金澤syugen
金澤syugen オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら 金澤syugen オフィシャルサイト
最近のエントリー
金澤syugen 過去ブログ これまでのブログはこちら
最近のコメント
アーカイブ
ブログ
 
降り注ぐ陽光のもとで
2016年8月31日

八月にアニバーサリーお迎えの新郎新婦様の
お祝いをしましょう。


あわあわとした明るい空の中で主税さん&千晃さん



この後、スーツ&ワンピースにお召しかえされ
十月亭さんにてご親族とのお食事会を楽しまれました。


友和さん&香織ちゃん



お母様の花嫁のれんを飾った十月亭さんからご出立され
宇多須神社さんで挙式されました。


陽光ふりそそぐ梅の橋で宏樹さん&はるちゃん



前撮りは和装で金沢
結婚式は洋装で神戸と決めていらっしゃいました。


夏のお陽様のような笑顔のマーチンさん&恵里ちゃん



洋装でスタジオフォト
和装はロケーションフォトされました。


巧央さん&昌代ちゃん



ひがし茶屋街、十月亭さんのカウンター越しの
楽しげな物語を感じる一枚です。


寛之さん&加奈ちゃん



夕闇がゆっくりと空から落ちてくる頃、
丸格子窓が仄かに明るくいっそう雰囲気あります。


みなさん、アニバーサリーおめでとうございます。
ますますお幸せでありますように☆”




追記
健気な野菜やお花の写真をスマホで撮るのが好きです。
アスファルトに咲く花は蕾の頃から見守って
花咲いた時には喜びもひとしおです。




金澤syugenそばの長坂用水の百合。

 


いっこずつ咲いて、みっつ咲いた日は
嬉しかったです。




電信柱に昼顔かな。

 



みっつ咲きました^^愛らしくも逞しいことですね。


今日は暑さが戻りましたが
元気いっぱいにゆきましょう♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年8月31日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「真夏の方程式」と「法則」
2016年8月30日

夏休みも終わって近くの学校では登校が始まりましたね。



東出圭吾さんの「真夏の方程式」は、夏休みに
小学生が電車で海辺の町の玻璃ヶ浦に
向かうところから始まります。
子供と話すと蕁麻疹が出ると言っていたガリレオ先生が
小学生に算数や理科といった夏休みの宿題を
教えてあげるシーンがおもしろかったです。
 

『偶然と偶然が重なって、必然だった?』
例によって泣けました。
ガリレオ先生は子供嫌いの科学者でありながら
情にあついヒューマニストなのです。




さて、先日blogにかいた
くぅちゃん&サラちゃんのこと覚えていらっしゃいますか?
2012年組さんの彩奈ちゃんが保護した仔猫ちゃん達なのですが。



最近、彩奈ちゃんがまたまた仔猫ちゃんを保護されたのです。
通い猫がいたのですがその子が彩奈ちゃんチのお隣の道で
赤ちゃんを産んだそうです。
猫は賢いです、安心できる人には遠慮なく甘えっ子です。


で、サラちゃんもまだ赤ちゃん猫ちゃんなのに
さらに小さいちびちゃんを可愛がってかわいがっている様子が
なんとも微笑ましいのです。
女の子の猫ちゃんには、母性愛が生まれながらにあるのですね。




左が生後二カ月に満たないサラちゃんで
右が生まれたばっかのちびちゃんです。
「名前をつけると別れる時、寂しいから」と彩奈ちゃん。。。
・・・・・・そのせつなさがわかるから
今、かいていても涙がでてきます。 




そして、お婿に行ったくぅちゃんは
優しいご家族に迎えられてこんなに
ノビノビとやんちゃもしています。



とらじくんという男らしい名前になって
堂々としていますね(*^▽^*)。




ますます、オットコマエです。
人見知りのオドオドしていた小さい子が
愛情いっぱいもらってイキイキ暮らしている様子が
伝わってきて幸せな気持ちになれます。
金澤syugenからホームページの業者さんの窓口OBさん
ミカリンからお友達に、そして姉妹さんへと
みんなが仔猫ちゃんの命を大切に思って
丁寧&迅速に情報を伝え行動を起こしてくださったおかげです。

 



彩奈ちゃんのお家のお玄関です。



お邪魔した折、お玄関に金澤祝言こぼしが
飾られていて嬉しかったです。
まねき猫ちゃんも(*^▽^*)幸せやってくるね☆”
 



さてさて、生まれたばかりのちびちゃんは、昨日
里親さんを申し出てくださった彩奈ちゃんのお友達のお家へと。
「いい人にはいい人が集まってくる」の法則は本当ですね(*^▽^*)。
仔猫ちゃん達しあわせでありますように。




サラちゃんが、ちびちゃんを可愛がっている様子
動画でご覧くださいな。
すごく可愛いですよ、萌え( •ॢ◡-ॢ)-♡

LINE_MOVIE_1472515715912

投稿者 金澤syugen : 2016年8月30日 カテゴリー: プランナーのつぶやき, 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

草木萌動と草間彌生
2016年8月29日

昨日一昨日は、雨で寒いくらいでした。
暑いのは嫌なのですが夏が終わるのって
なんだか寂しいですよね。


季節先取りの祝言は、七十二節季
「草木萌動」の頃の新郎新婦様を紹介します。


ユッケさん&明日香ちゃん



宇多須神社さんから東茶屋街を
花嫁行列で歩まれます。


賢一郎さん&由美子さん



杉の井さんにて「引き盃の儀」です。


辰悟さん&綾乃ちゃん



スタジオ撮影から雪化粧の石川門でのロケーションフォト
そして、宇多須神社さんへとお運びでした。


仁さん&和美さん



ご親族との一部会、ご友人との二部会のあいだに
蒸籠を飾った十月亭さんにてお写真撮りや花嫁道中をされました。


真一さん&志保さん



21世紀美術館では洋装。
結婚式は、白山比咩神社さん&和田屋さんと
和を極められました。


誠さん&渚ちゃん



お写真撮りでは紋服&打掛
お披露目の会ではタキシード&大振袖のお姿でした。


健二さん&友美ちゃん



武家屋敷の土塀のこも掛けが金沢の冬の風物詩です。


草木萌動(そうもくめばえいずる)は、
草木が芽吹き始める頃で、草の芽が萌え出すことを
「草萌え」(くさもえ)とも言うそうです。


二月は、金沢の食べ物が最高に美味しい時です。
おもてなしの結婚式、お気軽にお問い合わせくださいませ。




追記
最近の「萌え~」な瞬間です。



まるまると育ったおっきなゴーヤくんが瓦にのっていました。




草間彌生さんぽい木の実ですね。


こういう植物との出会いが楽しい毎日です☆”

投稿者 金澤syugen : 2016年8月29日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

風の盆に魅了されて
2016年8月28日

昨日に引き続き「おわら風の盆」前夜祭reportです。



踊り流しが坂の上から始まりました。




ちいちゃいお子さんが、まー可愛い(*^▽^*)
みんなが「うちの可愛い孫」って顔で見守っちゃいます。




しなやかで美しい指先の表情。




踊りの最後尾からみた景色です。




膝のカクンって感じがいいですね。




美しいお声の御仁でした。
おわら節好きです。胡弓の音色も美しい。




踊り流しの休憩にユキリコフちゃんとおしゃべり。
襦袢に足袋で浴衣をお着物風に着ています。




街並みの美しさも十分に堪能できました。




こちらのお家は雨戸が雪洞のデザインなのです。



帰り路、川岸から八尾の町を見上げる夜景がきれいでした。



本当に楽しかったねーヽ(^◇^*)/。




着物女子のユキリコフちゃんは
カメラ女子でもいらっしゃいます。
青いTシャツのおかたが今回、私達を案内してくださった
“おわら風の盆写真館館長”のTさんです。


そして、Tさんの作品です。



いきいきと川のせせらぎまで聴こえてきそうな夜景のお写真です。




Tさんの写真館はこちらでご覧いただけます。

http://hidetatu.exblog.jp/


丁寧に案内してくださったTさんのおかげで
お祭りと街並みを満喫できました。
お話の端々にTさんが風の盆の祭とこの土地を
「愛しているんだなぁ~」が伝わってきます。
とってもきの八尾を紹介してくださって
本当にありがとうございました。


ユキリコフちゃんは大活躍でした。
すんごい立派なカメラ持っていらっしゃるかたが
大勢だったのですが、にこやかにおこたえでした。
結婚式後も仲良くしてくれて感謝です☆”


ムッチは初めての八尾だったのですが
すっかり風の盆に魅了されていました。
決して押し付けたりはしないけど
私が美しいと感じることに、ムッチも
興味を持ってくれたことが嬉しかったです。


みなさんと感動を共有できたこと
とてもとても幸せでした♪
ありがとうございました☆”☆”☆”

投稿者 金澤syugen : 2016年8月28日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

おわら風の盆 前夜祭
2016年8月27日

「おわら風の盆」前夜祭に花嫁OB様の
ユキリコフちゃんとムッチとおでかけしました。



この日“おわら風の盆写真館館長”のTさんが案内してくれました。
前を歩く水色のTシャツの御仁がTさんです。




空が藍色に染まる手前の青がきれいですね。
青椿柄の浴衣に角出し変わり結び、
諏訪町にこの浴衣で訪れたいとずっと思っていました。




街並みが嬉しくてしかたがなくってはしゃぐ私達。
「ユキちゃん、写真撮ってあげる~」。




三味線の奏者さんとおしゃべりしながら
坂を登りました。


踊りが始まったお家あります。



奏者さん歌い手さんの真後ろで聴けました。




力強い男踊り。




おわらは艶っぽい。




こういう瞬間、拍手と歓声があがります。




指先の表情が美しい。




ユキリコフちゃんは、アンティークのお振袖浴衣、
ムッチはお着付けの先生の鶴ママからの
プレゼントの早苗色の博多帯です(*^▽^*)。




“おわら風の盆写真館館長”のT さんがこの日
撮ったお写真を紹介しますね。



わー!やっぱ素敵ですね☆”
坂道の奥行きも感じられます。




女性のしなやかさが美しさを感じるお写真です。


素朴な町の抒情的で美しい写真を撮るTさん
郡上八幡や飛騨古川、私とフェイバリット町並が
似ているのです(*^▽^*)。

http://hidetatu.exblog.jp/

「この町がお好きなんだろうなぁ」って
その土地への愛情を感じる作品達は
こちらのページでご覧いただけます。
優しくてゆっくり時間が流れているような街並みの
お写真に癒されます☆”


明日に続きます。
踊り流しreportのせます。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月27日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「お世話になった人への恩返し」
2016年8月26日

太郎さん&素子さんが今発売中のclubismの
「ふたりずむ」にご登場です。



朝まで雨だったのでお二人の花嫁道中の時は
石がツヤツヤでした。
NHKプレミアム「発見!体感!にっぽん水紀行」の
取材カメラが正面から撮っていらっしゃいます。




「水」の番組でしたので、「お水合わせの儀」のシーンは
クローズアップされました。





十月亭さんでは、岡崎での挙式の模様をお披露目されました。




お色直しでは、素子さんのお母様が作ってくださった
愛らしいお花を帯に飾りました。
馨しき素子姫様☆”




お父様と妹さんが「未来へ」を奏でてくださいました。
本当に仲のいいご親族でいらっしゃいまして
私達もあたたかい気持ちになれました( •ॢ◡-ॢ)-♡。


今日は思い出の宝箱からひとつ。
素子さんからいただいたメッセージです。

色々ありがとうございます(略)
実は元々は結婚式をしないつもりだったんです。
でも、こじんまりとでも良いから、
ちゃんと結婚式をして欲しいという親の思いや、
結婚式をする事がお世話になった人への
恩返しになるという事を考えるようになり、(略)
ようやく岡崎の結婚式、
金沢でのお披露目会ができる事になったんです(^^;;


おかげで、みんなに喜んでもらえたり、
淳子さんや山上さんに出会う事もできました☆


(略)今は、本当に良かったと思っています
関わってくれたみんなのお陰なので、
その分もこれからの行いを良くしなきゃですね(#^.^#)


父も本当に良かったと言っていて、
金澤syugenさんにしていただけた事をとても喜んでいたので、
ついつい思いを伝えたくなっちゃいました(^^)


本当にありがとうございました。
私も太郎さん&素子さんとの出会いに感謝しています。
今も、写真を見返し、また番組を再生し
うっとぉ~り思いだしていますよ( •ॢ◡-ॢ)-♡


clubismは書店やコンビニにお買い求めいただけます。
紙面もうっとぉ~りです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月26日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

手を繋ぐ
2016年8月25日

野々市の山ごぼうさんで開催された絵手紙教室に
おでかけしました(o^∇^o)ノ
講師の先生はATORIE KAZUさんでいらっしゃいます。



A4の用紙いっぱいのとうもろこしの絵手紙には切手が貼られて
住所&お名前(今、モザイク)も雰囲気ある文字で描かれています。
こういう絵手紙いただいたら感激ですよね。




秋の味覚をサラサラとお手本描いてくださいました。



五郎島金時さんかしらん。




影を描くことが特徴と。
確かに生き生きと丸みを帯びた感じがします。




おしそうなおいもさん☆”
おいもさんの重量を感じます。
描き添えられた手を繋いでいる人々の絵には
「世界の人々が手を繋げますように」という願いが
込められているそうです。




私の名刺をご覧になられてサラサラっと。



「子がつく名前の人には人が集まってくるんだよ^^。
あなたの名前は子がふたつもある。
素晴らしい出会いがたくさんあるよ(*^▽^*)」と。
じーん。




「紫色が好きです」と伝えると
こういう風に筆先で色んな紫色を作っては
色を重ねていらっしゃいます。




わーい!両手を広げている感じがいいね。
ミュージカルスターがカーテンコールにこたえる時のようではありませんか!




こちらはむっちのです。



「むっちとみんなによばれています」とリクエストしました。
「・・・・・・」と点を描かれます。


じゃーーーん!



「むっちー」ってホントよびかけられているようです( •ॢ◡-ॢ)-♡
手を繋ぐ人達が、動いて見えてEXILEっぽい^^
嬉しくてみんなに見せびらかしたくなりますねヽ(^◇^*)/




お勉強のあとのティータイム。



山ごぼうさんのわらび餅、絶品でした☆”
きな粉いい薫り♪
黄色いお花は月見草だそうで
酢のものや天ぷらでいただいたことがあるような・・・。
女将さんのお庭で花咲くそうですよ(^o^)/




青い椿が新鮮です。
谷口幸夫さんの九谷焼のコーヒーカップですって。
山ごぼうさんの器はどれもおしゃれさんなんですよね。




カードはさっそくフレームに入れてディスクに飾りました。



好きな色がそばにあると幸せなんだな( •ॢ◡-ॢ)-♡


 

金澤syugenにて月イチペースで「絵手紙教室」を
開催したいと考えています。
宿題をいただき、お教室にて提出&添削
そして、みんなで語らい描いて
と、至れり尽くせりのご指導があります。
ご希望のかたメール待っていますね(o^∇^o)ノ


私、野菜大好き人間につき
上手に野菜が描けたら楽しいだろうなー♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年8月25日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

東風解凍
2016年8月24日

季節先取りの婚礼、今日は
節分を過ぎて、二十四節季「立春」
七十二候「東風解凍」の結婚式を
お写真でご紹介します。


裕規さん&アッコちゃん



石川門は、いい感じの真っ青な空でした。
前撮りは金沢で和装、そしてご披露宴は
富山でタキシード&ウェディングドレスでした。


章良さん&真弓ちゃん



21世紀美術館、ラビットチェアーで。
結婚式当日は、和装婚
前撮りは洋装で楽しまれました。
 

剛さん&ちーちゃん 



つやつやの石畳のひがし茶屋街を花嫁道中です。

 
文也さん&春菜ちゃん



雪の宇多須神社さんにて。
金澤modern水引の雪の結晶が綿帽子に美しいことです。


 次郎さん&琴ちゃん



兼六園では梅が咲き始めました~( •ॢ◡-ॢ)-♡


啓介さん&沙織ちゃん
 


石川県立歴史博物館も冬化粧です。
お二人の専門である建築の小道具を手にした
写真も記念に残されました。
 

良典さん&美智留ちゃん 



結婚式当日はお打掛と白無垢を
前撮りでは大振袖をめされました。

 

ひろしさん&あさこさん 



綿帽子のお姿で宇多須神社さんへと歩まれます。 


今日ご紹介のカップルの中で宇多須神社組さんが
なんと六組いらっしゃいます。


宇多須神社さんの節分祭りは春を告げる
金沢の風物詩です。



芸妓さんの奉納踊り。




芸妓さんの豆まき。


2016年は鶴瓶さんが豆をまいている姿が
NHK「鶴瓶の家族に乾杯」で放送されましたね。


節分のお豆さんを食べると立春。
東風解凍(はるかぜこおりをとく)は
暖かい春の風が、冬の間張りつめていた氷を解かす頃です。


挙式だけやウェディングフォト婚もたまわっております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月24日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「幽女の如き怨むもの」 
2016年8月23日

二十四節季「立秋」を過ぎて「処暑」となりました。
暑さの峠も過ぎたっていうことなのですが
いえいえ、まだまだ暑いです。


夜は、自転車でお花の写真撮ったりもゆっくりできます。
夜に出逢う花は昼間と表情が違うからおもしろい。
 

夜のカーテンが降りはじめた頃の向日葵



後ろからちょうど車が来てそのライトの明かりでほのめきます。


長坂用水に咲くさるすべり



水が鮮やかな色香につつまれます。


畑に咲くホタルブクロ



清楚な花が薄暗い中では、小悪魔な感じがします。


公園のオニユリ



その香りも妖艶なのです。


月明かりの中でみる花は、
風が吹いてグラリと茎が揺れたりすると
婀娜っぽくみえたりもします。




暑い日の読書には怪談はいかがでしょうか。
三津田信三さんの「幽女の如き怨むもの」
刀城言耶(とうじょうげんや)シリーズです。




時代小説を読むのが好きです。
このお話は、戦前、戦中、戦後の遊郭で起こる
不可思議な連続身投げ事件の真相を暴く
妖しくおどろおどろしいミステリーです。


また、民俗学的な背景が描かれているから
その残酷さもあります。
遊郭がどんな場所なのか知らない
無垢な女の子が売られていたのは
ごく近年まで現実にあったことで
可哀想にと切なく、時に痛みを感じます。


花魁たちの心情に寄り添いながら読み終えました。
物語であっても遊女達の晩年が穏やかなもので
あってほしいと祈らずにはいられません。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月23日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

紅寿奉
2016年8月22日

この秋、宇多須神社さんで挙式をされる
けいじさん&しずなさんがお盆にお越しでした。



上品な金箔がほどこされている秋山章作の
友禅のお衣装を纏われると
しずなさんの透明な笑顔がさらに煌めきます。


初めてお問い合わせをいただいたのが立春の日でした。
それからお電話させていただき
ご親族に「金沢旅行を贈ってあげたい」と
いきいきと話すしずなさんは
「とてもピユアなかた」という印象で
なんと75分もお話ししちゃいました。
猫好きがお互い伝わるのかな
猫ちゃん可愛いなトークもしました(*^▽^*)。


しずなさんのインスタグラムでは
あたたかいお人柄が伝わってくるお写真達。
お二人そろって旅行がお好きなようで
可愛い猫ちゃん達とおしゃれなお弁当さん
そして、旅行先の写真に癒されます。


なので、お会いできる日は
はりきっちゃって大変なことでした。
もともと朝型人間ではありますが
嬉しくっていつもよりもっと早起きして
日の出の写真撮ろうとワクワクしていました。



美しい日の出に素敵な出逢いを予感
いやいや、確信しちゃったわけです。


しずなさんは、お会いしたらやはり
とても可愛らしいかたで
新郎様のKさんは優しく見守ってくれている感じで
しっくりでぴったりなお二人でした。


「紅寿奉」



紅の赤は 永久の倖せ
白の清浄は 靜かな平和
金彩の格式は 豊かさの寿ぎ
銘「紅寿奉」は めでたさのうちかけです
この国の四季に咲く花々を文様として
祈りを込めて創り上げました。


一目ぼれの花嫁衣装を纏われたしずなさんを
紅葉が街中に降りてくる金沢へと
ご案内できる日が楽しみです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月22日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「名月と涼む夏の庭」
2016年8月21日

昨日に引き続き、21世紀美術館reportは
隣接するお茶室「松涛庵」へ。



お友達の映子さんも浴衣でおでまし。
お庭を愛でる座敷の畳にも
西陽が容赦なくさしこみます。




松涛庵の謂れをふむふむと。

江戸時代末期、加賀藩12代藩主 前田斉泰公により、
江戸根岸の隠居所「冨有園」の居室として建築されたものです。


お茶室の手水鉢の音や苔の青に涼やかさを感じられる
素敵な空間、オススメです。




さあ!生ビールタイムです☆”
本多町の町家のお店でさらに友人と合流して和食をいただきました。



へしこのディップソースのバーニャカウダー美味しかった♪




山田錦の天狗舞の限定流通「五凛」。
懐かしい友人と美味しいお酒、幸せなことです。




食事のあとは、ほろ酔いキブンで兼六園へ
ロケーションフォトや挙式では
年に何回も訪れますが夏の夜の兼六園ってのは初めて
なので、新鮮です。
『名月と涼む夏の庭』ライトアップは
「通常より控えめのライトにて満月を愛でる」
とのことで
ポツポツとほのかな雪洞の灯が足元を照らしてくれます。




漆黒の滑らかさの中、黄金色をした美しい月が
大きく見えます。
霞が池の水鏡に映った月も風情です。




ほのかな雪洞の灯りに琴柱灯ろうが美しいことです。




霞が池に静かにたたずむ内橋亭。
ここは、やっぱ「擬人化」表現ですね^^。


くるくると小さな坂を登ってゆくとさざえ山。



長く金沢に住まいしていますが
なんと!さざえ山は初めて登りました。

栄螺山の避雨亭
栄螺山にある小亭。
傘を広げた形から避雨亭と呼ばれ、
栄螺山も「からかさ山」の愛称があります。


街中にあるのにこの小さな山の頂上では
風の音、木が爆ぜる音がします。




石浦神社さんの稲荷鳥居でも。



鳥居の赤に顔が照らされて真っ赤なもので
モノクロにしてみたら
昭和感ハンパないなぁ(^_^;) 。




この後、さらに合流があって6人で乾杯♪
21世紀美術館からの町家で晩酌、からの兼六園
からの片町でシャンパンと楽しい時間でした。
あー、笑ったわらった。




追記
浴衣で懐かしい友と街歩き楽しかったです。



帯飾りと根付けは金澤modern水引のオリジナルです。
やっぱ、紫系好きみたいですね☆”
好きな色にかこまれていると
ますます幸せキブンになれます( •ॢ◡-ॢ)-♡

投稿者 金澤syugen : 2016年8月21日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「アートたけし展」へ
2016年8月20日

友人が訪ねて来てくれたので21世紀美術館におでかけ。
空に真っ青な木綿の布地を広げたように雲ひとつない日で
真夏の光を吸い込んで芝生とオブジェがキラキラ輝いていました。



「タレルの部屋」の切り取られた窓にも
蒼く遠く澄み渡った空です。




「Nerhol Promenade / プロムナード」。


「SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相」です。





「培養」「発酵」「醸成」といったことが表現されているそうです。




アスファルトのとける様子。



鏡文字。


そして、「北野画伯」の楽しい世界「アートたけし展」へ。
武さんは、猫ちゃんがお好きなんだなぁ
ってことがよく伝わってきます。
独特のアクリル画や版画の展示に
あんなに活動されていてよく119点もの
作品が描けたものと感心しました。



撫松庵の浴衣を絽の襦袢でお着物風に着てみました。
帯は角出し風の飾り結びでひだを
作って花びらのかたちにして
金澤つまみ紗衣句のヘアゴムでとめると
あ~ら簡単♪飾り帯作れます。


プライベートだったのでちょいと
小物で遊んでみました。



髪はセルフセットでコンプレックス・ビズのクルップどめ
金澤modern水引の薔薇モチーフかんざしと
正絹絞り柄の玉かんざしと
金澤つまみ紗衣句の団扇モチーフです。


この後は、お茶室「松涛庵」へ。
明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月20日 カテゴリー: めしませ着物, プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「しゃしん、とってー」
2016年8月19日

お盆にはご新規さんや新郎新婦OB様にお越しいただき
にぎわった金澤syugenでした。
2014年組さんの哲也さん&明未ちゃんが
なっちゃん&やよいちゃんと遊びに来てくださいました。




とってもおりこうさんなお嬢ちゃまたち。
なっちゃんパパ似ですがやよいちゃんはさらにパパとウリ二つです。




なっちゃん、ノリノリで メロンパンナちゃんをどーぞ。




ムッチだっこさせてもらいました。
ムッチの顔がおかしぃとニコニコよく笑って
さわって楽しんでいます。




だっこさせてもらいました。
ズッシリしっかり健康優良お嬢ちゃま。




なっちゃん賢いです「しゃしん、とってぇー」
と、うまいことしゃべります。




カメラが好きで お父様お母様を写したいようです。




なっちゃんが撮ったお写真です(*^▽^*)
上手☆”


お盆は親戚が集まってにぎやかに過されたそうです。
お帰りの時「お忙しいところお邪魔しました」と哲也さん
とーんでもないです!!
元気なお顔見せてもらえることが何よりのはげみです☆”
貴重な帰省の時間ですのに金澤syugenに
お立ち寄りいただいて嬉しかったです。
幸せなご家族と会えて本当に
「お福分け」いただきました♫•*¨*•.¸¸♪✧。
お見送りした後、ムッチと「かっわいかったね^^」
「上手にしゃべるよね^^」とまだまだ余韻を楽しみました。


哲也さん&明未ちゃんの「伊予国祝言」
杉の井さんにて人前式&食事会のHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=238&cat=cat3

投稿者 金澤syugen : 2016年8月19日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「ふたりの季節」
2016年8月18日

小池真理子さんの「ふたりの季節」は、
我が息子が大好きな主人公の女性が
30年前の恋人と再会するのです。



「10代の頃からの恋愛の回想」と
「目の前にある光景」が交互に現れます。


二人が出逢ったのは、1970年代初頭
「三島由紀夫の割腹自殺」「浅間山荘」などという
ワードがでてきます。
ケイタイやメールやファミレスがなかったから
親にとりついでもらう電話や
会っているのに手紙をかいては自転車で
相手の家の郵便受けまで届けるとか。
さらに、今の若者と大きく違うのは
やたら深刻に語るのです。
「青い」その感じは私にも懐かしい。
重い感じの言葉を発することが大人なような気がしていて
やたらとめんどうくさく考え込むことが好きだったな。


小説の中で

「宿命、運命、縁・・・・・
この世に、そうしたものが存在することは、由香にもわかっている。
偶然は、あらかじめ決められていた必然でもある。」


ホント、深くうなづけます。


「あとがきにかえて」の中で

「あの時代を、由香と拓のごとく、
私と共に生き、共に走り抜けてくれた
懐かしい恋人に、本書を捧げる。」


物語には涙は出なかったのだけど
ここで、ぅうっうときました。
作者自身の恋だったんだなぁ。




その昔に、恋をした人への想いっていう感じに弱いです。
高橋治さんの「風の恋盆歌」も学生の頃の恋を
随分と大人になってもせつなく思い続けていて
「風の盆」の季節になると八尾の街で待ち続けるお話です。




イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」では
10代のトトが恋をしたエレナと30年ぶりに再会が叶います。
車の中で見つめあって「君は今も美しい」と囁くシーンでは
しゃくりあげるほどの大泣きしました。
大好きな映画の中の私にとって最高に感動的なシーンです。


173分オリジナル版を何度も観て感動して
いつか映画館で観たいとずっと思っていて三年前の夏に
「夏の早朝名画館」にて夢が叶いました。


「映画を愛した少年の成長、少年の頃の映画への
ひたむきな思いをとりもどすまで」と
「エレナへの恋心」がおりなすあの映画が
とてもとても好きで、泣く気満々で
映画館に箱ごとテッシュを持って行ったのに。。。
劇場版では、「エレナとの再会」シーンすべてカットされていて
とてつもなくがっかりしたものでした。
「遠い日のエレナのおもかげを追いかける」
トトの人間臭さが好きだったのに
123分の短縮版では、とっても清潔なトトにしあがっていました。


それでも、トトが大人になって母親に寛容になる感じが
静かに描かれていて風のゆらめきは印象的で
それを大きなスクリーンで観れたことは感動でした。


キスの映像が続く中、テーマ曲が流れるエンディングロールは
やっぱ、大泣きはしないけど泣けました。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月18日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

款冬華
2016年8月17日

季節先取りの結婚式、今日は七十二節季
「款冬華」の頃の婚礼を写真でご紹介します。


クマちゃん&弘衣ちゃん



武家屋敷は、風花舞の日でした。


忠史さん&史歩理さん



雪の日は、石畳がつやつやです。


亮さん&美和ちゃん



石川門にて「ザ・金沢」なお写真です。


浩之さん&みゆきさん



前撮りはゆっくりと時間をかけて。


あきたん&ちかたん



雪が華やかな演出となりました。


浩一郎さん&かさねさん



石川県立能楽堂には、ご親族や知人のみなさんも一緒に
宝生流の舞と謡を鑑賞されました。


夏さん&文乃ちゃん



雪吊りも金沢らしい風情の玉泉園です。


款冬華(ふきのはなさく)は、雪の下からふきのとうが顔をだす頃。
雪の金沢は、美味しく美しいことです。
お電話にてカウンセリングのご予約をたまわっておりますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。


ほろ苦いふきのとう、香りがよいですよね。
山菜も野菜も大好きです。
夏野菜が実る今の時期、野菜の花に出会えることも楽しいのです。


ゴーヤは黄色の花が咲いています。



ツッヤツヤにトマト実りました。



加賀野菜の打木赤皮甘栗が一個だけ畑からはみだしています。
この畑の南瓜は、最近すべて収穫が終わりまして
なんとなくあいそんない思いです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月17日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「愛情のバトン」
2016年8月16日

先日、お婿に行ったくぅちゃんが、
インスタにアップされました!



姉のお家に新しい家族が増えました◟̊◞̊ ♡
いろんな方の愛情のバトンで出逢う事の出来た
この仔猫ちゃんはとらじ君と命名されました❤️
とってもイケメン君。



短く説明します。
2012年組さん花嫁OBさんの彩奈ちゃんが竹やぶに
捨てられている男の子と女の子の仔猫ちゃんを保護、
インスタやFB、blogで「里親さん募集」を
呼び掛けたところ金澤syugenのHPの業者OBさんの
ミカリンが拡散、それをミカリンのワンちゃん友の
ミキさんが知って姉上様に情報を伝えてくださったのです。
みなさんがとても迅速に行動されたおかげで
くぅちゃんは、優しいご家族に迎え入れられたのです。




写真は、さかのぼって7月29日
私が会いに行った時の写真です。



左のグレーっぽい子が女の子でサラちゃん、
右の茶色っぽい子が男の子くぅちゃんです。




サラちゃんは人なつっこく
私の膝の上でもくつろいでくれました。
小さい舌をペロッと出していますヽ( ´ー`)ノ。
フッワフワでたまらなかく可愛いのです。




サラちゃんがくぅちゃんに「遊ぼう」
と、くっついてもかたくなに拒否。
この日、くぅちゃんは、隙間にはいったきり
一回もでてきてはくれませんでした。
おもちゃで誘ってもサラちゃん(右)はくいついてきますが
くぅちゃんは気になるも警戒していました。




この4日後、新しいご家族が迎えに来てくれたというわけです。



ミカリンから動画も届いて、もーびっくり!
いつもすみっこで小さくなってご飯以外では
出てこなかったあの!くぅちゃんがおもちゃで遊ぶし
なんと!お膝の上にいるではありませんか!
名前がとらじ君になったらお顔も精悍になっている!!
先輩お姉ちゃん猫ちゃんも可愛がってくれているようです。
涙出ました、幸せな姿に。。。。。




お婿に行ってたったの10日なのですが・・・・・
人間にちょっかいかけてるのです。
び、び、びっくりです。
おびえてばかりだったあの子がですよ!
動画の喜々として遊んでいるボクの姿にホッとしたら
鼻にツーンときました。
ミキさんのインスタの動画を何度も再生して観ています(*^▽^*)


くぅちゃんが里親さんのもとにお婿に行ってから
「どうしてるかな」と彩奈ちゃんと話していたから
早速、彩奈ちゃんに教えてあげました。

今、とらじくんのことインスタで見ました
すっかり家族の一員になってるみたいで、
嬉しかったですー!!ホントよかったー

お知らせありがとうございました。
すごーい
どうやったらこんなに早く仲良しになれるんだろー
それにしてもイケメンやー
本当によかったです。

彩奈ちゃんは、通い猫ちゃん(ノラちゃん)にも
ご飯と暖をとらせてあげて可愛がっています。
猫ちゃんは、優しい人には甘え上手です☆”




こちらは、彩奈ちゃんの家の子になった女の子のサラちゃん。



かなりのやんちゃなお嬢さんらしいです。




やかんごと床におちなきゃいいけど・・・・
と、ハラハラしますね。


ミキさんがおっしゃるように「愛情のバトン」は
丁寧に繋がれてゆきました。
これからもミキさんがインスタにとらじくんを
アップしてくださるそうです。
愛おしい親戚の子の成長を知れるようで嬉しいです。
とらじくん&サラちゃん幸せになってね♡(´▽`)♡。




追記
金澤syugenのお着付けの先生の鶴ママから
丹後ちりめんの帯揚げをいただきました。



「これ、淳ちゃんや!と思って^^」と鶴ママ。
「猫と手まり」もう!どっちも!
大好きすぎるモチーフです( •ॢ◡-ॢ)-♡
可愛い~~♫•*¨*•.¸¸♪✧。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月16日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「キラキラ感大放出」
2016年8月15日

引き続き、ホームページのリニューアルを祝って
市松模様にご登場の新郎新婦様のご紹介です。
スライド7枚から市松模様へと変わり、
サムネイル写真クリックでシーンがかわります。
(【…】はTOP画像のキャプションです)

http://www.kanazawa-syugen.jp/


【剛さん&有希さん「花つむぎ祝言」秋麗の仏前結婚式】



仏前結婚式の「焼香」から「本堂」へと
かわります。

有希さんからのメッセージです。

ステキなホームページですね!




【吉壱さん&麻智さん「ブルースカイフォト」春めく金沢21世紀美術館】



21世紀美術館の「友禅の壁」から「空を測る男」へとかわります。

麻智ちゃんからです。

私達の写真を使って貰えるなんて…嬉しい
けど、ちょっと照れくさいですね(笑)
それにしても、いつ見てもシュウゲンさんの花嫁様達…綺麗です
写真からキラキラ感みたいなものが、大放出されてますね。





【良平さん&志津さん「龍神祝言」水鏡にたゆとう祝いの色】



「オリジナルデザインの雄龍&雌龍のお水合わせ水蝶」から
「藤が丘公園の太鼓橋」へとかわります。

志津っちからです。

素敵です。
頑張って下さい꒰ ♡´∀`♡ ꒱





【浩一郎さん&かさねさん「八重撫子祝言」風花舞う成巽閣】



「金澤つまみ紗衣句の手まりブーケ」から
「雪の成巽閣」へとかわります。




【誠志朗さん&道代さん「大紫躑躅祝言」薫風の兼六園】



兼六園の「藤の花」から「ツツジの花」へとかわります。

道代さんからです。

あの日は前日に雨が降ったので、空気もお花も綺麗に見えたんでしょうね。




【紀彦さん&沙絵さん「花の丸祝言」櫻並木の浅野川】



「金澤つまみ紗衣句の末広ブーケ」から
「浅野川の桜」へとかわります。




【隆太さん&絵里さん「花鼓祝言」菊日和の和風庭園】



「金澤つまみ紗衣句の鼓ブーケ」から
「お庭の石橋」へとかわります。




四日間に渡り、リニューアルしたホームページを
飾ってくださった新郎新婦OB 様にご登場いただきまた。
みなさん、ご快諾いただきありがとうございました。

 


28組の新郎新婦様で彩られました
石川の美しいロケーションとオリジナルグッズ達を
新ページでご覧くださいますように。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月15日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「あの撮影はすごく宝物」
2016年8月14日

引き続き、ホームページのリニューアルを祝って
市松模様にご登場の新郎新婦様のご紹介です。

http://www.kanazawa-syugen.jp/

スライド7枚から市松模様へと変わり、
サムネイルの写真をクリックで
違うシーンのお写真になります。
(【…】はTOP画像のキャプションです)


【ヒロキさん&イクヨさん「西王母祝言」誓いの水合わせ 十月亭】



「金澤modern水引のオリジナル水引」から
「お水合わせの儀」へとかわります。




【成昌さん&香織さん「枕草子祝言」水澄む浅野川を愛犬と】



「21世紀美術館のラッパ」から「浅野川のお散歩」へとかわります。




【克弘さん&真奈美さん「加賀鳶祝言」祝福の折鶴舞う宇多須神社】



「克弘さんのお父様の栽培された加賀蓮根の野菜装花」から
「境内での折鶴シャワー」にかわります。




【晃一さん&紗さん「白鳥路祝言」枝垂桜の白鳥路】



「石川門」から「白鳥路」へとかわります。




【一さん&ゆきさん「富士見櫻祝言」風やわらかな東茶屋街】



「浅野川の桜並木」から遊び心の「舞妓さん風」へとかわります。




【智史さん&枝里さん「桃始笑祝言」あやなす調べのおもてなし】



「お二人の衣装を描いた金澤祝言こぼし」から
「クラリネットデュエット」にかわります。

智史さんのお母様からメッセージをいただきました。

ホームページ、素敵です。(略)
皆さん、モデルさんみたいに凛とされ、
素敵な映像ばかりで、すごいです。
智史と枝里ちゃんは、可愛らしい二人の雰囲気が、初々しいです。
スタッフ皆さんの思い入れが伝わってきます。


はい、新郎新婦様おひとくみおひとくみの個性を
くみとって編集させていただいています。




【陽介さん&尚子さん「夕映えフォト」冬茜の赤煉瓦】



石川県立歴史博物館にて「おすまし」から
「芝生でキャッチボール」へとかわります。

尚ちゃんからのメッセージです。

あの撮影が、二人だけの結婚式みたいなもので。
5月のは、家族のためという感じで。
淳ねぇさんとの出会いと会話は忘れもしません。
だから、あの撮影はすごく宝物。
夕映えの自然光キラキラ素敵だったねー。

今でも「金沢の結婚式良かった」と
親族、友達も、会社の方も皆言ってくれる。
自分以外の何年も忘れない結婚式ってないよね?
なかなか。
本当、素敵にしてもらえて感謝です!

この日、お盆の帰省でよっぴぃのご実家で宴会だったらしいです^^。
ご家族で集まると金澤町屋和婚の話になるそうですよ。




新ホームページは、躍動感、清浄感、透明感も
存分に表現できていると思います。
お祝いは明日に続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月14日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

市松模様もリニューアル
2016年8月13日

ホームページは、スライド7枚から
市松模様へと変わり、サムネイルの写真をクリックで
違うシーンのお写真になります。
写真に表現されている「葉の息」「揺らめく灯」
「ふわりとした風」「清々しい薫り」
「水の模様」「甘い空気」「きらきらとした粒子」
そういった感じを文字でも伝えたいと考え
それぞれのお写真にキャプションを添えました。
(【…】はTOP画像のキャプションです)

http://www.kanazawa-syugen.jp/

それでは、ご登場の新郎新婦様を紹介します。




【也さん&さおりさん「彩雲祝言」稲荷鳥居と緑鮮やかな金澤神社】



「金沢駅鼓門&梅柄の寿せんべい」から
「枝や葉についた露の滴が煌めく金澤神社婚」へとかわります。




【仁さん&和美さん「花桃祝言」牡丹雪と祝い蒸籠 十月亭】



「桃花の飴細工」から「雪のひがし茶屋街」へとかわります。




【圭介さん&寛子さん「唐崎松祝言」灯りともし頃の東茶屋街】



「兼六園ことじ灯籠」から「夕闇がゆっくりと空から落ちてくる頃の
ガス灯燈る茶屋街」へとかわります。




【了さん&優紀さん「結祝言」医王を望む小春日和の犀川】



あわあわとした明るい空がどこまでも広がる犀川の
芝生で「洋装」から「和装」へとかわります。




【達さん&夏代さん「七宝祝言」風光る杜若の兼六園】



「草木の色合いがみずみずしい宇多須神社さん」から
「塗りたての水彩画のように鮮やかな紫」へとかわります。




【満さん&彩奈さん「華蝶祝言」日本料理 銭屋】



「ライトアップされた十月亭さんの丸格子のシルエット」から
「風格ある銭屋さんの座敷」へとかわります。




【拓也さん&知子さん「恵比寿祝言」秋耀の白山比咩神社】



「舞女さんの神楽『末広の舞』」から
「杉木立に耀がさす参進の儀」へとかわります。




金澤syugenのTOPは、叙情的な美しい写真で彩られています♪
新郎新婦様のご紹介は明日へと続きます。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月13日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「つま先がキンキンに冷えてたなぁー」
2016年8月12日

重厚感あるお能の舞台から始まる金澤syugenの
ホームページが誕生いたしました☆”

http://www.kanazawa-syugen.jp/


一枚目は【夏宣さん&文乃さん「金澤能楽祝言」 石川県立能楽堂】



写真は、能楽師の佐野玄宜氏が祝言謡について
解説をされていらっしゃいます。




二枚目は【康弘さん&温子さん「金糸雀祝言」 十月亭】



花嫁のれんの前で婚礼衣装が描かれた
金澤祝言こぼしを手のひらにのせて。

康弘さんからです。

HP拝見しましたー
大きな写真載せていただき光栄です!!
温子と一緒にみて喜んでおります





三枚目は【剛彦さん&優妃さん「三つ鱗紋祝言」 石川門】



櫻がたわわたわわに咲いていました。

優妃さんからです。

とっても素敵です(*≧∀≦*)
素敵なホームページに載ることができて幸せです(*´∀`*)





四枚目は【章さん&葉子さん「水鏡フォト」 金沢駅鼓門】



こちらは、もてなしドームです。

葉子ちゃんからです。

鼓門と水の流れがなんとも涼しげです。




五枚目は【臣さん&貴子さん「金城麗澤祝言」 玉泉園】



紅葉黄葉の美しいお庭は、お二人のお気に入りの場所でした。




六枚目は【文也さん&春菜さん「金華糖祝言」 石川四高記念館】



大雪の日で、牡丹雪が祝福してくれました。




七枚目は【隼さん&愛子さん「藍宝石祝言」 長町武家屋敷】



土塀のこも掛けが金沢の冬の風物詩です。

愛子さんからです。

写真を見て、あー、この時、つま先がキンキンに
冷えてたなぁーっと懐かしくなりました。


お二人は、温かいオーストラリアからお越しでしたので
寒さに驚かれたことでしょうね。




2007年、金澤syugenのホームページを作りたいと思った時
「金沢らしさをだしたい。TOPは能舞台にして、松の木がボタン」と
デザイン画に描いて希望を話したのですが
「ウェディングっぽくない」と却下されました。
今回、念願かなって美しい能舞台にての
厳かで優雅な祝言が載せられましたこと嬉しく思っております。
金沢の婚礼のしきたりと街並みの四季を十分に表現できました。


七枚のスライドに続いては、21組の新郎新婦様と
金澤syugenのオリジナルグッズに彩られた市松模様に現れます。
明日は、市松様にご登場の新郎新婦様達のお写真をご紹介します。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月12日 カテゴリー: お知らせしたいこと | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「盆に帰省するので、」
2016年8月11日

金澤syugenはお盆もカウンセリングいたしております。
「ちょっと聞いてみたいことがある」という
新郎新婦様もお気軽にお越しくださいませ。
予約制となっておりますのでご連絡お待ちしておりますね。




さて、2009年組さんの香代ちゃんが遊びに来てくれました。



楓くんとてもおりこうさんで、ニコニコニコニコ。




ダッコさせてもらうとふわふわで羽毛を腕に抱いてるようです。
小さい子をダッコするとエナジーいただけますね。


香代ちゃんママが幼稚園児のお兄ちゃん涼くんの
ウワサ話を聞かせてくれるのだけど、
もぉーおっかしくってお腹かかえて大笑いしました!
すると、笑っているママの腕の中で
楓くんもおかしいとゲラゲラ笑います。
お母さんが朗らかにしていることって
大事なんだなって今さらながら感じました。
楓くん、優しいお顔で機嫌よく過してくれる
可愛いかわいいボクでした( •ॢ◡-ॢ)-♡。




さてさて、神奈川県にお住まいの2013年組さんの
哲也さん&明未ちゃんから

盆に帰省するので、また遊びに寄らせてもらえればと思うのですが(略)

きゃー!嬉しいです☆”
親戚の家みたいに遊び来てもらえるのって
本当に本当に幸せなことですヽ(^◇^*)/。
なっちゃん、大きくなったでしょうね。
かわいいだろなー、楽しみぃ♫•*¨*•.¸¸♪✧


夏に帰省されるかたも多いかと思います
どうぞ、淳ねぇ女将にご一報くださいませ。




健治さん&香代子ちゃん「いにしえの姫君のように」
宇多須神社さんで挙式 &町屋フォトのHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=45&cat=cat5_1


哲也さん&明未ちゃん「伊予国祝言」杉の井さんにて
人前式&食事会のHappy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=238&cat=cat3

投稿者 金澤syugen : 2016年8月11日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

人生いろいろ
2016年8月10日

とことん調べ物をしたいと思った時は、図書館で本を借ります。
ネット検索ではえられない「偶然の出会い」
みたいなものもあって楽しいのです。


さて、図書館から借りたみうらじゅんさんエッセイ
「人生エロエロ」はもくじのタイトル見ただけで
吹き出したくなるのです。
個性ある文体も好きで時々は、バカ笑いしてまいました。



中学生のみうら氏が意味不明の単語に出会う編では、
「前後の文脈から考えて予想」は出来るものの
聞ける相手もいなく、その単語は長い間
脳裏にあったと言うのです。
で、20代半ばその単語をいいかがわしい新聞で見つけて
長年の謎をとこうと歌舞伎町へとおもむくのだけど
「仕掛けてはこないからやはり不明のまま帰ってきた」というお話で
「おっかしいー!」と笑ってそのページは終わりました。


はて?
その言葉の意味はあかされないまま終わったもんだから
どうにもこうにも気持ちが悪い、
後味が悪いったらないのです。


これには、みうら氏自身が味わったもどかしさを
「読者にも体感してもらおう」という
サプライズ的な意図が感じられます。


決して嫁入り前の娘じゃーないけど女子が
発してはいけないというタイプの言葉っぽく
間違っても人には聞けません。
こういう時は、ネットで検索です。
ドキドキしながらキーボードをたたくのでした。


言葉の意味が理解できてスッキリしました(*^▽^*)。
まったく、便利な時代になったものです。
ありがとう!ウィキペディア様☆”


昨日は、紙にインクでかかれたものから
知識を吸収したいと言い
今日は、ネット検索でスッキリしたというお話でした。
どっちもホントのことです。
人生いろいろ♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿者 金澤syugen : 2016年8月10日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「美しい日本の季語」
2016年8月9日

「プレバト才能ランキング」の俳句の時間が大好きで
毎週、録画して膝を正して観ています。

夏井いつき先生おっしゃるに

さりげないつぶやきを俳句に変えてしまうのが「季語」の力なのです。

感動を五七五で表現出来たら素敵だろうなぁ
っと、本屋さんの「俳句」コーナーで
「美しい日本の季語」を
買い求めました。



こういう本は好きですね。


ネットでもかいてあることなのだけど
やはり紙に印刷した文字には魂が宿っているというか
便利な時代になっても「言葉の質感」ってものを感じたく
紙の書籍で読みたいのです。


もともと言葉が好きで、人まかせにできなくて
ホムペのテキストやコピー、Happy Reportなどで
金澤syugenの魅力を表現したく
すべて私、一人でかいております。
「想い」を伝えたくてです。




さて、「夕焼け」は夏の季語なのだそうです。



仕事帰り、自転車でバラ園まで夕陽を追いかけました。




夕暮れてグランドの子供達も帰りました。




「ドロンします」と太陽が言った瞬間です(*^▽^*)。
徐々に空が藍に染まってゆきます。




帰り道、自転車こぎながら一句です

「夕焼けや ドロンしますと 駆け足で」淳子

凡人査定かな・・・・・。
えー、解説をします。
「や」で詠嘆
沈む直前の間際って感じを「ドロン」
そして、夕焼けって沈み始めると速度を増すじゃないですか。
その感じを「駆け足」と擬人化してみました。
夏木先生、どうでしょうか?
まさかの、、、、、?才能ナシ???

投稿者 金澤syugen : 2016年8月9日 カテゴリー: 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

金澤の冬は豊かなことです
2016年8月8日

暦の上では「秋」になりました。
季節先取りの祝言、今日は冬至の頃の結婚式を
新郎新婦様のお写真でご紹介します。


哲也さん&明未ちゃん



杉の井さんでのご披露宴のあと石川門でロケーションフォトを楽しまれました。


剛さん&ちーちゃん


和装にて宇多須神社さんで挙式されるお二人は
洋装で前撮りをされました。


和也さん&雅さん



もうすぐクリスマス♪サンタさんから小さいお客様達への
プレゼントもあって和やかな宴となりました。


純さん&早織ちゃん



金城楼さんの雪つりのお庭で。


よっぴぃ&尚ちゃん



冬茜に染まる石川県立博物館の煉瓦も風情あります。


隼さん&愛子さん



こも掛けの武家屋敷にて、石畳ツヤツヤです。


智也さん&ユンナちゃん



冬のイルミネーションの香林坊で。


Louis Vuittonは季節ごとにディスプレイがかわって
その都度、斬新でワクワクしますね。


2016年の夏バージョンです。



香林坊でバスを待っている時にスマホで撮りました。



冬の金沢の風物詩は、縄で枝を釣りあげる雪吊りや
土壁のこも掛け、雪明りの街も美しく
蟹に鰤にかぶら寿しにゆべしと美味しさも際立っています。
金澤の冬は豊かなことです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月8日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

リオオリンピックと炎昼
2016年8月7日

リオオリンピックの開会式は鮮やかな色と軽快な音楽に
楽しくてワクワクしました。
小さい子達のダンスや歌が可愛らしかったですね。


各国の選手団のユニフォーム姿も楽しみで
個人的にはバミューダ国のユニフォームがお国柄も表現されていて
清々しくていいなぁと感じました。
 

聖火台が大きなお寺に行った時にある
お線香を立てる銅器の台を思い出してしかたなく
その後、現れた金色の太陽をイメージのキラキラのも
立派なお寺の本堂にあるっぽいと感じました(*^▽^*)。
開会式を観ながら「テロが起きませんように」と強く祈りました。


シルクドソレイユが好きになってから
体操競技も興味あるとこですが、これからの二週間 
昼夜逆転はしんどいのでほどほどに観戦します。




この子達、リオのカーニバルのヘッドドレスっぽくないですか?
炎昼の中、健気に咲いています。



きれいに整列してラインダンスを踊っているみたいです(*^▽^*)。




太陽がジリジリと照りつけてくる中
向日葵の花びらに耀が透けて元気いっぱいの力強さを感じます。




東京オリンピックの開会式ってどういう風になるのかしらん。
チケットとれないんでしょうね。
新幹線でビューンと行ってみたいな、
観てみたいな、きっとすごいんだろうな、感動するのでしょうね。
あと、民族衣装ということで和装姿もそこかしこにあるのでしょうね。
早くも四年後が楽しみです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月7日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「淳ねえさんとくぐるのれん」
2016年8月6日

先週のNHKBSプレミアム「発見!体感!にっぽん水紀行」
ご覧いただけましたでしょうか?



太郎さん&素子さんのご親族が花嫁行列で十月亭さんへと歩まれます。




ご両家の清らかな水でお水合わせをされました。




花嫁のれんの前でインタビューにこたえる太郎さん
堂々と立派なお姿でしたよ。




花嫁様の帯を整える淳ねぇ女将でございます。
金澤syugenの結婚式は、プランナーが
ずっと新郎新婦様のおそばにいます。




多くのご反響をいただいています。


2014年組さんの文佳さんから

水の文化の流れでお水あわせのご紹介。
石川の素敵な慣わしが全国に伝わりましたね~(*^^*)

お嫁さんの髪飾りも素敵でした!
ねぇ様とむっちさんがところどころに(*^^*)



2012年組さんの知子さんから

牧瀬里穂さんが出演の番組でむっちさん拝見しました!
お元気そうで何よりです。
淳姉さんもチラリ映ってましたね(*^o^*)

素敵な結婚式を続けてくださいね。


2015年組さんの友香理ちゃん

むっちさんも淳ねぇさんもバッチリ映ってましたね~
お嫁さんの緑の振袖きれいでした(略)

あったかい感じが伝わってきました^^*


2016年組さんの智史さんのお母様から

淳子さんの着物姿も、ちゃんと確認いたしました。(略)
清々しい風情あるたたずまいでした。
なんちゃってが多い時代、本物は大切に残って欲しいですね。


そして、花嫁様の素子さん

テレビ見ました
花嫁行列もお水合わせも、みんな揃った姿も見られて嬉しかったです
太郎くんも酔っ払いながらもしっかりと答えてくれてたので良かったです(#^.^#)

淳ねえさんとのれんをくぐる場面もありましたね(*^^*)
嬉しい♫
ムッチさんも映ってましたし、とっても良い記念になりました☆
DVDに残して大切にします(o^^o)

私もまたほっこりした気持ちが蘇ってきて幸せな気持ちになってます☆
本当に本当にありがとうございました。



素子さんと手を繋げて嬉しかったですよ。
実は私もちょっぴり緊張していたのだけど
素子さんの笑顔と掌のぬくもりで安心できた思いでした。


何度も番組を観ているのですがこのシーンでは
毎回、鼻がツツッツツツーンっとなります。



ご両家のお水を飲んだあと素子さんです。
私の目をまっすぐに見つめ、深くうなづいたあと杯を割りました。
素子さんの覚悟が感じられらた瞬間です。


番組では、ご親族みなさんとの記念のお写真の間も
素子さんの朗らかに笑う声がして
御喜びが伝わったのではないでしょうか。
微笑みたやさない主役のお二人でした。


そして、素子さんから

父も、また当日を思い出して、
金澤syugenさん本当に良かったなあと話していました(^^)
本当にありがとうございました。
暑い日が増えてきたので、
お体に気をつけてくださいね☆
本当に嬉しいです!
ありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


お父様は、偉大なムードメーカーさんでした☆”


いくつもあたたかい感動をいただいた祝言でした。
素晴らしいハレの日にお仲間にいれていただいたことを
とてもとても誇らしく思っています。
ありがとうございました。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月6日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

ワープできる小路
2016年8月5日

昨日に引き続き金沢ナイトミュージアム
前田土佐守家史料館の巻です。



「いつもは閉じている内緒の路です」と
歩けば、あーら不思議
ワープ♫•*¨*•.¸¸♪✧
長町から木倉町に出るのですね。
左手の緑の内側が前田土佐守家のお庭です。




日本庭園に西陽があたっています。


前田土佐守家史料館は、お庭の緑も美しく
金沢で最も古い大野庄用水が館の前を
サラサラ流れていて繁華街近くにありながら静かで癒される空間でした。
小路で、ワープすると片町ディープ街にもすぐです。




2012年組さん花嫁OBさんの彩奈ちゃんにいただいた
かんざし様です。



右から二番目のかんざしを「きれい~」と最初に手にとったところ
「淳子さん、それ絶対えらぶと思ってました」と
彩奈ちゃんが、にっこぉ~りおっとぉ~り~☆”
左から二本目の小さい玉かんざしも可愛い~ヽ(^◇^*)/


さっそくつけさせていただきました。



ムッチが赤の玉かんざし。




かんざしの相性も良く三本付けにしました。
彩奈ちゃん、ありがとうございました。




では、暑気払いしましょかね。



ジムホールさんのテラス席で乾杯♪




こういうこじゃれたチーズでお酒をいただくと
おしゃれな大人になったキブンなのです。




たこのマリネ旨しうまし!ワサビの茎かしらん
ピリリと辛いのがアクセントになっていていい感じ。




トマトのカップレーゼ、ひやひやっと身体が喜ぶリコピン様。




岩海苔とシーフードのクリームパスタはわさびが隠し味。
三人でシェアしようとお世話してくれるムッチに
「私、パスタいらんし上のほうだけちょうだい」と言う
鶴ママは、困った子ちゃんでした。


三人でケンカしながらも楽しい暑気払いと
ナイトミュージアムでした( •ॢ◡-ॢ)-♡。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月5日 カテゴリー: めしませ着物, 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

前田土佐守家史料館
2016年8月4日

金澤syugenのお着付けの先生の鶴ママとムッチと
三人で金沢ナイトミュージアム「前田土佐守家史料館」に出かけました。



鶴ママは絽の小紋に麻の帯、ムッチは涼しげな雪輪柄の浴衣です。




金沢市役所のご担当さんから「お着物素敵ですね」と
お言葉をいただきましたの。
山野市長もお越しでいらっしゃいましたよ。




ナイトツアーに出発進行!
学芸員さんが案内役なのですが
お話が上手でわかりやすかったです。
利家公の夫人おまつの方様は、お孫さんが大好きだったようです。
直筆のお手紙などが展示されているのですが
「昔の人は達筆だー」と感心しました。




オブジェの前で家庭画報風の一枚。




金澤つまみ紗衣句は雪の結晶モチーフです。
ご覧になったかたの体感温度がさがるかしらとデザインしました。
その昔、真夏に雪輪柄を着るのが粋人だったとか。
帯締めと帯あげは鶴ママが貸してくださいました。




沢だか(おもだか)文様の着物と帯。
面高は、夏から秋に三弁の花を咲かせ矢じりに似た葉が
槍のように見えるので「勝ち草」と言われ
縁起をかついで鎧などにも描かれたそうです。
あ、私はとくに勝負する予定はないです^^。


reportは、明日に続きま~す。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月4日 カテゴリー: 和ごころ文化 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

くぅちゃんお婿に行きました☆”
2016年8月3日

2012年組さん花嫁OBさんの彩奈ちゃんが
竹やぶで保護された仔猫の男の子と女の子の
里親さんを
一緒探していたのですが
昨日優しいご家族のもとにお婿に行きました(*^▽^*)。



先週、猫ちゃんに会いに行って来ました。
男の子のくぅちゃんは怖がりで
女の子サラちゃんは人なつっこい子です。



両手の間から小さいシッポ^^
かわいーかわいー可愛すぎるぅー!




えらくなついてくれてむにゅっとくっついて・・・




こんな風にお顔だして遊んでいます。


この日は、猫ちゃんを30分以上はダッコさせてもらえて
おもちゃでも遊びました。
猫に話しかけていると知らず知らず声が高くなっています。
あと、赤ちゃん言葉になりますね。
仔猫のいいにほいをいっぱいかぎました。
はぁー、可愛い(o^∇^o)ノ




写真をインスタグラムに載せて呼び掛けると
金澤syugenの業者さんOBさんのミカリンがシェア拡散してくださいました。
そして、ミカリンのご近所さんが、猫を見に来てくださることになりました。


一昨日、面接の前日に彩奈ちゃんから

電話だけだけど、すごくいい方みたいで。
うー、今、くぅちゃん見たら、嬉しいのとさみしいの混ざって涙でてきたー

花嫁の父のキブンだよね、きっと。
なんか、わかる気がするわー。。。




昨日の夕方、面接の時間は私まで落ち着かずでした。



彩奈ちゃんちを出立するくぅちゃんです。
イケメンくんなのです。


本当にいいところに貰われていったなーと思ってます。
さみしーけど、早く仲良くなって幸せになって欲しいっ。

本当にいいご縁をありがとうございました。

とてもあたたかいご家族に迎えられることが
かかれていてホッとしたら涙でました。。。。。




今朝、彩奈ちゃんからあらためてメッセージいただきました。

本当に素敵なご家族が家族に迎えて下さいました。
怖がらす早く慣れて幸せになってほしいです。
関わって下さった皆様に感謝感謝です (,,> <,,)♡


猫ちゃん達の最初の大ラッキーは優しい彩奈ちゃんに保護されたこと♡
くぅちゃんは人間に嫌な目にあわされて怖がりになったけど
あたたかい愛情のもとで幸せになってくれますようにと祈っています。




灯ろう流しにおでかけした時の写真です。
一番左にいるのがミカリンです。



ミカリンはご近所になるから猫ちゃんに会えること楽しみにしています。
みなさんが行動起こしてくださったのは
日頃からキュートで世話焼きの可愛いミカリンの人望があったからだと思います。
ミカリン!ありがとうございました。




満さん&彩奈さん「華蝶祝言」Happy Reportです。

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=189&cat=cat5_1


祝言の日、手のひらにのせている金澤祝言こぼしが
彩奈ちゃんちのお玄関に飾られていてお出迎えしてくださいました。
吹き抜けのお部屋に暖炉があって『ピザ釜もあるのでは?』って
感じのおしゃれなお家でした。
サラちゃんとますますお幸せな暮らしでありますように♫•*¨*•.¸¸♪✧




追記
捨てたら誰かが拾ってくれるは大間違いです。
竹やぶでムジナにさらわれた子もいるし
そのままノラになった子もいるそうです。
命です。捨てていいはずがありません。
けど、金澤syugenのお客様って動物好きさんが多いから
ここでかいてもあまり意味ないっかー^^;ですね。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月3日 カテゴリー: プランナーのつぶやき | 2件のコメント »

2件のコメント

  1. ミカリン より:
    本当によかったです(*^^*)
    だってこんなに可愛らしいんですもの♡
    オセッカイ大好きミカリンもたまには役立つものですね(笑
    みんなハッピー(=´∀`)人(´∀`=)
    ありがとうございます!
  2. 淳子 より:
    お世話焼きのミカリンへ
    あたたかいご家族様のもとにお婿に行って
    猫ちゃん幸せになってくれると思います。
    ご尽力ありがとうございました。
    感謝しています。

    ミカリンもイケメンくんとのご対面が楽しみだね☆”
    かっわいいよぉ♫•*¨*•.¸¸♪✧

    SNSが役に立つモノっての初めて体感した淳子でした。

コメントをどうぞ

生演奏の効能
2016年8月2日

智史さん&枝里さん「桃始笑祝言」のHappy Reportご覧いただけましたか?

http://www.kanazawa-syugen.jp/happy/index.php?id=302&cat=cat2




赤の太鼓橋も鮮やかな春の藤が丘公園でゆるりゆるりと過ごされました。
見つめあって微笑むお二人、可愛らしいですね。




加賀手毬モチーフのミニこも樽で鏡開きです。


お母様がたにかんざしを贈られたシーンです。



枝里ちゃんのお母様には朱鷺色の薔薇モチーフの
金澤modern水引のかんざしです。




智史さんのお母様には肥後椿モチーフの
金澤つまみ紗衣句のかんざしです。
お母様がたのお顔見えなくてごめんなさい。


お二人の祝言には素敵なサプライズがいっぱいで
仲良く奏でられたクラリネット演奏ではみなさんが
夢心地のお顔をされていらっしゃいました。



美しい音色は空気を清浄してゆくようでした。


NEWSです!
智史さん所属の吹奏楽団さんが福岡県吹奏楽コンクール金賞を受賞されたのだそうです。
おめでとうございます。


以前、智史さんのお母様から教えていただきました。

「智史の所属する吹奏楽団は10月の全日本吹奏楽コンクールという大会に向け、
7月に県予選、8月に九州大会、それぞれの大会で代表に選ばれないと、全日本大会に行けません。
全日本で、金賞獲得するのが、会社の楽団への使命でもあります。(吹奏楽の甲子園です)
職場、一般の部という枠で、工場の仕事の合間に部活同様に練習を重ねています。
それらの合間をぬって、九州~関東まで(近くは彦根市)工場のある地元で、
「市民のための演奏会」として巡回公演しています。
チケットも、格安(千円)なので人気高いです。」


吹奏楽の甲子園って、かなり熱い感じですね。
智史さん、応援していますね。


さて、学者さんの論文でこういうのあるそうです。

生演奏を聴いた後の変化はリラックスできた、楽しかった、
感動した・感銘を受けた、心が落ち着いた、気持ちがほぐれた、
心豊かになった、肩こりが軽くなったなどであった。
生演奏を聴くことで血圧・脈拍が低下し、体温が上昇し
こころの緊張が緩和されることが実証できた。
生演奏の効能は素晴らしいです☆”


金沢でも先週末からナイトミュージアムが始まって
親しみやすいイベントがあちらこちらで開催されます。




普段なかなか聴く機会のない生演奏にもふれることできます。
「大人の夜遊び」オススメです。

投稿者 金澤syugen : 2016年8月2日 カテゴリー: 創作祝言 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ

「まく子」
2016年8月1日

まりあちゃんとあんなちゃんが金澤つまみ紗衣句の
かんざしでおめかしして地元のお祭りにお出かけされたそうです。



おねえちゃんのまりあちゃんは13歳です。




クルクルなおくれ毛がなんとも愛らしいですね。


妹のあんなちゃんは9歳です。



小さいおだんごヘアにピンクと紫と銀の小花を散らして。




綿飴持ってる美少女さん、画になる!
二人ともどえらいべっぴんさんになるね♫•*¨*•.¸¸♪✧


まりあちゃんとあんなちゃんに色鉛筆絵手紙を送ったら
「とどいたよ^^」とお写真が送られてきました。



手紙のもう一枚には、ほおずき描くも
しなびたピーマンにしか見えずどうもカッコウにならない、、、
で、時間なくなってさやえんどう一枚になったの、ごめんね。。。




さて、直木賞作家の西加奈子さんの
思春期の子供が主人公のSF青春小説「 まく子」を
図書館で借りて読みました。
「サラバ」も「漁港の肉子ちゃん」も思春期の子供が主役でしたね。



作品の中には作者自らが描いた挿絵があって
ファンタジー感いっぱいでした。




猫ちゃん達♫•*¨*•.¸¸♪✧




このカメラはなんだか飛び出して見えるのです。




座布団の記事で作ったてるてる坊主です。


物語の中で一生懸命に子供達が知恵を出して作った
祭りの神輿を「サイセー」 と掛け声をかけながら
燃やす場面があります。
残酷な行為に思えて主人公が悔しくて泣いてしまいます。
その後、主人公が「サイセー」が「再生」と
言っているのだということを知ります。


物語の中で好きな言葉です。

「あたしたちの体は灰になって土に還って何かになるだろうし(略)
今までとまるっきり同じように生まれ変わるのは不可能かもしれないけれど、
形を変えて、ときには見えない力になって、何かを再生する力になってほしい(略)」


ジーンっと心があたたまるのです(*^▽^*)。
サイセー。


私の好きな「風の盆」は「台風が来ないように願う」お祭りです。
関西の地蔵盆は「お地蔵様が一年間、子供が事故に
会わないように見守ってくれる」そうです。
祭りには「無病息災」「豊作」「収穫」「鎮魂」と
自然への祈りや感謝、人々の願いがこめられているんですよね。




〆にお祭りを楽しんだ後の
回転寿司を食べているあんなちゃんです。



健やかに美しく成長されますように。
お里帰りされるそう、お気をつけていってらっしゃい( •ॢ◡-ॢ)-♡

投稿者 金澤syugen : 2016年8月1日 カテゴリー: オリジナルアイテム達, 気まま図書館 | コメントはまだありません »

コメントをどうぞ