金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
プラチナヘアーと大根の白
2016年11月30日

十一月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いの二日目です。


俊範さん&真弓さん



宇多須神社さんで挙式され
花嫁道中で十月亭さんへとご出立されました。


哲也さん&千種ちゃん



金澤町屋和婚は、お父様から新郎様へと
大切なお嬢様を託す儀式から始まりました。


圭介さん&寛子おねいさん



兼六園にてウェディングフォト婚です。


真吾さん&あゆちゃん



ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ辻口博啓さん
プロデュースのオリジナルデザイン飴細工の
ウエディングケーキにトッピングのセレモニーです。


竹史さん&真子さん



おまっちょろさんにお手をひかれ
ひがし茶屋街を花嫁道中です。 


エイジさん&サトコさん



仏前結婚式の後、小松の料亭さんで
お食事会をされました。


法大さん&美穂さん



金澤神社婚のお二人、紅葉の
レキハクでロケーションフォトされました。


雅臣さん&涼子さん



前撮りは21世紀美術館で
結婚式は、和を選ばれました。


一郎さん&珠さん



能楽の調べを表現した金澤つまみ紗衣句
鼓ブーケを手に。


本格的な冬を迎える準備でしょうか。
長坂用水で大根を洗う女性のプラチナヘアーと
大根の白がきれいです。
 

 
午後の陽ざしに水紋が煌めいて美しいことです。


十一月アニバーサリーのお祝いは明日に続きます。

2016年11月30日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「娘も増え楽しい記念日」
2016年11月29日

今日から三日間は、十一月にアニバーサリーを迎えられた
新郎新婦様のお祝いです。


大文さん&まゆみちゃん



十月亭さんでお披露目のお食事会をされました。


亮一さん&浩美ちゃん



お引き振袖に金澤modern水引の
ダリアモチーフの和ブーケとかんざしです。


裕介さん&理恵さん



宇多須神社さんで挙式後、ご両家の
お顔合わせのお食事会をされました。


あきたん&ちかたん



「今宵は、香箱ー!」とニコニコ
前撮りを楽しまれたお二人です。


剛さん&有希さん



仏前結婚式後、鶴来の
和田屋さんでご披露宴をされました。


みっくん&よこたん



紅白の丸餅が入った落ち着きの雑煮膳を
お召し上がりのお二人です。


リーダー&Jちゃん



彩り羊羹に仲良くトッピングです。


康弘さん&智美さん



レストランでの人前式は白無垢で
ご披露宴ではウェディングドレスにお色直しされました。


忠司さん&映美さん



宵闇のひがし茶屋街を花嫁道中です。
 

映美ちゃんからメッセージです。

(略)娘も増え楽しい記念日になりそうです。
また、家族仲良く過ごしていきたいと思います。
最近寒くなってきていますので、
風邪などひかないようにお気をつけくださいね。


幸せな様子が伝わってきますね☆”


金澤syugenそばの八幡さんです。



銀杏のじゅうたんと紅葉がきれいだったので
スマホで撮りました。


お祝いは、明日に続きます。

2016年11月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「世界中で迷子になって」
2016年11月28日

角田光代さん「世界中で迷子になって」は
旅とお金にまつわるお話が綴られている
エッセイで「こういう感じ、あるある」が
いっぱいでした。



なくしたものが返ってくるとき、私は本当に
善意と言う見えないものを、はっきりと見る。

ものの価値はお金ではない、ということだ。
「ものは、私たちの手元にしばらくとどまると、
それがいくらであれなんであれ、きっと
ほんのちょっとだけ私たち自身になるのじゃなかろうか。



先週、大切なものをなくして
探してもさがしてもなくって
「『探し物は探すのをやめると出てくる』
なんてこと聞いたことあったなぁ」
っと、しばらくは「探し物なんかないよ」の
フリしたり(姑息^^;)


で、一週間がたちほぼあきらめておった時のこと
ビル清掃してくださっている女性に会ったので
「あのー、先週もここをお掃除されましたか?」
「はぁ・・・ぃ・・・」
「(こういう)落し物ありませんでしたかぁ・・・」と
弱気で聞いてみたら
みるみるそのかたのお顔が明るくなって
手品のようにエプロンのポッケから出してくれました!!
ワーイ!わーい!
もう、嬉しくって私よりも年上のかたの手を
(しかもお仕事中なのに)
「嬉しい!良かった!ありがとうございましたっ!」と
軍手のうえからにぎりしめました。
「良かったですね^^」ってとてもいいかたでした。


思い出がいっぱいつまった私の失せ物を
「誰かの大事なものかもしれない」と
ポケットに入れて持ち歩いていてくださった
さりげない善意に感動しました。


とにかく嬉しくってしかたなく
「こんなに嬉しいことがあったのだから
一番お気に入りのお菓子を」と
最近、マイブームなかりんとうを持っていき
「お茶の時、めしあがってください」とお渡ししました。



これから好きなかりんとうを食べる度
Happyな思い出も蘇ってくるのかしらん~♪

2016年11月28日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

仄灯り夢祝言
2016年11月27日

昨日に引き続き、雅和さん&ユミコさんの
「仄灯り夢(ほのあかりゆめ)祝言」のreport
メイキング版です。



婚礼衣装柄を描いた金澤祝言こぼしを
手のひらにのせてニッコリ。


お友達みなさんとの境内写真は圧巻です!



大勢のお友達がお二人を祝って
かけつけてくださいました。
素晴らしい友情を育んでいらっしゃいますね^^。


手作りのキャンドルが境内を彩りました。
キャンドルは山の紅葉や銀杏の葉っぱを
和紙にはったお二人の手作りの力作なのです。



この時、キャンドルは正面から見るとハート型に見えます。




空が濃い藍色に染まってゆくと
境内はキャンドルの灯りでいっそう
幻想的な雰囲気に包まれてゆきます。




ご家族とのお食事会へとお出かけのお二人と
ムッチが記念撮影です。




結婚式の日、ユミコさんのおばさまが
私達スタッフにお菓子を差し入れしてくださいました。
あたたかいお心づかいが嬉しくてうれしくてでした。


こちらは、結婚式の五日前にお越しになられたユミコさんです。



金澤祝言こぼしとご対面の瞬間です。
ユミコさんの笑顔が愛らしいことですね。


お二人のハレの日は、お天気が味方してくれました。
キャンドルの光に打掛のラメ糸が煌めいて
ユミコ姫、本当に素敵な花嫁様でした(*^▽^*)。


雅和さん&ユミコさん
いつまでもお幸せでありますようにと祈っています。
プロの写真で表現される「仄明かり」が楽しみです。

2016年11月27日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「おかげで最高の結婚式に」
2016年11月26日

雅和さん&ユミコさんの祝言では
生家でお支度され新郎家へご出立、
婚家でお水合わせ、花嫁のれんをくぐり
お仏壇まいり、親御様へご挨拶をされる
昔ながらのお嫁入りが叶いました。


今日の reportはプロのカメラマン撮影風景を
追いかける風のメイキング版です。



新郎家でのお写真撮り、見つめあっては
大笑いされる可愛らしい新郎新婦様ですヽ(^◇^*)/。




お打掛へと羽織り替えをされ
ご出立のご準備が整い花嫁のれん前で、
少しおすましのユミコさんです。
ヘメイクのGIGIさんが細かくお衣装を整えます。




お祝いにお越しのご近所のかたがたに見守られて
ご出立される昔ながらのお嫁入りの風景に感動しました。


賀茂神社さんにご到着です。



朝までの、大雨と風がやみ
小春日和の佳き日に恵まれました。




お二人手作りのテルテル坊主様も神社さんに
お伴していただきました。




境内でゆっくりとお写真撮りです。




馨しき花嫁御寮のユミコ姫☆”
とにかく表情が愛らしくて、鏡越しに
目があってもニコッと微笑んでくださって
そのたおやかな笑みに私達もホッコリ
癒されました。




カメラマンが「お二人でここ見てください」と
お願いしても照れてふざける雅和さん。
雅和さんは主役でありながら優秀な
ムードメーカーさんでみなさんを
ところどころで和ませてくださいました。




お二人は、前撮りのボリュームの撮影を
当日にこなされました。
色んなロケーションで撮れましたので
プロの写真が本当に楽しみです。


ユミコさんからのメッセージです。

昨日は寒い中、長時間の撮影本当にありがとうございました。
おかげで最高の結婚式になりました!
ただただ、感謝です。゚(゚´ω`゚)゚。
良いお天気に恵まれたのも皆様のおかげの様な気がしてなりません!
美容師さん、カメラマンさんにもお礼を伝えていただけると幸いです。
お二人や、gigiの美容師さん達、カメラマンさんの
こだわりが詰まったアルバムを楽しみにしております( ^ω^ )
また近いうちに遊びにいきますね。
本当にありがとうございました!


朝、白無垢姿のユミコさんが愛らしく
その圧倒的な美しさにふわーっと涙が出て来て
「いかんいかん」とこらえました。
今もかいていて涙でてきます。。。


明日は、境内にキャンドルを置いての
撮影風景をご紹介します。

2016年11月26日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ジャイアンっぷり」
2016年11月25日

2013年組さんのかなちゃんがお里帰りの折
航くんと遊びに来てくださいました。



来月、誕生日のボクですが
すでにうまいこと歩いていますヽ(^◇^*)/。




やんちゃやらかしたって
この笑顔でぜ~んぶ許せます(゚∇^d)




遊びたくってうろちょろしている時
私の手にムギュっとおつかまりしてくれました。
嬉しい~(^O^☆♪。


倉敷のお土産頂戴しました。



竹久夢二をメージしたパッケージが可愛いのです。


お見送りの時、かなちゃんが
「楽しかったです。また、遊びにきます」と。
ジーン。。。。。
かなちゃんからメッセージです。

お二人に会えてほっこりしました〜(о´∀`о)
息子もた〜っくさん構ってもらって
嬉しかったようで、終始ごきげんでよかったです♪

また遊びに行きますね〜!

「また遊びに行きますね〜!」が嬉しくてうれしくて^^。


無事、岡山に帰られたそうです。

毎回変わらずあたたかく迎えてもらえて感謝です☆(略)
息子ともたくさん遊んでいただき、ありがとうございました。
もともと人見知りは少ない方ですが、
すぐに馴染んでやりたい放題でしたね(^-^;
多分おふたりを見て、ここは安心安全なとこで、
僕を構ってくれるお姉さんたちだ!とすぐにわかったのでしょう。
で、あのジャイアンっぷり笑

また帰省の際は寄らせてください☆(略)

待っていますよヽ(^◇^*)/


帰省の際、親戚のお家に寄る感覚で
元気なお姿を見せてもらえることが幸せです。
こういう時、最高に「生きてて良かった」
と、感じます☆”。


雄一さん&かなちゃんの「集真藍祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=222&cat=cat3

2016年11月25日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

Special Thanksの囲み
2016年11月24日

昨日一昨日に引き続き法大さん&美穂さんの
「鴛鴦之契祝言」のreportです。


こちらは、結婚式の二日前のお二人の様子です。



金澤syugenにて、金澤modern水引の水蝶や
金澤つまみ紗衣句のかんざし
寿せんべいなどお二人のためのオリジナルデザインの
数々とご対面されました。




金澤祝言こぼしに「可愛い^^」と
美穂ちゃんの花咲きスマイル♫•*¨*•.¸¸♪✧
本当に愛らしい花嫁様です( •ॢ◡-ॢ)-♡。




この日、法大さんのお父様が丹精込めて
育てられたお野菜と
お魚柄がお二人っぽい手作りの
席次表を搬入してくださいました。


席次表には、ご参列すべてのかたに
お二人からの直筆メッセージがあります。
そして、ご参列のみなさんのお名前の中に
「Special Thanks」の囲みがあって
金澤syugenスタッフの名前も・・・
ジーン。。。。。。



こちらは私がいただいた席次表です。
法大さんからは「始まりにふさわしい
ステージを用意していただき」
美穂さんからは「素敵な出会いに感謝」とメッセージが・・・。
今、カチャカチャ文字打ちこみながら
涙があふれ出ます。
とてもとても嬉しかったです。
ずっと、宝物にしますね。




お二人からいただいたお菓子さんは
無事に祝言が整ったあといただくと
また格別の美味しさでした。




「海をテーマに」とご希望をうかがっていたので
私も着物で海を表現したいと
花筏文(はないかだもん)と波が描かれた訪問着に
流水柄の帯を選びました。


ウェルカム野菜装花です。



愛嬌あるお野菜達が、お二人の宴を彩ってくださいました。
プロの写真ができあがりましたら
詳細reportをのせますね。




三日間に渡っての法大さん&美穂さんの祝言reportの〆に、
朝のロケーションフォトの様子のメイキング版を一枚。
落ち葉の絨毯が敷き詰められたレキハクを
ワイワイおしゃべりしながらの写真撮りでした。



私が将来、「美しい紅葉の風景」を振り返る時
きっとこのシーンを描くのだろうと思います。
燃える秋が圧倒的な美しさを誇っていました。


法大さん&美穂さん、おめでとうございます。
穏やかな海のような幸せな暮らしで
ありますようにと祈っています☆”

2016年11月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ぼくの憧れです」
2016年11月23日

昨日に引き続き、法大さん&美穂さんの
「鴛鴦之契祝言」のreportは
プロカメラマンの撮影の様子を追う
メイキング版です。



ひがし茶屋街の花嫁行列で幕末の館
十月亭さんへと歩まれます。




沿道の方々から惜しみない拍手と祝福を贈られて
キラキラ輝くお二人です。


十月亭さんに到着されるとお玄関で
古式ゆかしく金沢の婚礼のしきたり
「お水合わせの儀」をされご入場されました。


「盛り上げ上手ですね^^」
美穂さんが、十月亭さんのお部屋に入られて
私に最初におっしゃった言葉です。
“幸福のおすそわけ”花嫁道中では
お囃子隊ではりきっておりました*•.¸¸♪✧


宴が始まるとご親族のみなさんが
お食事を召しあがりながら花嫁行列を
振り返ってさっそくの大盛り上がりです。
その中で、神奈川からお越しの美穂さんの
お祖父様が「何が始まるのかと思ったら
行列で街を練り歩いて、道であった人がみんな
拍手してくれて、嬉しかった^^」と、
とても感動のご様子でした^^。
金沢の結婚式を喜んでいただけて良かったです。


司会進行は私、淳ねぇ女将です。



美穂さんのお父様が「こんな手作り感のある結婚式は
初めてですが、いいですね~」とご機嫌だったので
「お二人から『プロの司会者は入れない』という
ご希望がありまして」と話すと
お父様が「うーん、けど、おねえさんは
なかなか慣れていますね^^」と。
「ご両家のお父様は『弁が立つ』とお二人から
うかがっておりましたので心してまいりました」
なんて会話もヽ( ´ー`)ノ。
とにかく、両家のお父様は明るく
おしゃべりがお上手でした。


打合せで、結婚式の夢をうかがった際
法大さんは「感謝の場にしたい」
美穂さんは「両家の家族が仲良くなる場、
親孝行の場にしたい」とのことでしたので
大成功と言っていいですよね☆”
穏やかな宴のお仲間に入れていただけたこと
嬉しく思います。


襖にお祖父様の生前のご様子が
映し出されると、みなさんウルウル。。。



DVDを作ってくださったのはおじ様です。
「おじいちゃん子だった、法大に」と
ご夫妻が仲良く夜なべされて
制作をすすめてくださったと聞いて感激しました。


結びのお時間、法大さんのご挨拶は
「美穂さんは、ぼくの憧れです」と
ラヴレターのような始まりでした。
ですが、そのラヴレター、実は
ご参列すべての人に向けての
感謝の思いと希望が綴られた言葉達でした。




お開き後、ひがし茶屋街の象徴となりました
丸格子でお写真撮りです。


お見送りの際、みなさんから
あたたかい労いのお言葉をいただき感動だったのですが
中でも、法大さんのお祖母様から
「いい司会でしたよ。ありがとうございました。」と
丁寧なお声掛けにウルウル
と、言うか泣いていましたね。。。
 

新郎様のお父様が丹精込めて作ってくださった
野菜装花のウェルカムコーナーや
オリジナルアイテムについては“明日に続く“です。

2016年11月23日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

鴛鴦之契祝言
2016年11月22日

法大さん&美穂さんの「鴛鴦之契祝言」は
ロケーションフォトから始まりました。



今日はプロのカメラマンが撮影している
風景を含めてのメーキング版です。




レキハクの紅葉でテンションが大いに
あがりました。
本当に見事な錦の屏風が連なっているのです。




朝の陽ざしにのなかで煌めく美穂姫、
映画のワンシーンのような美しさでしたよ。




挙式前の緊張を和らげるのにこのお散歩的な
お写真撮りは、とてもいい時間でした。




プロのお写真ではお二人のHappy感、
繊細な紅葉の美しさ、
秋麗らかな陽ざしと揺らめく影が
表現されているこでしょう。




ヘアメイクのGIGIさんは都度、
こんな風に細かくお衣装を整えます。
この手間があって垢ぬけた印象の
お写真に仕上がります。




清々しい青空となまこ壁
成巽閣では「殿と姫」のよなお写真♪




美穂さんのご出身地ともご縁の深い
金澤神社さんです。




前田家鎌倉邸より、稲荷社御分霊と共に
移築された「奉納稲荷鳥居」が鮮やかなことです。




照れながらポーズにこたえる法大さんの
はにかんだ笑顔が良いですね。
紋服がとにかくお似合いでしたよ。


カメラマンが階段(写真の右)を降りて
ずっとずっと走ってゆき遠くから
「境内の紅葉とお二人」を
一枚の絵にしています。



近くにいる私、淳ねぇ女将は
お二人の表情を素人カメラでおさめます^^v。


お嫁さんは、結婚式が近づくと
幸せの衣を纏いどんどん美しくなります。
美穂さんの輝きの増し方は顕著でしたヽ(^◇^*)/。


この日の朝、スマホで撮ったお陽様です。



素晴らしい日の出に、佳き日になることを
確信しました(*^▽^*)


法大さん&美穂さん「鴛鴦之契祝言」report
明日は、ひがし茶屋街を花嫁道中&
十月亭さんでのお食事会とオリジナル
アイテムのことなど紹介しますね。

2016年11月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「スナックちどり」
2016年11月21日

先日、「美しい距離」を読んでの
感想をかいたblogを読んでくださった
2015年組さん花嫁OB様のナツメちゃんから
メッセージがとどきました。

淳ねえさま
お久しぶりです。(略)
淳ねえのブログ読んで、ほっこり&
棺に入れて欲しいもの~のくだりでうるうるしました。
人生の集大成といえるものがあるということが
羨ましくも思えました。
淳ねえみたいにキラキラ元気に毎日過ごせたらいいなぁ。
いるだけで空気が明るくなるような人。憧れです。
めっきり読書離れが進んでいる私ですが、
最近富山キラリに行く機会が増えてきたので、
探してみたいと思います
人に思い出してもらえるって幸せですね。
嬉しくて優しい気持ちになりました
人を思う時間を私も大切にしたいです。


私のほうはよく新郎新婦OB様のことを思いだします。
季節だったりお色だったりお菓子だったり小説だったり
街並みだったりと、きっかけは様々ですが、
ふわりと幸福な記憶が現れてくれますヽ(^◇^*)/。




先日、吉本ばななさんの「スナックちどり」を
読んでいて、十年くらい会っていない
友人のことを思いだしました。



お話は、主人公が従妹のちどりと
イギリスの田舎町で過ごす五日間に、
昔話をしながらあれこれ人生を振り返るのです。


このお話の中で、とても好きな言葉がありました。

先の約束をひとつする度に、
未来に小さな光がひとつ灯った。

またひとつ未来が見えた気がした。(略)
小さな光だけど、未来には楽しいことがひとつくらいあるんだ、
そんな気持ちがまたふわっと香ってきた。
またひとつ進んだ

またちょっと未来の光、小さな第二章が
加わった瞬間で、思わず笑顔がこぼれた。


毎回、結婚式が無事に整うと
ホッとしたキモチに。
その反面、寂しさにメソメソ涙が出てきます。
そんな時、今度からは
「第二章が始まる」と考えることにしよう。
別れる瞬間の「じゃあ、また」は、きっと会おうと
未来の約束なんだから、と。




可愛いナツメちゃんの一枚です。



風になびく花嫁のれんのを飾った十月亭さんのお玄関で。


「スナックちどり」オススメです。
優しく穏やかで好きでした。
人との寄り添い方について考えたりしました。

風景に溶けこつこつとつくり出したであろう
たくさんの思い出が目に見えない光りのように
店じゅうを彩っていた。


十月亭さんののれんをくぐる時
こういう感じに包まれます。
十月亭さんで祝言をされた百組を超える
新郎新婦様の思い出達がキラキラと
輝きをはなっているようです。

2016年11月21日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

水引もお煎餅も龍神様
2016年11月20日

この秋、白山比咩神社さんで挙式をされた
修司さん&メグミさんのオリジナル祝いこも樽は
メグミさんのご希望で龍神様のモチーフで
デザインしました。



雄龍と雌龍が向かい合う
力強くも愛らしい龍神様です。




和田屋さんにてのお食事会のお席で
鏡開きをされると中からは猫みくじです(^O^☆♪
ご親族の皆様方にも運だめしをしていただきました。


金澤modern水引の夫婦の龍神様ができあがるまでをご紹介します。



まず、水引職人さんから雄龍と雌龍が
並んでいるデザインがとどきました。




雄龍と雌龍が向かい合ってのデザインも置いてもらいました。


メグミさんにシャメ送ると

水引が素晴らしくて、びっくりです。

繊細な加賀水引が美しいことですね☆”


メグミさんと話しあって
こちらのほうがしっくりな感じってことで
向かい合うデザインになりました。


こも樽は赤ベースをお選びになられました。



新郎様が「ついてこいよ」の姿勢で
少し雄龍が上にいます(o^∇^o)ノ。


何度も繰り返し使えるミニこも樽ですから
ぜひぜひお正月のご家族団欒のお席にも
登場しますように☆”


修司さん&メグミさんの「武蔵の国祝言」の
金澤syugenオリジナルデザイン水引の
出来上がるまでのご紹介でした。


追記
寿せんべいも龍神様をお菓子職人さんに描いてもらいました。



キュートな龍神様、可愛いですよね~♪

2016年11月20日 カテゴリー: オリジナルアイテム達, 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

波兎と桃と猫
2016年11月19日

2014年組さんの臣さん&貴子さんが
芳しい香りのお茶を贈ってくださいました。



岡山と言えばー、桃!
岡山限定「桃のお茶」です♪
私がねこ好きであることも覚えていてくださって
ねこちゃんパッケージも!
あ、紅茶も大好きなんですよ♪


心のこもった直筆のお手紙が添えられて
HPやBLOGを今も見てくださっていること
最近は、読書を楽しんでいらっしゃることも
綴られていました。


縁起の良い波兎柄の便せんに
繊細な文字とインクの色も貴子さんぽくって、
何より言葉選びが素敵なのです。
「貴子さんの知性がちりばめられているわ^^」と
うっとお~り何度も読み返しております。


お手紙の中でとても好きなくだりです。

写真を見るたびにすてきな一日であったことを
思い出し、心があたたかくなって


ここでジーン。。。


初めてお話しさせていただいたのは
もう、三年前ですね。
金沢の街がとても好きでいらして
「金沢で祝言を」と夢を叶えられたお二人でした。


波兎柄と紅茶と猫
好きなものが揃いましたヽ(^◇^*)/。
桃の香りのお茶をいただいて
身も心もあたたかくなっておりま~す♪
お二人のお心遣いに感激しました。


臣さん貴子さんの「金城麗沢祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=273&cat=cat2

見事な錦の紅葉の玉泉園庭園&金澤神社婚の
お写真をご覧くださいますように。

2016年11月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2 Comments

  1. 貴子 より:

    淳子お姉さんお葉書をありがとうございました。
    そうでしたか、紅茶もお好きだったんですね^ – ^
    ブログにも載せてくださって少し面映い感じもありますが、
    喜んでくださってとてもうれしいです。

    昨日はささやかですが二人でお祝いして、
    HPのトップや書いてくださったブログを見ながら、
    打ち合わせや写真撮影やお式のことをいろいろと思い出していました。
    金澤syugenさんでなければ、私たちの願いが叶わなかったと思います。
    心温まる一日をありがとうございました^ – ^
    これからも応援させていただきます♪

    追伸
    西王母は、あのふっくらした柔らかい形が可愛くて好きな茶花でしたが
    金沢発祥だとは知りませんでした。
    さすが金沢、奥深いですね。

  2. 淳子 より:

    貴子さん
    記念日を仲良く過された様子を
    知らせてくださってありがとうございました(*^▽^*)
    貴子さんの言葉が嬉しくて
    ポロリと涙が出ました。。。

    先日、十月亭さんの坪庭で前田家
    門外不出の茶花「西王母」の
    その淡く優しげな姿に見とれておりました♡

    心強い応援、とても嬉しいです☆”
    これからもよろしくお願いしますね(^^)ゞ

コメントをどうぞ

「挫折を経て、猫は丸くなった」
2016年11月18日

2011年組さんの紀代ちゃんからメッセージがとどきました。

猫を飼いました♪
ご近所さんとこに捨て猫…里親探してる中、
交通事故に合い…なんやかんやで、ウチで飼うことに(笑)

名前は旺史朗です
4ヶ月の男の子です
犬派の私(大丈夫か?)初の猫(まだまだ勉強中)…
でも、おもしろいわ(*^m^)




男前キャラのミストフェリーズに似てる!
劇団四季キャッツでは、終演後に握手したもんねー。


いいなぁ、猫のいる暮らし。
旺史朗くん、優しいお母さんとお兄ちゃんに出会えてよかったね。
お兄ちゃんになった侑くんです。



どっこ行っても、いっつ行っても、高いとこ上がって喜んどるわ(笑)

やんちゃが好きな侑くんです。




図書館でなんとなく表紙に猫がいたので
手にとったのは「書き出し小説名作集
『挫折を経て、猫は丸くなった。』」



【父】の章で

「父の背中を見て育って、兄は組を継ぎ、私は彫り師になった。」

父さんのお仕事は・・・だったのですね。


【歴史人物】の章で

「上の空で聞き返したら十人の話を聞いたことになっていた。」

そ、そんなー!


一番、大笑いしたのは、

「『これより夜の刀狩を始める』そう言った秀吉公は、
やや乱暴に拙者の帯に手をかけた。」


あっはっはー!おっかしぃー!
下品ですみませぬ(^_^;) 。




こちらは、上品な雅章さん&紀代ちゃんの
「寿栄広祝言」花嫁行列と金沢和婚Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=137&cat=cat1

2016年11月18日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

紅寿奉祝言
2016年11月17日

けいじさん&しずなさんの紅寿奉祝言に
アイシングクッキーが彩りを添えてくれました。



金沢駅の鼓門にて
末広と手まりのクッキー様と。




21世紀美術館の友禅の壁にて
紋服&打掛姿のクッキー様と。


クッキー様のブツドリです。



淳ねぇ女将の織出し袋帯も登場。
紫がかった淡い朱鷺色に金彩のポワポワが
入っていてクッキー様の背景にいいなぁと思ったのです。


クッキーは花嫁OB様の祐子ちゃんの手作りなのです☆”



ゆずちゃんとお祝いにかけつけてくださいました。




クッキーのカタは、なーんと!
花婿OB様のカブさんが作ってくれたのですって。
で、カブさんは「楽しかったから、また作って
欲しいカタがあったら言ってね」と(*^▽^*)
なんと、仲の良いご夫妻♪




宇多須神社さんにて、祐子ちゃんと
「やったね」のハイタッチ!
きれいな花嫁様を見て
ゆずちゃんもウキウキな感じでしたよ☆”


幸せな結婚生活を送る先輩新郎新婦様の
応援もあって可愛らしいお写真も撮影できました。
プロの写真が出来上がりましたら
けいじさん&しずなさんの素敵な祝言の
様子をかきますのでお楽しみ♪




けいじさん&しずなさんの幸せを祈って
クッキー作りをしてくれたカブさん&祐子ちゃん
ありがとうございました☆”
お二人の寺島蔵人邸・兼六園・松月寺での
「花の精フォト」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=75&cat=cat5_1

2016年11月17日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

素描の塩瀬の帯
2016年11月16日

昨日に引き続き、和ごころ勉強会
「城下町金沢は大にぎわい!」のreportです。



石川県立歴史博物館の階段、洋装での
ロケーションフォトに素敵だろうな♫•*¨*•.¸¸♪✧




館は天井にも趣きがあります。




学芸員さんが「すごい!お着物の人がいっぱい」と驚き
「写真撮らせて下さい」と。




学芸員さんがシャッター押してくださいました。


明治20年に掘立て小屋から始まった
香林坊福助座の当時使っていた人形や衣装が
興味深かったです。




大きなスクリーンで能登のお祭りが体感できます。
臨場感あふれる映像とドーンと突き上げるような音と振動に
少し船酔いキブン。。。




お散歩に気持ち良い日でした。
忙しくお過ごしのみなさんとたま~にご褒美的なお時間を
過せたことに感謝です。


お遊びのお着物ですので、伊達衿と帯締めを深い赤にしました。



帯飾りは日本でただ一人の飾り簪職人さんに
作っていただいた金澤syugenのシンボルです。




立湧柄のお着物に素描の塩瀬の帯です。




墨絵のような椿が描かれています。




さて、昨日は七五三でした。
新郎新婦OB様がたが送ってくださるお子様の
お写真がなんとも微笑ましく癒されています。 

2016年11月16日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

城下町金沢は大にぎわい!
2016年11月15日

今日は着物の日、先日の和ごころ勉強会で
石川県立歴史博物館での「城下町金沢は大にぎわい!」に
おでかけした時のお写真をのせます。



待ち合わせは、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA、
ケーキ見ているのですが、EXILEっぽい。




お着付けの先生の鶴ママ、ムッチ、花嫁OB様の
ユキリコフちゃんがメニューを見てあれこれおしゃべり。




ブライダルみつ和さんの鶴見さんと恵良さんは
紋服でおでましでした。
鶴見さんが愛之助さん&紀香さんのご披露宴に
ご参列された折のお写真をスマホで探してくれています。




回覧板のようにスマホはGIGIさんの末子さんのもとへ。




みんなで、「舘ひろしカッコイイ!」などと順に
見せていただいています。




本多の森を歩いて石川県立歴史博物館 へ。




森にはきのこ♫•*¨*•.¸¸♪✧
なんてファンタジー♫•*¨*•.¸¸♪✧




このスーパーマリオっぽい子は、かさの直径が
8cmくらいありました。




レンガの館が見えてきました。




左のスペースはリニューアルされた休息室です。
北陸は曇った日が多いので、天然光が降りそそぐ
ガラスばりのスペースいいですね。




階段で撮ってみました。


reportは、明日に続きます。

2016年11月15日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

冬陽に映す影絵の世界
2016年11月14日

近くの丘にからし色とレンガ色のポツポツが増えて
夏の間、青々と光っていた芝生も
うすい茶色になりました。
寒い季節にむかうのだけど
秋色の丘の風景は目に暖かいことです。


昨日に引き続き、けいじさん&しずなさん
祝言reportの二日目は兼六園からです。



蛇の目傘で歩まれるお二人の背中を
カメラマンさんが撮影しています。
石畳も美しい真弓坂は穏やかなことで
ちょうどこの場所はゴォーっと用水の落ちる音が
響いて聴こえます。


町の中を用水が流れる金沢ならではの
清らかな風情です。



こんな風にカメラマンは、かがんだり
這いつくばったりと良い画になるよう一生懸命です。




お打掛の金箔が柔らかな陽ざしに
煌めいて優美な花嫁御寮様でした。




ご親族のみなさんとお散歩キブンで
21世紀美術館に歩いて移動しました。



定休日の21世紀美術館は、わりと静かです。




友禅の壁ではゆっくりとご親族様との
お写真も撮影されました。




冬陽に映す影絵の世界
なんと趣きあることでしょうか。
この日は「立冬」、暦の上では冬が始まりました。




西陽でできるラビットチェアの影も美しいことです。
ポップで可愛らしいお写真も楽しみです。




夕陽がビルの奥に溶け込む寸前の時間
カメラマンさん(左に小さくいます)が
芝生の向こうに走ってゆき
21世紀美術館の全景を背景に撮っています。
ガラスの館に映る大きな影も美しく
壮大な感じの写真に仕上がることでしょう。




しずなさんから先月いただいたメッセージです。

空、風がもうすっかり秋ですね…
大好きな季節がやってきました!


お二人の大好きな深まりゆく燃える秋が
存分におさめられたことでしょう。
撮影風景をメイキング版でおとどけしました。
プロの写真お楽しみになさってください。


けいじさん&しずなさんご結婚おめでとうございます。
いつまでもお幸せでありますようにと
祈っています☆”

2016年11月14日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「いい人に出会えて良かったわ」
2016年11月13日

けいじさん&しずなさんの宇多須神社さんでの
挙式がありました。
今日は撮影の様子を追いかけるメイキング版です。
柔らかい陽ざしが豊かで
秋麗らか、爽やかな日でした。



金澤syugenのお着付けは細部にまで心配りします。
美装のGIGIさんが離れて見ては
近寄って見ては
と、微調整されます。




車椅子のお祖母様が安心して過ごせるように
ムッチもはりきってお手伝いしております。




淳ねぇ女将がお手引きさせていただき
生まれたてのご夫妻をご案内します。
影がカクカクと楽しいことですね。


花嫁行列でひがし茶屋街をお運びになられました。



「行列をして歩いている時、拍手をして
盛り上げてくれたのが嬉しかった」と
けいじさんの親御様が大変お喜びでした。
私は、根がお祭り騒ぎが好きなのでしょうね
ご親族のみなさんに道中を
楽しんでいただけたことがとても嬉しかったです。


金沢駅の鼓門にご親族も一緒にワープです。



手には金澤つまみ紗衣句のブーケです。
つまみ細工の詳細reportは記事をあらためますね。




カメラマンさんがポージング
ここでもGIGIさんマメに微調整。


けいじさんのお母様としずなさんのお母様
そしておばさまが「いい結婚式ですね」
「感動しました」
「こんな結婚式初めて」
「いい人に出会えて良かったわ」
「本当に良くしてくださって」
「素敵だから宣伝しておくわ」
「とても素敵なお仕事ね」などなど
何度も身に余るお言葉をいただきまして
感激してはいちいち涙ぐんでいた淳子でした。。。


こちらは、新郎新婦様からいただいたおみやげです。



群馬の銘菓、ラスク美味しくいただいています。


2010年組さんの祐子ちゃんが、
お嬢ちゃまのゆずちゃんとお祝いに
かけつけてくださいました(*^▽^*)



ゆずちゃんてれながらもごきげんさんでしたよ♫•*




お二人は、手元や後ろ姿、シルエットのお写真がご希望でした。 
そこで祐子ちゃんにアイシングクッキーで新郎新婦様
モチーフで作っていただきましたの!(^^)!


クッキーのreportも記事をあらため
ゆっくりとご紹介します。


けいじさん&しずなさんのロケーションフォトの
reportは、明日に続きます。

2016年11月13日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「女の甲冑着たり脱いだり毎日が戦なり」
2016年11月12日

11月15日は着物の日なんだそうですね。



ジェーン・スーさんのエッセイ
「女の甲冑着たり脱いだり毎日が戦なり」の中に

髪だけに限らず、飾る行為は自分の気分を
あげる効能を持つだけでなく、他人から
どう見られたいかを演出する手段にもなります。
己の内面に宿る思いを具現化し外見に
憑依させるもの、それが装飾具。
特に女の装飾には自らを見栄え良く整え、
愛される価値のある女だと世間に
提示することも含まれます。
男のそれは強さを誇示するものであるように。


「大昔、勾玉をつけたのは
こんな立派な石、持ってんだぞ」と
他の部族への威嚇であったと
何かで読んだことがあります。


「内面の思いを憑依」とは、なんだか
おどろおどろしい言い方ですね(;^_^A


私、淳ねぇ女将の祝言の日の着物や帯は、
会場や街並みを思い描き
結婚式のテーマにしっくりなものを選びます。




エッセイの中で、大人の女性がなぜ和文化に
惹かれるようになるのかがシニカルにかかれています。

知的好奇心は修学旅行に行ったあの日よりずっと増幅している。

これは、いいえて妙です。
修学旅行で訪れた名所旧跡に
大人になって行くと同じ景色でも感じ方が
まったく違いますから。


金澤syugenの通勤で、自転車をこいで通る
お家があるのですが
その日本家屋の瓦に近いとこ(難しい言葉知らず)が
きれいだなっていつも見上げます。
長い年月、風雨から家族を守った感もある
その木目の整列が好きなのです。
いたって普通のお家ですが、私の中でのお気に入りです。




さて、エッセイの中でいいなぁと感じた言葉。

放電型のリフレッシュ

休みだから何かしなきゃって、私なんかは
貧乏症につき思いがちですが
時々は、放電リフレッシュもあっていいのかも知れませんね。

2016年11月12日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

虹始見
2016年11月11日

季節先取りの祝言、今日は七十二節季
「虹始見」の頃の結婚式の新郎新婦様の
お写真を紹介します。


寿さん&Pちゃん



梅の橋で、桜並木を見降ろすお二人。


良典さん&美智留さん



おまっちょろさんにお手引きされて花嫁行列で
十月亭さんへと運びになられました。


幸弘さん&千草さん



石川門と東茶屋街でロケーションフォトされました。


キラキラと川面が光る浅野川で晃一郎さん&紗さん



ご出身地でゲストハウスウェディングのお二人は
金沢の街並みでは、和婚スタイルを選ばれました。


21世紀美術館で久紘さん&祐希さん



十月亭さんで和装婚のお二人は
前撮りでは、洋装をめされました。


公司さん&桂子さん



和田屋さんでお支度をされて白山比咩神社さんにて
挙式されました。


カブさん&祐子ちゃん



松月寺の桜の樹は兼六園の旭桜と夫婦と
泉鏡花の「櫻心中」に描かれています。


虹始見の頃の祝言をご紹介をしました。

虹始見(にじはじめてあらわる)は
春が深くなるにつれ、空気が潤ってくるので、
この時期からきれいな虹を見ることができます。
虹が虫偏なのは、空にかかる虹を大きな蛇と見たてたためとされています。



春の結婚式やお写真撮りをうけたまわっています。
お気軽にお問い合わせくださいませ。




さて、こちらは、昨日スマホにて香林坊で撮りました。



冬のイルミネーションがきれいなことです。
この写真をインスタにのせたら
県外在住の花嫁OB様達からいっぱいコメントいただきました。
みなさんの「金沢不足」を補いたく
マチナカの写真、ちょこちょこのせておりますヽ(^◇^*)/。

2016年11月11日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ