金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
「愛することばあなたへ」
2018年7月31日

瀬戸内寂聴さんの「愛することばあなたへ」は
素敵な言葉がいっぱいありました。



「健康の秘訣は、心にわだかまりを持たないこと。
言いたいことをじいっと我慢しているより
口に出して言ったほうが、
心のわだかまりがなくなります。」

大人になるってことは言わないで
心に蓋をするという選択が増えること
なのかなって思っていました。
ですが、確かにいい関係を
構築してゆきたいと願う人には
きちんと伝えたほうがいいですね。


もういっこ好きだった言葉です。

好運は、陽気でユーモアが大好きだ。
笑う門には福来たる。
世の中、無理にももっと笑って、
好運の連鎖反応が起きますように。

好運も幸運も笑顔でいたほうが
近寄って来てくれるってことですね。
幸せのスパイラル広がりますように( •ॢ◡-ॢ)-♡

2018年7月31日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

日本の夏なのだ
2018年7月29日

今宵は花火大会で、浴衣姿の女性を
大勢お見受けしました。
それぞれの個性があっていいですね^^


昨日に引き続き七月にアニバーサリーを
迎えられた新郎新婦様のお祝いです。


金澤神社婚の也さん&さおりん



挙式後、武家屋敷の町屋にてお食事会をされました。


21世紀美術館にて雅臣さん&涼子さん



洋装の前撮りのお写真は
金城楼さん和婚のオリジナルアイテムにもなりました。


つば甚さんにて人前式&ご披露宴の
忠昭さん&ヒロタン



金澤syugenの新郎新婦OB様達に
能登に伝わる縄ほどきで祝福を受けました。


宇多須神社さんにてとーさん&すみちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で歩み十月亭さんでお食事会をされました。


ウェディングフォト婚の弘樹さん&朋子さん


ご両家お顔合わせのお食事会で
お写真をご披露されました。


七月アニバーサリーをお迎えの
皆さまおめでとうございます。
ますますお幸せでありますように。


花火の音が聴こえてきました^^
日本の夏ですね。
たまや♫•*¨*•.¸¸♪✧

2018年7月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

真夏の祝言
2018年7月28日

今日は七月にアニバーサリーをお迎えの新郎新婦様のお祝いです。


金城楼さんにて一生さん&尚子さん



人前式&ご披露宴は、親御様に感謝を伝えることを大切にされました。


雅樹さん&幸子さん



海がお好きなお二人にふさわしく海の日に結婚式をされました。


お水合わせの儀のアレンジでご両家の
お水をそそぐ毅さん&悠里ちゃん



十月亭さんで人前式とお食事会をされました。


和宏さん&泉さん



ゲストハウスにて洋装婚のお二人が和装にて前撮りをされました。


宇多須神社さんで挙式の直人さん&招子ちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で歩み
つば甚さんへとお運びになられました。


21世紀美術館にて将大郎さん&友香理ちゃん



和田屋さんで和装婚のお二人は
タキシード&ウェディングドレスでの
前撮りをされました。


明日に続きます。

2018年7月28日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「うかれ女島」
2018年7月28日

花房観音さん「うかれ女島」都市伝説にもなった島は実在しているそうです。

表紙はカラヴァッジョ代表作「マグダラのマリア」

「東電OL事件」デジタルタトゥーやリベンジポルノとか

男性が一人称でかかれている章で
自分を捨てたのだと思っていた母親が
子どもを大切に思っていたことを知る章では泣けました。

女性が社会で生きにくい

2018年7月28日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

絶妙なグラデーション
2018年7月27日

この秋、神社婚のお手伝いを
させていただきます宙さんが
召されます友禅のお打掛です。



お打掛は「聖寿四君子」は

めでたさの松竹梅を配し 
慶びの鶴を遊ばせ圓寿の花を
近代友禅の若さに染め上げました

とのことです。


宙(そら)さんのお好きなお色
ライムグリーンから裾の山脈柄の
空色へのグラデーションが絶妙なのです。


宙さんのヘアメイク打ち合わせもありました。



はにかみ笑顔が可愛らしいことです。
フワフワっとした柔らかい結髪が
とてもよくお似合いでいらっしゃいました。


康史さん&宙さんの、秋風
爽やかな季節の金澤神社婚を
心をこめてサポートさせていただきますね。

2018年7月27日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「モテるやつですね」
2018年7月26日

夏本番いかがお過ごしでしょうか。
新郎新婦様達からとどいた夏の風情の
お写真をご紹介します。


康夫さん&文佳さん



海でもいきたいなあと思いながらも
暑すぎて家でプールです。

写真から日向で、はしゃぐお子様たちを
大人チームは日陰から見守っているのが伝わってきます^^


満さん&彩菜ちゃん



フォトジェニックなサラちゃん
涼んでいるのかと思えば・・・

ここはあったかいです。
クーラーを、さけています。
人間でいうと、カーディガン着ないで
肩からかけてる感じですかね
モテるやつですね。

あいかわらず、魅惑のサラちゃんです。


忠昭さん&ヒロタン



聡くん、大きくなったね^^
USJは浜風で案外、快適らしいです。
あ、ボクはドキドキハラハラ系
いっさいダメらしです^^。


よっぴぃ&尚ちゃん



遥くん、もうお兄ちゃんっぽくって
滑り台がミスマッチな感じです。
けど、あいかわらず甘えっ子と聞いています^^
将くんスマイル最高!


微笑ましいお便りありがとうございます☆”
みなさんお元気で夏を、
乗り切ってくださいますように。

2018年7月26日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「いちごの唄」
2018年7月25日

峯田和伸(銀杏BOYZ)さんの曲を
題材にした岡田惠和さんの小説
「いちごの唄」は題名と表紙の印象で
ファンタジーなのかなと読み始めたら
せつなくもあるヒューマンラブストーリーでした。



自転車でブレーキをかけずに
急な坂をおりるシーンから物語は始まります。
私も小さい頃、近所の坂を世界一急で
大きな坂なんだって思いこんでいて
自転車でワンパクしては世界征服の冒険気分を味わってましたっけ。


主人公が父親に
「ストロベリーフィールドって知ってる?」
と、聞くと父親は
「おまえとビートルズの話が
できるようになったなったんだ」と
感慨深く言います。
確かに親子で音楽の話って嬉しいですよね。


登場人物がみんな優しくて
「銀河鉄道の夜」の章は大泣きしました。
ネタバレになってはいけないので
かけませんが物語の終わりに
「ストロベリーフィールド」ワードが
出てきて、ここでフワッと泣けます。


峯田さんの描き下ろしイラストもあり
一曲ごとの短編が繋がって全体が
一編の物語となります。


あ、「ストロベリーフィールド」って
ジョン・レノンが育った近くに実在していた孤児院だそうです。
夕食後サラサラあっというまに読めました。

2018年7月25日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

涼しげな朝露
2018年7月24日

季節先取りの祝言は七十二候の
桃始笑の頃に結婚式や
ウエディングフォトをされた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


赤の太鼓橋にて智史さん&枝里ちゃん



春を迎え公園は草花の芽吹きの時です。


東茶屋街にてよしおっち&緑ちゃん



先日、お子様と遊びに来てくださいました^^


梅の橋にて洋平さん&奈美恵ちゃん



東京での結婚式で、和装のお写真を飾ってくださいました。


宇多須神社さんで挙式をされた浩さん&みゆきちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で
老舗料亭さんへとお運びになられました。


十月亭さんにて渉さん&可奈子さん



金澤町屋和婚は新郎新婦様みずからが
おもてなしをされます。


21世紀美術館にて俊臣さん&カオリン



思い出の場所で前撮りをされました。


桃始笑と書いて「ももはじめてさく」
花が咲くことを「笑う」と文字にした先人。
春がおとずれた時のワクワクが感じられますね。


金沢駅西口では、今 蓮の花が咲いています。



スマホ写真です。




葉っぱの露が涼しげです。
この季節、街中での緑にホッとします。

2018年7月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

海外セレブっぽい
2018年7月23日

今日はミホさんのヘアメイク打ち合わせがありました。
花嫁様はご生家でお支度をされ
おカツラでご出立、金澤神社婚は綿帽子で
その後、お食事会では洋髪にお色直しされます。


ご許可いただきました洋髪のお写真をご紹介します。



フワフワ感が素敵なのです!
海外セレブのおしゃれさんのような美しさです。




ミホさん、お髪が長くて自髪で
こんな優雅なうねりヘアに仕上がりました。
(髪をかわかすのに40分かかるそうです。
さすが、大事にされたお髪はツベツベです!)
お髪の美しさあればこそ叶ったニュアンスヘアです。


加賀友禅のお打掛にアンティークの
かんざしを飾るおカツラのスタイルから
雰囲気ある洋髪へとお色直しは、
なんとドラマチックなことでしょう☆”
この秋、ミホ姫誕生待ち遠しいです♪

2018年7月23日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おてんば姫あらわる
2018年7月22日

2014年組さんのよしおっち&緑ちゃんが
まこちゃんを連れて遊びに来てくれました。



まこちゃん、三歳になっていっぱいおしゃべりできます。




よしおっち曰くですが、緑ちゃんはスパルタと^^!


お二人と話していて
「普通、結婚式終わったら式場の人と付き合い
なくなるけど、こうやって会えるの嬉しい」
ありがとありがと、淳ねぇさんも嬉しいよ。
で、さらに
「金澤syugenで結婚式した人達と
結婚式の良かったこととか話がしたい」と。。。。。
素晴らしい祝言だったものね(o^∇^o)ノ


お二人は、よっぴぃ&尚ちゃんが
アクタスに載った記事をファイリングして
「こんな結婚式がしたい」って金澤syugenに
来てくださったのが始まりなのです。


その時のblogの記事です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/_wp/?p=35946


憧れの新郎新婦様と同じく
東茶屋街の花嫁行列&十月亭さんで人前式&お食事会が叶いました。


可愛いおてんば姫まこちゃんのおかげでリフレッシュできました!
次に会う時は、さらなる進化してるんだろな
手ごわいぞ!まこ姫。

2018年7月22日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「偽姉妹」
2018年7月21日

図書館で順番待ちしていた
山崎ナオコーラさんの「偽姉妹」が読めました。



本当の姉妹との会話に嫌な感じがして
50ページくらい読んだところで
返してこようって思いました。
けど、1日たったらまた読んで
みようかなって思えて100ページ
くらいからでしょうか、なんだか
おもしろくなってスルスルっと読めました。


全編に顔の美醜がからんできて
容姿によってヒエラルキーや
マウンティングと、
そんなものかしら・・・
なんて感じることも多くありました。
私は、目鼻立ちというより
表情のいい人を美しいと感じます。


お話の中でエリック・サティの音楽を
背景みたいと主人公が言います。

サティは「家具の音楽」を提唱していて、
意識的に聞かれない音楽を目指したんだ


じゃまにならないしあきないとも。
同感です。
耳にさわらなくて穏やかで
音をはったり主張したりがなく
私もBGMでよく聴いています。


最終章、描かれている未来で
「小説を読もう」と電子書籍を
ダウンロードします。
私は電子書籍というものが読めません。
映像の文字は物語を読んでも
感情が入ってこないのです。
紙に印刷してある文字でなければ
感動はありません。


借りた本は、2週間は手元に
持っていてもよいのですが
私のあとにもこの本は
予約待ちのかたが多かったので
優先して読みました。
次の「紙に書いた本」が好きなかたに
読まれていることでしょう。
未来にも紙にインクで印刷された
書籍が読めますようにと祈ります。

2018年7月21日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

白薔薇とマエストロ
2018年7月20日

先日、テレビのNEWSの特集で
私の行きつけの富樫の薔薇園が
映し出されました(*^▽^*)
マエストロの特集で庭師の女性が
イキイキとお仕事をされている様子に
素敵だなぁって見入りました。
おかげさまで私達は、見事に花咲く
美しい薔薇に癒され幸せな気持ちになれます。



この時期、大好きな薔薇園で
嫌な気持ちになることは
枝を切ってゆく人があとをたたないことです。
秋になると七夕の短冊かいってくらい
「成長できず枯れます」
「花枝を切り取らないで」と
あちこち切られた枝に札が増えてゆきます。


番組を観て炎天下で
作業されているスタッフさん達の
ご苦労と思いを知って欲しいなぁー
って、感じました。


さて、アンパンマンのお話です。
カレーパンマンがメインの回のラストシーンで
白薔薇をみて言ったセリフです。

カレー色した夕焼けに白薔薇が映えるぜ!



夕間時の薔薇園がとても好きです( •ॢ◡-ॢ)-♡。
今年はあの悲しい短冊が無くなりますようにと祈ります。

2018年7月20日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ペスカタリアン
2018年7月19日

枡田農園さんの無農薬のみずみずしいトマトがとどきました。



能登の里山育ちのツベツベのきりょう良しさんです。




楽しみにしていたやごっちの人参ジュースもやってきました。
配達してくれたのはキュートなお百姓さんのミカリンです。


私は野菜とお魚が大好きです。



右の焼き野菜に右の加賀野菜粒マスタードが
最近のお気に入りです。
左の湯涌の柚子こしょうはしょっぱくなくて焼き魚に美味しいのです。
少しピリピリ辛いものがあるとご飯が美味しくいただけます。




パプリカをスライスしていたらミッキーマウスっぽくなりました。
可愛いので整列してもらいましたの(o^∇^o)ノ


お野菜のチカラで元気に夏のりきるぞー!

2018年7月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

降り注ぐ蝉の鳴き声
2018年7月18日

街路樹に蝉の鳴き声が降り注ぎます。
今日、岐阜では40度を超えたと聞きました。


季節先取りの祝言は七十二候の蟄虫啓戸の頃に
結婚式やウエディングフォトをされた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


宇多須神社さんにて翼さん&恵理子さん



東茶屋街、花嫁行列へとご出立です。


和田屋さんにて亮士くん&真祐美さん



桃が咲き始める季節に桜桃モチーフのオリジナルこも樽で鏡開きです。


石川門にてジョンさん&由香ちゃん



宇多須神社さんへとお運びです。


十月亭さんにてヒロキさん&イクヨさん



町屋に花嫁のれんと蒸籠を飾りました。


東茶屋街にて拓郎さん&恵さん



あおいだ青空が春の気配です~♪


蟄虫啓戸は「すごもりむしとをひらく」と読み
冬蘢りの虫もソワソワ出て来る頃、
人もワクワクしちゃう季節ですね。


こちらは金澤syugenの帰り道のスマホ写真です
夕焼け空に小さい三日月と一番星がピアスのようです。



皆さんとにかく暑いですが健康にお気をつけてお過ごしくださいますように。

2018年7月18日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「砂上」
2018年7月17日

桜木紫乃さん「砂上」です。



桜木作品には、男の色気って
こういうことなのかしらんと思える
影のあるかっこいい男性が登場します。
「霧」や「ブルース」「裸の華」では
実社会ではかかわりたくない
(かかわってはいけない)危ない
男性が物語の軸となっていて
ゾクゾクしました。
ですが、この作品の登場人物は
なんだかふがいない男達でした。


小説家になりたいアラフォー女性が
作家デビューするまでの話で
厳しい女性編集者のアドバイスを受け
時に反発しながら自分の生き様
母や妹との関係を題材にした
私小説を書き上げます。


物語を生み出す作家の凄まじさを感じ
この物語自体が桜木さんの私小説なの
かしらんと、思ったりしました。


ちらかり放題の思考が、一本に
まとまってゆくときの心地好い感覚がある。


このくだりが爽快感がうかがい
知れてとても好きです。
私の仕事も、点と点を紡いでゆく
作業が多く、整った時の
気持ち良さと言ったらないですから。

2018年7月17日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

海の日
2018年7月16日

海をテーマにした結婚式のお話の三日目です。


安宅住吉神社さんで挙式の和穂さん&友佳さん



海の上を白い兎が飛ぶデザインの彩羊羹です。
安宅の海では、白い波が立つ日を「うさぎが飛ぶ」と言います。




友佳さんがデザインの福枡にも波の上を兎が飛んでいます。




青海波の上をオリジナルの水引で白い兎が飛ぶデザインのミニこも樽です。




波の音の祝福のなかで華やかに鏡開きです。




船で出逢った法大さん&美穂さん



お打掛は「手織青海波四季花鳥文」で可憐なオシドリと
青海波が描かれています。




婚礼衣装柄を描く金澤祝言こぼしにもオシドリと青海波を描きました。




達也さん&沙希ちゃん

 

打掛に大胆な青海波が描かれています。




お衣装の特徴を描いた九谷焼のカップにも鮮やかな青海波です。




金澤syugenでは、お二人のお好きなこと
出逢いのきっかけ思い出をうかがい
新郎新婦様と一緒に世界にひとつだけの
祝言を創り上げます。

2018年7月16日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

波や船、そして舵
2018年7月15日

昨日に引き続き、海をテーマにされた結婚式を紹介します。


能登で出会った康夫さん&文佳さん



金沢の名産品(お二人の誕生時の体重)を
金澤modern水引のブローチでドレスアップ
波模様の風呂敷で包みました。




チューリップの水引です。




百合の水引です。


お母様がたのお好きなお花で
オリジナルの水引をデザインしました。




横浜でデートされたという忠昭さん&ヒロタン



ベイブリッジ柄の彩羊羹です。




白い雲とかもめが飛んでいます。




寿せんべいは船の舵とメガネのデザインです。




宝船の花嫁のれんを飾って
ご生家からご出立された絵里ちゃん



ダニエルさん&絵里ちゃんは
海の美しい(きっと)フロリダに
お住まいでいらっしゃいます(^O^☆♪。




海にまつわる結婚式は明日に続きます。

 

2018年7月15日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

海にまつわる祝言
2018年7月14日

海の日の祝日があって今日から三連休という
かたも多いのではないでしょうか。
金澤syugenでも海がお好きで祝言のテーマや
モチーフに海を選ばれた新郎新婦様が多くいらっしゃいます。


プロポーズは千里浜の海岸という基樹さん&広海さん



彩羊羹は青海波に千里浜に咲くハマナスの花です。




ハマナスの花モチーフのミニこも樽で鏡開きです。
あと、お二人は山下達郎好きです^^
夏の歌ですよね♫•*¨*•.¸¸♪✧




横浜の新居で結婚生活がスタートする彬さん&朋子さん



「さざなみ」をイメージしたウエディングケーキは
辻口博啓プロデュース「ル ミュゼ ドゥ アッシュ
kanazawa」のオリジナルデザインです。




海の青の飴細工が涼しげです。




オリジナル紅白の寿せんべいは、兼六園の
ことじ灯篭と横浜港の船のデザインにしました。




花嫁のれんを町屋に飾りました。


海にまつわる祝言のお話は明日へと続きます。
あ、金澤syugenは海の日も営業いたしておりますヽ(^◇^*)/。

 

2018年7月14日 カテゴリー: オリジナルアイテム達 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

祝劇団四季65年
2018年7月13日

劇団四季が明日で65歳なのだそうです。
私が初めて四季のお芝居を観たのは
京都劇場での「美女と野獣」でした。
歌唱力に圧倒され感動しました。


横浜にあったキヤノン・キャッツ・シアターに
行った時の写真です。







階段の文字は出演の猫の名前です。
この日、男前の猫ミストフェリーズと
握手できたもんね♫•*¨*•.¸¸♪✧。


金沢公演「クレイジー・フォー・
ユー」では、金沢出身の加藤敬二さんが
とにかくカッコよかったです。


同じく金沢公演で「ジーザス・
クライスト=スーパースター」を
観たあとは、しばらく「ジーザス・
クライスト♫•*¨*•.¸¸♪✧」の
フレーズが耳から離れませんでした。


一番泣いたのは大阪劇場で観た
「ライオンキング」です。
花道の隣にいたからキャストの
子役さん達が歌いながら
ステージに上がる姿も可愛らしく
ワクワクしました。


汐留で緑の顔の「ウィキッド」の
観劇後、外に出ると夕暮れていて
クリスマス仕様のプロジェクション
マッピングがきれいでした。


一番最近観たのは東京大井町での
「リトルマーメイド」です。
ゆらゆらゆらぎながら歌う
人魚さん達があでやかできれいでした。


もちろんお話に感動するからなのですが
カーテンコールでとてつもなく泣けます。
スタッフのかたも含めて拍手を
受け止めるそのキラキラした
笑顔に感動するのです。


みんなで力をあわせて素晴らしい
作品を創り出す幸せったら
ないだろうなと泣けるのです。
どこか、結婚式を創作するのに
似ていて、よくウェディング
プロデュースはミュージカルの
ようだって考えます。


素晴らしい祝言を
創るため準備や打合せを
とどこおりなく丁寧にすすめます。
そして、迎える日は心ひとつに
新郎新婦様が最高に輝けるよう
幸せを願いながら私達スタッフは
精一杯つとめさせていただきます。

2018年7月13日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「猫を拾いに」
2018年7月12日

川上弘美さんのSFもありな短編集
「猫を拾いに」は文章が穏やかで美しいことでした。



「はにわ」のゲイの息子と
そのことに罪悪感を持つ母親の
たがいに思いやる優しい関係がいいなぁと
親子の幸せを祈りたくなりました。


「猫を拾いに」では政府広報にいつも印刷されているという

人と人との絆をまもるために、贈り物は大事なのです。

なんてほのぼのとした街なのでしょう。


「金色の道」はぬりえのように
人の顔の色が感情によって変わり
複雑な思いがあるとグラデーションに
なったりして見えるというのです。
現実の世界でもホントに見えている人がいるような気がします。


最後の「信長の怨霊」は笑ったわらった!
一個いっこのお話が可愛くて
こんなことホントにあったら
なんて考えるとワクワクしました。


壇密さんが独特の言葉で
解説をかいているのですが、
「このお話達が好きなんだなぁ」って
よぉく伝わってきました。


幻想的な「ミンミン」では小さい人がでてきます。
小さいおじさんの話はけっこう好きです。


このひとつ前に読んだ
アンソロジー「華やぐ女たち」の
川上弘美さん「庭のくちぶえ」でも
「ちいちゃなおじさんは実在するんだ!」
って楽しい気分になりました。



佐野洋子さんの「これはペテンか?」は
ほのぼのとした老いがあります。


岡本かの子さんの「老妓妙」は
老いてなお、粋な女性がかっこいいのです。


林扶美子さんの「晩菊」は
平行して年をとった男と女が
過去に熱い恋をしていた頃の
昔を懐かしむ会話をしながら
胸のうちではたがいに洞察し
値踏みする感じがおもしろかったです。


片山廣子さんの「子猫ノハナシ」が
童話のようでとても好きでした。
夢の世界に旅立つように
生涯を終えられたら
なんて幸せなんだろうって、憧れます。

2018年7月12日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

くっきり鮮やか飛行機雲
2018年7月11日

梅雨明けしてギラギラしたお陽さまが照りつけます。



くっきり鮮やかな飛行機雲が交差し
青空に「X」の文字が描かれてゆきます。
暑いです!今年は梅雨明け宣言が早かったですね。


季節先取りの祝言は七十二候の
霞始靆の頃の結婚式やウエディングフォトをされた
新郎新婦様のお写真を紹介します。


21世紀美術館にておいちゃん&麻智ちゃん



十月亭さんにて和婚式の
お二人が洋装での前撮りです。


石川門にてユッケさん&明日香ちゃん



宇多須神社さんへとご出立です。


Kちゃん&聡ちゃん



親御様 が仕立ててくださったお振袖を纏われて
提灯行列へとお運びになられました。


章さん&葉子ちゃん



ひがし茶屋街を花嫁行列で歩まれました。


学さん&佳代ちゃん



白山比咩神社さん&和田屋さん祝言の
お二人がスタジオで前撮りをされました。


金澤syugenはお盆も休まず営業いたしますので
お気軽にお問い合わせくださいますように。

2018年7月11日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鉄線づくし
2018年7月10日

金澤syugenの取引業者さんだった
ミカリンは退職後も時々お顔を見せてくれます。



新しい浴衣を買ったと言うから
ちょっこっと浴衣着付けのレクチャーをいたし
記念に鬼灯と撮影しました。
鉄線柄の浴衣が涼やかで素敵です。




私も鉄線が好きで今年買った日傘は紫の鉄線です。




金澤syugenそばの家庭菜園にある鉄線は
毎年、楽しみにしています
今年も鮮やかに咲き誇りました。


ミカリンは現在、神子原で無肥料無農薬の
自然農法でお野菜やお米を作っています。



今日は、枡田農園 さんのトマトをいただきました。
すでにいい香りがします。


ミカリンは今日から毎日、復習しますとのことです。
花火大会までには上手に着られるようになるね、きっと。
夏はお着物デビューに最適です。
まずは、浴衣からセルフで着てみましょうヽ(^◇^*)/

2018年7月10日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

お見舞い申し上げます
2018年7月9日

この度の西日本豪雨による被災された
方々に謹んでお見舞い申し上げます。


報道されている地域にお住まいの
新郎新婦様達に先週から
ご無事ですねのおうかがいを
させてもらっていました。


白川郷の了さん&優紀ちゃんご一家も
非難されていたそうですが

家族も村の方々も、みな無事です。


倉敷の雄一さん&かなちゃんは

こわくってこもってます


哲也さん&明未ちゃんの愛媛の
ご実家も被害なかったそうです。


仁さん&和美さんのご実家は
倉敷と岐阜ですが

幸いなことに被害もなく皆元気です。


また、先週は地震速報に驚きました。
千葉と言えばよっぴぃ&尚ちゃんです。
花嫁様は10年の月日とともに
肝っ玉母さんへと成長されています。

水路に落ちないでねー

と、逆に心配されました。


倉敷の臣さん&貴子さんからの
返信がなくて心配で記事を
あげるのをためらっていましたが
さきほどメールがとどきご無事で安心しました。


みなさんから心細げな様子が伝わってきます。
徐々に穏やかな日常を
取り戻してくれたらと願っています。


自然は雄大でいつもその美しさに
感動をあたえられますが
時に猛威をふるって驚かされます。


備蓄の水食料も確認しておかねばです。



カンパンは賞味期限が古すぎて読めない^^;


もちろん自分にできるやりかたで
被災支援にも参加します。
引き続き、みなさんお気をつけて
お過ごしくださいませ。

2018年7月9日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

茶道具で演出
2018年7月8日

香合は可愛らしくて季節も感じられるので
金澤syugenの事務所に飾っています。


青の顔料が爽やかな椿柄の香合です。



椿は前田家とはゆかりの深い花です。


ほおづきの陶器の香合です。



陶器製のものは本来、炉の季節
(11~4月)と言うことですが
ほおずきなので夏に飾っています。


漆塗り内金貝合わせ香合です。



素材は蛤ですので一年中飾っています。
一対の貝はピタリと合わさることから
縁起が良くその昔は、大名家の
お嫁入りのお道具に貝遊びの貝を
おさめた貝桶が先頭に運ばれたと言われております。


香合は祝言の演出でも登場します。



前田家に伝わる門外不出の茶花
「西王母」をテーマとした
ヒロキさん&イクヨさんの祝言では
金襴緞子の重掛けや加賀手まりとともに
町屋のウェルカムスペースに飾られました。




朋之さんが香合の蓋を開けると
金澤つまみ紗衣句のオリジナル指輪です。
朋之さんから福ちゃんへ
サプライズで贈られました。




勇多さん&奈々ちゃんの貝合わせの儀です。


茶の湯の文化がさかんなこの街では
生活の中でも茶道具をインテリア
として楽しむことが多くあります。
金沢らしい個性ある演出も提案いたしております。

2018年7月8日 カテゴリー: 創作祝言, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「世界は終わりそうにない」
2018年7月7日

角田光代さんのエッセイ
「世界は終わりそうにない 」は
吉本ばななさんとの対談もあって
どちらも好きな作家さんなので
とてもワクワク読みました。



「恋は続くのか、終わるのか」という章で

恋の最初は非日常である

と始まり

恋愛というものにも努力がいるらしい。
(略)ただ日常に放りこんでおくだけでは、
どんどん萎びて色あせていく。
だから意識して、たまには恋の
はじめの非日常を持ちこまなければ
ならないのではないかと私は思う。

金澤syugenの新郎新婦OB様達の
暮らしぶりを聞いていると
家族でおしゃれして出掛けたり
好きな音楽を聴きに行ったり
お子さんをお祖母様にあずけてランチ
などなどうまくリフレッシュしている
感じがいいなと思っています。
非日常の時間がバランス良くあるから
みなさん仲良しさんなのですね。


そして、角田さん

私は記念日をけっこうだいじに
しているほうだが、それはその日を
忘れたくないよいうよりも、
相手のことをまず考えていた恋のはじめの、
きらきらしていただろう時間と自分の姿を、
少しばかり取り戻したいせいでもある。


これすごく素敵な言葉ですよね。
恋のはじめの無垢な思いあります。


角田さんのエッセイは
共感できる、なるほどと膝を
たたきたくなるメッセージがいっぱいでした。


本日、7月7日は彦星と織姫の記念日です。
雨だけど少しでも逢えたらいいね
なんとせつない物語なのでしょう。
意地悪な雨め。

2018年7月7日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

しっとりとした情緒
2018年7月6日

金澤syugenそばの家庭菜園の畑では
なすの紫に&マリーゴールドの橙が鮮やかです。



花嫁様尚ちゃんの情報ですが、
マーリーゴールドは防虫効果があるそうです。


季節先取りの祝言は七十二候の
土脉潤起の結婚式やウエディングフォトの
新郎新婦様を紹介します。


ミュシュランの料亭さんにて賢一郎さん&由美子さん



お庭に雪吊が冬の風情です。


21世紀美術館にて真一さん&志保さん



白山比咩神社さん&和田屋さん祝言の
お二人が洋装で前撮りです。


十月亭さんにて仁さん&和美さん



二部式祝言の一部と二部の間のお時間に
撮影&花嫁行列をされました。


武家屋敷にて健二君&友美ちゃん



このあと二人の出逢いの中学校でも撮影されました。


ひがし茶屋街にて誠さん&渚ちゃん



パパママのお二人はこの後、スタジオで
お子様達と一緒にご家族写真を撮りました。


土脉潤起は「雪が春の雨にかわり
大地が潤い始める頃」だそうです。
写真からもしっとりとした情緒が感じられますね。

2018年7月6日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おカツラで七変化
2018年7月5日

おカツラでの素敵な和modern美装を
真喜ちゃんのお写真で紹介します。



桜待つ石川門ではべっ甲のかんざしです。
椿模様の刺繍のお打掛にあわせて
金澤modern水引でオリジナル
デザインしたカメリアモチーフのブーケです。




ひがし茶屋街では、小花の愛らしい花かんざしです。




真っ白な羽衣の綿帽子です。




桜色の羽衣の綿帽子です。




角隠しのお支度もされました。




島田飾りもお衣装にあわせた桃色です。


おカツラでもかんざしや小物で変化がつけられて
愛らしい花嫁様にもクラシカルな花嫁様も叶います。


崇裕さん&真喜ちゃんのHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=18&cat=cat5_1

2018年7月5日 カテゴリー: めしませ着物 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「寄席にいそうな雰囲気」
2018年7月4日

秋に金澤神社さんにて挙式の
康史さん&宙さんのお衣装合わせです☆”
緑色と青色がお好きな宙さんによくお似合いです☆”



新郎様の紋服は、一昨日
羽生結弦くんの国民栄誉賞授与式で
話題になった格調高い仙台平です。
にこやかなムードメーカーさんの
新郎様の和装姿は落語家さんの趣もあります(*^▽^*)。


宙さんからのメッセージです。

あはは…
ほんとに寄席にいそうな雰囲気なんですよね…(^-^




アンティークの大振袖に白無垢を
羽織られ愛らしいことですね☆”


緑がお好きなお二人ですので
新郎様にも緑の紋服をお召しいただきました。



さらなる寄席感はんぱない新郎様です。
試着の間もにこやか穏やかなお二人でした。


お二人はご家族様との少人数スタイルの
金澤神社婚を選ばれました。
そして、挙式の前のお時間に
兼六園のことじ灯篭での
ロケーションフォトも予定しています。


次回はヘアメイク打合せです。
素敵なお写真撮りと挙式にしましょうね☆”

2018年7月4日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「女ともだち」
2018年7月3日

今朝は、2:30起きで応援しました。
試合後の選手を観ていたら
泣けてなけて、、、
朝から鼻づまりはんぱないことでした。
残念だったけど夢をありがとうです☆”




女性作家アンソロジー「女ともだち」を読みました。



大崎梢さんの「こっちを向いて。」は
シゴト関係で知り合った女性と
友達になりたいと願う主人公の
女性の想いが可愛いらしいのです。
「その人がいるからシゴトが楽しくなった」
ってこと経験あるあるです。


森絵都さんの「獣の夜」がとてもおもしろかったです!

「人はそれぞれのネイチャーのままに生きればいい」

と、主人公が友人に言われます。
友人との関係のえがき方だったり
言葉の選び方が好きでした。
直感や本能で惹かれあうのがともだちですね。


この中で

「人間にとって一番大切なのは嗅覚」

これは、私も同感で
自分自身の嗅覚を信じています。




今朝(夜中か)、インスタに
「今から応援」とのせたところ
花嫁OB様や友人知人から多くの
「いいね」をいただき、その度
「一緒に応援してるんだ」って
嬉しくなりました( •ॢ◡-ॢ)-♡

2018年7月3日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

悩み中です^^;
2018年7月2日

金澤syugenそばの家庭菜園の畑で小さなかぼちゃを見つけました。



黄色の花も愛らしいことです。
夏の暑いのは嫌いだけど青空のもと
夏野菜の花が元気に咲いて
実を付ける風景はとても好きで
自分の畑でもないのに成長を楽しんでいます。


季節先取りの祝言、今日は
黄鴬睍睆の頃の結婚式や
ウエディングフォトの新郎新婦様を紹介します。


宇多須神社さんにて辰悟さん&綾乃ちゃん



花嫁行列でひがし茶屋街へとご出立です。


成巽閣のなまこ壁にて裕規さん&アッコちゃん



チャペル婚のお二人が和装でのロケーションフォトです。


ひがし茶屋街にてひろしさん&あさこさん



お食事会の十月亭さんへとお運びです。


町屋にて啓介さん&沙織ちゃん



お二人の前撮りの模様は
NHKさんのイブニングニュースで特集されました。


石川四高記念館にて文也さん&春菜ちゃん



十月亭さんでのお食事会のあと
雪の街並にて当日撮りをされました。


剛さん&ちーちゃん



花嫁様を彩る金澤つまみ紗衣句の
オリジナルデザインの
かんざしと手毬ブーケは
世界に一つだけのお品です。


今宵深夜、ベルギー戦ですが
起きていられる自信がありません。
早く寝て3時に早起きにしようか
と、悩み中です^^;。

2018年7月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「潜伏キリシタン」世界遺産登録
2018年7月1日

今日は氷室の日です。
その昔、金沢城内の氷室の氷を江戸幕府への
献上品として桐箱に入れて運んだそうです。
加賀藩から運ばれる氷は道中で
「お氷さまのお通り」と言われたそうです。
今日の金沢は非常に暑く高温注意報が出ていますが
江戸時代も道中暑かったことでしょうね。



写真は、巧ちゃん&ゆきたんの人前式にて
「氷室」をイメージして創作したリングピローです。


今日は、インスタやメールで新郎新婦OB様達の
「氷室饅頭食べた」情報を微笑ましく読んでいます。
氷室の日は無病息災を祈って
氷室饅頭やちくわをいただくという
金沢ならではのならわしがあります。


あと、夏の風物詩と言えば、
どぜうのかば焼きですよね。
ほろ苦くてカチカチホネホネっとした
どじょうの食感がお酒にも良くあいます。
どぜうのかば焼きの文化は、卯辰山の
長崎キリシタンが始まりと聞いています。


井上雪さんの「金沢の風習」 からです。

明治2年長崎浦上の信徒の流刑地として加賀藩は556名を卯辰山に軟禁した。信徒たちは頑なに信念を貫き通し容易に改宗せず病気や貧しさで倒れるものも後を絶たない。収入の無いこの人たちは小川でドジョウを採り蒲焼にして赤い旗を立てて街を売り歩き生活の糧とした。

確かにかばやきののぼり旗は今も赤に白の文字です。
「金沢の風習」はさらに

明治6年にキリスト教が国禁を解かれたが109人の人が死亡した。遠く異郷の地で苦しみ寒さは衰えた体に致命傷となって悲惨な死を迎えたのであったろうと言われた。

金沢にもこういう痛ましい歴史があるのですね・・・・・。




昨日は、長崎と天草「潜伏キリシタン」が
世界遺産登録されましたね。
差別のない平和な世でありますようにと氷室の日に祈ります。

2018年7月1日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ