金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
「淳姉さんに出会えて良かったです」
2018年10月31日

今日から四日間は十月にアニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いです。


宇多須神社さんにて順也さん&鮎美ちゃん



ひがし茶屋街の花嫁行列へとご出立されました。


白山比咩神社さんにて勇哉さん&アユミちゃん


菊理媛尊は縁結びの神様で
男女の仲をくくってくださるそうです。


武家屋敷の町屋にて雄一さん&かなちゃん



お庭が見えるお部屋で人前式に続いてお食事会がありました。


金城楼さんにて大樹さん&かれんちゃん



老舗の料亭さんのお庭で当日撮りを楽しまれました。


和田屋さんにてユースケさん&美幸さん



サプライズでプロポーズをされました。


ひがし茶屋街にて進さん&和ちゃん



十月亭さんで黄昏時からの祝言でした。


藤が丘公園で良平さん&志津っち



ご自宅でお支度後、ご近所さんに
見守られてご出立される昔ながらのお嫁入りでした。


尾山神社さんにて寛之さん&加奈ちゃん



利家公とおまつのかた様がまつられています。


梅の橋にて暖さん&小百合ちゃん



兼六園や石川門で前撮りをされました。


寺島蔵人邸にて修司さん&メグミさん



お二人は、今年も白山比咩神社さんへ
お礼まいりにおでましになられました。

おかげさまで、3年目にはいりました。
また、和田屋さんでも
女将に良くしていただき、感謝です。

なにより、淳姉さんに出会えて良かったです。

きゃー!嬉しいな♫•*¨*•.¸¸♪✧




修司さんを肩にのせて微笑むメグミさん
元気で明るくてずっと仲良しさんです( •ॢ◡-ॢ)-♡


明日に続きます。

2018年10月31日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

漆黒に青緑のグラデーション
2018年10月30日

充さん&美穂さんの「秋月夜祝言」のreportの四日目です。



お支度が整った美穂さんがお庭から
サプライズでご登場されると
わーっとお客様から歓声があがりました。


秋の月夜に華やかな洋髪の美穂さん
なんと麗しい姫なのでしょう♡
夢が叶って大好きなお父様とご一緒に歩まれました。




お父様から充さんに「娘をよろしく」と
大切なお嬢様をたくされまして
かたい握手をかわされました。




なめらかな漆黒にライトアップされた
樹木の青緑のグラデーションは圧巻!
お庭をしょったお二人のお姿は
うっとりするくらいの艶やかさでした。




主計街の芸妓さんが長唄「寿」「山中節」で
彩りを添えてくださいました。




たおやかに微笑む美穂姫、愛らしいことです。


夜の帳が降りると黒のテーブルクロスに
赤の実ものをあしらった装花が
お庭の風景と溶け込みまた違った表情でした。



美穂さんが赤色を好きなこと、
加賀友禅の繊細な絵柄のお打掛の
質感にあわせること、
玉泉園となじみますようにと
お花屋さんと何度も話し合いました。


美穂さんもお友達も喜んでくださった
ことをお花屋さんに伝えました。

とても嬉しいです!
一生懸命 お花を集めた甲斐がありました。
黒いクロスにして下さって、本当に良かったです!


テーブルクロスは美穂さんチョイスです。
相談を受けた時、黒がカッコよくて
お二人っぽいなんて意見も言いました。
私は、お二人の感性がとても好きだと
ずっと感じていました。




親御様への感謝のお品は
美穂さんがろくろを回し
充さんが絵付けされた
心のこもった碗を贈られました。




お客様のお見送りに横笛で「秋月夜」を
奏でてくださいまして、いっそうの風情でした。




二次会へとお出かけのお二人と記念の
heart&heart写真です( •ॢ◡-ॢ)-♡




お二人を見送ったあと、夜空を見上げました。
お月様の澄んだ光のなんと美しいことでしょう。
本当に佳き日に恵まれました。


充さん&美穂さんおめでとうございました。
一緒に創り上げた祝言のことは
ずっと忘れることはありません。
お幸せでありますようにと祈っていますね。

2018年10月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

幸せが舞い降りますように
2018年10月28日

充さん&美穂さんの「秋月夜祝言」のreport三日目です。



主計町の芸妓さんの横笛でご入場されました。




金沢に古くから伝わるお水合わせの儀のアレンジです。
緑色の柚子の実がなる樹にご両家の
お水を注いでいただきました。


充さんは「すし屋 小桜」さんの大将なのです。
記念の柚子は黄色く色づく頃に、
上品な香りでお料理に彩りを添えてくれることでしょう。




続いて高砂のお席にてケーキセレモニーです。
ケーキには金箔の小桜です。
(思いっきり特別によってみました^^)




金沢の金箔をお二人仲良く
「皆様にも幸せが舞い降りますように」と
祈りの思いをこめてトッピングされ
華やかな儀式になりました。




乾杯~♪と同時に玉泉園がライトアップです。




祝宴が始まり石与さんの新鮮で
ツヤツヤプリプリのお魚達は
お客様に大変、好評でした。




粋でいなせな新郎様です。




充さんのお母様はとても気さくで
いらっしゃいまして
「あの子は痩せていてね、
ずっと食べても食べても
太れない子だったんですよ。」
と、お子様の小さい頃の懐かしい
お話を聞かせてくださいました。




お二人を撮影されていらっしゃいますのは
花嫁様のお母様ですね。
大活躍されていらっしゃいました。




美穂さん、お母様と中座です。
お母様と手を繋ぐ時の美穂姫は
なんとも愛らしく柔らかい表情をされます。


お二人は、親御様に感謝の思いを
伝えたくて挙式とご披露宴を
決められたそうです。
親御様達の笑顔に私達も
心底幸せな思いに包まれます。


Reportは明日に続きます。

2018年10月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

圧巻の橋渡り
2018年10月27日

昨日に引き続き、充さん&美穂さんの
「秋月夜祝言」の速報reportです。



金澤神社さんの神殿では爽やかな秋風が馨しいことです。




ご親族、お世話になった方々
大好きなご友人に見守られて
厳かに三献の儀が執り行われました。


お二人は挙式後、兼六園
ロケーションフォトへとご出立です。
「よろしければお庭のご散策を
お楽しみください」とご案内したところ
みなさんが一緒に歩いてくださいまして
橋を渡る華やかな行列ができて圧巻です!



姪っ子ちゃまの愛らしいこと(^O^☆♪。




美穂さんはことじ灯篭で撮影することを
心から憧れていらっしゃいました。




お庭に紅葉が降りてくる季節の
水鏡に映るお姿はなんとも情緒があります。




オレンジ色の柔らかな耀に包まれて煌めくお二人です。




兼六園に吹く風は、緑と池の湿度を含んでいて
この場所は歴史の重厚といったものが感じられます。


お二人、玉泉園へとご出立です
Reportは、明日へと続きます。

2018年10月27日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金沢の古き婚礼文化の再現
2018年10月26日

充さん&美穂さんの「秋月夜祝言」の速報reportです。



美穂さんはご自宅に花嫁のれんを飾った座敷でお支度をされました。




紅さしの儀でお母様が仕上げをされます。
おカツラに角隠しのクラシカルな装いが
美穂さんにとてもお似合いでいらっしゃいます。




前日からのお飾りも金沢ならではの
ならわしで、ご生家の座敷に
加賀友禅のお打掛と白無垢を衣桁に飾りました。


その昔、イコウという言葉にかけて
お嫁入りのお道具運びでは衣桁が
一番最初に婚家へと納められたそうです。





ご先祖様に嫁ぐ日のご挨拶です。




この時、お庭に金木犀の香りが
ふわりと優しく舞い降りてきました。
お母様にお手をひかれる
美穂さんのお姿に、なんて
抒情的な美しい風景なのだろうと
感きわまりました。


ご近所の方々が大勢お祝いに
かけつけてくださってご一家が地域でも
いいお付き合いをされていらっしゃることがうかがえます。



みなさんからのあたたかい祝福の中、花嫁様のご出立です。


成巽閣にご到着です。



お手引きの姪っ子ちゃまも加賀友禅の
お振袖をお召しでいらっしゃいます。
姪っ子ちゃまは、ご近所さんに紅白の
お饅頭を配るご大役もおつとめでした。




耀がハレの日を祝福しています。
金澤神社さんへと歩むお姿は
穏やかな日本の原風景です。


金沢には、おまっちょろさんと
いう風習があります。
晴れ着をめされたお嬢さんが
花嫁様のお手引きをされます。
美穂さんが咲き誇る大輪の花なら
姪っ子ちゃまは優しいかすみ草のようです。


数々の金沢の古き良き時代の
婚礼文化が再現されました。




紅白饅頭は、私もご相伴にあずかりましたの。
VIPなお菓子様なのでちょいと
気取った器に置いていただきました。


reportは明日へと続きます。

2018年10月26日 カテゴリー: 創作祝言, 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

キム湖の夕陽見ながら
2018年10月24日

今日の季節先取りの祝言は
七十二候の霜止出苗の頃に
結婚式やウェディングフォトをされた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


白山比咩神社さんにて才雄さん&花奈恵さん



おカツラにお引き振袖のクラシカルな装いです。


和田屋さんにて健一さん&みのりさん



親御様に感謝の言葉を贈られました。


石川門にて篤史さん&千恵ちゃん



石浦神社さんから花嫁行列で歩まれました。


和田屋さんにて真一さん&志保さん



春の山菜でアレンジ装花を創作しました。


よしおっち&緑ちゃん



お友達のと二次会はにぎやかに楽しまれたようです。


梅の橋にて巧ちゃん&ゆきたん



人前式&ご披露宴は兼六園そばの
町屋を選ばれましたので
前撮りはひがし茶屋街が舞台です。


ゆきたんは、先週ドイツにお仕事でお出かけでした。



キム湖の夕陽を見ながらお晩餐されたそうです。
かっこいいぞ!ゆきたん!

2018年10月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「廓のおんな 金沢名妓一代記」
2018年10月23日

ずっと読みたかった井上雪さんの
「廓のおんな  金沢名妓一代記」を読みました。



時代小説が好きで吉原や京都の
花街のお話には多く出会い
岩下尚史さんの随筆でも
新橋や深川、赤坂などなど
地域によって芸者さんの
営業の形態が違い
時代によっても役割が変わった
ことなども知り金沢の遊郭に
ついて書かれたものを探していました。


きぬさんも本が好きだったそうです。
「芸者は新聞や本を読んだら
恐ろしい人間になる。旦那さんが
つかなくなる」と禁じられ
読み書きを覚えることも嫌がられたため
泉鏡花を隠れて読んでいたと言うのです。
知恵がつくことを女将は嫌ったようです。


13歳の時にロシアの俘虜に
「オジョサン」と生涯に一度だけ
呼ばれてお嬢さんは良家の
子女をさす言葉だったから
胸が高鳴ったと言うのです。
そして、17歳で初めて横山邸で
お雛さんというものを見たと
書かれていてせつなくなりました。


明治から昭和までの世相
時代の移り変わりが描かれています。
金沢の町にロシア人の俘虜が
大勢いて(天徳院に300人も入れるんだ!)
随分と大切にされたようです。
金沢駅から出発する汽車を野町まで
見送りの人が連なっていたというのを
頭の中で想像しました。
元旦は日本髪を結い毘沙門さん
(宇多須神社さん)に黒留でお参り、
続いて挨拶まわりをしたそうです。
兼六園に屋形船が浮かび
霞ケ池を一周したなどなど
そんな時代があったんだと
セピア色の風景を思い浮かべながら
読み進めました。


母の世代というより祖母が使っていた
金沢弁の話し言葉で語られていて
それは、今の濁音が多い金沢弁ではなく
まあるい響きのある言葉で
今はまず聞くことのなくなった
「はしかい(賢い)」
「はごたえ(口ごたえ)」
などなど懐かしい方言に
タイムスリップした気分でした。


その昔の金沢の風習や暮らしなども
うかがい知れてオススメです。

2018年10月23日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「根付って小宇宙ですね」
2018年10月22日

新郎新婦OB様、そしてその親御様と
結婚式後もちょいちょいおしゃべりを楽しんでいます。


2017年秋組さんの亜希子さんの
お母様はお着物好きでいらっしゃいます。



先日、お好きなお色をうかがって制作した
金澤つまみ紗衣句の根付けを納品させていただきました。




帯に合わせたお写真を送ってくださいました。
風格ある帯にもしっくりです。

作って頂いた根付、見れば見るほど素敵です。
来月着用する予定の帯に合わせてみました。
お花の中心部分と紐の部分に
使われた抹茶色のパールビーズは、
まるで帯に合わせて頂いたような色合いです。
作家さんの素晴らしい作品を手にし、心がときめきます。
根付って小宇宙ですね。
手持ちの帯にそれぞれ合わせた根付を
作って頂きたくなりますが、きっと順番待ちなのでしょうね〜。

素敵なお小物を紹介していただき、
淳子さんには感謝しております。
ありがとうございました。(略)

小宇宙ですか(^O^☆♪。
さすが素敵な言葉選びです。


和小物のオーダーもたまわります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


金澤つまみ紗衣句

http://www.kanazawa-syugen.jp/gallery/tumami.php


金澤modern水引

http://www.kanazawa-syugen.jp/gallery/modern.php


金澤祝言花手毬

http://www.kanazawa-syugen.jp/gallery/hanatemari.php

2018年10月22日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

笑顔で登園
2018年10月18日

美世ちゃんからお嬢様がたの
可愛らしいお写真がとどきました。



今つかまり立ちの時期で
気づいたら何処かにつかまり立ちしてる状態です

杜和ちゃんいいお顔で笑いますね。
ママによく似ていらっしゃいます。



こちらは、お姉ちゃんの帆稀ちゃんです。



この秋、保育園に通い始めたそうです。

入園3日目に遠足に行った日の写真です
ちょっと慣れて笑顔で登園していきました

わー!堂々とした笑顔
去年の花嫁様ランチ会では
恥ずかしがり屋さんで
ママにくっついていた
モジモジさんでしたが
すごい急成長でお姉ちゃんの
風格もあります☆”
幸せなご家族の近況ありがとうございました。


太郎さん&美世ちゃんのHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=143&cat=cat3

2018年10月18日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「温かくて良い挙式だった」
2018年10月17日

碧空祝言の康史さん&宙さんから
嬉しいお手紙がとどきました。



参加してもらった家族にも
「温かくて良い挙式だった」と
喜んでもらえました。
良き思い出になりました!

本当にありがとうございます。

可愛らしい文字で綴られたねぎらいの
お言葉にウルウルです♫•*¨*•.¸¸♪✧


たねやさんのお菓子もいただきました。



秋限定の栗月下、美味しいったらありゃしない!


派手なことを好まないお二人は
ご家族に見守られてお写真撮りと挙式をされました。



新郎様のお母様がリングピローを贈ってくださいました。




挙式後、ピカピカの指輪です。




お二人らしい結婚式のスタイルでした。
お身内だけでの心温まる挙式を
サポートさせていただき
私達もとても幸福な思いに包まれました。


お上品なお菓子もご馳走様でした。
スタッフ一同で美味しく頂きました(o^∇^o)ノ

2018年10月17日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

女優まこちゃん
2018年10月16日

2014年組さんのよしおっち&緑ちゃんの
お嬢ちゃま、まこちゃんの七五三のお写真撮影がありました。



お支度中もカメラ目線の女優まこちゃん( •ॢ◡-ॢ)-♡




撮影中もずっとご機嫌さんの良い子でした。


撮影後の女優まこちゃんです。



LOTTEパイの実をしっかり抱きしめています^^




この日のパパママは女優まこちゃんの
マネージャーさんと付き人のようでした!(^^)! 。
プロのお写真でお披露目が楽しみですね。


よしおっち&緑ちゃんの人前式&十月亭さん「祝龍祝言」のHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=249&cat=cat1

2018年10月16日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「彼女の恐喝」
2018年10月15日

藤田宜永さんの「彼女の恐喝」は
昭和のドラマを観るような
どこか懐かしい感じがしました。



主人公の女子大生の矛盾している性質
「悪女だけど優しい」「狡猾だけど健気」
これは、作家さんの若い女性への
願望なのかしらんと想像しました。


主人公も含めて登場人物達が
暗黒の中にいながらも人としての情を
持ち続けていると感じられて心地よく読めました。


未読のページがもうわずかしかない頃には
いったいどう決着するのだろう
って、ハラハラ急いで読み進みました。


あまり、読まないラブノワールサスペンスですが
ドキドキおもしろかったです。

2018年10月15日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おばけ顔のPersimmon
2018年10月13日

季節先取りの祝言は七十二候
葭始生の頃の新郎新婦様のお写真を紹介します。


十二単で敬哉さん&美季さん



指輪交換をされていらっしゃいます。


大野の街で久紘さん&祐希ちゃん



ご生家でお支度後、金沢の街並みで
ロケーションフォトをされ宇多須神社さんへとお運びになられました。


智大さん&ユンナちゃん



金澤modern水引のミニこも樽は
お二人がお好きなフクロウを
モチーフにオリジナルデザインしました。


啓介さん&沙織ちゃん



花嫁のれんをお食事会の会場に飾りました。


和田屋さんにてコウジさん&ケイコさん



手作りの押し花を親御様へ贈られました。


21世紀美術館にて初彦さん&ユリちゃん



白山比咩神社さん挙式のお二人は前撮りで洋装をめされました。


葭始生は、山や野の植物が
緑に輝き始める頃です。
春のご結婚式のご相談をたまわっております。
完全予約制ですので、まずはお電話にて
お問い合わせくださいませ。




こちらは、スーパーにてスマホで撮りました。



キウィもハロウィンパッケージで
おばけの柿が紛れ込んでいて可愛らしいことでした。

2018年10月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「新生児、ホント可愛いです」
2018年10月12日

2012年組さんのおいちゃん&麻智ちゃんから
幸せなNEWSがとどきました。



次男くんを出産しましたぁ~!!
名前は珀太(はくた)です☆

キリリと男らしい王子様の
誕生おめでとうございます♪
片手をあげるしぐさが大企業の重役っぽいね^^;




かんちゃんもお兄ちゃんになり、
今のところは優しいお兄ちゃんしています!!
久しぶりの新生児、ホント可愛いです
かんちゃん&はくちゃん、これからよろしくお願いしま~す
ご報告でした~(^з^)-☆

かんちゃんは赤ちゃんの頃から
高速ハイハイですごい体力だったよね。
はくちゃんの腕白っぷり予測できちゃう☆”
かんちゃん&はくちゃん
健やかにご成長されますように。


宇多須神社さん&十月亭さんでの「ハナミズキ祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/report000170.html

2018年10月12日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2 Comments

  1. 紀代子 より:

    おめでとうございます‼︎
    可愛いらしい、かんちゃんが、お兄ちゃんに…
    (blogお写真を見て…本当っ‼︎優しい兄ちゃん‼︎)
    大変かと思いますが、楽しんでください♬
    お体に気を付けてくださいね
    (ぁあ〜けなるいわぁ〜(ㆀ˘・з・˘)ぶぅ)

  2. ムッチ より:

    おいちゃん&麻智ちゃん^^
    珀太くんのご誕生おめでとうございます!!

    かっわいいはくちゃん^^
    かんちゃんも弟くんが生まれてとっても嬉しそうな笑顔。
    かんちゃんもはくちゃんもいい顔してますね(*^-^*)
    ご兄弟仲良くすくすくご成長されますように☆

    麻智ちゃんも産後のお身体大切になさってくださいね。

コメントをどうぞ

芸術の秋なのだ
2018年10月11日

卒業花婿様のお母様と国際交流サロンで「山下晴子展」を鑑賞しました。



蔵の中の発砲スチロールの大きな大根はインパクトあります。




石の彫刻や鉄の造形作品が古い館のお庭や床の間に調和しています。




作家さんのお庭でとれたという大きな栗です。
ほっこりする展示が多くありました。




作家さんご本人(中央)とお話ができました( •ॢ◡-ॢ)-♡
鳥越のご出身だそうです。




写メ撮る母上様を盗撮なのだ!
帯は、白峰の牛首紬とのこと粋だなぁ~母上様。




婦人画報風に母上様を激写^^


母上様とはご令息様の和婚プロデュースが
ご縁で着物好きという共通の趣味もあって
一緒にお出かけをするようになりました。




私淳ねぇは、蝶の柄の小紋を着てゆきましたの。
(実際、作品には手はふれていません)




お着物とオソロの手提げバックと源氏香柄の名刺入れです。




蝶のお着物なので帯も蝶にしましたの。


で、そのあと二人で坂本冬美のコンサートへゆきました。



夜は、ビールからの
おすましのスパ-クリングワインも。
結婚式の思い出も反芻しながら
粋な母上様とのおデート楽しかったんだなぁ。


昌也さん&しうんさん「空木祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=335&cat=

 

2018年10月11日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

お嫁入り支度の一つとして
2018年10月10日

ひなちゃんがHappy Reportにご登場です。



愛らしいエンジェルさんです♪


ファミリーのお写真では
ひなちゃんのママが
自然の風物の美しさを写実的に
表現した優しげなお着物を
まとわれていらっしゃいます。


ひなちゃんのママのママ(おばあちゃまですね)情報です。

私の父方の祖母が叔母(父の妹)のお嫁入り支度の
一つとして作ったとか。
でも数回着ただけで後年兄嫁である私の母の所へ来ました。
私の2人の娘にどうか、と譲ってくださいました。

なんて素敵なお話なのでしょう
家族の歴史を受け継いでゆくことは
お着物の醍醐味です。


ご家族の幸福な瞬間、お着物で
残されますように。
七五三のお写真もたまわっております。

Happy Reportご覧くださいますように。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=336&cat=cat6

2018年10月10日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「静かに、ねぇ、静かに」
2018年10月9日

石川出身の作家の本谷有希子さんの
新作「静かに、ねぇ、静かに」は
ネット社会を描くホラー三作品でした。



一作目の「本当の旅」は
SNSで誰しもが持ったことのある
違和感が気持ちいいくらいに
あぶりだされています。


自分を探し続けたままアラフォーに
なった三人は一緒にいながら
SNSで会話をしたり、
加工、編集してインスタ映えする
写真を楽しい思い出として
SNSにのせ「作りものの旅」をします。


例えば「こんなもの日本じゃお金は払えない」と
感じている料理を懸命に写真を撮り
スマホの画面をのぞきこみ「おいしそう」
と、満足し冷えた料理を食べる
そんな三人は不気味です。

僕が本当はどう感じたかなんて、
たいしたことではないのだ。


画面の中の自分たちが
楽しそうで仲よさそうで
食べ物がおいしそうなことに
充足感を得るようになったというのです。


無神経でまわりへの迷惑おかまいなし
それでいてお気遣いな自分に酔っている感じや
ハラハラするようなポジティブ信仰
(思考ではなく)っぷりも違和感あります。
おもしろくってあっという間に読みおえました。




ネットショピング依存症の二作目
「奥さん、犬は大丈夫だよね?」
動画配信をする三作目
「でぶのハッピーバースデー」は
芥川賞の「異類婚姻譚」を
読んだ時のあの感じで
私にはうまく理解できませんでした。

2018年10月9日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「鳴き声可愛い」
2018年10月7日

季節先取りの祝言は七十二候
鴻雁北の頃の新郎新婦様のお写真を紹介します。


浅野川のかわらを歩む紀彦さん&沙絵ちゃん



ご披露宴のあと、当日撮りです。


幕末の館、十月亭さんにて秀俊さん&ゆこさん



婚礼衣装柄を描いた金澤祝言こぼしを手に記念撮影です。


石川門のソメイヨシノを背景に剛さん&優妃さん




ロケーションフォトとご家族だけでの挙式を望まれました。


ひがし茶屋街を花嫁行列で歩む夏さん&文乃ちゃん



ご親族との一部会とご友人との二部会の
二部式スタイルのご披露宴でした。


和田屋さんにて哲章さん&由佳さん



白山比咩神社さんでは桜が咲いていました。


犀川の桜並木通りを歩む慶ちゃん&ジュンジュン



宇多須神社さんへとご出立です。


近所のノラちゃんにおやつを
あげる動画をインスタにのせると
ジュンジュンからコメントをいただきました。

鳴き声可愛い
私もこのおやつ車に入ってます
いつでもニャンコちゃんに会っても大丈夫なように



鳴き声可愛いと言われると
ウチの猫ちゃんでもないのに嬉しいなぁ( •ॢ◡-ॢ)-♡


お気軽に結婚式のお問い合わせをくださいますように。

2018年10月7日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

水鏡に紅葉
2018年10月5日

昨日に引き続き康史さん&宙さんの
金澤神社婚のreportです。
兼六園では木々の葉先が
わずかに色づき始めています。




ことじ灯篭でのお写真を宙さんは
ずっと、思い描いていらっしゃいました。




水鏡に始まりかけた紅葉が映っています。




康史さん、ピシっと決まっていますね( •ॢ◡-ॢ)-♡
宙姫様、友禅のお打掛が
お似合いで艶やかでいらっしゃいます。


お二人は、お身うちでの和婚式を
望んでいらっしゃいました。
夢が叶ってご家族様達に見守られて
あたたかい挙式となりました。


挙式後、白無垢でのお写真も撮影されました。



稲荷鳥居にて祝いの赤と白が鮮やかなことです。




生まれたてのご夫妻のキラキラの結婚指輪です。




笑顔咲くお二人は可愛らしくて
結婚情報誌のようなHappy感
いっぱいのお写真になりました。


お幸せでありますようにと祈っています。

2018年10月5日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

柔らかな感じ
2018年10月4日

生まれたてのご夫妻
康史さん&宙さんの金澤神社婚のreportです。



朝まで降っていた雨が草木を洗ったのでしょう。
朝陽が降り注いできらきらと輝いていました。




「幸せになろうね」と指きり。




兼六園を歩いて最初の一枚です。
お二人は、内輪での結婚式を望まれ
お父様とお母様も一緒にゆっくり
園内散策を楽しまれました。




宙さんのたおやかな笑顔が馨しいことです。




見つめあう二人。




振り向き笑顔がまた愛らしい( •ॢ◡-ॢ)-♡


撮影開始にカメラマンからご希望を
聞かれたお二人は
ラブラブな感じはごめんなさいで、と。
指きりや手つなぎの柔らかな感じが
お二人らしいですね。


reportは、明日に続きます。

2018年10月4日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

歌舞伎化粧の隈取柄
2018年10月3日

昨日に引き続き市川海老蔵さんの
小松歌舞伎おでかけreportです。



「古典への誘い」のパンフレットです。




幕間もはしゃぎました。
左からやっちゃんユキリコフちゃん
彩奈ちゃんです。
かしましく可愛らしいことです。




みんなで一幕「汐汲」の〆のポーズをまねております。


写真はないですがこの時
海老蔵さんのお母様
堀越希美子さんとお話ができました。
おきれいで聡明なかたでした。


海老蔵歌舞伎の演目は「蛇柳」で
失恋して死んだ娘の
亡魂が乗り移って嫉妬で荒れるやら
男に捨てられた女の怨念やら
あー、おどろおどろしや。


海老蔵さんの目力おそるべしで
射抜かれる思いがしました。
『あれ、海老蔵さんだったはずが
こっちにも海老蔵さん?』
めくるめく早変りにびっくりです。


「ユキちゃんと淳ちゃんの帯撮らせて」とやっちゃん。



ユキリコフちゃんは歌舞伎の化粧隈取り柄の名古屋帯です。




彩奈ちゃんにいただいたかんざし
淳子のフェイバリットカラーなのだ!
大切に愛用させていただいております。




この日、NHKさんの取材が入っていて
インタビューいいですか?と聞かれ
はい^^喜んでとこたえ
ユキリコフちゃんを差し出しましたの^^
うまいことおしゃべりしてはりましたよ^^


卒業花嫁様達いつも仲良くして
くださってありがとうございます。
また一緒にお出かけしようね。

2018年10月3日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

小松うららへ
2018年10月2日

市川海老蔵さん歌舞伎「古典への誘い」の
鑑賞で小松うららに行きました。



左から2012年組さんの彩奈ちゃん
2013年組さんのユキリコフちゃん
友人のやっちゃんです。




うららにゆっくり入ったのは初めてで
見る物すべてが珍しくみんなこんな感じです。




エグザイル☆”なんちゃって。




海老蔵手拭を持って記念撮影なのだ。


迫力の和太鼓から始まりまして
トークタイムでは海老蔵さんが
とってもフレンドリーで楽しかったです。
質問コーナーではユキリコフちゃんが
はーい!と威勢よく手を挙げて
海老蔵さんへの質問に続くかけあいが
おもしろくって彩奈ちゃんやっちゃんと
キャッキャ笑っていましたの。




やっちゃんから小松みやげいただきました。
栗蒸し羊羹、コボコボ~( •ॢ◡-ॢ)-♡
こまつむぎのカブッキーのお菓子も
美味しかった♫•*¨*•.¸¸♪✧




ムッチがユキリコフちゃんから
いただいたロシアみやげの
説明書をみて「よ、読めません」。
・・・だね、読めないよね。。。


明日に続きます。

 

2018年10月2日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「彼女は頭が悪いから」
2018年10月1日

「彼女は頭が悪いから」の
第一章は平凡な女子高生の日常が
事細かにかかれていて退屈で読むのを
やめようかと何度も閉じかけました。



ウィット、言葉をかえたら
イヤミな表現で度々、東大生を表現し
東大生の差別的蔑視の感情の
詳細が描かれていますから
とにかく嫌な気分になって
がまんして読み進むうちに
どんどんさらに嫌な気分で
いっぱいになって
不愉快きわまりなく
途中でやめて寝るってことができない
と、夜更かしして一気読みでした。


恋の終わりはせつなくて
一縷の望みを信じたい
被害女性の気持ちもわかるわかるです。


被害女性を残して帰って行った
知人女性の行動は理解できず
私だったら無理矢理でも
「さ、一緒に帰ろっ」とひっぱって
部屋から連れ出すんだけど・・・
って思いました。


物語の終わり被害者女性の通う
大学の教授の言葉にボロボロ泣けて
不快感いっぱいで読んできた
心が救われました。


人の痛みや苦しみを共感する能力は
東大を合格するには無駄で
不要なのだといったことが
かかれていたけどそんな人ばかりではないです。


姫野カオルコさんの作品
他も読んでみたいと思いました( •ॢ◡-ॢ)-♡。

2018年10月1日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ