箒で掃き清めたような雪の中
ハートウォーミングな撮影となりました。


学さん&英美里さん
いつまでもお幸せでありますようにと祈っていますね。

2019年2月4日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

アナと雪の女王
2019年2月3日

学さん&英美里さんのウェディングフォト婚の
reportの3日目です。



新雪が降り積もる「しいのき迎賓館」で指輪を
贈ってのプロポーズです。




もぉー!かっわいいのだぁ♫•*¨*•.¸¸♪✧





雪のheartにティファニーのリングです。




クラシカルなレンガの建物を背景に。
英美里さんはアナと雪の女王の
エルサのような愛らしさです。


この日、三歳くらいの小さい女の子が二人
「わ!お姫様がいる!」と驚くから
「アナと雪の女王だよ」と言うと
「あの子の名前、エルサって言うの?」と聞かれ
「エルサじゃなくってエミリちゃんって言うの^^」
こんな風に行く先々で幸福の
おすそわけをされたお二人です。




むこうに見える雪化粧の幻想的な
樹々は兼六園なのです。




この階段では石川県地図を背景に
家族写真も撮らせていただきました。


このあと、ベールや生花かんざしと
ヘアチェンジが入ります。
明日へと続きます。

2019年2月3日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鼓門で幸せのバトン
2019年2月2日

昨日に引き続き、学さん&英美里さんの
ウェディングフォト婚のReportです。



鼓門ではシリアス感あるお写真も撮れました。




お茶目な感じのお写真がよくお似合いのお二人です( •ॢ◡-ॢ)-♡




雪がやんで路上がツベツベ水鏡のようにきれいでした。




寒くっても平気と英美里さんボレロを外されました。
根性あるね!
「ナイショ!」というポーズの新郎様の
手にはティファニーの指輪です。
もう美しすぎる花嫁様に
道行く大勢の人達から
あったかぁ~い祝福をいただきましたよ!(^^)!


学さん&英美里さんに
ご許可をいただいて
初夏に花嫁様になる涼ちゃんに
見学に来ませんかと誘いしました。


見学された涼ちゃんの感想です。

syugenさんの花嫁仲間さんを
直接見ることが出来て嬉しかったです


元々美男美女でしょうけど
syugenさんのお嫁さん
皆さんにもその人らしい
素敵なメイクなので

やっぱり任せて大丈夫と思いました。

撮影も色んなカットでしてくれる
みたいで良いなぁと

こんな風にするんだぁと
予行演習
イメージさせて貰って
ありがとうございました


プレ花嫁様のワクワク感が伝わってきますよね。


幸せのバトンを渡して下さった
英美里さんの可愛らしい笑顔です。



このあと、雪の中での撮影へとむかいました。
明日に続きます。

2019年2月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「彼女にドレスを着せたい」
2019年2月1日

学さん&英美里さんのFluffy snowウェディングフォト婚の速報です。



お母様が口紅をさして花嫁様の仕上げをされました。




サプライズの花束を持って学さん登場
この時、初めて花嫁姿をご覧になった学さん涙ぐみます。
そんな、可愛らしいお二人を見守って
ご家族のみなさんも涙で瞳をウルウルさせていました。




お二人の劇的瞬間をお母様が動画でおさめていらっしゃいます。
とっても楽しいムードメーカーさんのお母様は
この時も明るくおしゃべりされていましたが
淳ねぇ女将はお母様が涙されている瞬間を激写しましたよ^^v


お母様のお着物とヘアはお二人からのサプライズプレゼントです。
お母様のお写真をみせていただいて
お似合いになりそうなお着物を
提案させていただきました。
お上品におめしでしたよ( •ॢ◡-ॢ)-♡




LOVEの赤い糸を小指に巻き付けて見つめ合うお二人です。
もうとにかく煌めいていましたキラキラキラキラ♫•*¨*•.¸¸♪✧☆”


お二人は、すでに入籍&同居されていらっしゃいます。
学さんから「彼女にドレスを着せたい」という
ご相談を受けまして晴れて願いが叶ったのです。


余談ですが、いつも奥様のお洋服を
選ぶのは新郎様で「こんな服を着て欲しい」って
いうのをプレゼントされるそうですよ。
オットコマエだー!


室内で入念にポージングのリハして
気持ちも十分にあがった!
カイロも貼った!


いよいよ鼓門へと出発です!
reportは、明日に続きます。

2019年2月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ