金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
春一番の儀
2018年2月22日

「clubism用のお写真」に達也さん&沙希ちゃんが
にこやかにこたえてくださいました。



お二人の背景は金沢らしい風情の金沢の雪吊りです。
時折、舞う雪に達也さんのご両親は
「雪がきれいですね」と感慨深いご様子でした。




お子様たちにお二人からのプレゼントがありましたよ^^。


そして、沙希ちゃんのお姉様から
「二人いつまでも 仲良くね」という
お言葉とともにサプライズプレゼントがありました☆”



オリジナルの金澤modern九谷焼には
沙希ちゃんのお打掛の絵柄、そして
裏面にはお二人が大好きな柴犬が描かれています。




お姉様にお手引きしていただいて
ヘアチェンジへとご出立です。




小さいお子様ものびのびできるのが
畳のお部屋のいいところです。


沙希ちゃんからのメッセージです。

みんないつの間にか子供達仲良くなってましたもんね!
泣いたりせず、みんな楽しく賑やかで
退屈にならず、みんな笑顔で良かったです!!

 
おちびたん達、みなさん機嫌良く
まあ可愛いらしい怪獣っぷり
発揮されていましたよ。

 


ヘアチェンジ整いまして
お母様にお手をひかれてのご入場です。




お母様のインタビューではがんばりやさんの
沙希ちゃんのエピソードに私ももらい泣きしました。。。




「春一番の儀」と題してまして
達也さんのご出身地のお花サルビアの
モチーフのミニこも樽で鏡開きです。
オリジナルデザイン品には桐生と金沢を織り込みました。




みなさんのお席をおねりされてテーブルごとの
お写真撮影&おみくじで春一番の運だめしです。
お友達のみなさんがとっても楽しく
盛り上げてくださいました。




途中、BABYちゃんが生まれたばかりの
お友達にお祝いをプレゼントされましたよ( •ॢ◡-ॢ)-♡。




おみくじのアタリを当ててくださった
ラッキーさんは沙希ちゃんのお友達です。
金沢に伝わるお雛様のお菓子「金花糖」を
贈られました。


達也さん&沙希ちゃんのreportは明日へと続きます。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

七転び八起きの儀
2018年2月21日

昨日に引き続き、達也さん&沙希ちゃんの
「春一番祝言」のreportです。



ご親族お友達が見守る中、宇多須神社さんで
厳かな挙式が挙式が執り行われました。
沙希姫の白打掛に綿帽子のお姿は
神々しいばかりのお美しさでした。



お友達が心ほのぼのとにぎやかに祝う中
ひがし茶屋街の花嫁行列へとご出立です。




沙希ちゃんのお姉様の美佳さんが
おまっちょろのお役目をおつとめくださいました。


老舗料亭の金城楼さんでご披露宴です。



受け付けは正樹さん&美佳さんとご夫妻です。
和モダンなウエルカムボードはお二人からの
プレゼントです。


いよいよ開宴です。



可愛いらしい姪っこちゃま&甥っ子ちゃまと
達也さんがご入場です。
おちびさん達は、すでにリラックスされて
ご機嫌さんでしたよ(*^▽^*)。




続いてお父様とご一緒に沙希姫が
古式ゆかしく花嫁のれんをくぐってご入場されました。




お父様から大切なお嬢様を達也さんに
たくされましてかたい握手です。




アットホームなご披露宴を望んでいらっしゃいまして
乾杯のご発生は正樹さんにお願いされました。




高砂のお席ではお二人の婚礼衣装を刺繍で
表現した金澤祝言花手毬こぼしが鎮座しています。




続いて楽しいセレモニー「七転び八起きの儀」では
お二人にオリジナルのだるまさんデザインの
彩羊羹に目入れです。




だるまの目入れは沙希ちゃんのご希望です( •ॢ◡-ॢ)-♡


ご列席のみなさんには、お料理もゆるりとご賞味いただきました。



加賀ににらみ鯛ありとうたわれました
伝統の婚礼料理「鯛のからむし」です。
ふくよかな香りが会場いっぱいに広がって
いっそう和やかな宴となりました。


和婚式のreportは明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月21日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

春一番のあったか祝言
2018年2月20日

達也さん&沙希ちゃんの「春一番祝言」が
ほのぼの開宴されました。



お庭の雪つりが金沢らしい風情です。


紅殻色の壁の座敷にて。



お二人にはお早めにお支度していただいて
前撮りのボリュームの撮影を
結婚式の当日にゆるりとこなしていただきました。 




ふっくらとした梅の柄のちりめんの
白無垢がなんとも愛らしく
お似合いでいらっしゃいます。




おすましもにっこりも上手にこなす沙希姫でした。




少しご緊張の初々しい達也さんでした。 


当日撮りをしている間、会場ではオリジナル品の
セッティングをしています。



お衣装の柄を一針一針縫っていただいた
金澤花手毬こぼしです。




色打掛柄を描いた金澤modern九谷焼のカップです。
こちらは、沙希ちゃんのお姉様からの
サプライズのプレゼントです。
お姉様とヒソヒソ連絡を取り合いました^^v




鏡開きのミニこも樽は金澤modern水引の
サルビアモチーフのオリジナルデザインです。
桐生市の花がサルビアで花言葉は
「良い家庭」「家族愛」と縁起の良いことです。
 



達磨デザインのオリジナル羊羹です。
群馬と言えば達磨ってことでセレモニーで
目入れしていただきました。

 


お雛様が近いのでひな人形も飾りました。




金沢のお雛祭りには金花糖ですね。
その昔、金沢ではお魚の鯛が
獲れない時期には金花糖の鯛を
お引き出ものにされたそうです。


明日は、宇多須神社さん挙式と
ひがし茶屋街をおねり花嫁行列、
ご披露宴のreportをかきます。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月20日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「降り積もる光の粒」
2018年2月19日

角田光代さんの「降り積もる光の粒」は
旅について書かれたエッセイでした。
呑気だったり危なげだったりしながらの
作者の気づきが綴られています。


 
あ、そのワクワク感わかる!と
感じることも多々ありました。


時に、ほのぼのっと
緩やかに流れる時間が描かれ
叙情的で美しくて夢見心地になれました。

すがすがしいほど開けているからか、
時間の速度も変わったように感じられる。
ゆったり、おおらかに時間は流れはじめる。


私までおおらかな大地を漂っているような気分になれます。


第四章は、ぐっと深刻になり
たくさん泣きました。
マリとインド、パキスタンへ
ボランティアに同行し女性の窮状を
取材する旅の話になります。
文字にすることはとてもとても
おどろおどろしいようなことが
今も発展途上国にはあって
それは、現地の人にとっては
「母もそうだったから」という
意識で流されてしまうのです。
とても衝撃的で重たく受け止めました。
 

今、開催のオリンピックでも
人種差別や女性差別を受けた選手の
努力はいかばかりだったのかと・・・。
心から応援します。


最終、東日本大震災後の三陸の旅の
話には大きな希望を感じました。

けれど旅を終えたとき、私たちは気づくのだ。
それらが、きらきらと光を
発しながら自身の内に降り積もっているのを。


と、印象的な言葉を残してエッセイは
とじられています。
ぎゅっといい話がつまっていました。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月19日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

達成感まで味わえました
2018年2月18日

昨日の金澤syugenは、結婚式で
スマホを見ることもしないのですが
宇多須神社さんの控室で禰宜さんの奥様が
「羽生くん、金メダルです!
宇野くん、銀です^^」
と、速報してくださって美装さんと
「良かったね」と大いに喜びました。


夜、晩酌しながら観ましたよ^^v。
銀色の氷に笛の音が響き
神秘的で美しいことでした。
演技に感動した私は図々しい
達成感まで味わえたのでした(*^▽^*)。




笛の音の演出の祝言をご紹介します。



十月亭さんにて真弓さんです。




ひがし茶屋街にて智ちゃんです。


金澤syugenでは、和婚式に彩を
添える三味線や笛、琴などの
風情ある演出もたまわっております。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月18日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「め一杯抱きしめたい」
2018年2月17日

文乃ちゃん&叡良くん
「七五三&百日お宮参り」
ロケーションフォトが
Happy Reportに登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=327&cat=



文乃ちゃん、お茶目さんなことです。
こんな小さい頃から女の子ならではの
愛らしさと華やかさがあるのですね( •ॢ◡-ॢ)-♡




宇多須神社さんで玉串奉納です。




2013年にパパ&ママもこちらの神社さんで
ご夫妻になられることを誓いましたね。
あの日の、遥姫はすっかり優しいママのお顔です。




叡良くんがなかなかの暴れん坊です。
男の子は甘えっ子で泣き虫で
そこが可愛いんですよね(*^▽^*)


崇典さん本当に優しいパパです。
ここで、崇典さんの名言をひとつ。

油断していると、あっという間に成長し、
相手してもらえなくなっちゃうかもですね。
まだ、抱っこさせてもらえる内に、
め一杯抱きしめたいと思いまする。


そう、抱っこさせてもらえるうちに
そして、一緒に遊んでくれるうちに
いっぱい可愛がって
いっぱい思い出作らなきゃね(*^▽^*)


ロケーションフォトを選ばれたので
ひがし茶屋街の街並みや町屋で
ご家族写真も楽しいことです。
金沢の街並みでの良き思い出が
アルバムにまた増えましたね。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月17日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「これが金沢の文化なんですね」
2018年2月16日

飛行機雲発見です。



昨年、ロケーションフォトをされた
亜希子さんのお母様と昨日
お孫様(亜希子さんの姪っこちゃま)の
百日詣りのことなどなど
お電話で話していた折
この雪でお父様の車がはまり
ご近所のかたがたに助けられた
お話をうかがいました。


みなさんが知恵を出し合って
このやりかたがいいとか
独自のアイテムも持ってきたりとか
都会ではみな見て見ぬふりなのに
困った人を助けてくれることに
感激されたそうです。
関東からお越しのお母様は
「これが金沢の文化なんですね」と。
みんなが譲り合って助け合って
金沢人の気質は素晴らしいことです。


裏道が除雪されていない時、
中央を歩いていると、むこうに
車が来て止まってくれたから
焦って速足で進むと、窓を開けて
「急がなくていいですよぉーーー」と
ご婦人のお声が。
「すいませーーーん!」と私も声をはりあげました。
で、すれ違う時「大変な雪です^^;
お気をつけて^^」と声をかけあいました。
 

そして、知らない人と挨拶は
かわさない現代ですが
雪すかしをしているかたには
自然に頭が下がります。
それは「お世話していただいた道を
通らせていただきます」、
「(互いに)気を付けて」というような
意味合いもあってかと思っています。


雪道歩くノラちゃん発見。


 
この子は翌日もすまして歩いていました。
ノラちゃんは雪が好きなようですね。
そして、小さい子達はイキイキ雪遊びしていますね。
雪がご褒美って感じで楽しんでいます。


ウチの坊主も雪が降ると
ワクワクするようです。
「今年は、はまっている車を
7台助けた」となどと自慢していて
とある日は、家に帰って暖かい部屋の
窓からどうもはまっているらしき車を
発見し「今日は3台助けたから
4台も一緒だ」と飛び出してゆきました。
やはり、若いほど雪が嬉しいようです。


今日はお陽様が出ていて嬉しいですね。
土の下で力強いエナジーをためて
もうすぐ芽吹きの春がきます☆”


鋭志さん&亜希子さん「満天星祝言」フォトご覧くださいませ。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=324&cat=cat5_1


春になると亜希子さんの姪こっちゃまの
白山比咩神社さん百日詣りフォトと
和田屋さんにてのお食い初めの
儀式があります( •ॢ◡-ॢ)-♡。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月16日 カテゴリー: 加賀百万石の習わし | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ビュンビュンと風の音
2018年2月15日

金沢では昨日、春一番が吹きました。



ビュンビュンと風の音を聴きながら歩く
帰り道、遠くの冬枯れた木にさす茜色が
夕時の空にふわりときれいで春の訪れを感じました。


季節先取りの結婚式、今日は七十二候
蟋蟀在戸の頃の新郎新婦様のお写真をご紹介します。


石川門にて弘幸さん&由紀恵さん



挙式前にロケーションフォトをゆっくりと
楽しみ宇多須神社さんへとご出立されました。


ひがし茶屋街にて雄一さん&かなちゃん



長町武家屋敷の町屋でご親族と
人前式&お食事会をされました。


和田屋さんからご出立の梅吉さん&知子さん



白山比咩神社さんへとお運びになられました。


尾山神社さんにて寛之さん&加奈ちゃん



夏に前撮りされたお写真をご披露宴の
会場に展示されました。


主計町にて康弘さん&ナツメちゃん



翌年の初夏に二部制スタイルの
金澤町屋和婚をされました。


フレちゃん&千尋さん



フランスからお越しのご親族様も
和婚に感動のご様子でした。


蟋蟀在戸は「きりぎりすとにあり」
と読んで戸口で秋の虫が鳴く頃ということです。
秋の祝言もお気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月15日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

和modernなコーディネート
2018年2月14日

昨日の「さんま御殿」ご覧になられましたか?
馬場ももこアナウンサーが楽しかったですね。



デヴィ婦人に「脚が短い」と
言われていたけど私達は馬場さんの
美脚にうっとぉり~でした。
和ごころ勉強会の活動で、
お邪魔した折には本当に
優しくしていただき、気遣い完璧な
とても可愛らしいかたでいらっしゃいました。




さて、和modernのページに文也さん&春菜ちゃんの
「金華糖祝言」をアップしました

http://www.kanazawa-syugen.jp/modern/index.html

 



和modernな美装コーディネート。




和modernなテーブルコーディネート。




自然の演出が美しいことでした。
真綿のような雪がお二人をつつみました。


進化する金澤syugenのHPご覧くださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月14日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「運命はこうして変えなさい」
2018年2月13日

林真理子さんのエッセイ
「運命はこうして変えなさい
賢女の極意120」はたいがい
毒舌なんだけどクスッと笑えたり
なるほどねぇと思えたりしました。


 
一番印象に残っているのは
 
女というのは、
一五歳の時をどう生きたかで、
その後の人生が
すべて決まってしまう。


と言いこの呪縛から逃れる方法は
「私は可愛かった(略)」
と自分にも人にも言い聞かせることで
本当にそう思えてくると。

現在の地点から過去を立て直す。
すると今の自分もぐっとよくなってくるという。


こういう考え方は、好きです。
勇気が出るってもんです( •ॢ◡-ॢ)-♡




そして、もう一個好きだと思ったのは

やらないより、
やった方がずっとマシ。
ゼロから始めて、
0.01だけしか
得られなかったとしても、
ゼロよりもずっとマシだ。


これはいい言葉です。
習い事や新しいことを
年齢や忙しさのせいにしがちだけど
この「やったほうがマシ」の気持ちには
これからも後押しされそうです。


 

大笑いしたのが

女というのは、
お姫さまになる
一瞬のために、
生命を懸けるものだ。

ジミ婚というのが大嫌いである。


金澤syugenの結婚式は、
スポットライトをあびる
ハデ婚はありませんが
清楚で上品であたたかな
そして何より親御様や
お世話になったかたがたに
感謝の思いをキチンと伝える祝言です。
美しいお姫さまになるお手伝いを
いたしております♫•*¨*•.¸¸♪✧。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月13日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

七四二です☆”
2018年2月12日

アニバーサリーフォトに2010年組さんの
和貴さん&陽子ちゃんファミリーの登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=326&cat=

お子さんお一人づつも
ご家族写真も撮影されました。


陽子ちゃんのご希望で
「女子チームで」「男子チームで」の
お写真がいい感じでした。



やまとくんが、まー!やんちゃでした^^
大好きなお祖父ちゃんお祖母さんも
いてくれてカッコイイ衣装も
めされたら嬉しくて
ちょっぴり緊張もして照れ隠しに
ワンパクしたくなったのかもしれませんね^^。
思い出すと可愛くて可笑しいのです。
 



やまとくんのやんちゃに泣きだしそうに
なっていたあおいちゃんですが、
優しいママと手を繋いで可愛らしい
お写真に仕上がって良かったね。


一番小さいつばさくんはかなりの
エリ-トくんでした☆”
どの子も本当に可愛らしいことでした。


七歳、五歳、三歳にかかわらず
ご家族のご都合のよいタイミングで
記念の撮影をオススメします。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月12日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

雪沼
2018年2月11日

一昨日、大通りの歩道はカチンコチン。
場所によっては1メートルの
高さがあってそこから見る景色は
普段とは違うものでした。


裏通りでは、平均台くらいの
幅っかない踏み固められた道のみで
その両側にはズボズボはまった跡!
こういうおっかなびっくりな通りが
ずっと続いていて
足を滑らすと捻挫しそう
(今、外科では雪で捻挫された
患者さんが多いそうです。)なのです。
気分は、シルクドソレイユの演者さんで
気をつけて気をつけてモデル歩きしました。



ここの雪は人の背丈の倍あります。


そして、昨日は気温が上がり
雪がゆるんで、さらに雨が降って
雪道が沼のようなのです。
車の助手席に乗っておったのですが
もう怖いなんてもんじゃないのです。
まっすぐ走らないとこじゃなく
何度も雪の壁にぶつかりそうになって
生きている心地がしませんでした。
そんな中で「パリダカール・ラリーって
こんな感じかな」などと考えました。
車が道に直角(って言うのかな?)に
なってとまったこと数回。
心臓バクバクでノドがカラカラ
今、思い出しても恐怖です。


視界が悪くなる大雪も
冷えてカチコチになって
滑ってしかたない道も怖いですが
ジャバジャバの雪の怖さったらなかったです。
今回、降った量が多いから
沼の引力がハンパないのです。


私は、移動はほぼ歩きで
今、大通り以外は歩道がなくって
車道を歩いています。
けど、運転されている方も
車が予想外の動きをして大変なようです。
歩行者のかた、車が来たらば
くぼみやなんかに避難してください。


これから、また寒波がくるそうです。
金沢に生まれ育って
何十年になりますが
今年の冬は一番過酷で
暖かい春の待ち遠しいことったらないです。
どうかみなさんご無事で
穏やかな春が迎えられますように。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月11日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

お食事券があるって?
2018年2月10日

平昌オリンピック開幕式で
イランの女性選手の姿に
感動してもらい泣きしました。
女性選手は男性選手が練習する
ゲレンデに入ることも
許されていなかったそうです。


インド選手団の入場のアナウンス
「インドではお食事券があり」に
『へぇー、インドの人だけ?』
と、聞いていたら、、、どうも
“お食事券”ではなく“汚職事件”
だったようです^^;




季節先取りの結婚式、今日は七十二候
菊花開の頃の新郎新婦様のお写真をご紹介します。


武家屋敷のお庭で卓さん&雅美ちゃん



新潟でチャペル婚、金沢で和婚スタイルの
前撮りをされました。


太鼓橋で寛世さん&麻希ちゃん



ご自宅でお支度をされご近所の方々にも
お嫁入りのお姿をお披露目されました。


白山比咩神社さんにて剛一さん&靖子さん



和田屋さんでご親族とお食事会をされました。


宇多須神社さんにて順也さん&鮎美ちゃん



ひがし茶屋街の花嫁行列へとご出立されました。


お座敷にて大樹さん&かれんちゃん



21世紀美術館や石川四高記念文化交流館での
洋装のお姿を写真でお披露目されました。


武ちゃん&裕美ちゃん



綿帽子に白無垢のお姿で
人前式にて誓いあいました。


金澤syugenのパッケージの商品はなく、
いかようにも編集いたします。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月10日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「The Day After Tomorrow」
2018年2月9日

大変な雪でしたが皆様、ご無事でしょうか。
今朝は久々の晴れでスキップしたくなる嬉しさです。


昨日、久々買い物に行けたのですが
泉野の大通りが片側一車線通行に
なっていて(あちこちで渋滞に
なるわけですね)歩道に積まれた雪は
私より背が高くなっていました。


話には聞いていたけど、スーパーに到着して陳列棚にビックリ!



牛乳の棚には200mlの小さいのが1本のみって。。。


さて、雪が降り続けてパニック映画
「The Day After Tomorrow」
(地球温暖化で氷河期がくるという
お話)のようだと怯えておりましたが、
人の情はあると感じています。


昨日、大きな物流のトラックが
雪にはまっているのを
付近の方々がダンボールをひいて
「せーの」で押してちょうど
脱出できた瞬間に立ち会いました。
お手伝いの方々は、
慌てて出てきているから
部屋着のままやエプロン姿で
そんな薄着でと心配になるのですが
ニコニコ帰って行かれました。
本当に立派です。


大通りの歩道も雪で、人一人が
やっと歩けるくらいっかなくって
譲ったり譲られたりです。
交差の時にお互いに「すいません^^」
「ありがとうございます」と声をかけあって
それは、「お気をつけて」と
互いに励まし合うみたいな
思いもこめられているようで
厳しい雪道も少し心がほっこりします。
山登りしている人が知らない人とも
挨拶するってこんな感じかなって思ったりもします。


今回、嬉しかったのが花嫁様OB達からのお声です。

ちかたんが神奈川から

「雪大丈夫ー?」
「みんな食料心配」



尚ちゃんが千葉から

「どうか、事故などお気を付けて」
「早くおさまることを願うばかりです」


気弱になっているから、涙が出るくらい嬉しかったです。
ありがとう( •ॢ◡-ॢ)-♡。


途中、食料品がなくなってきた時
震災にあわれた方ってこんな気持ち
だったのかななんて思ったけれど
電気と水があるから、いやいや
ありがたいことです。
トイレに座ると暖かくて
ベッドに入るとふわっとしてて
お風呂に入って手足伸ばせて
浄水器からは水が出て
いつも当たり前のことが
幸せと感じます。
また、今回のことを教訓に食料品の
備蓄も心がけなければと反省しました。


皆様、引き続きご注意くださいませ。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月9日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ゆるふわうねうねヘア
2018年2月8日

宇多須神社さん&料亭和婚をされます
沙希ちゃんの二次会ヘアの
打合せがありました。



長いたっぷりの髪で
ゆるふわうねうねなヘアがイマドキで
かっわいいのです( •ॢ◡-ॢ)-♡


ウェディングドレスにスニーカーの
スタイルでお出かけになられるそうです。
沙希ちゃんっぽいです☆”
 

この日は手作り品も持ってきてくださって
お席札には、私とムッチのんもあって
ウルウルきちゃいました。
ネタバレになるのでまだ写真は
載せられないのですが
とっても愛らしいデザインです。


今年のビックリな雪もお二人の
結婚式の頃はきっとおさまっているよね。
お二人の祝言の日が待ち遠しいことです。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月8日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「鳥肌が」
2018年2月7日

硬質で重たげなにび色の空に
圧力を感じています。
今年の雪には自然の猛威ってのを
突き付けられた思いで怯えています。


子供達だけはこの雪で大喜びです。
まあ嬉しそうに分厚い雪の綿にダイブだったり、
道でも降ったばかりの雪に
得意そうに足跡をつけているのを見ると、
私も子供のころは大雪って
ワクワクしたなぁと思い出しました。


子どもの頃はなんてことなかったのに
大人になって怖さがわかるもの
ありますよね。
その逆もあります。


穂村弘さん「鳥肌が」は子供の頃、
怖かったけど大人になると
なんてことなかったりすることや
作者の豊かな想像力ゆえの怯え
他人との許容のズレや
理解し難い怒りのツボ
自分のこだわりや魔がさす瞬間
ゾッとする話、霊的な経験、
自分の物忘れなどなど
鳥肌が立ったことがおもしろおかしくかかれています。



表紙にも遊び心あってエンボス加工で
鳥肌仕様、不気味な挿絵は目をこらしても
「なんのこっちゃわからん」でした^^。
このかたのエッセイはリズムがあっておもろしろいのです。


私自身にも心当たりがある
ほんの少し怖いような話が続きます。
友の話というとこで、夜半に
上司と泊まったビジネスホテルの
一室で目覚めたら、テーブルの上に
髪の毛の塊があって絶叫したというもの。
この話にはオチがあってさらに
笑えるのですが、それは
ネタバレになるのであえてかきませんね。


これは、我が家の出来事。
着物で過して家に帰って
髪をほどいて家のことをしていたら
洗面所から「ぅわーっ!」という
坊主のびびった叫び声!
見に行くと置きっぱなしにしてあった
私のヘアピースに驚いていたのでした。
なんの心の準備もなく
洗面所に大量の毛束
んーー怖かったね。
鳥肌たつよね。
ざわつかせた悪い母さんでした。


みなさま、大雪にはどうぞ引き続き
ご注意くださいませ。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月7日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

屋根雪警報も
2018年2月6日

夜中に起きて窓の外を見ると
降り続く雪で街が青白く幻想的でした。
が、降りすぎですね。



前回、見つけた屋根雪注意の
張り紙は「ニゲロニゲロ」とさらに
警告っぽくなりました。
 

季節先取りの結婚式、今日は七十二候
鴻雁来の頃の新郎新婦様のお写真をご紹介します。


和田屋さんの将ちゃん&友香理ちゃん 



人前式が始まる前のお時間に
お庭でゆっくりと当日撮りを楽しまれました。 


浅野川にてNARUMIさん&KEIKOさん



宇多須神社さん挙式前に、梅の橋まで足をのばされました。


尾山神社さんにて直宏さん&光穂ちゃん



和漢洋折衷様式の美しいギヤマンの神門はハイカラです。


金沢城公園にて健吾さん&まるみちゃん



雨の日は雰囲気があります。


ひがし茶屋街にて進さん&和ちゃん



十月亭さんで黄昏時からの祝言でした。


武家屋敷にて太郎さん&美世ちゃん



町屋でご親族様にお披露目のお食事会をされました。


三連休には新規のご相談もたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月6日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

尾山さん詣り
2018年2月5日

Kちゃん&聡ちゃんファミリーの
七五三のお写真撮り「尾山さんの詣り」が
Happy Reportにご登場です。
 
 
 
淳之介くんのホッペが赤くて可愛いね。
 
 
衣千乃ちゃんのポーズきまっているね^^v
お祖父様お祖母様から贈られた
お着物がお似合いです。


2008年の金沢の街並み
ウェディングフォトの婚礼衣装を
描いた金澤祝言こぼしが
お子様のこぼしちゃんを囲みます。

 
大阪からやんちゃな怪獣達との遠征は、
なにかと大変だったかと
思いますが、私達も精一杯の
お手伝いをさせていただきまして
出来上がりはなんとも優雅な家族写真です!
素晴らしい♫•*¨*•.¸¸♪✧


新郎新婦OB様がお子様を連れて
元気なお顔を見せて下さる時
ウェディングプロデュースという仕事が
とてつもなく幸せだと感じます。
本当に感謝です。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月5日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「日本文化の貢続」
2018年2月4日

一昨日、とても嬉しいことがありました。
以前、blogで有職美容師の南登美子さん
記事をかいたのですが
なんと!ご本人様からコメントをいただきました。
紹介させていただきます。

はじめまして。京都の南登美子でございます。

大変嬉しく思いましたのでコメントさせていただきました。(略)
相手様の心持ちを大切になされ
伝統を重んじた婚礼をされておられます
様子に感心しておりました。

私事ですが今年で90歳。
一生現役として有職美容師として美の追究と心の所作,
伝統の意味を大切にした日本文化への貢続けたいと思っております。


憧れのかたからのお言葉ですから
読んだ時、ウルウルっとしました。
京都三大祭「葵祭」のヒロイン「斎王代」や
時代祭で髪結いをされていらっしゃいまして
平成28年度の「京都府の現代の名工」にも
選ばれたそうです。
なんて素敵なことでしょう♪


南様、代筆でコメントくださいました
秘書のかたも本当にありがとうございました。
とても感激いたしました。
ますますご活躍くださいますように。


金澤syugenでは古式ゆかしく
おカツラ、日本髪でハレの日を
迎えられる花嫁様が多くいらっしゃいます。


一番、最近の日本髪の花嫁様の紘子姫です。


日本の古き婚礼の再現は
地味な活動ですが、
次の世代へとこの美しい伝統を
繋いでゆきたいと考えています。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月4日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「吹上奇譚 第1話」
2018年2月3日

吉本ばななさんの「吹上奇譚 第1話」は、
ばななさん曰く哲学ホラーと。
ホラーと言うよりほのぼのとした
スピリチュアルファンタジーでした。



主人公が持つ「現実を夢で知る夢見」という能力。
そこまではっきりしたものでは
ないけれど目覚めた時、夢から
メッセージっぽいもの感じるとる
ことってありますよね。
例えば、お昼間なんでもないと思えた
ことが夢に出てきて
『気にしてないフリしてたけど
案外と気にかかってたんだ』とかありますよね。


ミミとこだちが育った町には
異世界に繋がる出入り口があり、
異星人が普通に人間の世界で生活しているのです。
宇宙人と人間が結婚してハーフや
クオーターがいるという異類婚姻譚が
なにごともなく成立しています。
立場や世界が違っていても
理解しあえば穏やかに暮らしてゆけるよ
というメッセージを感じました。


ミミがサイキックと言われる人に相談に行くのです。

「今日は植物園に行って
当時と変わらない懐かしい木々に触れ、
昔の明るい気持ちを取り戻してくださいね。
それで正しい流れができますからね。
行くだけでいいのです。」


と言われます。

ああ、こういうのあるって思いました。
私は、富樫の薔薇園に行きたくなります。
豪勢に花の咲いていない時もです。
そこは、凪の世界なのです。


あと、みずみずしい柑橘系の果物についても
度々、描かれていて

柑橘をむいたときのぷしゅっという勢いのあるしぶき

ばななさんの柑橘愛が伝わってきます。



柑橘ファミリー大好きですから
この季節の楽しみでもあります。


読後、身近かな人を「あの人、異星人っぽい^^」とか
想像するのも楽しかったです。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月3日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

パパママ婚
2018年2月2日

創作ウェディングの家族婚に
パパママ婚の誠さん&渚ちゃんファミリーがご登場です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/original/index03.html



冬の前撮りでは洋装もめされました。



遥くんの唇のとんがり具合が可愛らしいですね。




遥くんは、春の二部制の結婚式では
花嫁行列のお手引きさんとしても大活躍でした。


渚ちゃんからのご感想です。

ステキな動画ありがとうございます。

お子様達の活躍がなんともほほえましいことです。


「授かり婚で忙しくて結婚式ができなかった」
「結婚式はしなくていいと思っていた」
「生まれたBABYのお披露目もかねて」など
いろんなご事情におこたえします。
お子様がいて結婚式の準備ができるかしらと
ご心配なかたもご相談くださいませ。
和会場は畳のお部屋で小さいお子様も安心です。


お子様が祝福してくれる
ファミリーウェディングあたたかくって素敵です。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月2日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

馥郁たる苺大福さま
2018年2月1日

吹雪の日、和菓子が恋しく
きんつばを求め、たろうさんへ行くと
「いつもはすぐに売り切れるのですが
大雪なので今日はまだ買えます」
と、すすめられ買った苺大福。



かなり贅沢しちゃったキブンでしたが
白あんと求肥と苺のハーモニーが絶妙!
寒い日は和菓子と加賀棒茶が幸せ♫•*¨*•.¸¸♪✧


季節先取りの結婚式、今日は七十二候
水始涸の頃の新郎新婦様のお写真をご紹介します。


武家屋敷にて洋史さん&啓恵ちゃん 



洋装でチャペル婚のお二人は
金沢で前撮りをされました。


白山比咩神社さんにて晶さん&ヨウコちゃん 



白無垢に綿帽子のお姿で古式ゆかしく挙式されました。


21世紀美術館にて成昌さん&カオリちゃん 



愛犬ちゃんと一緒のフォトでした。


和田屋さんにてジェトゥリオさん&みどりさん



イタリアのみなさんにJAPANを楽しんでいただきました。


十月亭さんにてKちゃん&聡ちゃん



この日、プロポーズもありました。


夏&秋のご結婚式のご相談もたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2018年2月1日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ